キッチン用品の宣伝は動画活用が効果的?動画事例をご紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
キッチン用品の宣伝は動画活用が効果的?動画事例をご紹介

キッチン用品の宣伝は動画活用が効果的?動画事例をご紹介

毎日の家事で使われるキッチン用品は一度購入すると、道具が古くなるか劣化してきたなどでも無い限り、ずっと使われ続けます。だからこそ、「家事にはコレが必要」と思われない限り、キッチン用品を購入する人は少ないでしょう。

販売するキッチン用品に必要性を訴える手段として使えるのが動画です。動画を使えば、キッチン用品の機能や使い方を分かりやすく説明できます。

「どんな感じに動画を作れば良いのか分からない」と考える人のために、本記事ではキッチン用品の動画事例をご紹介いたします。

キッチン用品の動画活用は3パターンある

キッチン用品の動画事例は、主に下記の3パターンです。

・商品説明
・使用例の紹介
・おすすめ商品の紹介

商品説明ではキッチン用品の機能を中心に、使用例は手軽さと便利さを伝えます。おすすめの紹介では、視聴者に商品を薦めるイメージで動画を作れると良いでしょう。

 

それぞれの方法でキッチン用品の必要性を消費者に訴えられると、商品の購入につながって売上アップも狙えます。ここからは、それぞれの方法で作る動画の事例をご紹介いたします。

キッチン用品の商品説明

商品説明で伝える内容は、キッチン用品を購入すると何ができるようになるのかを消費者に教えることが大事です。

 

例えば、ピーラー。

ピーラーは野菜や果物の皮をむくために使われる道具で、皮をむくだけなら包丁でもできます。それでも使われているのは、包丁よりも皮をむくのが簡単になるからです。このように宣伝するキッチン用品で何ができる、どの作業が時短できるのかを伝えられると、商品購入につながる可能性が生まれます。

キッチン用品の機能紹介

販売するキッチン用品の機能紹介は代表的な例ではないでしょうか。

これまでの家事を変えるような、使っていて楽しい気持ちにさせるようなキッチン用品を宣伝する際に使える方法です。キッチン用品の有用性を機能面で消費者に訴えられると、商品購入につながるでしょう。

 

参考事例として、パナソニックがアップロードした卓上IH調理器の紹介動画。

最初に消費者の悩みを可視化し、この商品なら解消できる旨を伝える動画内容です。キッチン用品の特徴や他商品との比較も織り交ぜ、宣伝する商品の有用性を伝えています。

店舗で扱うキッチン用品の紹介動画

キッチン用品を買える場所は、通販サイトや店舗です。

店舗ごとに扱っているキッチン用品を紹介する動画の作るのも良いでしょう。キッチン用品の性能を紹介して有用性を示せると、動画を通して消費者が店舗や通販で商品購入してくれる可能性が生まれます。

 

参考事例として、白い食器のお店Tavolo Cuoreがアップロードしたおつまみを盛れるお皿の紹介動画。

複数の皿を紹介する動画で、皿の形が分かるようにカメラの近くで1枚ずつ見せています。1枚の皿ごとに規格や製造国、食洗機で洗えるかも話しており、皿を購入する際の検討情報として伝えています。

CM動画

CM動画は、キッチン用品が持つ性能の有用性を短時間で伝えられるコンテンツ。

テレビをはじめ、商品ページや販売会社のホームページに掲載、SNSで多くの人に見てもらうための宣伝手段として使えます。CM動画では1番伝えたいことを中心にして構成を組み、想定したターゲットに刺さるような動画作りを意識すると、動画の視聴者は商品購入を検討するでしょう。

 

参考事例として、アイリスプラザがアップロードした電気圧力鍋のCM動画。

電気圧力鍋の使い方を短時間で伝えつつ、用途や自動調理で作れるメニューを紹介する動画です。「かんたん・便利・おいしい」をコンセプトにして、手軽に使える鍋である旨を動画で伝えています。

キッチン用品の使用例や正しい使い方を紹介

キッチン用品の使用例や使い方を紹介する動画では、手軽さと便利さを意識してもらうような構成を作りましょう。

複雑な操作や難しい説明をしないことに意識を向けられると、消費者にキッチン用品が手軽に使える旨を伝えられて、商品購入につながる可能性が高くなります。

キッチン用品の使用例を見せる動画

キッチン用品の使用例を見せる動画では、普通とは違う用途を想定した商品を紹介する際に使えます。

使用例を見せる動画なら、消費者に商品の性能を実演して証明できるので、変わった商品でも有用性をアピールできます。実演しながら手軽さや時短につながる部分をアピールできると、商品購入につながる可能性が高まるでしょう。

 

参考事例として、無印良品で売られている耐火皿の紹介動画。

無印商品を中心に扱うYouTuberの無印ハヤシさんが、フライパンにもなる耐火皿を紹介する動画です。本当にフライパンとして使えるかを実際に調理して見せて、食材が皿にこべりつくかどうかを消費者に見せています。保温性の高さから料理を美味しくいただきやすい点と、洗い物を減らせる利点も伝えており、2つの利点に心を惹かれた人は、商品購入してしまうのではないかと感じる動画です。

キッチン用品の正しい使い方を見せる動画

毎日家事をしている人の中には、過去に親から教えてもらって、その通りの使い方をしている人もいるでしょう。

しかし、教えてもらっている人が間違ったキッチン用品の使い方を他の人に伝えていると、誤った使い方が伝染し、道具本来の性能を活かしきれない恐れがあります。

 

そうならないためにも、料理人のプロや講師の方に依頼して、キッチン用品の正しい使い方を動画で伝えるのも良いです。包丁なら「この姿勢なら食材が切りやすい」「使った後はこうした方が道具が長持ちしやすい」などを伝えつつ、商品宣伝を考えると、売上アップにつながるかもしれません。

 

参考事例として、COCOCOROチャンネルがアップロードした包丁の使い方を紹介する動画。

料理家である投稿主が安全な包丁の使い方を紹介する動画です。握り方や姿勢を意識するだけで、食材の切りやすさや怪我のしやすさも変わってくると話しています。この動画は包丁の使い方を話していますが、宣伝したい商品を中心に構成を組んで、正しい保管の仕方などを伝えられたら消費者に優しい動画が作れるでしょう。消費者に情報提供から信用を生むことで、商品購入につながる可能性が生まれます。

キッチン用品のおすすめ紹介

最後に考えられる動画の事例は、キッチン用品の利用者によるおすすめの紹介動画です。

キッチン用品の機能紹介や使用例などを動画で伝えても、「信用できる商品」なのかと疑う人がいます。それぞれの動画で信用できない人のために、料理人など食に関する仕事をしている人がキッチン用品を紹介する映像コンテンツを作るのも良いでしょう。おすすめポイントや実際に利用してみた感想を利用者の声として取り上げることで、商品購入につながる可能性が生まれます。

 

参考事例として、和食職人よしがアップロードした三徳包丁の紹介動画。

2種類ずつあるペティナイフと三徳包丁の試し切りを行い、切れ味を比較する動画です。試し切りの後は各包丁の切れ味や錆びにくさ、硬さと持続性や研ぎやすさを伝えています。

キッチン用品の必要性を訴えることを意識しよう!

キッチン用品の動画事例を紹介しました。

 

キッチン用品の良さを動画で伝えるなら、商品の性能や使用例、利用者の声を上手く使うようにしましょう。それぞれで利用者が手軽かつ便利さをアピールできる内容の動画を作れると良いです。

 

メディア博士では定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えしています。撮影手順から情報発信、改善提案など動画作成のお力になれると思いますので、ぜひご相談ください。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

ビジネス動画活用のオンライン相談予約