集客に活用!観光案内の動画活用の効果・メリットを解説!|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
集客に活用!観光案内の動画活用の効果・メリットを解説!

集客に活用!観光案内の動画活用の効果・メリットを解説!

動画市場が拡大し、さまざまなシーンでWEB動画が活用されるようになりました。観光案内動画は、国内・海外の観光客を観光地に多くの集客効果が期待できます。
本記事では、観光案内の動画活用の効果・メリット・具体事例を紹介し、観光案内の魅力を解説します。これから動画発信を検討している担当者様は当記事を参考にしてください。

動画活用のメリット・効果

観光案内の動画発信をするメリット・効果について詳しく解説します。

観光地の情報を発信できる

観光案内動画を作成することで、観光地の情報発信が可能になります。動画で観光地の魅力を紹介するだけでなく、期間限定のおすすめ情報や、観光案内所の活用方法など、さまざまな動画コンテンツを作成できます。これから訪れる観光客に向けたコンテンツを動画で紹介することで、雑誌やパンフレットなどで紹介しきれなかった魅力を、映像で反映することが可能です。
映像は写真と文字に比べて情報量が多く、観光地の魅力を視覚的に伝えることが可能です。観光案内動画を雑誌やパンフレットをメインにしている観光地は、動画発信と合わせて発信すると集客が倍増する可能性があります。

海外観光客にアピールが可能

動画は日本人向けの動画を作成するだけでなく、海外向けの映像を作成するとも可能です。海外観光客が気に入りそうなスポットや、名所などを1本の映像にまとめることで、動画を見た海外観光客が足を運ぶ可能性があります。
動画活用をする際は、国内観光客向けの映像を作成するだけでなく、海外観光客が観光地を訪れて感動をするような動画を発信して魅力をアピールしましょう。

低コストで動画を作成できる

従来の宣伝方法はコストが高く、多くの観光客に情報を発信する場合には、コストが高く、予算の無い観光地では宣伝が出来ないというデメリットがありました。
しかし、WEB動画はスマホからも動画が作成できるため、コストをかけずに動画を作成し、観光客に向けて情報発信をおこなうことも可能になります。コストが高く動画制作のハードルが高いと感じていても、WEB動画を活用すれば低コストで観光地の魅力を発信することが可能です。

さまざまな媒体で発信が可能

従来の観光案内は新聞、ラジオ、テレビ、雑誌、パンフレットと媒体が限られ、特定のユーザーにしか情報を届けることができませんでした。
WEB動画の発信はYouTubeFacebookTwitterInstagramなどさまざまなプラットフォームが存在し、どの媒体で動画を発信しても多くのユーザーにリーチする可能性があります。
低コストで作成した動画が拡散すれば、テレビ以上の宣伝効果ができるため、従来の宣伝方法よりも媒体を選ばずに動画を制作することが可能です。

訴求力の高い観光案内動画を作成するために気をつけるべきこと

観光案内動画を制作する際に気をつけなければならないことがいくつかあります。動画制作をする際には、以下のポイントに注意をしながら動画作成をおこなってください。

映像にストーリー性を持たせる

宿泊施設、お土産、観光スポットなどを一方的に紹介すると、視聴者が広告動画として認識をしてしまうため、途中で視聴することをやめてしまう恐れがあります。観光案内動画を作成する時には、動画にストーリー性を持たせながら作るように意識してください。

臨場感ある映像を意識する

観光地では、視聴者がその場に訪れているような臨場感ある映像を表現することも大切です。ドローンを使用した空撮映像、タイムラプス映像のようなインパクトある映像だけでの構成では、視聴者が観光地をイメージすることができません。
観光客目線で現地を歩いているような動画や、伝統芸能など職人が作業している様子を間近で見ているような映像など、観光客が「実際に現地に足を運んでみたい」と感じるようなシーンを取り入れてください。

観光客が知らない情報を紹介する

観光案内を紹介する際には、宿泊施設、食事、お土産、街の歴史などを映像に取り入れることで、観光地の魅力を紹介することが可能です。映像を制作する際には、定番の観光スポットだけを紹介するのではなく、観光地で働く人・地元の人たちのみにしか知られていない情報を落とし込むことも大切です。
新たな情報を入れることで、視聴者に新鮮さを与え、「実際に訪れてほしい」と訴えかけることが可能です。

ターゲットに合わせた情報を反映する

国内観光客と海外観光客では知りたい情報が微妙に異なります。ターゲットを明確にしない状態で動画を発信すると、誰に向けた動画なのかが曖昧になり、印象に残らない映像になってしまう恐れがあります。動画を作成する際には、ターゲットを明確にしてください。
例えば、ターゲットを家族と設定するのであれば、客室はどのようになっているのか、宿泊施設周辺で、子どもが楽しめる施設はどのようなものかなど、求めている情報は何かを検討しながら、動画を作成してください。

事例

観光案内の動画活用の事例はどのようなものがあるのか、観光案内の動画活用事例を簡単に解説していきましょう。

長岡市観光案内

長岡市の観光案内動画では、国内・海外向けの観光客がわかるように、外国人のキャストを起用し、お洒落でカッコいい観光地の魅力のある映像を作成しました。動画によってはロングバージョンとショートバージョンを作成し、観光名所、祭りやイベントの様子を1本にまとめて情報を集約し、発信することも可能になります。
PV動画はどのような観光地でも必要不可欠なコンテンツでもあるため、作成することをおすすめします。作成する際には、映像制作に依頼をするか、動画作成支援ツールを活用しながら動画制作を検討してください。

バスガイドの観光案内

観光地から一方的に情報を発信するのではなく、観光業界のプロに情報を発信してもらい、魅力を伝えるコンテンツ制作が可能です。顔出しの無い動画でも、観光地の映像や補足テロップを活用することで、観光地の魅力を余すことなく届けることが可能になります。
インフルエンサーやチャンネル登録者数の多いYouTuberに依頼をすれば、従来のメディアよりもコストを抑えて情報発信することも可能です。

いばキラTV

インバウンド観光客向けの映像を作成する際、街歩きの映像やPVなどを作成するケースが多くありますが、別のアプローチでの動画活用も可能です。いばキラTVでは、Vtuberが茨城県の魅力を発信し、多くの視聴者から注目を集めています。
紹介した動画では、国内向けの動画だけではなく、中国語版の動画を作成し、中国人観光客への魅力を発信することが可能です。
アニメや漫画をはじめとした日本独自の文化を動画コンテンツに取り入れ、海外観光客へ魅力を発信する方法もおすすめです。

ららの沖縄案内

日本国内で有数の観光地の動画の中には、競合動画が多く自社で作成した動画が見られないまま埋もれてしまうケースも珍しくありません。
有名な観光地で動画を活用する場合は、ベタな情報を発信するのではなく、マニアックな情報を敢えて発信しましょう。この動画では、沖縄在住のYouTuberさんが、沖縄のディープな情報を発信するため、あまり取り上げられない場所やお店情報を発信しています。
WEB動画では、マスメディアでは出来ない動画コンテンツを発信することが可能です。コアな情報を発信し、観光客への魅力をアピールしましょう。

まとめ

・集客方法として動画活用は有効
・動画を継続的に発信する
・低コストで動画発信が可能


本記事で紹介した事例やポイントを参考にして、観光案内で集客が期待できる動画を継続的に発信してください。動画発信が難しいと悩んでいる方は、メディア博士にお任せください。
メディア博士は動画作成支援ツールです。簡単なステップで動画作成をサポートします。
これから動画作成を検討している方は当社にご相談ください。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

博士と伊集院光
step 01

画像・動画素材をアップロード

step01
step 02

動画のテーマを選択

step02
step 03

テロップを入れて確認したら完成!

step03
  • マルチデバイス対応
  • ソフトのダウンロード不要
  • 2000曲を超えるBGM
  • BGMアップロード
  • ロゴの固定表示
  • テロップ挿入機能
  • リアルタイムプレビュー
  • 簡単ページ生成機能
  • 動画共有機能

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら