動画広告の基礎知識〜種類・メリット・気をつけるべきポイントを解説〜|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
動画広告の基礎知識〜種類・メリット・気をつけるべきポイントを解説〜

動画広告の基礎知識〜種類・メリット・気をつけるべきポイントを解説〜

自社商品やサービスを多くの消費者に認知してもらうため、動画広告が注目を集めています。
動画広告を導入したいものの、基礎知識が無くて分からないという方のために、動画広告の種類、効果、メリットを紹介します。動画広告を導入しようと検討している担当者様はこの機会にご検討ください。

動画広告の現状

YouTubeTwitterなど、スマホによるさまざまなサービスやコンテンツが普及したことにより、視聴者が手軽に動画を視聴できるようになりました。総務省の調査によると、スマホの占有率は80%を占め、多くの人が、スマホを通して動画を視聴する可能性があることがわかります。
通信利用動向調査
(出典)総務省「通信利用動向調査」:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r02/html/nd252110.html
動画広告市場は今後も徐々に拡大し、従来の宣伝以上に効果が期待出来ます。商品紹介はもちろんのこと、新サービスの認知、企業の認知度アップ、ブランドのイメージ広告、地方自治体のPR動画など、さまざまな視聴者に向けた動画広告が今後も期待されていくでしょう。

動画広告の種類

動画広告にはさまざまな種類の広告が存在します。広告の特性やメリットを把握しておくと、より多くのユーザーに、動画広告を視聴してもらえる可能性があります。動画広告を制作する前に、動画広告の特徴を掴んでおきましょう。

インストリーム広告

インストリーム広告とは、プラットフォーム内でされる広告をさします。YouTubeを視聴する際に、本編の前に流れる広告がインストリーム広告に該当します。プラットフォームを利用する多くのユーザーに、視聴してもらえる可能性があります。うまく活用すれば、会社のサービスや商品の認知度アップにつながります。

インバナー広告

インバナー広告とは、プラットフォームが指定した箇所に動画広告が掲載される広告です。インストリーム広告では、コンテンツを利用する多くのユーザーに動画広告を配信することが可能でした。一方でインバナー広告は動画再生中に流れることは無いため、視聴される可能性が低くなります。

視聴される可能性が低い一方で、特定のユーザーのみに広告が掲載されるため、興味のあるユーザーが動画広告をクリックし、商品を理解してもらえる可能性が高くなります。
ユーザーの視聴率は低いものの、特定のユーザーに興味を持ってもらえるという点では魅力的な動画広告であると言えるでしょう。

インリード広告

まとめサイトや、アプリでテキスト記事を閲覧していると、途中で動画が再生されることがあります。このような動画広告が、インリード広告と言われています。
ニュースサイトや、まとめサイトを利用していても、全ての人に再生されるわけではなく、再生されるためには正しい手順で閲覧をする必要があります。

ユーザーを選ぶ一方で、ユーザーが見たくなるような作りをしているものなので、記事を読み込むユーザーに効果的なプロモーションをおこなえます。

動画広告

動画広告を制作するのであれば、不特定多数が視聴するインストリーム広告を想定し、インバナ−広告、インリード広告は状況に合わせて動画広告を配信するように心がけましょう。

動画広告のメリット

動画広告のメリットはどのようなものがあるのか、動画広告のメリットについて紹介します。

短時間での情報量が多い

従来のテキストや画像形式で紹介する広告に比べ、短時間で多くの情報量を提供できるという点で、動画広告は優れています。
1分間の映像は、180万文字分の情報量があると言われています。テキストで伝わりにくいサービス・商品も映像を介して、ユーザーに対して的確な情報発信が可能です。

特定のユーザーへの訴求力が高い

動画広告の中には、特定のユーザーに限定して動画広告を発信することも可能です。ターゲットが明確に決まっていれば、インリード広告で動画を視聴してもらい、自社のホームページへ誘導することも可能です。

プラットフォームによっては、10代、20代が利用するもの、40代、50代がメインとなるメインターゲットが大きく異なるプラットフォームもあります。
ターゲットが明確に決まっている商品やブランドであれば、プラットフォームを選定し動画広告を配信すれば、多くのユーザーに訴求力の高い広告を配信できるようになります。

低コストかつ短期間で制作が可能

動画広告は短期間かつ低コストでの制作が可能な点も魅力の1つと言えます。広告に予算が限られている企業でも、予算内で効果的な動画広告を制作することが可能です。短期間で自社サービスを宣伝したいという方は、低コストで制作が可能な動画広告を検討しましょう。

動画広告を制作するために気を付けるべきこと

一方で動画広告を制作する際に、気をつけるべきことがあります。コンテンツを作る前には、以下のポイントに注意をしながら動画制作をおこないましょう。

冒頭5秒の演出を魅力的なものにする

全ての広告は5秒で視聴者が継続して動画を視聴するかどうかを決定します。冒頭5秒が退屈なものであれば、視聴者は最後まで動画を視聴しない可能性があります。特に、インストリーム広告では、5秒で動画広告をスキップしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

全体の構成を練ると同時に、冒頭5秒をどのような演出にすべきかを検討しましょう。多くの視聴者が惹きつけられる演出であれば、多くの視聴者に動画広告を視聴してもらえる可能性が高くなります。

目的とターゲットを設定する

動画広告を制作する際は、目的とターゲットを設定しましょう。ターゲットが明確でない動画広告は、想定しているターゲットに響かない可能性があり、広告費用のムダになってしまう恐れがあります。
ターゲットとしている視聴者に響く映像にするために、ターゲットを明確にし、ターゲットがどのような動画であれば視聴してもらえる可能性があるのかを慎重に検討するようにしてください。

動画広告の出稿先を決める

動画広告をどのプラットフォームに出稿すべきかを慎重に検討しましょう。出稿先によって適した時間尺や、動画規格があります。魅力的な動画広告を作成しても、プラットフォームによってはユーザーから受け入れてもらえない可能性があるため、出稿先を慎重に選ぶようにしてください。

出稿先のどこを選択すれば最適なのか分からない場合は、メインユーザーがどの世代に該当するのかを調査し、商品やサービスのメインターゲットとなる右ユーザーが多い場所を選択するようにしましょう。

予算とスケジュールを決定する

動画広告を制作する際には、あらかじめ予算とスケジュールを決定しましょう。特に重要になるものは予算です。予算内でおさまるように、必要な機材、クリエイターを集めるようにしましょう。

自社で制作する際には、インストール型の編集ソフトやクラウド型動画編集ツールにて制作をおこなうことも可能です。自社でおこなうことが難しければ、制作会社に依頼をして動画広告を制作してもらいましょう。

まとめ

動画広告を活用すれば、多くのユーザーに商品やサービスを認知してもらえる可能性があります。新しい宣伝方法として、動画広告戦略を検討してみてはいかがでしょう。
動画広告を担当する人員を確保できない場合は、プロに依頼をして制作代行をしてもらう手段もあります。
メディア博士は、クラウド型動画編集ツールとなっており自社内で簡単に広告動画を作成することが可能です。動画広告を検討している方は、当社にご相談ください。

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら