縦型動画の特徴とおすすめ活用方法を解説!企業の実用例も紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
縦型動画の特徴とおすすめ活用方法を解説!企業の実用例も紹介

縦型動画の特徴とおすすめ活用方法を解説!企業の実用例も紹介

縦型動画は、スマホでの使い勝手を優先するモバイルファーストの流れとともに、SNS上の広告や投稿などで増加傾向にあります。YouTubeをはじめ、横型の動画が主流でしたが、縦型画像や動画を表示しやすくする動きも見られるなど、縦型動画がより浸透しています。
今回は、縦型動画の特徴やメリット、おすすめの活用方法などを解説します。企業による縦型動画の実用例や編集ツールなどについても紹介していますので、縦型動画の効果的な活用について詳しく知りたい方は、ぜひお読みください。

縦型動画の特徴とメリット

縦型動画は、9:16(縦:横)の比率で制作されます。スマホを縦向きにしたときの画面表示と一致するため、スマホの向きを変えずにそのまま視聴が可能です。これまで横向きの動画が多かった背景には、テレビやパソコンなどの視聴を前提とした動画制作がありました。近年のスマホの普及に伴い、特に広告における動画に縦型が用いられるようになっています。
縦型動画の主なメリットには、次のようなものがあります。

SNS上での視聴率が高まる

縦型動画はスマホを縦に持った状態で視聴でき、SNSの投稿や広告に使いやすいというメリットがあります。SNSのタイムラインは、スマホを縦向きにして使うのが一般的です。縦型動画ならスマホの向きを変える手間が省け、そのままの流れで視聴する確率が高まります。

大きな表示で高い訴求力を発揮できる

縦型動画はスマホの画面サイズと同じ比率なため、画面いっぱいに大きく表示でき、高い訴求力を発揮できます。スマホを縦向きに持ったまま視聴する横型動画と縦型動画のサイズを比較すると、約3倍の違いがあります。大画面で視聴できる縦型動画は、より多くの情報を盛り込んでも見やすいテキストサイズをキープできます。また、インパクトのあるアニメーションやコメントを使うことで、多くの拡散も見込めます。

離脱を予防できる

横型動画を見るために、スマホの向きを変えるというワンアクションが省けるだけで、ユーザーの離脱を防ぐ効果が得られます。特に動画広告において重要になるクリック率やエンゲージメントを高めるためには、縦型動画の使用が効果的です。

縦型動画のおすすめ活用シーン

続いて、縦型動画を使用するおすすめの活用シーンについて見ていきましょう。

YouTube

YouTube上の動画広告は、短尺の縦型動画が効果的です。YouTubeの投稿は横型動画が圧倒的に多く、横型動画用のプラットフォームというイメージが強いかもしれませんが、動画のサイズに合わせて表示を調整できる機能が使えます。スマホを縦向きでフルスクリーン表示した場合、縦型動画は画面いっぱいに大きく表示され、横型動画のような黒いブランクはありません。また、Instagramのストーリーズに似たストーリー機能も装備されており、7日間経つと自動で消去される縦型動画が投稿可能です。

Twitter

Twitterのタイムライン上に流す動画広告も、縦型広告が効果的です。縦型動画なら、タイムラインを読みながら、目に止まった動画をそのまま視聴できるため、コンバージョン率のアップが期待できます。Twitterではつい最近、縦型画像の表示機能が公開され、反響を読んでいます。将来的に動画でも縦型表示が適用される可能性は高いでしょう。

Instagram

Instagramは、24時間で自動的にコンテンツが消えるストーリーズや、Tiktokに似た短編動画投稿機能のリールなど、縦型動画が利用できる機能が豊富です。ストーリーズよりも長い動画を無期限で投稿できるIGTVも縦長、横長ともに対応しています。ライブ配信では、複数人で同時配信でき、人数によって横長表示と縦長表示が自動で切り替わるようになっており、配信映像はそのまま縦長動画としてIGTVに投稿することも可能です。10〜20代の若い世代や女性のスマホユーザーに向けた動画コンテンツとの相性が良いプラットフォームだけに、幅広い縦型動画の活用が見込めます。

TikTok

スマホユーザー向け動画SNSTiktokは、上下スワイプやタップなどスマホで操作することを前提に作られており、ほぼすべての投稿が縦型動画です。そのため、動画の間に入るインフィード広告も縦長にする必要があります。また、ハッシュタグをつけて視聴者の投稿を募る参加型PRも増えており、縦型動画浸透のきっかけとしても役立っています。

縦型動画の作り方

では、縦型動画を実際に作るとなると、どのような編集方法があるのでしょうか。ここでは、代表的な2つの方法について説明します。

縦型動画編集ソフトやアプリを使う

PremiereProやiMovie、Windowsのムービーメーカーといった多くの動画編集ソフトや、InShotなどの動画編集アプリで縦型動画の編集が可能です。ただ中には、最初から縦長で編集していくと、上下のサイズが見切れてしまうものもあります。編集時には90度回転させた状態で編集して、後でビデオ回転アプリなどで方向を元に戻す必要が出てくるので注意が必要です。

制作会社に依頼する

「編集に慣れていなくて不安だ」「動画を制作するリソースが少ない」という場合は、動画制作会社に依頼しましょう。投稿したい媒体に合わせたクオリティの高い縦型動画を短期間で制作できる、縦型動画に特化した制作会社もあります。

縦型動画の企業による事例

ここからは、企業による縦型動画の活用例を紹介していきます。

日産

日産自動車による技術紹介のウェブ動画では、冒頭と技術説明に入る直前に縦型動画が挿入されています。手をたたくだけで元の位置に収納できる自動椅子の縦型映像によって、実際にユーザーが撮影したかのようなリアルさを演出しています。続く映像は横長ではありますが、トランジションもスムーズで違和感はありません。日産が製造する自動車に搭載されているテクノロジーがメインコンテンツではありますが、「この椅子どうなってるの?」と気になって、思わず見続けてしまう動画に仕上がっています。

株式会社YAMAP

株式会社YAMAPが手掛ける登山アプリ「ヤマップ」のアップデート予告動画です。縦長のサイズを活かし、実際のアプリの使い方をスマホの画面を使って説明しています。アプリ使用時のイメージが湧きやすく、コンバージョンアップにもつながるでしょう。冒頭で背景として使われている山頂からの眺望は、縦型動画ならではの高さを活かした映像です。真ん中に大きく表示された、登山コースの計算や登録情報の拡大などのアップデート内容のコメントも迫力があり、まるで映画の予告のような演出となっています。

株式会社TONEGAWA

デザイン業から映像制作までを手掛ける株式会社TONEGAWAの、デジタルサイネージ(看板)用縦長動画です。縦に3分割してそれぞれに映像や静止画を流し、さまざまな社員の表情やビジネスシーンを盛り込んでいます。それぞれの動画はよくある横長サイズなので、複数の横長動画をシンプルに組み合わせるだけでもアピール力の高い縦長動画ができあがることを示した良い例といえます。

ウェディングパーク

式場探しや結婚全般に役立つ情報をまとめたブライダルサイト「ウェディングパーク」の縦型動画は、結婚式の1週間前の花嫁が過ごす1日、というテーマの映像作品です。女子会を楽しむ場面では、縦長にすることで、実際に花嫁や友人がスマホで撮影した動画のように演出されています。全体の色合いも女性らしい淡いテイストにまとめられていて、かわいらしさと幸せ感が画面から伝わってきます。

まとめ:縦型動画はSNSマーケティングに最適

縦型動画は、モバイルファーストの流れが進む中、特に注目を集めており、増加傾向にある動画形式です。SNS上で流れる縦長動画は、横向きに切り替えることなく視聴できるため、高い訴求力が期待できます。ただ、効果的に活用するためには、メッセージやアニメーションをサイズに合わせて組み込むだけでなく、投稿するプラットフォームやユーザー層に合った動画を制作する必要があります。縦型動画を作成するソフトに関して、より効率的に縦型動画を作りたい場合や動画の企画制作サポートを必要とする場合などは弊社のクラウド動画編集ツール「メディア博士」も有効ですので是非検討してみてください。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

博士と伊集院光
step 01

画像・動画素材をアップロード

step01
step 02

動画のテーマを選択

step02
step 03

テロップを入れて確認したら完成!

step03
  • マルチデバイス対応
  • ソフトのダウンロード不要
  • 2000曲を超えるBGM
  • BGMアップロード
  • ロゴの固定表示
  • テロップ挿入機能
  • リアルタイムプレビュー
  • 簡単ページ生成機能
  • 動画共有機能

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら