動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
相手に伝わる効果的な動画マニュアルとは〜初心者のための動画制作講座〜

相手に伝わる効果的な動画マニュアルとは〜初心者のための動画制作講座〜

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする
社内向け・ユーザー向け動画マニュアルを制作すると、業務効率化・サービス向上につながります。特に複雑な機械の操作や説明書だけでは理解ができないソフトなどでは、マニュアル動画を制作することで理解度が高くなります。

​​​​​​​しかし、動画制作ノウハウがないと効果的な動画マニュアルを制作することができません。
本記事では、動画制作の経験が浅い初心者の方が効果的なマニュアル動画を制作するために、どのようなことが必要なのかについて解説します。

効果的な動画マニュアルを作成するために気をつけること

動画マニュアルを制作する前に次の5つの項目を検討することをおすすめします。次の項目を意識するだけで、効果的なマニュアル動画を制作することが可能になります。

制作目的・課題を設定

動画を制作する前に、どのような目的でマニュアル動画を制作するのかを明確にしておきましょう。新人研修で動画を活用するのか、作業員全員に向けて共有するための動画マニュアルなのか、制作目的を明確にしてください。
目的を明確にすることで、どのような情報やテーマを反映すべきかがわかるようになり、受け手に情報が伝わりやすくなります。

目的だけでなく、現場にある課題は何かも事前に分析することができれば、動画マニュアル制作時に情報を反映することが可能になります。

テーマごとに動画を作成

マニュアル動画を制作する際には、1本の動画に反映する情報は何かをある程度決めたうえで制作するようにしてください。1本の動画にさまざまな情報を反映すると、受け手に伝えたい情報がうまく伝わらない可能性があります。
基本操作編、応用編、トラブル解決編など、テーマごとに動画を制作し、視聴者が知りたい情報だけを学べるように制作をしましょう。

テーマを1つに絞っても動画の時間が10分以上超えてしまうこともあります。マニュアル動画はなるべく10分以内で制作することを心がけ、可能であれば3〜4分で視聴完了できるようにコンパクトにまとめてください。

特設サイトのレイアウトを検討

社内向けのマニュアル動画を制作するのであれば、動画だけでなく動画を公開するWebページのレイアウトも検討しておくことをおすすめします。
特設サイトに制作した動画を淡々と並べるのではなく、どのようなレイアウトであれば見やすいのかを考えましょう。

初級編、中級編とレベルごとにページレイアウトを設定、「新入社員向けページ」「営業マン向けページ」など、該当する社員がすぐに閲覧できるような見やすいページ設定を検討してください。

動画を視聴しただけで課題を解決することができる

動画マニュアルで最も大切なことは、動画を視聴した人が理解できる内容になっているかが重要になります。初心者が動画を見ながら操作を行うことができるように、情報に伝え漏れがないか注意をしながら制作をしてください。
テスト動画をターゲット層に近い人物に視聴してもらいながら、動画の精度を高めていくことをおすすめします。

効果的なマニュアル動画の作り方

効果的なマニュアル動画を制作する際には、次の3つの手順で制作をすると視聴者に伝わる動画を制作することが可能です。以下の3つのポイントを注意しながら動画制作をおこないましょう。

構成案の制作

マニュアル動画制作で最も大切な工程は、構成案の制作です。どのような情報を視聴者に伝えるのかを意識しながら動画全体の流れを検討しましょう。
おおまかな流れが完成した後は、構成案に沿って台本を制作します。台本では撮影時に認識のズレが起きないように絵コンテや文字コンテを作ることをおすすめします。

台本が完成した段階で、現場担当の社員さんにチェックをしてもらいながら必要な情報が反映されているかを細かく確認してください。

機械の操作マニュアルでは複数のアングルを撮影

機械のマニュアル動画を作成する際には、必ず複数のアングルで撮影をおこなうようにしてください。機械を正面で撮影しても視聴者にうまく伝わらない可能性があります。
機械の正しい扱い方がわかるように、作業員の立ち位置、作業員から見た操作画面、機械が正常に作動した場合どのような動きをするのかなど、1つずつ丁寧に動画を撮影してください。

不安であれば現場でさまざまなアングルで動画を撮影し、編集で最も伝わりやすいアングルを検討しながら動画を制作しましょう。

チャプターや目次を設定し手順を細かく解説

編集をする際には、チャプターや目次を設定し視聴者に分かりやすく解説をおこなうことが大切です。可能であれば、画面右上や左上に「今何をしているのか」を分かりやすく伝えるようにしましょう。
YouTubeで動画を投稿するのであれば、チャプター設定をしておくと該当画面から視聴を始めることも可能です。

参考になるおすすめのマニュアル動画

効果的なマニュアル動画を制作するのであれば、参考事例をもとに動画を制作することをおすすめします。ユーザー向けに制作した動画マニュアルと、社内向けに制作されたおすすめの動画マニュアルを紹介します。

スマレジ


サービスを利用するユーザーに向けて制作されたマニュアル動画です。代表者がスマレジとはどのようなサービスなのか、どのような操作が必要なのか実際の画面を活用して紹介しています。
初心者でも操作内容を分かりやすく紹介するために、目次、テロップを使いわかりやすいデザインを心がけている点も印象的な動画です。

動画で基本的な操作を説明するだけではありません。動画概要欄でさらに詳細を記載したページ、導入検討者に向けたインフォメーションなど、ユーザーのフォローもしっかりとおこなっています。
ユーザーに向けてマニュアル動画を制作するのであれば、ユーザー目線でどのような疑問を解決しなければならないのかを検討しながら動画を制作してください。

定着器清掃マニュアル


日本エレクトロニクス工業が制作した定着器の正しい清掃方法を紹介した動画です。動画では1つ1つ丁寧に工程を紹介し、どのような方法で清掃を行えば良いかを解説しています。
作業がしやすいように、矢印やテロップを入れてポイントや注意事項を分かりやすく解説しながら動画制作をしているので、動画を停止しながら作業員が清掃を行えるように配慮されています。

まとめ

・視聴者目線で動画構成を検討
・視聴者に寄り添った編集を心がける
・動画制作過程で現場社員へのチェックをおこなう


効果的なマニュアル動画を制作するために必要なことは、分かりやすい動画構成、初心者でも理解できる親切なテロップを活用して効果的なマニュアル動画を制作してください。

動画編集のノウハウがなく、動画制作の外注を検討している担当者さんは動画作成支援ツールの活用がおすすめです。動画の素材があれば簡単に訴求力の高い動画を制作することができます。
メディア博士は3つの簡単なSTEPで動画制作を可能にする支援ツールです。マニュアル動画の制作でお悩みの方はお任せください。みなさまからのお問合せを心よりお待ちしております。

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」