【導入事例あり】銀行(金融業界)の動画活用方法を解説|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【導入事例あり】銀行(金融業界)の動画活用方法を解説

【導入事例あり】銀行(金融業界)の動画活用方法を解説

YouTubeが人気なプラットフォームになり、現代では動画コンテンツのニーズがますます高まっています。最近では様々な業界で動画コンテンツが活用されていて、それは銀行のような金融業界も例外ではありません。
「銀行はどのように動画コンテンツを活用すればいいの?」
今回は動画制作を検討されている金融業界の方に、動画コンテンツの活用方法をご紹介します。

銀行が動画コンテンツを活用するメリット

具体的に銀行が動画コンテンツを活用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
1つ1つ見ていきましょう。

目に見えない商品を映像化してわかりやすく伝えることができる

銀行などの金融業界では、目に見えない無形商品を扱っています。目に見えないサービスのため、顧客にイメージが伝えるのが難しい無形商品。しかしながら動画コンテンツを活用することで、伝わりにくい商品内容をわかりやすく映像化して顧客に伝えることができます。

動画コンテンツは、アニメーションやCG、さらに字幕などを足すことも可能です。「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、人は聞くよりも目で見たもののほうが早く理解することができます。
動画コンテンツを活用すると、商品に関する詳細や活用方法が顧客に伝わりやすくなるので、新規顧客獲得も期待できます。
さらにしっかりと商品内容を説明できることで、契約した顧客のクレームを減らすことができるということも動画コンテンツを活用するメリットとして挙げられます。

金融商品の情報に会社のビジョンなどを盛り込むことで差別化できる

銀行などでは、どの銀行も提供する商品自体の機能や品質にはそこまで差はありません。多くの銀行はどのように差別化するかという点に常に頭を悩ませています。

そのような場合にも動画コンテンツは有効です。
動画内で自社商品の説明に加えて、会社の将来のビジョンや顧客に対する思い、自社だけが行っている取り組みなどをプラスすることで既存顧客の定着が期待できます。

宣伝費用を抑えることができる

YouTubeという巨大な動画プラットフォームができ、芸能人なども個人のYouTubeチャンネルを持つようになったことで、現代人のテレビ離れは加速しています。

YouTubeなどの動画配信プラットフォームでは、視聴者の年齢や性別、趣味嗜好などを指定して広告を配信することも可能なので、コストを抑えて高い宣伝効果が見込めます。
動画コンテンツを上手く活用することでテレビで広告を出すよりも、少ないコストで顧客にアプローチすることができます。

ホームページに動画を掲載することで顧客のアクセス増加が期待できる


ホームページ上に掲載した動画を顧客が視聴すれば、相対的に顧客がホームページに滞在する時間を長くすることができます。また最近ではGoogleの検索欄に動画が表示されるようになっており、ホームページに動画をのせることは、顧客の流入経路を増やす役割もあります。以上の理由で最近では、顧客のアクセス増加のためにホームページに動画を掲載する企業が増えてきています。

動画コンテンツ制作のポイント

次に動画コンテンツ制作のポイントについて確認していきましょう。

商品のターゲットを明確にして動画を制作する

動画を制作する際には、商品のターゲットを明確にすることが大切です。
商品のターゲットが抱える悩みを解決する手段として、自社の商品を提案するという流れにすれば、顧客の購入欲求を高めることができます。

わかりやすくテンポの良い構成にする

目に見えない商品をできる限り可視化して、顧客に商品のイメージを伝えることが大切です。また動画のテンポを良くすることで視聴者に最後まで視聴してもらいやすくなるので、説明する速度やシーンの切り替えのタイミングにも気を使う必要があります。

銀行の動画活用事例をご紹介

銀行が動画コンテンツを活用するメリットと制作するポイントがわかったところで、次は実際の活用例をご紹介していきます。
 

【りそな銀行】ビジネスデビットカード商品紹介


この動画では、ビジネスをしている中小企業の経営者のよくある悩みの例を紹介し、その悩みをビジネスデビットカードなら解決できますよというふうに提案をしています。このように自然な流れで自社商品の紹介を行うことで、顧客を引きつけることができます。

キャッシュカード詐欺盗

こちらは全国銀行協会公式YouTubeチャンネルに公開されている動画です。
この動画では、人形が詐欺に騙されないように呼びかけるという内容になっていて、動画のテンポの良さから内容がスラスラと頭に入ってきます。30秒という尺の長さも大事なポイントです。

みずほWalletはじまる。 30秒

こちらは、みずほ銀行の公式スマホ決済アプリみずほWalletを紹介する動画です。
この動画では、便利で新しいライフスタイルを提案することで、顧客の購入意欲を増加させる効果があります。
字幕の文字数も必要最小限で抑えられており、アニメーションも比較的シンプルな構成になっているので、内容が非常に理解しやすいです。

セブン銀行 最短10分で口座開設!

こちらはセブン銀行の動画活用事例です。
こちらの動画では、漫画形式でセブン銀行のサービスを解説しており、簡単な口座開設を訴求しています。ユーザーが面倒だと感じる口座開設を例にあげ、動画視聴者の共感を得ることで、つい続きまで見たくなってしまうような構成になっています。

銀行員が教える!札勘の仕方~上手なお札の数え方~

最後は、りそなグループ銀行の動画活用事例をご紹介します。
この動画では、銀行員がお札の数え方を実際に解説してくれています。
様々なアングルから手の動きを確認することができるのでとても親切ですね。解説の字幕がついているので、音が出せない状況でも周りを気にせずに動画を視聴することができます。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、銀行の動画活用事例を紹介してきました。
動画を制作する準備に取り掛かる前に、実際の活用事例を参考にすることで、より効果的な動画が制作できるようになるので、ぜひ試してみてください。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

博士と伊集院光
step 01

画像・動画素材をアップロード

step01
step 02

動画のテーマを選択

step02
step 03

テロップを入れて確認したら完成!

step03
  • マルチデバイス対応
  • ソフトのダウンロード不要
  • 2000曲を超えるBGM
  • BGMアップロード
  • ロゴの固定表示
  • テロップ挿入機能
  • リアルタイムプレビュー
  • 簡単ページ生成機能
  • 動画共有機能

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら