動画サービスを提供するプラットフォームの中で企業向けのサービスは?|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
動画サービスを提供するプラットフォームの中で企業向けのサービスは?

動画サービスを提供するプラットフォームの中で企業向けのサービスは?

2021.10.12

動画プラットフォームサービスを活用した事業を立ち上げる際に、どのような動画プラットフォームで配信すべきか、企業担当者は最適なプラットフォームを検討する必要があります。

​​​​​​​本記事では、企業向けに最適な動画プラットフォームの選び方と、おすすめのサイトを5つ紹介します。これから動画ビジネスを展開しようと検討している方は、参考にしてください。

動画プラットフォームの特徴

動画プラットフォームは、動画ビジネスを成功に導くために慎重に選択をする必要があります。動画プラットフォームには、以下のような特徴があります。

課金・無料会員を選択できる

動画プラットフォームの多くは、課金・無料会員を選択したうえで利用が可能です。無料会員でもさまざまな機能を利用し、場合によっては事業として成立させることが可能です。
動画ビジネスに参入をする際には、無料会員でプロジェクトをスタートさせ、最低限のコストで情報発信・サービスの提供が出来るようにすることをおすすめします。

一方で、動画プラットフォームによっては、有料会員にならなければ利用出来ない制限や、ストレージが限定されているケースもあります。
利用するプラットフォームによっては、有料会員で登録し自社が実現したいビジネスがスムーズに出来る体制を整えるようにしてください。

サポート体制が充実

プラットフォームの中には、動画プラットフォームをサポートする体制が整っているだけでなく、ビジネスを成功に導く分析やアドバイスなど、さまざまなサービスを提供しているケースもあります。

サポート体制が充実しているプラットフォームを選択すれば、動画プラットフォームの知識の無い担当者でも、簡単に操作が出来るだけでなく、動画事業の成功に繋げられる可能性があります。

オリジナルコンテンツを制作しやすい

企業向け動画プラットフォームを利用すると、オリジナルコンテンツの制作が簡潔に出来ます。専門知識がない方でも比較的簡単にサービスを提供出来るため、企業向けプラットフォームの活用をしてください。

マルチデバイスに対応

多くの動画プラットフォームが、PC、スマホ、タブレットなどマルチデバイスに対応をしています。マルチデバイスに対応をしているプラットフォームを選択することで、さまざまな利用者の獲得が可能になります。利用者層を踏まえ、動画コンテンツのメインターゲットが利用する端末を選ぶようにしてください。

企業向けの動画プラットフォームを選択する際に気をつけること

動画プラットフォームを選択する際に、以下の3つのポイントを意識しながら最適なプラットフォームを選択してください。

目的に合ったプラットフォームを選択する

一言で「動画プラットフォーム」といっても、さまざまな特性を持つサービスがあります。最適なプラットフォームが分からない時は、目的に合ったプラットフォームを選択してください。

目的に合ったプラットフォームを選択することで、サービスを最大限活用し、利用者の満足度が高くなるサービスの提供が可能になります。動画ビジネスの目的を明確にして、目的を実現出来るプラットフォームを選択してください。

法人向けサービスを利用

法人向けサービスを提供しているプラットフォームは、セキュリティ対策が充実するだけでなく、分析ツールなども豊富です。利用者の集客方法はもちろんのこと、分析ツールなどを活用することで、訴求力の高い動画を分析することも可能です。

操作性が分かりやすい

初心者でも簡単に動画投稿や生配信が出来るよう、操作性が分かりやすいプラットフォームを選ぶことも大切です。プラットフォームの機能だけではなく、日常的に扱うことも考慮し、操作性が比較的簡単で分かりやすいプラットフォームを選択してください。

おすすめの動画プラットフォーム

本記事で推薦するおすすめのプラットフォームを5つご紹介します。ぜひ参考にしてください。

YouTube

https://www.youtube.com/

動画プラットフォームとして最も利用されるものが、YouTubeです。YouTubeは無料で簡単にチャンネル開設出来る一方で、有料会員向けのサービスが十分に構築出来ないというデメリットがあります。

YouTubeを活用しようと検討しているのであれば、新規ユーザーに興味を持ってもらうためのプラットフォームと割り切り、Webサイトに誘導して会員を獲得するなどのサービスの流入経路として活用をしてください。

vimeo

https://vimeo.com/jp/

有料課金などのサービスを検討している方は、Vimeoがおすすめです。豊富なカスタマイズ機能と、Webサイトの埋め込みが充実しているため、会員は集中して動画を視聴出来る環境が整備出来ます。

無料プラン、有料プランがあり積極的に活用するのであれば、制限のない有料プランがおすすめです。一方で、有料プランでもストレージの容量が定められているため、動画を定期的に整理する必要があります。
アーカイブ配信を視野に入れてコンテンツを制作しようと検討している場合は注意が必要です。

MOGA

https://mooga.jp/

動画プラットフォームの中には、専門的な知識が必要かつコストが高いサービスも多く、導入を断念し、無料サービスを検討してしまう場合も多くあります。
MOGAは法人に特化した動画プラットフォームサービスで、月額1.5万円から利用出来る動画プラットフォーム入門企業向けのプラットフォームです。

最大の特徴は、シンプルな機能性です。動画プラットフォーム事業に関わったことが無い方でも、簡単に動画コンテンツの制作が可能です。

社内向けの情報共有やe-ラーニングでの活用を検討している方におすすめのコンテンツです。

BRIGHTCOVE Video Cloud

https://www.brightcove.com/ja/products/online-video-platform/

BRIGHTCOVE Video Cloudは、世界的に採用されている動画プラットフォームです。利用企業は3000社以上。さまざまな動画ビジネスのニーズに合わせた機能が多数あります。

マルチデバイス対応はもちろんのこと、4000億以上のデータと顧客の知見を元に、動画活用の手助けとなるような有益な情報を多数発信しています。
動画ビジネスに参入していない企業にも優しいおすすめのプラットフォームです。

LePMOS

https://www.humancentrix.com/streaming/platform/lepmos

動画プラットフォームの中には、特定のターゲットのニーズに寄り添ったサービスを提供しているケースもあります。

LePMoSは「動画」と「データ」で出会いを仕組み化するプラットフォームです。
最大の特徴は、WEBセミナー、オンライン説明会などを通して採用率を高めるノウハウを提供し、新卒採用への結果へとつなげられることです。

大学生に対して、企業アピールをしたいと検討している企業様には、LePMOSがおすすめです。LePMOSのように、特定の目的がはっきりとしているのであれば、汎用性の高い動画プラットフォームではなく、ノウハウやデータを豊富に持つプラットフォームを選択してください。

まとめ

・企業の提供したいサービスに合致したプラットフォームを選択する
・データ分析の豊富なサービスは、開設後ビジネスを有利に展開できる
・動画プラットフォームは多数存在する

本記事で提示をしたように、企業向けの動画プラットフォームは多数存在します。これから動画ビジネスに参入を検討している方は、自社の事業を最大限引き出すための動画事業は何かを検討しながら、プラットフォームを選択することをおすすめします。

最適なプラットフォームで、自社が発信したい情報やサービスを利用者に提供してください。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

無料トライアルのお申込み