【初心者必見】動画制作を初めて社内担当することになった人が知っておくべきポイントを解説!|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【初心者必見】動画制作を初めて社内担当することになった人が知っておくべきポイントを解説!

【初心者必見】動画制作を初めて社内担当することになった人が知っておくべきポイントを解説!

動画制作未経験者が、初めて動画制作を担当すると何から手をつければ良いかわからないと思い悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
この動画では、企業が動画制作するにあたり、社内担当になった時に何をすべきなのか、どのようなことに気をつけて動画制作をすべきかについて詳しく解説します。

動画制作をする際に必要な準備

動画制作を初めてする際に社内担当者さんは、次のような準備をおこなう必要があります。動画制作を成功させるためには欠かせない工程になるので、ぜひ次の項目を意識をしながら動画制作をおこなうように心がけましょう。

動画制作の方法を検討する

初めに取り組むこととして、社内での動画制作を実現するためにどのような形で動画を制作するのか、動画制作の方法を検討してください。具体的には動画制作をするために、社内担当は撮影から編集まで全てをおこなうのか、プロに依頼をして動画を制作するのか、内製化をするために支援ツールを活用するのかといった項目です。動画制作をどのような形で作るのか、動画制作の工程を検討してください。

動画制作ゴールの検討

動画制作をおこなう際に見落としてしまうものとして、ゴール設定を明確にせずに事業に取り組んでしまうことがあります。ゴールを曖昧にした状態で動画を制作すると、「動画を作る」ことが目的となってしまい、完成した作品を視聴者が視聴しない可能性も考えられます。
動画を何故作るのか、ブランディング認知度の向上、新商品の紹介など、動画を投稿することによって得られる利益は何か?をイメージしながら動画制作を検討してください。

動画投稿開始日の設定

社内担当者は、動画を制作するだけでなく動画投稿のスケジュール管理も大切な仕事の1つです。特にYouTubeチャンネルやSNSでの定期的な動画投稿を検討しているのであれば、投稿開始日を慎重に決定する必要があります。
1本の動画が完成するまでに、どの程度の期間が必要なのか無理の無いスケジュールを立てながら動画を制作するように心がけましょう。

撮影機材の準備

動画のゴール設定、スケジュールだけでなく、動画制作に必要な機材を準備しておくことも大切です。室内で撮影をする際には、カメラだけではなく、マイク、照明など撮影に必要な機材も取り揃えておくようにしてください。
機材を1から揃える場合は、トラブル対処に備えて撮影の1週間前に機材が手元に届くように余裕のある準備をおこなうようにしてください。

競合分析

動画制作をする際には、SNS上で投稿されている動画がどのようなものか、競合を分析する必要があります。競合分析は動画制作をするうえで、とても重要な準備項目です。
なぜ動画制作において競合分析が重要なのかについて、詳しく解説します。

競合相手の動画を分析する

動画制作をしたことが無い方は、動画の中身をどのようなものにすれば視聴者がより動画を見てもらえるのか、分からないことがあります。動画の構成、動画の編集技法を参考するために、競合相手の動画を分析しましょう。
競合相手を分析する際には、理想的な動画を発信するアカウントを1つに絞るのではなく、複数のアカウントを確認しながら動画の傾向を分析するように心がけてください。
競合相手の傾向を正しく分析することができれば、動画制作の知識を得ることが可能です。動画を制作する際には、競合相手の動画を分析するように心がけましょう。

視聴者のニーズを調査

競合動画を分析すると、視聴者のニーズを調査することが可能です。投稿した動画のコメント数や、RT数、再生回数から視聴者がその動画を求めていたか、そうでないかを判別することが可能です。
視聴者のニーズを把握していない状態で動画制作をおこなっても、動画を視聴者に見られない可能性があります。動画制作をする際には、視聴者がどのような動画を求めているのか、ニーズを意識しながら分析するように心がけてください。

動画制作チームで情報共有

分析した情報を、動画制作チームで情報共有することも大切です。チーム内の方針が制作者間で共有されていないと、方向性の違う間違った動画を制作してしまう恐れがあります。競合相手の動画を分析して見えてきたことは、動画制作チームで共有するように心がけてください。

動画制作で意識した方が良いこと

動画を実際に制作すると、さまざまな壁にぶつかります。動画を制作するうえでぶつかる壁にはどのようなものかを事前に知っておくことで対処が可能です。次の問題が発生しないように、社内担当で解決策を議論するように心がけてください。

企画案の制作

動画制作の中で最も重要なことは、企画案の制作です。一般的にテロップや、BGM、エフェクトなどを豪華なものにして、視聴者の興味を引きつけようと考える動画制作チームもいますが、実はこれはとても危険なアプローチです。
テロップやエフェクトは魅力的な動画には欠かせない要素ですが、あくまで動画の中身が重要で、中身の無い動画に装飾を加えても動画を視聴者が見ない可能性があります。
動画を制作する際には、どのような企画案にするのかをしっかり検討しながら制作をおこなうようにしてください。

構成台本の制作

動画を制作する際には、構成台本を構築しておくことをおすすめします。特に商品レビューや社内担当者が情報を発信する動画では、構成台本を制作しておくことで、編集作業もスムーズなものになります。
構成台本を制作しておくと、映像が完成した際にどのような流れになるのか全員でイメージの共有をおこなうことも可能です。セリフを書き起こすだけではなく、シーンのイメージなども記載して、動画の設計図を制作するように心がけましょう。

動画編集

動画編集をする際には、冒頭の10秒を意識しながら動画制作をおこないましょう。冒頭シーンで、視聴者に対して訴求力の高い「情報」や「重要なシーン」を反映することで、視聴者が動画を見てもらえる可能性があります。
動画をテンポよく編集することも大切なので、動画編集をする際には、間延びをしないようにテンポを意識しながら動画制作をおこうように心がけてください。

動画の定期的な更新

動画を制作する際には、定期的な更新も重要です。特にYouTubeで定期的な動画更新を目標としているのであれば、更新ペースが重要な要素になります。更新頻度を一定に維持することで、視聴者に動画の視聴習慣をつけ、企業が運用する動画チャンネルのファンになる可能性が高くなります。
動画を制作する際には、定期的な動画更新を意識しながら動画を制作するように心がけましょう。更新頻度が落ちないようにするために、最低でも1ヶ月何もしなくても動画がアップロードされる状態を作るまでは、動画のストックが溜まったところで公開するなど工夫をするように心がけてください。

まとめ

・動画制作をする際には準備が重要
・制作までの過程をしっかりフォローしておく


動画制作の社内担当に初めてなった方でも、本記事で紹介したポイントに注意をしながら動画制作をおこなえば、スムーズな動画制作が可能になります。社内担当者として何をすべきか分からないと困っている方は、本記事で紹介した手順に沿って動画を制作するように心がけてください。
メディア博士では企業の動画内製化を支援するための支援ツールです。撮影した動画素材を簡単なSTEPで動画制作が可能です。これから動画制作を検討している方は、当サービスの導入をご検討ください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

動画編集ツール【メディア博士】でビジネス動画を作成!

3ステップでカンタン動画作成

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

博士と伊集院光
step 01

画像・動画素材をアップロード

step01
step 02

動画のテーマを選択

step02
step 03

テロップを入れて確認したら完成!

step03
  • マルチデバイス対応
  • ソフトのダウンロード不要
  • 2000曲を超えるBGM
  • BGMアップロード
  • ロゴの固定表示
  • テロップ挿入機能
  • リアルタイムプレビュー
  • 簡単ページ生成機能
  • 動画共有機能

メディア博士で変わる企業の動画活用

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

動画機材はこれだけあればOK!

  • 推奨スマートフォン iPhone8 xperiaXZ GalaxyS7 edge google pixel3 以降
    ※出来れば広角モードのついた機種。SIMフリーのスマホは安価に購入が可能です。
  • 電動ジンバル 動画のブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を行うには必須です。
    オススメは『Osmo mobile3』持ちやすくコンパクトで非常に扱いやすいです。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら