動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【事例あり】他社とのコンテンツで差がつく実験動画撮影方法とは

【事例あり】他社とのコンテンツで差がつく実験動画撮影方法とは

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする
「自社製品が他社よりも優れている」「ライバルとの差をつけたい」そんな企業様におすすめのコンテンツが、自社の製品を用いた「実験動画」です。
実験結果を分かりやすく紹介することで、自社の魅力を正しく消費者に伝えることができます。

どのように撮影すれば良いかわからない…。そのような方に向けて本記事では実験動画の作り方について解説します。

実験動画を活用して自社の魅力をアピール

実験動画は、製品の魅力を客観的なデータで伝えることが可能です。実験結果を紹介することで、視聴者は商品やサービスを利用するかどうかの判断材料として検討することが可能になります。
実験動画が効果的なものは、特定の商品だけではありません。施設やサービスでも独自の実験が興味深いコンテンツであれば、商品の必要性をアピールするだけでなく、商品を宣伝するコンテンツとしての活用が可能です。

実験動画が効果的なシーン

実験動画はどのようなコンテンツで効果があるのでしょうか。実験動画を活用した効果的なシーンについて解説します。

製品比較

実験結果が最も活用されやすいコンテンツとして、製品比較の動画があります。自社製品と他社製品を同じ条件で使用し、製品の特徴を分かりやすく伝える方法がおすすめです。

他社製品だけでなく、従来の自社製品との比較をして新製品の特徴を比べることも出来ます。製品比較がおすすめの動画は、「洗剤」「カメラ」「テレビ」で、新製品の性能を視覚的に訴えることが出来ます。
上記の製品を扱っているメーカー様は動画を撮影し、自社製品の魅力をアピールしてください。

イメージの視覚化

日常生活では見ることができない機能をアピールする際に、実験結果を用いて分かりやすく紹介することも可能です。
サーモグラフィーを活用すれば、商品を食べた後に体が温まっている様子や、エアコンの風を視覚的に伝えるなど、企業が伝えたい情報を分かりやすく発信することが期待できるでしょう。

商品の安全性をアピール

実験結果を活用して商品やサービスの安全性を訴えかけることも出来ます。
自動車メーカーでは、衝突を回避するシステムを紹介する際に、実験動画を活用することでどの程度のシステムなのかを分かりやすく紹介することが可能です。

実験動画で危険な状況を作り出し、製品を活用することで安全性を確保できる・被害を最小限に抑えることができれば、商品利用の促進に繋げることも出来ます。

実験動画制作で気を付けるべきこと

実験動画を撮影しても、撮影方法を間違っておこなうと消費者からの信頼を失ってしまう恐れがあります。
実験動画を撮影する際にどのようなことに気を付けるべきか、気を付けるべきポイントについて詳しく解説します。

正しくデータを測定する

実験結果の撮影で特に注意すべきポイントは、正しいデータを測定することです。不正な実験をおこない、商品の魅力をアピールすると、誇大広告動画となってしまい、自社のイメージを低下させてしまう恐れがあります。

実験をおこなう際には、正しいデータを測定することはもちろんのこと、実験結果が不正にならないよう注意をしながらコンテンツを制作してください。動画撮影前に、実験のテストをおこない問題が無いか確認をしてください。
化粧品の美白効果や、洗剤の効果など、実験結果を見た視聴者に誤解を招きそうなコンテンツは、補足説明を加えてコンテンツを制作してください。

専門家に監修してもらう

信頼度を高めるために、動画を制作する際には専門家に監修をしてもらい制作をします。特に監修が必要な実験動画は、危険な状況を再現し、製品やサービスの魅力を紹介するコンテンツです。
実験撮影中に事故が起こらないように、注意をしながら動画コンテンツを制作しましょう。専門家に制作した動画をチェックしてもらい、問題点が無いのか確認をしてください。 

動画のゴールを設定する

実験動画を制作する際には、必ずゴールを設定しましょう。どのような視聴者に対し実験動画を見てもらいたいのかをイメージしながら、動画の構成を検討してください。

どのような実験が良いかを精査する

実験動画で最も重要なことは、どのような実験をおこなうと視聴者に分かりやすく伝えることができるのか、実験方法を精査しましょう。
製品によって、効果的な実験はさまざまです。製品のどの部分を紹介すれば、魅力を伝えられるのか慎重に検討しながら動画を制作しましょう。

1つの実験方法だけでなく、いくつか実験をおこない、その中から最も効果的な方法を選択しましょう。

実験動画事例紹介

実験動画にはどのようなコンテンツがあるのかについて、実験動画事例について紹介します。

映画館(岩波ホール劇場)


「映画館は密を生み危険な場所だ」という誤ったイメージを払拭するために、岩波ホール劇場が映画館の換気システムがいかに優れているのかの検証動画を制作しました。

検証動画では、空気が換気される様子がわかるように劇場内に煙を充満させて、どの程度で空気が入れ替わるのかを視覚的に分かりやすく紹介しました。
動画では、煙が排出される様子を紹介するだけでなく、映画館がどのような仕組みで空気を入れ替えているのか仕組みを解説しながら動画を制作しています。

実験結果を一方的に紹介するのではなく、仕組みを紹介することで視聴者の理解度を深めることが可能です。

消費者目線で商品を比較(カメラのキタムラ)


カメラのキタムラでは、自社で取り扱うメーカー商品の使い勝手を検証するための動画を制作し、消費者目線で商品を比較する動画を制作しました。

動画では、ソニー製品の2つを同じ条件で撮影した場合、どのような違いが現れるのかを視覚的に分かりやすく紹介しています。
画面を2画面にして、1つずつの機能を検証しているため商品を購入しようと検討している方にイメージしやすい動画構成になっています。

メーカーではない小売店では、消費者目線で実験動画が制作できるため、自社で取り扱っている商品があれば消費者目線のコンテンツを制作しましょう。

視聴者参加型動画(LION)


LIONでは、自社の製品を活用した視聴者が真似できる実験動画を制作しました。
自宅で安全かつ簡単にできる実験を紹介し、製品の魅力を伝えるだけでなく、視聴者との親密度を近づけるコンテンツとして活用しています。

まとめ

・実験動画を制作し他社との違いをアピール
・専門家の監修をつけ分かりやすく紹介
・実験をいくつか試し視覚的に伝えられるコンテンツを採用する


実験動画を制作する際には、今回紹介したポイントを意識しながら魅力的なコンテンツを制作してください。

編集ノウハウがなく、実験動画素材を魅力的な動画として制作したいと検討している方は、動画支援ツールの活用がおすすめです。
メディア博士は訴求力の高い動画を制作する支援ツールで、簡単なSTEPで訴求力の高い動画を制作することが可能です。皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約