【事例あり】司法書士の動画を活用して効果的に集客に繋げる方法とは|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【事例あり】司法書士の動画を活用して効果的に集客に繋げる方法とは

【事例あり】司法書士の動画を活用して効果的に集客に繋げる方法とは

さまざまな業種で動画コンテンツが積極的に活用されるようになりました。個人のスキルが注目される司法書士では、動画制作をおこなうことで多くのユーザーに対して訴求をおこなうことが可能です。
どのようなコンテンツを制作するとPRに繋がるのか分からないと悩んでいる方のために、本記事では集客に繋がるおすすめの動画を紹介します。

司法書士の動画に活用できるコンテンツ例

司法書士の集客につながる動画や、新人スタッフの募集につながる動画コンテンツにはどのようなものがあるのでしょうか。動画コンテンツ例を紹介します。

遺産相続など法律に関する情報を分かりやすく解説

司法書士としてスキルが高いことを証明するためにホームページで実績の記載をしても、知識のない利用者の中には、どこがおすすめなのか分からないこともあります。
専門知識のない利用者に対して、法律内容を説明するコンテンツを制作し、どのような分野に精通している司法書士かをアピールしましょう。

取り扱うテーマは、素人が理解出来ない法律の情報や、頻繁に発生するトラブル事例などがおすすめです。

司法書士試験対策動画

司法書士を目指す視聴者向けの動画コンテンツもおすすめです。個人で活動している司法書士の方や、司法書士として実績の豊富な方は自分がどのような試験勉強をしていたのかについて解説しましょう。

試験対策動画を制作する際には、勉強時間、試験前の対策、専門学校に通うべきかどうかなど、司法書士試験を臨もうとしている方が興味を持つような情報を発信してください。
試験対策動画を制作する際には、最新の情報を発信することに注意をしながら動画を制作しましょう。

新人スタッフ採用動画

動画を活用することで、新人スタッフ採用時のミスマッチを極力減らすことが可能です。
事務所で働きたいと希望している方の中には、司法書士の仕事内容を理解していても、どの事務所が自分と合っているのか分からない方も多くいます。スキルが高くても、事務所の風土と合わずに辞めてしまうことも珍しくありません。

ホームページで伝えられない情報を補足するために、ホームページでは伝わらない情報を共有しましょう。
動画では、視聴者が親近感を持つように実際に働いているスタッフの出演や、代表者のメッセージを反映させて、職場の空気感を伝えながら働きやすい環境をアピールするように心がけてください。

時事ネタを紹介する動画

視聴者が気になる情報を常にコンテンツとして発信し続けることも重要です。法律が変更されるタイミングや、遺産相続の手続きの変更など、世間の注目が高いテーマでありながら理解されていないものについて積極的に情報を発信しましょう。

動画を制作する際には、YouTubeでは細かく紹介し、TwitterやTikTokでは情報をかいつまんでインパクトのある情報を発信するなど、プラットフォームに沿った形での構成を心がけるようにしてください。

おすすめの動画事例

実際に制作された事例動画を元に、動画を制作する際にどのようなことに注意をしながら制作をすべきかについて解説します。

遺産相続について解説(司法書士法人アコード)


司書法人アコードの動画では、遺産相続についての解説を動画として制作をしています。動画の中では、遺産相続の中で視聴者が見落としがちな「相続放棄」について分かりやすく解説をしています。

動画では相続放棄がどのようなものなのか、どのような点が問題なのかについてプロの目線から分かりやすく解説をしています。
視聴者が動画を最後まで視聴するよう、動画の要所要所にテロップを入れて動画コンテンツを盛り上げている点も優れています。

司法書士取得に関する動画制作(林裕司)


司法書士の林裕司さんは、「司法事務所 相続・家族信託の窓口」の代表です。司法書士事務所としてのYouTubeを開設するのではなく、「司法書士の勉強についてレクチャーをするチャンネル」をコンセプトに個人チャンネルを開設しています。

動画では事務所で働く司法書士にインタビューをおこない、どの程度勉強をしていたのか?紹介する動画を制作しています。

法人チャンネルをそのまま運営するのではなく、個人として活動をして事務所の知名度を高くすることも可能です。動画制作をする際には、チャンネルのコンセプトを設定し、自社へどのようなアプローチで利用に繋げるのかを検討しましょう。

スタッフ採用動画(株式会社みつ葉グループ)


株式会社三つ葉グループの代表が経営する島田雄左氏が開設した「島チャンネル」では、司法書士の持つ経営者の視点からさまざまな情報を発信しています。

動画では、経営者目線で司法書士の良い案件と悪い案件について解説し、ミスマッチが起きない求人を紹介しています。
求人情報を紹介する過程で自社の例をいくつか紹介することで、三つ葉グループがどのような形でスタッフを採用しているのか動画の中で知ることができます。

動画の中で有益な情報を発信するだけでなく、自社の強みやメリットをアピールできるような情報を反映するように意識をしながら制作してください。

司法書士に関するリアルな情報を紹介


司法書士になった後にどのようなキャリアが待っているのかを客観的な目線から情報を発信する方法も有効です。

松本雅典さんの運営するチャンネルでは、弁護士ドットコムキャリアで働く現役社員さんを招き、ゲスト目線から司法書士のリアルな情報を客観的に紹介しています。

司法書士自身が発信すると、情報に棘があるものでも客観的な視点を入れることで視聴者に情報が伝わりやすいこともあります。
視聴者が情報をどのように受け止めるのかを意識しながら動画を制作しましょう。

司法書士の動画コンテンツを制作する際に注意すべきこと

1人でも多くの視聴者に動画を視聴してもらうためには、3つのポイントに意識をしながら動画を制作することが大切です。
重要なポイントは、以下の3つです。

・継続的にコンテンツを発信する
・集客にどのように繋げるのかを意識
・視聴者が興味を持つ情報を発信する


SNSでは、常に多くの動画が発信されるため過去に評価をされた動画でも、日にちが経過することで情報が劣化してしまいます。
定期的に情報を発信すれば、「ここのアカウントをフォローすれば司法書士に関する情報が知れる」と認識される可能性が高くなります。

動画の制作がゴールではなく、視聴者がどのような形で動画を視聴し、司法書士へのサービスに繋げるのかについて意識をしながらコンテンツを制作しましょう。

まとめ

・専門性の高い情報を発信する
・コンテンツは継続的に制作
・集客に繋げるために工夫をする


動画の集客を検討し、ユーザーに響くコンテンツを制作することで視聴者に動画が注目されるようになり、多くのユーザーが動画を閲覧する可能性が高くなります。
本記事で紹介したポイントを意識しながら動画制作を心がけましょう。

メディア博士は3つの簡単なSTEPで動画制作を可能にする支援ツールです。動画制作のスキルに自信の無い方でも訴求力の高い映像を制作することが期待できます。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

ビジネス動画活用のオンライン相談予約