パーソナライズド動画は普通の動画以上のマーケティング効果がある?パーソナライズド動画の基礎知識を紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
パーソナライズド動画は普通の動画以上のマーケティング効果がある?パーソナライズド動画の基礎知識を紹介

パーソナライズド動画は普通の動画以上のマーケティング効果がある?パーソナライズド動画の基礎知識を紹介

多くの企業がITの発展と共に様々なマーケテイングを挑戦してきました。近年ではパーソナライズド動画を活用したマーケティングが注目を集めています。web上にパーソナライズド動画について記載されている記事は少なく認知度は低いものの、誰もが一度は『見たことのある』『似たようなものを知っている』動画になります。そこで今回はパーソナライズド動画の基礎知識を紹介していきたいと思います。

パーソナライズド動画とは

そもそもパーソナライズド動画は英語だとpersonalised videoと呼ばれ、個人顧客の名前を内容に含めた動画をさします。

従来よりメールマガジンでこのようなパーソナライズドマーケティングは行われていました。

しかし動画市場の著しい成長によってパーソナライズドマーケティングにも動画を活用する動きが多くみられ、メールマガジンの代わりをパーソナライズド動画が担うようになってきています。

パーソナライズド動画の最大の魅力は動画内に自分の名前や会社名などが直接あてはめられ、友達からメッセージを受けているような感覚になることです。

パーソナライズディング効果は動画が本来持つ感情性の刺激を高めるため高い親近感が感じられます。このような強力な武器がパーソナライズド動画が注目されている理由になります。

パーソナライズド動画のつよみは?

パーソナライズド動画の魅力によって得られるメリットやつよみはどんなものでしょうか?通常の動画と比較して以下のような特徴があります。

クリック率増加やエンゲージメントが高くなりやすい
長期的な関係性を構築しやすい


なぜこのような特徴があるかというと、パーソナライズド動画内では自分が主人公になり、数多くの場面で名前が呼ばれたりします。人間心理学によると自分の名前が呼ばれる事は響きが良く、承認欲求が満たされる効果があります。

この効果によって自然と動画に関心が沸き、クリック率増加などに影響しているとされています。

さらにカリフォルニア大学の実験によると、名前を呼びあうことで86%以上のカップルが長期的な関係を築いたとの報告があります。

このことからもパーソナライズド動画内で個人名をあげることが、企業とお客様の関係を長続きさせ、商品やサービスを長期的に購入してくれる理由ではないかといわれています。

パーソナライズド動画が企業にもたらす影響とは?

パーソナライズド動画のつよみを活かし、マーケティングが成功した企業の事例を紹介していきましょう。

顧客の66%が自分たち固有のニーズを解決してほしいと思っている(Salesforce社)https://www.salesforce.com/resources/articles/customer-engagement/
パーソナライズドビデオを送った20件の契約申請のうち、15件が1年間に成約した(SalesLoft社)https://salesloft.com/resources/blog/using-personalized-videos-in-modern-sales-engagement/


今回は2点の事例をピックアップしていきましょう。

顧客の66%が自分たち固有のニーズを解決してほしいと思っている。(Salesforce社)

アメリカに本社を置くCRMソリューションを中心としたクラウドコンピューティングサービス会社のSalesforce社が実施した調査によると、『固有のニーズを解決してほしい』と解答した顧客の割合は2019年に49%だったものが2021年には66%にまで増加したと発表しています。

この結果はコロナなどによって私たちの社会が大きく変化し不確実なことが増えたため、それぞれのニーズに合わせたパーソナライズを求めているためではないかと推測されています。

この調査をもとに固有のニーズを解決するサービスを展開したところSalesforce社は利益増加しました。

パーソナライズドビデオを送った20件の契約申請のうち、15件が1年間に成約した(SalesLoft社)

セールス・エンゲージメント・プラットフォームのSalesLoft社が実施した調査によると、パーソナライズド動画を契約申請の際に書類と共に送付したところ20件中15件が成約しました。このことからパーソナライズド動画が契約の進展に一定の効果があることがわかりました。

パーソナライズド動画の見本3選

パーソナライズド動画の魅力やその実証実験まで紹介してきましたが、では実際作成されたものを見ていきましょう。作成の参考にしてみてはいかがでしょうか?

CADBURY

イギリスの世界的有名な菓子メーカーのCADBURYが配信したパーソナライズド動画になります。この動画の視聴者はGeorgeという設定で作られ、音楽を流しながら写真や手紙を思い出ボックスに入れていく様子が流れています。

動画終盤には思い出ボックスがお菓子の箱に変わり、『母への感謝を伝えるにはCADBURYのお菓子はどうでしょうか?』と最終的に宣伝しています。

NIKE


世界中でスポーツ関連用品を扱うNIKEが配信したパーソナライズド動画になります。この動画では視聴者が、登場人物のランナーとリンクし、達成したマラソン距離やタイムなどを動画内で振り返っています。

この動画では視聴者とNIKEの目標は一緒で、共に目標達成へと努力しようというコンセプトを伝えています。このパーソナライズド動画によって視聴者とブランドの距離感が縮まったとの声が数多く上がりました。

BLUEBIZ

世界各地の航空会社のロイヤルティプログラムであるBlueBizが配信したパーソナライズド動画になります。この動画での視聴者はJOHNという設定ですが、すべてのお客様の誕生日をお祝いしBlueBizとの長期的な関係を築きたいという想いから作られています。

かつてメールマガジンなどで誕生日メールが届けられたように、BlueBizはパーソナライズド動画で同様に誕生日祝いをしています。ありふれた手法ですが思いやりが一番伝わるパーソナライズマーケティングになります。

まとめ

さて今回はパーソナライズド動画について紹介してきました。誰もが一度は経験したことのあるパーソナライズマーケティングにも動画が数多く活用されてきています。動画を活用することで個々のニーズに答えようとしている旨を届けることができます。ぜひともこの技法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

1分で簡単!資料請求・お問合せ