動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

ウェブ広告・ウェブCM動画を作成するメリット・活用方法とは?

webCM
メディア博士トップ >
動画の活用シーン・コンテンツ一覧 >
ウェブ広告・ウェブCM動画
ウェブ広告・ウェブCM動画を作成するメリット・活用方法とは?

動画を活用したウェブ広告で他社と差別化・認知の拡大に繋げましょう!

「広告」と一括りで言っても、テレビCM・新聞や雑誌・チラシ・看板・ウェブ上のバナー広告など数多くの種類があります。

予算やターゲットから、どの広告を選択するかはとても重要ですが、近年はスマートフォンの普及やYouTubeなどの動画配信サイトの活性化、SNSの広がりなどからウェブ上の動画広告・CM動画の活用も一般的な手法となりつつあります。
他の広告との違いを理解し、自社の商品・サービスをより効果的に見せる動画広告の活用を行っていきましょう。

ウェブ広告・ウェブCM動画の活用を行うメリット・効果

商品価値・サービス内容の理解が深まりやすい

ウェブサイト上ではバナー広告やテキスト広告が一般的ですが、その中で伝えることのできる情報には限りがあります。動画広告であれば、映像と音声の両方で表現することで、視聴者へより多くの情報を届けることができます。

商品やサービスについての正しい知識を表現できるとともに、動画は視聴者の印象に残りやすいため、その後の認知度アップや販促の効果も高いといえます。

配信先・ターゲットを設定できる

同じ「映像」を用いていても、テレビCMとは異なり、配信先やターゲットを細かく指定することが可能です。

「一度自社のホームページへアクセスした」「〇〇エリアに住んでいる」「〇〇〇サイト内でのみ配信する」など、興味がありそうなユーザーへ直接動画広告を配信することで、視聴してもらえる可能性がより高まるでしょう。 またターゲットをしっかりと定め、対象を絞った動画配信をすることで、広告費用の削減にも繋がります。

時間や場所を問わず視聴してもらえる

ウェブサイトやYouTube、SNSサイト等は、スマートフォンやタブレットによって場所や時間を問わずいつでもどこでもアクセス・視聴が可能になりました。

それによって、ウェブの広告はユーザーの目に入りやすくなり、多くのユーザーに情報を届けることができます。また、繰り返し動画広告を目にすることで印象に残り、興味を持つきっかけにもなるでしょう。

スピード感のある広告運用ができる

せっかく動画広告を作成しても、なかなか広告配信ができずに打ち出したい時期とずれてしまったのでは意味がありません。

よりスピーディな動画広告の運用を行うのであれば、動画制作の内製化(インハウス化)をおすすめします。動画内製化を行うことで、制作を外注した場合より動画運用を開始できるまでのスピードが早く、また動画を差し替えたABテスト等も手軽に行うことができます。
スピード感のある広告運用で、より動画活用の効果を高めていきましょう。

動画で作成するべきウェブ広告・ウェブCM動画

商品・サービスの紹介動画

商品・サービスの紹介、販促を促すウェブ広告動画です。
通常の紹介動画とは異なり、ウェブ広告動画の場合は短尺で視聴者の印象に残るような動画を作成することが重要です。

クラウド動画編集ツール「メディア博士」のサービス紹介動画です。FacebookやInstagram広告でも使用できるように正方形で動画を作成しています。30秒と短い中でポイントを絞り、簡潔にまとめています。

システムキッチンの商品紹介動画です。強みのポイントを簡潔にまとめた後、多くの商品写真を組み合わせて動画にすることで、色もテイストも多彩なバリエーションが用意されていることが伝わってきます。

キャンペーン・イベント告知動画

キャンペーンやイベントの告知も動画広告で配信することをおすすめします。
日付や期間が限定されているケースが多いため、その時期に合わせて動画を打ち出していく必要があるので注意しましょう。

住宅展示場の内覧イベント告知動画です。まず初めに内覧会があるということと具体的な日程が分かりやすく、写真で建物の雰囲気を伝えた後、最後にもう一度日程等を表示させており、しっかりと視聴者の印象に残る構成になっています。

ブランディング・PR動画

企業のブランディング・認知度アップを考える際にも、ウェブの動画広告を活用できます。
商品紹介やイベント告知とは異なり、1つの物・事について取り上げるのではなく企業として何を視聴者に届けたいかを考えて構成していきましょう。

企業としてのブランディング動画です。
具体的な商品説明などではなく、企業として業務を進める上での想いや社内の様子を表現することで、信頼性が高まることにもつながります。

予備自衛官募集のプロモーション動画です。
まずは「予備自衛官とは?」と興味を持ってもらうための構成が練られており、最後まで見た後は思わず調べてしまう視聴者も多いでしょう。

まとめ

動画を視聴してもらいたいターゲットを明確にする
短尺で伝えたいことを絞った動画を作成する
スピーディに運用するために内製化を検討する

ウェブ広告・ウェブCM動画は「誰に何を伝えたいか」で作成するべき動画の内容・活用方法をしっかりと検討する必要があります。
上記のポイントに注意して、より効果的にウェブ動画広告を活用していきましょう。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

  • step1

    画像/動画アップロード
  • step2

    テーマの選択
  • step3

    テロップ編集
  • complate

    動画完成!

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

博士と伊集院光
  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」