【事例あり】精神科医・メンタルクリニックの集客に繋がる動画活用方法とは?|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【事例あり】精神科医・メンタルクリニックの集客に繋がる動画活用方法とは?

【事例あり】精神科医・メンタルクリニックの集客に繋がる動画活用方法とは?

さまざまな業種の集客のツールで、動画が活用されています。集客のツールとして動画を活用するためには、どのようなことに注意をしながらコンテンツを制作すべきなのでしょうか。

本記事では、精神科のクリニック・精神科医の認知度を高めるための動画コンテンツの制作ポイントについて解説します。集客ツールとして動画を活用しようと検討している方必見の内容です。

動画活用事例

精神科クリニックで有効な動画コンテンツはどのようなものがあるのでしょうか。動画活用事例を解説します。

治療方法の紹介

精神科医の治療方法は、クリニックの方針によって大きく異なります。クリニックではどのような治療法をおこなうのかについて、動画を通して説明をしましょう。
動画で解説する際には、一般的な治療法と運営しているクリニックの治療法でどのようなことが違うのかを解説すると差別化を図ることができます。

クリニックの治療法を紹介するだけでなく、一般的におこなわれている治療法について触れ、患者さんへどのようなリスクがあるのかを分かりやすく解説をしながら、視聴者に正しい情報を発信する方法も有効です。

タメになる雑学紹介

精神科で取り扱う内容は、一般視聴者の中にも共感出来るものが多くあります。
主なテーマ例としては、以下のようなものがあります。

・メンタルが疲れている時にやるべきこと
・ストレスを解消するためにはどのようなことが必要なのか
・うつ病のセルフチェック


精神科医の間では一般的な常識の内容でも、視聴者には目から鱗な情報であることもあります。
動画を制作する際にSNSのプラットフォーム毎で頻繁に見られているテーマは何かを調査し、さらに情報をくわえて情報を発信する方法も有効です。

視聴者にメリットのある情報を発信し、権威性のあるアカウントであることをアピールしましょう。

カウンセラー向けの研修動画

精神科医やカウンセラーに向けた研修動画を制作し、クリニックのサービスの質を向上させることも可能です。セミナー形式の動画や、具体的な情報を交えながら新人スタッフに有益な動画を制作しましょう。

ライブ配信形式にすることで、全国のカウンセラーや精神科医、病気に興味.関心のあるユーザーに向けた情報を発信することも可能です。

スタッフ採用動画

動画を制作する際には、スタッフ採用を視野に入れたコンテンツの制作も可能です。クリニックで働くスタッフがどのような人物がいるのかを分かるように制作しましょう。

採用動画を制作する際には、クリニックの働き方やクリニックで働くメリットを紹介してください。
動画を視聴した後に応募できるように、求人ページを合わせて発信するように心がけましょう。

動画事例

動画を制作し、集客につなげているクリニックや精神科医の方はどのようなコンテンツを制作しているのでしょうか。具体的な事例を紹介しながら動画制作のポイントを学びましょう。

治療方法の紹介(早稲田メンタルクリニック)


早稲田メンタルクリニックの精神科医のチャンネル「精神科医がこころの病気を解説するch」では、実際に精神科医でどのようなカウンセリングをおこなっているのかを紹介しています。
視聴者がカウンセリングを理解するために簡潔に説明するのではなく、30分かけて1つずつ丁寧に解説しています。コメント欄には先生の話し方が分かりやすいと好意的なコメントが多く、視聴者に対して安心感を与えています。

時間の尺が長く、動画を投稿しただけでは視聴者が最後まで動画を視聴しない可能性があるため、チャプター機能を使い、どのようなテーマについて話を展開しているのかも分かりやすく解説しています。
動画の尺を短くまとめることが難しい場合は、チャプター機能を活用して視聴者が途中から視聴を再開できるような工夫を心がけましょう。

雑学紹介(精神科医 樺沢紫苑)


精神科医の精神科医樺沢紫苑さんは、31万人の登録者数を獲得している人気YouTuberの1人です。視聴者は精神科に通院しようと検討しているだけでなく、メンタルが健康な一般的な視聴者も多くいます。

動画では、健康なメンタルを保つためにどのようなことが必要なのか、「リラックス方法」を3つ紹介しています。この動画だけでなく、健康なメンタルを保つために必要な情報を定期的に発信し、視聴回数とフォロワーの獲得に成功しています。

ターゲットをこれから精神科に通う可能性がある方にするのではなく、一般人の共感するテーマを発信することで視聴回数と認知度を高めることが出来ます。

セミナー形式で動画を解説(精神科医松崎朝樹)


動画では、はじめてクリニックに訪れる方に対して精神科医はどのような治療方法を提供しているのかを紹介しています。
動画では、一般的な治療内容を簡単に紹介し、クリニックを選ぶ際の判断材料になるように視聴者に向けて情報を発信しています。

セミナー形式の動画を制作する際には、一方的に話すのではなくパワーポイントのスライドや視聴者がイメージしやすい画像を使用すると、視聴者を飽きさせずに最後まで動画を視聴してもらうことが出来ます。
YouTubeのライブ配信機能やTwitterのスペース機能を活用して視聴者と交流をしながら動画を制作する方法もおすすめです。

クリニックの運用ノウハウの紹介(精神科医松崎朝樹)


精神科松崎朝樹さんのチャンネルでは、精神科に通院しようかと悩んでいる人だけではありません。これから精神科医やカウンセラーとして働く方に向けた動画も制作しています。
動画では、精神科医の研修前にどのような心構えで臨むべきかを学生をターゲットにして動画を制作しています。

学生が隙間時間に確認できるように10分程度の尺で有益な情報を発信している点も評価できます。動画を制作する際には、ターゲットと時間尺を想定しながら制作をしてください。

SNSプラットフォームとターゲットを明確にして拡散を狙おう

精神科医の動画コンテンツを1人でも多くの視聴者に閲覧してもらうためには、動画を拡散させて1人でも多くのユーザーに動画コンテンツを視聴してもらう必要があります。
動画を制作する際には、「ターゲット」と「SNSプラットフォームの年齢層」を意識しながら制作をしてください。

例えば、10代の精神病に悩んでいる方をターゲットにした動画を制作するのであれば、TIkTokで掲載するために1分以内に動画コンテンツをまとめ情報を発信する。20代後半の社会人をターゲットにしているのであれば、Twitterで情報を発信し、ホームページへ誘導するといった形で動画を制作します。

精神科にかかる方はさまざまな症状があります。症状によって発信する情報が大きく異なるので、「誰に動画を見てもらいたいのか」を考えながら動画を発信してください。

まとめ

・認知度に繋がるようなコンテンツを制作
・セミナー形式の動画を制作するのであれば視聴者を惹きつける工夫をする
・ターゲットに合わせたテーマを発信する


本記事で紹介したポイントを意識しながら動画を継続的に発信し続けることで、クリニックの認知度と集客に繋がる可能性があります。集客UPに繋がる動画を制作しましょう。

動画投稿のハードルが高いと感じている方は、動画を簡単に制作できる支援ツールの活用がおすすめです。
メディア博士は3つの簡単なSTEPで訴求力の高い動画コンテンツの制作が可能です。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

ビジネス動画活用のオンライン相談予約