自転車を売るための動画活用はどうするべき?動画の事例をご紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
自転車を売るための動画活用はどうするべき?動画の事例をご紹介

自転車を売るための動画活用はどうするべき?動画の事例をご紹介

新型コロナウイルスで密を避ける生活を迫られた昨今、密閉・密集・密接をしない移動手段として、自転車が注目されています。経済産業省が出した販売台数・金額の推移によると、自転車の中でも電動アシスト車の販売台数は全体的に右肩上がりです。


引用元:「経済産業省」電動アシスト車が牽引、堅調な自転車産業

電動アシスト車を中心に、「自転車は売れている」といえるでしょう。自転車が売れている今、さらに売上を伸ばせるよう働きかけられるのが動画です。動画なら文章や画像だけのWebページに比べて、情報を効率的に伝えられます。

「どんな動画を作れば良いのか分からない」

そんな悩みを抱えた人のために、本記事では自転車を売るために使える動画の事例をご紹介いたします。

自転車の動画活用は、商品の販売や使用例を伝える

自転車を売るために行う動画活用の方法としては、商品の販売や使用例を伝える動画があります。

商品の販売では消費者におすすめしたい自転車などを紹介し、使用例を伝える動画では、視聴者に「自転車を使いたい」と思わせるような映像コンテンツを作れると良いです。それぞれの動画で消費者の購買欲を刺激できると、自転車を扱う店舗の売上アップを狙えます。

自転車の販売に関わる動画

自転車の販売に関わる動画ネタは、例として下記が挙がります。

・自転車を使う商品の紹介
・自転車の選び方を紹介
・自転車を扱う店舗の店員からおすすめを紹介
・自転車のメンテナンス方法

自転車のメンテナンス方法は、消費者が知らないであろう情報を伝えておくことを意識しましょう。他3種類の動画ネタは、動画を通して商品の購入につなげられるよう導線作りを意識することが大切です。

自転車関連の商品を紹介する

自転車には、乗車を快適にしてくれる装備やアクセサリが存在します。

一例として、下記の通りです。

・空気入れ
・チェーンロック
・メンテナンスに使える工具
・スマホホルダー

既に自転車を利用している人向けに向けて、乗車を快適にする商品として、関連アクセサリの紹介動画を作れると良いです。動画で「コレがあったら、自転車に乗る時に便利そうだ」と消費者に思わせられると、商品購入につながるでしょう。

 

参考事例として、ハヤサカサイクル電動アシスト自転車チャンネルがアップロードした電動アシスト自転車の便利グッズを紹介する動画。

電動アシスト自転車のバッテリーからUSB充電ができる出力アダプターを紹介する動画です。まるで通販と思わせるような語り口調で、商品の便利さを訴えています。

自転車の選び方を紹介する

自転車には、使用用途に応じた複数の種類があります。

速く走りたいならロードバイク、万能に使いたいならクロスバイクというように、主な使い方によって買うべき自転車も変わってきます。動画で選び方を紹介すると、消費者は自分に適したバイクが分かるので、コンテンツを見た後に販売店舗に訪れるでしょう。さらに店舗内で扱う商品を動画で紹介しておけば、売上アップも狙えます。

 

参考事例として、バイチャリ YouTube店がアップロードした自転車の選び方を教える動画。

クロスバイクとロードバイクどちらを選べば良いのかを話す動画です。それぞれのメリットとデメリット、使う場面など、あらゆる視点で話しているため、自転車初心者にとってはありがたい動画といえるでしょう。

おすすめの自転車を紹介する

消費者は買いたい自転車の候補を何も決めず、店舗に訪れる可能性があります。

何も決めていない状態で消費者が店舗に来ると、店員は使用用途などのヒアリングから相手が求めているものを確認する必要が生まれます。

 

消費者へのヒアリング減らす方法として使えるのが動画です。

「●●な人におすすめ」と訴える動画を作ると、消費者は購入したい自転車の候補を決めてくれるでしょう。たとえ決まらなかったとしても、ヒアリングも少なくて済むので、消費者と店員のコミュニケーションにかける時間を減らすこともできます。

 

参考事例として、FRAMEがアップロードしたおすすめのクロスバイクを紹介する動画。

ワイズロード新宿クロスバイク館の中から、おすすめの自転車を5台分紹介する動画です。1台ずつ外観と機能を紹介しつつ、店舗への来店を促しています。

自転車のメンテナンス方法を紹介する

自転車は、ちゃんとメンテナンスをすれば10年持たせられます。

もしも自転車のメンテナンスをしないまま雑に扱っていると、寿命が短くなってしまいます。動画でメンテナンス方法や必要な道具を紹介していれば、自転車を長持ちさせたいと考えた消費者は、必要な道具を買いに店舗に訪れるでしょう。

 

参考事例として、CYCLE SHOP eirinがアップロードした自転車タイヤの空気を入れる方法を紹介する動画。

自転車タイヤの空気を入れる準備や確認事項から伝え、細かく方法を伝える動画です。実際に作業する様子を映像に収めつつ、注意点を話しています。

使用例を紹介する動画

次は使用例を紹介する動画です。

実際の使用例を消費者に見せて、「動画と同じことをやってみたい」と思わせることで、自転車の購入に考えを向けさせるようにします。自転車販売に使える使用例を見せる動画の種類は、例として下記の通りです。

・自転車で走る気持ち良さを伝える
・サイクリングの目的地に適した場所を伝える
・自転車を使ったダイエット方法を提案する

それぞれの事例を見ていきましょう。

自転車で走る気持ち良さを伝える

使用例の1つとして考えられるのは、サイクリング動画です。

サイクリング動画は自転車に乗って見られる光景を映した動画を指しており、自転車で走る気持ち良さと、走っている最中に見える風景を消費者に伝えられます。

 

2つの要素を伝えるため、胸元にカメラを固定し、自転車で走る人の視点で動画を撮ると、消費者にサイクリングの疑似体験をさせることができます。爽快に走る様子や目的地に近付いた時の高揚感を消費者に疑似体験させると、「サイクリングをしたい」と思わせられるでしょう。

 

参考事例として、コンポ・DE・リングがアップロードしたサイクリング動画。

投稿主がロードバイクで喜屋武岬に向かう様子を映した動画です。カメラは投稿主の胸元に固定されており、速いスピードで走る感覚を疑似体験できます。

サイクリングの目的地に適した場所を伝える

自転車は、自分の足だけでは難しい少し遠いところも行けるようになる道具です。

サイクリングに適した道を紹介しつつ、おすすめの休憩スポットを伝えることで、自転車の販売だけでなく休憩スポットの売上アップも狙えます。「こんな楽しみ方もあるよ」と提案することを意識して、動画が作れると良いでしょう。

 

参考事例として、Cycling IBARAKIがアップロードした女子旅の動画。

2人の女性が茨城県内をサイクリングで回る動画です。視聴者に「自転車には、こういう楽しみ方もある」と訴えているように感じ取れます。

自転車を使ったダイエット方法を提案する

自転車は足を動かして使える移動手段なので、乗り続ければダイエットになります。

 

ランニング1時間の消費カロリーは約440kcalで、自転車なら約426kcal。普通に走るのとあまり変わらない運動量です。「自転車を使えばランニングと同じぐらいの運動ができる」と訴求しておけば、日頃の運動に気を使い始めた人が購入してくれる可能性が生まれるでしょう。

 

参考事例として、GCN Japanがアップロードした自転車で効率的に体重を落とす方法の話す動画。

自転車がダイエットに優しい理由を論理的に解説し、食事管理についても話す動画です。

動画で視聴者に気付きを与えて、商品購入を促そう!

自転車を売るために使える動画の事例を紹介しました。

 

自転車の販売では「商品を利用した未来」や「選び方」を伝える動画作りを意識すると良いです。

使用例を見せる動画では、「自転車を持てば、こんな楽しみ方ができる」と消費者に想像させれば、商品購入につながる可能性が高まります。

 

メディア博士では定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えしています。

撮影手順から情報発信、改善提案など動画作成のお力になれると思いますので、ぜひご相談ください。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

ビジネス動画活用のオンライン相談予約