動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?
動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?
check

動画のインハウス化(内製化)とは?

撮影や編集や動画の制作などを業者に依頼せずに、自社内で行うことをインハウス化(内製化)と言います。
昨今、ビジネス上での動画需要・活用の必要性が高まる中、社内で行うことを検討している会社が増えてきています。
インハウス化(内製化)で

期待できる効果・メリット

動画制作予算
(外注費用)の削減
動画制作予算(外注費用)の削減

これまでは外部へ依頼する必要のあった動画制作をインハウス化(内製化)をすることで、コストの削減ができます。求める動画のクオリティに合わせて使い分けが可能です。

簡単な修正をいちいち
依頼しなくてよい
簡単な修正をいちいち依頼しなくてよい

簡単な修正であっても、外部へ依頼する必要がある場合には、依頼する手間や修正の時間・追加費用がかかります。社内で制作することで、それらを大幅に省くことができます。

動画制作時間の短縮
(スピーディーに作れる)
動画制作時間の短縮(スピーディーに作れる)

外部依頼の場合、企画打ち合わせや撮影、動画の確認や修正依頼など、1本の動画が完成するまでに多くの時間を要しますが、社内完結することでスピーディな制作を実現できます。

社内に動画制作・運用の
ノウハウが備わる
社内に動画制作・運用のノウハウが備わる

動画の制作から運用まですべて社内で行うため、その分ノウハウ・実績が貯まっていきます。今後の、より意味のある動画活用や事業としての広がりも見込めます。

コミュニケーションが
容易に
コミュニケーションが容易に

社員同士であれば、会社としての方向性や動画の意図・コンセプト、お互いの状況などが把握しやすいため、よりスムーズに動画制作を進めることができます。

社外秘の情報が
外部業者に漏洩しない
社外秘の情報が外部業者に漏洩しない

通常、外部の企業とは機密保持契約を結ぶことになりますが、関わるスタッフが社内のみであればより機密性は高まります。特に新企画の発表や社内広報などには大きく関係してきます。

Q

でも、インハウス化(内製化)ってハードルが高い・・・?

  • 何から準備すればいいのかわからない

  • 動画制作の専門知識がない

  • 時間がかかってしまいそうで心配だ

  • 自分たちで良い動画が作れるか心配だ

  • 動画の活用方法がわからない

  • 動画の編集機材にコストがかけられない

ちょっと待って!

動画制作のインハウス化(内製化)動画活用
メディア博士がトータルサポートいたします!

動画運用の
企画

撮影方法を
サポート

動画特設
サイトの制作

SEO/LPO
流入サポート

成功事例の
共有

動画の企画立ち上げからメディア博士を使用した動画の制作・発信まで、トータル的にサポートさせていただきます!
また動画活用方法についても御社に合うご提案をさせていただきます。

資料請求・お問合せはこちらから

資料請求フォーム
動画制作・活用フロー

メディア博士を利用した
インハウス化の流れ

1

御社の強み・コンセプト等をヒアリング

御社の強みや動画で発信したい商品、打ち出したいことなどをお打ち合わせにてヒアリングさせていただきます。
動画特設サイトを作成する際にも重要なポイントとなります。

2

動画の構成(絵もしくは字コンテ)を作成

どのような動画の構成・テロップの配置にするか、絵もしくは字コンテを作成します。まず初回は弊社のコンサルタントが作成させていただきますので、コンテの作成方法がわからなくても安心です。

3

コンテに沿った動画の撮影

作成したコンテに合わせて動画の撮影を行います。
コンテを作成していることによりどんな動画が必要なのか明確なため、撮影時間を短縮することができます。

4

メディア博士での動画作成・編集

クラウド動画作成ツールのメディア博士にて、動画の作成を行います。
直観的な操作が可能なため、動画作成の知識がない方でもスムーズに作成することができます。不明点等は弊社コンサルタントがサポートいたします。

5

作成した動画の活用・発信

メディア博士で作成・編集した動画は、ブランディング・プロモーション・ウェブ広告・採用活動・社内広報・マニュアル作成など様々な活用方法があります。用途に合った動画の活用方法をご提案させていただきます。

WEBマーケティング×動画活用を博士.comが企画・プロデュース!
御社のメディア事業部の立ち上げをお手伝いいたします!

動画の企画立ち上げからメディア博士を使用した動画の制作・発信まで、トータル的にサポートさせていただきます!
また動画活用方法についても御社に合うご提案をさせていただきます。

資料請求・お問合せはこちらから

資料請求フォーム
メディア担当者必見!

インハウス化(内製化)成功の
ポイント

point01

動画制作・運用の
プロデューサーを立て、育成する

動画事業を始めるにあたって、撮影や動画作成・SNSや動画サイトでの発信をただやみくもに行ったとしても、なかなか効果が感じられない、ターゲットとしている層へ届かないという事例が多く見受けらます。

まずは動画制作・運用の「プロデューサー」を立てましょう。
誰に・何を伝えるかのターゲットやテーマ決定、動画の構成(絵コンテ・字コンテ)の作成、動画の公開などをプロデュースします。
初めは弊社コンサルタントが一緒に進めていきますので、動画制作の経験がなくても問題ありません。
point02

社内で共有するための
動画制作ルールを確立する

動画制作のインハウス化(内製化)を進める際には、制作手順やルールを作成し、必ず社内で共有しましょう。
撮影した写真・動画の取り扱いについて、ロゴの使用、制作のローテーション、作成動画のチェック、運用ルールなどを整えていくことで、より効率的にコンセプトに沿った動画を作成することができます。

弊社では、動画の内容や制作に関わるスタッフの数、制作頻度等を踏まえながら、動画制作のルール作りのお手伝いも行わせていただきます。
point03

動画制作と運用方法の
ノウハウをしっかり貯めていく

インハウス化(内製化)をする大きなメリットの一つとして、「ノウハウを貯めることができる」ということが挙げられます。

自社で動画制作・運用を続けていくことで、動画編集のスキルはもちろんターゲットに合わせた動画の運用方法のノウハウが蓄積され、会社としての財産になります。
動画制作のスキルを社内で共有していくことで、より「伝わる動画」を制作することへ繋がります。

また、ノウハウを生かして動画事業の更なる活性化や、今後の新しい事業の発展にも活用ができるようになります。