動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
動画を活用したWEB社内報のサンプル作成方法

動画を活用したWEB社内報のサンプル作成方法

企業の情報を共有するために制作される社内報。最近ではWeb上で社内報を制作し共有するケースも珍しくありません。
Web社内報の中でもおすすめのコンテンツは、動画を活用した社内報の作成です。

​​​​​​​本記事では、WEB社内報に動画コンテンツを取り入れる場合、どのようなことに注意をしながら制作する必要があるのかについて解説します。動画制作を検討している企業担当者の方必読の内容です。

Web社内報を動画で制作するメリット

Web社内報を紙媒体ではなくWeb資料として展開をすると3つのメリットがあります。どのようなメリットがあるのかについて、それぞれ解説をします。

情報を伝えやすい

社内報に動画コンテンツを取り入れることで、情報を多く伝えることができます。動画は文章と画像に比べて3倍以上の情報を発信することが可能です。
情報を多く伝えることで、社内報で伝えたい情報を効率よく社員に伝えることができます。

効率よく社内報を制作できる

紙媒体を活用して社内報を制作すると、社内報を制作するためにさまざまな準備が必要になります。印刷をするために原稿を期日通りに制作し、必要な部数を印刷し場合によっては社員や株主の自宅へ郵送する必要があります。

社内報がWebサイトになると、ホームページの更新作が基本になるため、原稿や動画コンテンツを制作するだけで定期的に更新が可能です。
社内報を制作するためのスケジュールが大幅に短縮され、理想のコンテンツをすぐに制作することができるようになるでしょう。

わかりやすく企業の情報を伝えられる

文章で伝えることが難しい難解な情報を、動画にすることでわかりやすく説明することが可能です。
社内の独自システムや、企業として伝えたい情報をアニメーションやインフォグラフィックで表現をすることで、より分かりやすい動画コンテンツを制作することが可能になります。

動画のコンテンツによっては感情に訴えかけることも可能なので、社員のモチベーション向上に向けて活用することも可能になります。

WEB社内報を制作する際に注意すべきこと

WEB社内報をこれからコンテンツとして制作をする場合は、いきなりプロジェクトを進めるのではなく、サンプルを制作することをおすすめします。
サンプルを制作することで、企業にとってどのようなメリットがあるのかをわかりやすくプレゼンすることができます。

サンプルサイトを制作する際には、次の3つのポイントに注意をして動画を制作してください。

サンプルサイトを制作し、レイアウトを共有する

社内報のWebサイトがどのようなサイトをイメージしているのか、サンプルサイトを制作します。サンプルサイトでは、レイアウトはもちろんのことログイン方法や、記事の整理の仕方など、読みやすいアクセスを心がけます。
レイアウトだけでなく、アクセス数の表示や社員でシェアできるような仕様を導入するか検討し、どのような目的でWeb社内報を制作したのかが分かるような構成を心がけてください。

動画コンテンツを制作

社内報で動画コンテンツを取り入れるのであれば、サンプル動画を制作することをおすすめします。サンプル動画を制作することで、動画のイメージをわかりやすく共有することが可能になります。
サンプル動画を制作する際には、社内報で検討しているコンテンツを1本ずつ制作しイメージができるように制作をしましょう。サンプル動画は、プレゼンしやすいように2~3分程度の尺で制作することをおすすめします。

動画制作スケジュールなど具体的な情報を共有する

社内報のコンテンツを充実させるだけでなく、どの時期にどのような動画を公開するのか、事前にスケジュールを決めるようにしてください。
動画制作期間はコンテンツによって大きく異なりますが、3週間〜1ヶ月程度余裕を持ってスケジュールを組むようにしましょう。

サンプル制作時に本稼働する日程をある程度決めておくことができれば、Web社内報をスムーズに制作することができるでしょう。

その他注意すべきこと

社内報サンプルで制作する際には、必ずPC、タブレット、スマホそれぞれのレイアウトでどのような違いがあるのかを確認するようにしてください。
レイアウトを決める際には、さまざまな端末の中から最も閲覧しやすい端末に合わせて制作をしましょう。

タブレットやスマホで閲覧する人がほとんどなので、タブレットやスマホに合わせて制作をする方法も1つの手であると言えます。

サンプル作成時に制作しておきたい動画コンテンツ

サンプル制作時に動画コンテンツを制作するのであれば、次のようなコンテンツがあると社内報のイメージができるようになります。

インタビュー動画

各部署で活躍している社員や、得意先の社長にインタビューを行い、仕事に対する姿勢を動画で表現します。社員インタビュー動画を制作することで、家族に仕事場で活躍している姿を紹介することが可能になります。
インタビュー動画をどのようなコンテンツを制作すべきかわからない方は、訴求力の高いドキュメンタリータッチの動画の制作がおすすめです。訴求力の高いコンテンツを制作し、社員のモチベーションを高めましょう。

代表からのメッセージ動画

企業を成長させるためには、経営理念を社員に浸透させ、信頼関係を築きあげることが大切です。代表者からのメッセージ動画を制作することで、社長がどのようなことを考えているのか感情に訴えることができます。
メッセージ動画を1本制作することで、新人社員研修の動画資料として活用が可能になり、社員の士気を向上させる効果もあります。

代表からのメッセージ動画は長尺で制作をするのではなく、短い動画でインパクトのある構成を心がけて制作をしてください。

社内の最新情報の共有

社内におけるルールや、業務内容の共有をするために動画を制作して情報を共有します。図やイラストで表現することで、最新の情報をわかりやすく共有できるため、伝達ミスを未然に防ぐことが可能です。
社内のマニュアルだけでなく、社内で起きた情報をニュース形式で紹介するなどエンターテイメント性のある動画を制作すると、社員のモチベーション向上につなげることが可能です。社内報を思わず見たくなるような動画を制作しましょう。

イベントの記録撮影

入社式、総会、社内のスポーツ大会など、イベントの記録用として動画を撮影し、社内報として情報を共有します。イベントを映像として記録をすることで、企業紹介用のPR映像として活用することも可能です。
イベントを撮影する際には、どのような目的で社内報で紹介をするのかを明確にして動画コンテンツを制作しましょう。

まとめ

・Web社内報は効率的に情報を伝えられる
・サンプルを制作するとプレゼンをしやすくなる
・動画コンテンツのラインナップを検討する


Web社内報を制作する際には、本記事で紹介したポイントを意識しながら動画コンテンツを制作してください。動画・Webサイトを制作するハードルが高いと感じている方は支援ツールの導入がおすすめです。
メディア博士は3つの簡単なSTEPで訴求力の高い動画コンテンツを制作することが可能です。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」