【事例あり】眼科クリニックの集客に繋がる動画活用方法とは|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【事例あり】眼科クリニックの集客に繋がる動画活用方法とは

【事例あり】眼科クリニックの集客に繋がる動画活用方法とは

さまざまな業種で動画を活用した集客がおこなわれています。個人で開業するケースが多い眼科医でも、動画を制作することでクリニックの認知度を向上するだけでなく、集客に繋げることが可能です。
本記事では眼科医の集客に繋がる可能性の高い動画はどのようなコンテンツかについて解説します。

動画コンテンツ例

眼科の集客・認知度向上に繋がるコンテンツは、以下の4つの項目があります。動画を制作する際には参考にしてください。

専門知識・病気の解説

眼科医としての権威性を高めるためにキラーコンテンツとなる動画が、専門知識を活用した病気の解説です。得意としている特定の治療や患者さんの症状から、特定の病気に関する情報を紹介しましょう。

動画を紹介する際には、「自己診断の方法」や、一般的に知られている病気の解説などがおすすめです。
動画は長尺で解説するのではなく、5分以内で簡潔に要点をまとめて紹介をするように心がけてください。

動画を制作する際には、視聴者が動画を検索するタイミングをイメージしながら制作をしましょう。花粉症の季節に「花粉症の目の痒みについて解説」、ニュースで話題になった薬や治療法の解説など、「視聴者の知りたい」に応える動画を制作してください。

クリニックの利用に繋がるコンテンツ制作

動画を制作するのであれば、集客に繋がる動画コンテンツが有効です。PR時で意識すべきことは、広告感を出さないように心がけることが大切です。
「うちのクリニックがおすすめです」と説明するのではなく、視聴者が「このクリニックに通いたい」と感じるような動画制作を心がけましょう。

PRの方法としておすすめのコンテンツは以下のテーマです。

・クリニックの選び方
・ダメなクリニックの特徴
・レーシック手術の前に確認すべきこと


専門的な情報を発信しながら、クリニックでどのような治療をおこなっているか他の医院と比較をしながら発信しましょう。

プロモーション映像

クリニックのホームページに掲載する動画として、プロモーション映像の制作もおすすめです。クリニックの設備、待合室、診察室の紹介などを1分程度にまとめて雰囲気を伝えましょう。
プロモーション映像を制作することで、ホームページのトップページに掲載するだけでなく、YouTubeのチャンネルトップページとしての活用も可能です。

プロモーション映像の多くはカッコいいイメージのコンテンツが多い中で、コミカルさを重視した動画を制作して拡散を狙うアプローチもおすすめです。
「眼科医」というイメージを裏切るような動画を制作し、クリニックの認知度を高めてください。

研修動画

WEB動画は研修用動画として活用が可能です。眼の手術で特に難しい症例の治療法を動画にすることで、治療方法の共有をおこなうことができます。
新人スタッフのための研修映像を制作し、隙間時間に動画で自主学習をしてもらうことも出来ます。

手術内容によっては、動画を公開して治療方法を紹介して視聴者にアピールすることもできます。手術内容によってはショッキングな映像になる恐れがあるので、必ず注意書きを記載して動画を公開するようにしてください。

眼科の事例紹介

眼科で制作したコンテンツ事例について解説します。コンテンツを制作する際の参考にしてください。

病気の解説(眼科医ヨシユキ)


個人YouTuberとして活躍する眼科医ヨシユキさんは、白内障について詳しく解説をしています。白内障という名前は聞いたことがあるものの、どのような治療方法なのか分からない方のために細かく解説をしています。
維持率を高めるために、YouTube動画のチャプター機能を活用して何を説明しているのか概要欄から理解することも可能です。

動画を投稿するプラットフォームに合わせた動画を制作することも、視聴回数を多く獲得するためには必要です。
動画の制作段階で「どこで配信をするのか」「どのようなターゲットに視聴してもらいたいのか」について意識をしながらコンテンツを制作しましょう。

クリニックの選び方解説(二本松眼科)


二本松眼科では、院長の平松さんが動画に出演し、さまざまな眼科に関する情報を発信しています。
おすすめしない眼科医というテーマでは、平松さん独自に感じた「患者さんのことを考えていない眼科」について丁寧に解説をしています。

視聴者の需要を満たす動画を制作することで、視聴回数を増やしフォロワー獲得に繋げ認知度の向上を実現させています。

手術の紹介(アイケアクリニック)


アイケアクリニックの動画では、レーシック手術とはどのような手術かについて3分で分かりやすく解説をしています。

レーシック手術のメリットを紹介するだけではありません。レーシック手術の手術内容や、他の治療に比べてどのような点が優れているのかを3分で分かりやすい説明を心がけて視聴者の動画再生率を高めようと意識しています。
クリニックの雰囲気がわかるように、診察室から配信することで、主治医さんのイメージだけでなく、クリニックの雰囲気も伝えています。

一方的に情報を紹介する動画コンテンツは画が単調になってしまうため、視聴者の飽きない画づくりを意識しながら制作してください。

眼科の裏側紹介(大原ちか眼科)


動画では、視聴者が知らないクリニックの裏側を院長の大原さん自ら解説しています。
視聴者が普段から疑問に感じている内容をテーマに設定することで、眼科に興味のない視聴者でも面白い情報であれば、シェアをしたくなる可能性が高くなります。

動画冒頭では、クリニックの外観を紹介しどこにクリニックがあるのかも視聴者に分かりやすく紹介するように心がけています。
専門知識を紹介するだけでなく、眼科検診や、眼科検診で活用する機械の解説など、視聴者が興味を持ち動画拡散につながるテーマを検討しましょう。

好感度を高めるためのコンテンツを継続的に制作する

眼科医の集客に繋がる動画を制作するためには、コンテンツを継続的に制作し発信することが大切です。動画を制作する際に、具体的な更新日、更新頻度を検討しながら動画を制作しましょう。

動画を定期的に制作し、視聴者に有益な情報を継続的に発信し続けることで好感度が高くなり、視聴者の認知度も高くなります。
動画を制作する際には、本編だけではなくサムネイル画像にも先生が登場するように制作を心がけましょう。

継続的にコンテンツを制作することが難しいと感じている方は、プロの制作会社や動画を簡単に制作する支援ツールの活用をおすすめします。

まとめ

・動画は継続的に発信する
・クリニックの訴求につながるコンテンツを発信する
・研修動画としての活用も可能


クリニックの集客に繋がる動画を制作する際には、本記事で紹介した事例や動画制作のポイントを参考にして制作をしてください。
動画制作のノウハウが無い方は、動画制作をサポートする「支援ツール」がおすすめです。

メディア博士は3つの簡単なSTEPで訴求力の高いハイクオリティな動画制作をサポートします。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

ビジネス動画活用のオンライン相談予約