テニス教室の入会人数を増やすなら動画活用が最適?作れる動画ネタと事例をご紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
テニス教室の入会人数を増やすなら動画活用が最適?作れる動画ネタと事例をご紹介

テニス教室の入会人数を増やすなら動画活用が最適?作れる動画ネタと事例をご紹介

「テニス教室の入会者を増やしたい」

こんな悩みを持っていませんか。
インターネット上でホームページやSNSを開設し、テニス教室の魅力を伝えて集客を図る人がいると思います。ほとんどの人は画像や文章を中心にテニス教室の魅力を伝えようと考えると思いますが、過不足なく魅力を伝えるなら、動画を使うことをおすすめします。

「テニス教室の魅力を伝えるには、どのような動画を作れば良いのか分からない」

そんなあなたのために、今回はテニス教室を交えた動画ネタや事例をご紹介します。

テニス教室の動画活用は宣伝と情報を伝える点にある

テニス教室を使った動画活用は教室の宣伝か、スポーツに関する情報を伝えることを意識すると良いでしょう。

教室の宣伝では入会コースや施設の様子、スポーツに関する情報ではテニス教室が視聴者に価値提供するイメージで動画を作れると良いです。それぞれの方向性に応じた動画の事例をご紹介します。

テニス教室の宣伝をする

テニス教室を紹介する

集客目的で動画を作る場合、最初に思いつくのはテニス教室の内容を紹介する映像コンテンツでしょう。

この動画ネタではテニス教室に入会してどのような内容が学べるか、練習風景はどんな感じなのかを伝えます。実際の練習風景などを映像で見せられると、「どんな感じにテニスの練習をしているのか」と視聴者が抱く不安を解消できます。

 

参考事例として、サークルDチャンネルがアップロードしたプロテニス選手・長谷川梨紗が運営するテニスサークルの紹介動画。

実際にテニスの練習をしている様子を動画で見せつつ、画面下の文字テロップでサークルを立ち上げた思いなどを綴っています。動画ではラリーの様子だけでなく、ゲームプレイや試合後にアドバイスする様子も見せており、サークルに入会した後はどういう風にテニスを学べるのかを想像できます。

テニス教室のコーチを紹介する

テニス教室はお金を払って、テニスを学ぶところです。

ほとんどの人はどんなコーチからテニスを学ぶのか気になるのではないでしょうか。入会を検討している人たちに向けて、テニスを教えるコーチを紹介するのも良いです。実際にテニスを教えているコーチにインタビューを行い、指導への思いなどを語ってもらうと、視聴者の不安解消につながります。

 

参考事例として、スポーツマックスインドアテニススクールがアップロードしたテニスコーチの紹介動画

コーチがスタッフから質問を受けて、それに答えていく内容の動画です。質問に答えるコーチの様子や回答内容から人柄が垣間見えるので、テニス教室に入会を検討している視聴者の不安解消につながるでしょう。

テニス教室の施設を紹介する

テニス教室の内容やコーチときて、次は施設です。

学べる内容やコーチが良くても、通う施設が良くないと通いたくないと考える人もいるのではないでしょうか。テニス教室で使う施設が気になる人たちに向けて、施設の紹介動画を作るのも良いです。

 

参考事例として、NOAHチャンネルがアップロードしたテニススクールの紹介動画。

テニスコートをはじめとした施設内の様子を映した動画です。テニスサークルの入会を検討した視聴者が、どういう施設でテニスを学べるのかをイメージさせるきっかけ作りになるでしょう。

テニス教室に使われている技術を紹介する

テニス教室の差別化ポイントとしては、施設で使っている技術もあります。

 

例えば、スマートテニスレッスン。

スマートテニスレッスンとは映像とセンサーを組み合わせ、打球フォームやデータ、配球やポジショニングをテニスコート上ですぐに確認できる支援システムです。打球フォームや配球、ポジショニングなど自分の動きを客観的に分析してスキル向上につなげられます。技術を使っているのであれば、支援システムを使ったテニス教室である旨を伝えるのも良いでしょう。

 

参考事例として、Smart Tennis Lessonがアップロードしたスマートテニスレッスンの様子を映した動画。

テニスラケットの底に付けた測定機器やコートの外側にあるカメラで、正しくサーブが出来ているかを確認しています。実際にサーブをしてみた様子がカメラに記録されており、動画を見直して改善に動くプレイヤーの姿が見られます。

テニスに使う道具や技術を伝える

テニスの知識を伝える

テニスに使う知識を伝えるのも、教室を宣伝する良い動画ネタです。

 

例えば、コーチがテニス関連の知識を視聴者に情報提供する動画。

コーチがお得情報を伝えて、視聴者がコーチに対して信用するようになれば、テニス教室への誘導も可能です。

 

参考事例として、湘南インドアテニスクラブがアップロードしたテニスゲームの戦略を説明する動画。

実際にシングルスでゲームをしている様子を映しながら、ナレーションでシングルスの戦術を紹介する動画です。ナレーションで話した内容は文字テロップを付け、話している内容に合わせて実際に映像としても見せており、視聴者に分かりやすいような編集がされています。

テニスに使う道具を紹介する

テニスに使う道具も同じような効果が期待できます。

新発売のラケット情報やテニス教室で使う施設で販売している道具など、紹介できる物はたくさんあります。「テニスに必要な基本道具」を紹介する動画を作り、テニス教室のある施設でまとめて購入できる旨を伝えられると、入会を検討する人も出てくるでしょう。

 

参考事例として、テニスユニバースがアップロードしたダンロップ紹介動画。

ゴムタイヤのブランドであるダンロップが出している新しいテニスラケットの紹介をする動画です。本動画ではラケット3つの性能を紹介しつつ、実際に使用している様子を視聴者に見せています。

テニスに使う技術を伝える

テニス教室に誘導する動画ネタには、テニスに使う技術を伝えるのも良いです。

 

例えば、「失敗しないサーブの打ち方」の動画を投稿し、映像コンテンツを見ても分からない人はテニス教室に誘導するなどの展開に持っていくことも考えられるでしょう。遊びでテニスをやっている人が動画を見て技術を学び、さらに学びたいと考えてテニス教室に入会する場合も考えられるので、試してみて損はありません。

 

参考事例として、BEARテニスチャンネルがアップロードしたボレーのフットワーク方法を紹介する動画。

最初は口頭と軽い動きで視聴者に解説し、後から実戦での動き方を見せています。各ボレーの動きをする際のポイントも話しているので、動画を見た視聴者がある程度分かるような台本作りがされていると予想されます。

テニスのゲームにおける戦術を伝える

テニス教室に通うのを検討している人の中には、楽しむだけでなく勝敗を気にしている人もいるのではないでしょうか。

 

テニスゲームにおける戦術を伝えるのも、教室に誘導する動画ネタとして使えるかもしれません。競技に使う技術と同じように、動画を見た視聴者が他にも学びたいと考えて、テニス教室に入会する可能性があります。

 

参考事例として、GGPチャンネルがアップロードしたテニスの豆知識を紹介する動画。

テニスのレッスンなどで言われるスタンスを、どこまで広げれば良いのかを紹介する動画です。文字テロップでは答えを伝えつつ、映像で実際の構えを見せておくと、どういう動きをしたら良いのか視聴者に想像させやすくなります。

どのようにテニス教室へ誘導するかを考えよう

今回はテニス教室を交えた動画ネタや事例を紹介しました。

 

いかにしてテニス教室へ誘導するのか、魅力を伝えるのかを考えて動画構成を作ると良いです。テニスに関する知識の情報提供に関しては、視聴者に感謝してもらうことを意識して動画を作れると、テニス教室への誘導も行いやすくなるでしょう。

 

メディア博士では定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えしています。撮影手順から情報発信、改善提案など動画作成のお力になれると思いますので、ぜひご相談ください。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

1分で簡単!資料請求・お問合せ