経営コンサルタントを生業にした会社が仕事を取るなら動画活用するべき?動画の作成ポイントと事例をご紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
経営コンサルタントを生業にした会社が仕事を取るなら動画活用するべき?動画の作成ポイントと事例をご紹介

経営コンサルタントを生業にした会社が仕事を取るなら動画活用するべき?動画の作成ポイントと事例をご紹介

各種業界の動向を掲載している業界動向サーチによると、コンサルティング業界は過去7年間で市場規模が上昇傾向にあります。
参考:業界動向サーチ「コンサルティング業界の現状、動向、ランキングなど」

市場規模の上昇傾向から、コンサルティングの活用を検討する企業が増えてきていると考えられるでしょう。様々なコンサルティング会社がある中、あなたが所属する会社にコンサルティング依頼を来るようにするには、会社の宣伝などで企業の差別化を考えなければなりません。

会社の差別化を図る宣伝を行う手段として、動画が有効です。動画は文字や画像をまとめた記事で宣伝するよりも、効率良く情報を視聴者に伝えられます。

「どんな動画を作れば良いのか分からない」

どのような動画を作れば良いのか分からない方のために、今回はコンサルティング会社を宣伝する動画の作成ポイントと事例をご紹介いたします。

経営コンサルタントで動画活用をするなら、動画から契約につなげることを意識する

経営コンサルタントを雇う費用相場は月額なら20~50万円、時給なら5,000~10万円と高額です。

高いお金を払うわけですから、経営コンサルタントを依頼する会社や個人選びは慎重になります。雇用を検討している人は、できるだけ実績のある経営コンサルタントに依頼したいと考えるでしょう。しかし、コンサルティング会社から実績の提示が無ければ、お客様の不安は解消されません。

 

お客様の不安を解消するために動画を使えば、コンサルティング依頼をいただける可能性があります。お客様に何を伝えたら依頼につながるのかを考えながら、動画構成を作っていくと良いでしょう。

経営コンサルタント業を扱った動画の作成ポイント

まずはお客様の不安を解消する動画の作り方を解説します。

主のポイントは3点あり、それぞれお客様のことを考えながら制作を進めていきましょう。

動画のターゲットやコンセプトを決める

動画を作る上で大切なのは、ターゲットやコンセプトの設定です。

 

例えば、ターゲットを業務効率に悩む経営者に設定したとしましょう。

業務効率に悩む経営者がコンサルティング依頼をするなら、どのような動画を見せれば良いのでしょうか。

 

一例として過去に業務改善を提案した会社の例を動画にして見せるなど、設定するターゲットによって作る動画が変わってきます。作る動画の方向性を決めた後はコンセプトを設定し、設定した内容に応じて構成と台本作成をしていくと良いでしょう。

動画構成と台本を考える

ターゲットやコンセプトを設定した後は、動画構成と台本を作っていきます。

動画構成と台本があるかないかで映像撮影にかける時間も変わってくるので、事前に作っておくと良いです。台本に演者が話す場面がある場合はセリフにどのような感情を込めるのか記載しておくと、相手に求めている演技を伝えられます。

視聴者に配慮した編集を心掛ける

映像撮影を終えた後は、動画素材を構成と台本に合わせて編集していきます。

 

編集では音や映像の色味、話している内容を文字テロップとして表示するなど、視聴者に配慮した編集を心掛けましょう。視聴者をないがしろにした雑な編集をしてしまうと、せっかく作った動画が最後まで見られない恐れがあります。

経営コンサルタント業の営業に使える動画事例

次に経営コンサルタント業の営業に使える動画事例をご紹介します。

それぞれで共通するのは、視聴者がコンサルティング依頼を出すように誘導している点です。

経営コンサルタント会社の紹介動画

最初に考えられるのは、経営コンサルティングを生業にした会社の紹介動画です。

どのような面のコンサルが強いのかを動画で伝え、該当する悩みを抱えている視聴者がいたら経営相談に訪れる可能性があります。

 

参考事例として、株式会社GIコンサルティングパートナーズがアップロードした企業紹介の動画。

代表取締役が事業内容や会社の特徴・強みなどを話す動画です。会社が強みとするコンサル内容をざっくり目に話しており、気になった人は無料経営相談に流そうとする意図が垣間見えます。

会社の提供サービスを紹介する

次に考えられるのは、コンサルティング会社が提供するサービスの紹介動画です。

そもそも経営コンサルティングには種類があり、財務や人事、業務やマーケティングなどがあります。経営コンサルティングでどこまで対応してくれるのかなど、サービス紹介の動画を作っておくと、雇用を検討している人はどの部分を依頼するべきなのかが判断しやすくなります。

 

参考事例として、株式会社タナベ経営がアップロードしたサービス紹介動画。

タナベ経営が提供するコンサルティングサービスについて説明する動画で、プレゼンテーションを受けている気分になります。デザインプロモーションコンサルティングの流れも説明しつつ、事例も合わせて紹介しています。

成功事例を紹介して信頼を得る

経営コンサルティングの依頼料は高額なので、依頼するお客様は「実績のある人に依頼したい」と考えるでしょう。動画を通して成功事例をお客様に伝えられると、信頼できる人だと見てコンサルティング依頼を検討するでしょう。

 

参考事例として、歯科医院地域一番実践会がアップロードした経営コンサル成功事例の紹介動画。

依頼した歯科クリニックの理事長がコンサルティングを導入する前の状況や、導入した後の話をしています。導入した後のメリットなども話しているので、コンサル依頼を検討している人にとって最後の一押しになりそうな動画です。

 

もう1つの事例として、株式会社タナベ経営がアップロードした成功事例の動画。

残業が当たり前だった環境を改善させつつ、社員の意識や会社の方向性への理解度を深めた旨を動画で伝えています。

経営に関する情報を伝えて信用獲得を狙う

コンサルティング内容や事例を紹介する以外では、経営に関する情報提供で信用獲得を狙うのも良いです。

 

例えば、組織開発の失敗パターンを経営コンサルタント視点で話したとしましょう。

失敗パターンを知った経営者は投稿主の言葉を信用し、経営で悩んでいることがあればコンサルティング依頼を出してくれる可能性があります。

 

参考事例として、コンサルティングチャンネルがアップロードした組織開発に関する情報提供の動画。

動画では組織開発の失敗パターンを話していて、ターゲットと思われる経営者にとってためになる情報を伝えています。

経営者に信用される情報提供を意識しましょう

コンサルティング会社を宣伝する動画の作成ポイントと事例を紹介しました。

 

依頼につながる動画を作るポイントは、映像コンテンツを見たお客様に役立つ情報を提供できるのか、または不安を解消できるかです。動画を見るお客様の信用獲得に成功すれば、コンサルティング依頼が来る可能性も高まるでしょう。

 

メディア博士では定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えしています。撮影手順から情報発信、改善提案など動画作成のお力になれると思いますので、ぜひご相談ください。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

1分で簡単!資料請求・お問合せ