動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【事例あり】引越し業者サービスの訴求につながる動画活用方法

【事例あり】引越し業者サービスの訴求につながる動画活用方法

引越し業者は多数あり、会社によってサービスの質が大きく異なります。従来の宣伝では大手以外は宣伝力が乏しく、良質なサービスを提供する企業でも競争に負けてしまう問題がありました。

​​​​​​​しかし、動画を活用しSNSで情報を発信することで利用者にサービスの魅力を伝えることが可能です。本記事では引越し業者の効果的な動画活用について解説します。

動画コンテンツ例

引越し業者が動画を制作する際に、イメージアップにつながるコンテンツは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。動画コンテンツ事例について解説します。

サービス紹介

視聴者の多くは、サービスの質をホームページやSNSを活用して調査します。サービスを紹介する動画コンテンツを制作することで、引越しを検討しているユーザーに対して分かりやすく紹介することが可能です。

サービスを紹介する際には、1本の動画でさまざまな情報を紹介するのではなく、自社で取り組む独自の試みや、提供出来るサービスなどテーマ毎に分類をして発信するように心がけましょう。
動画を細かく分けることで、単身、4人家族、転勤などさまざまなターゲットに向けたコンテンツを制作出来ます。

引っ越しのアドバイスをおこなう

引越しをする方の中には初めて引越しをする方や、引越しで失敗をしたことがある方が多数います。
WEB動画では視聴者にとって有益な情報は多くの視聴者に閲覧される可能性が高く、引越しのプロから有益な情報を発信することも大切です。

アドバイス動画を制作する際には引越しでよくありがちなトラブルや、対処方法などを分かりやすく解説をして、視聴者に有益な情報を発信しましょう。

引越しのトラブルを説明する動画を制作する際には、実際に現場で働いているスタッフを動画に起用すると、引越し業者に対して親近感を持つだけでなく、スタッフのスキルの高さをアピール出来ます。
サービスを提供する中で頻繁に発生するトラブルは何かを検討しながら、視聴者の利益に繋がるような動画を制作しましょう。

独自コンテンツ

サービスを一方的に紹介するコンテンツや、スタッフが解説するだけの動画だけでなく独自の視点で映像コンテンツを制作することも大切です。
アニメでサービスの内容を分かりやすく紹介する、サービス内容をバラエティ性の高いコンテンツにしてビュー数を稼ぐ工夫を検討しましょう。

社内で良いアイディアが思い浮かばない際には、映像クリエイターに相談をしてアイディアを練ってもらうなど、第三者の視点での動画コンテンツ制作も検討してください。

研修映像

新卒採用や転職希望者に向けて動画を発信するコンテンツや、社内の共有映像として動画コンテンツを活用することも有効です。
業務時に比較的多いトラブルや、スタッフとして知っておかなくてはならないことなど、新人スタッフが隙間時間に学習が出来るよう業務を支援する動画の制作も有効です。

特に梱包の手順や、トラックへ荷物を整頓する方法など、言葉で解説するよりも映像を通して伝わりやすいものは、動画を制作し現場スタッフが業務にスムーズに取り組めるようサポートをしましょう。

事例紹介

引越し業者の動画コンテンツの事例を元に、動画制作時に気をつけるポイントや工夫すべきところについて解説します。

サービス紹介動画(サカイ引越しセンター)


サカイ引越しセンターでは、実際にサービスを提供する際に、どのようなスタッフが対応をするのか、映像で分かりやすく紹介しています。
動画コンテンツでは、食器などの割れ物を梱包するサービスに注目し、手際よく作業をする様子を紹介しています。

動画では作業様子を紹介するだけでなく、オプションサービスを利用することでのメリットや、引越しの際に活用出来るノウハウを短時間の動画で分かりやすく解説しています。

動画コンテンツを制作する際には、視聴者が動画を見た後にサービスを利用したいと考えられるかどうかに注目をしながらコンテンツを制作してください。

独自コンテンツで差別化(アート引越しセンター)


アート引越しセンターでは、引越し後によく陥りがちな家具の配置の悩みについて、アニメーションで面白く紹介しています。
この動画ではスタッフとお客さんとのやり取りを通して、家具の配置の大切さを紹介しています。

他の引越し業者の動画には無い切り口で、引越しにまつわるコンテンツを制作すると、視聴者の興味を引くことが可能です。他社との差別化も検討しながら、自社の宣伝に活用出来る動画を制作しましょう。

研修映像 (アップル引越しセンター)


アップル引越しセンターでは、社内でのイベント様子を紹介し活気溢れる現場であることを紹介しています。

映像はセミナーの風景ですが、現役スタッフのスピーチ様子や前向きな表情を動画からも読み取る事ができ、転職希望者や新卒希望者に対して企業イメージを発信することが可能です。

視聴者に有益な情報を発信(ヒカリ引越しセンター)


関西を中心に展開する「ヒカリ引越しセンター」では、視聴者が引越しをスムーズにするための動画コンテンツを多数制作しています。

この動画では、引越し前の準備としてダンボールにどのようなものを梱包すれば良いのか、現役スタッフが実際のダンボールを使用して解説をしています。
ヒカリ引越しセンターの動画コンテンツで優れている点は、視聴者がYouTubeページを回遊して閲覧できるよう、動画概要欄に関連するURLを掲載し、視聴者の疑問を全て解決するようにしています。

動画を制作する際には、視聴者が動画を見た後におこなう行動は何かを検討しながらコンテンツを制作しましょう。

サービスの内容が見えるように動画コンテンツを配信する

引越し業者の動画コンテンツで大切なことは、サービスの内容を視聴者に分かりやすいように伝えることが大切です。
サービスの内容だけでなく、スタッフの人物像が映像を通して見える化出来るようになれば、利用者獲得に繋がる可能性があります。

知名度が比較的低い中小の引越し業者でも、多くの人が利用出来るように動画コンテンツを制作するようにしましょう。
引越し業者は視聴者のイメージがサービス利用に大きく関連するため、イメージダウンにつながらないよう動画コンテンツを慎重に精査をして制作をしてください。

まとめ

・引越し業者のサービスが見えるように動画コンテンツを制作する
・イメージアップを意識してコンテンツのラインナップを精査
・他社にない独自性をコンテンツで表現する


引越し業者で動画コンテンツを制作する際には、本記事で紹介した内容を意識しながらオリジナルコンテンツを制作しましょう。

動画制作が未経験の方は動画コンテンツに精通している制作会社への依頼や、動画支援ツールを活用して映像制作を検討しましょう。
メディア博士は3つの簡単なSTEPで動画制作を可能にする支援ツールです。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約