動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【事例あり】集客に直結!貸し会議室を魅力的に伝えるための動画活用法

【事例あり】集客に直結!貸し会議室を魅力的に伝えるための動画活用法

さまざまな業種で商品やサービスの魅力を伝えるために、動画を活用し集客に繋げるケースが増えています。
イベントやセミナーを開催する際に使用する貸し会議室では、動画を活用することで部屋の雰囲気や広さを視覚的に伝え、サービス利用に繋げることが可能です。

本記事では、貸し会議室の利用者増に繋がる動画コンテンツはどのようなものがあるのかについて解説します。貸し会議室を運営している方は必読の内容です。

貸し会議室の動画活用事例

貸し会議室の動画活用にはどのようなものがあるのでしょうか。貸し会議室の魅力を伝えるためのコンテンツ事例を解説します。

貸し会議室の紹介映像

貸し会議室を利用者は、会議室の部屋の雰囲気や広さによって利用可否の判断をおこないます。
会議室を紹介するホームページで、部屋の広さや雰囲気をテキストで伝えても、利用者によって認識が異なり、利用してみないと会議室の広さをイメージできない問題がありました。

紹介映像を制作することで、会議室がどの程度の部屋の広さなのか、広さや収容人数を的確に伝えることが可能になります。
映像を通して、利用者はどのような会議室なのかを判断することができ、画像のみ掲載をしている会議室に比べて利用がしやすくなるでしょう。

ブランディング動画を活用し利用者に訴求

ブランディング動画では、提供する貸し会議室の雰囲気を通して、企業の目指す顧客層や利用者層のイメージを分かりやすく共有することが可能です。
サービスサイトのトップページに動画を掲載することで、利用者に視覚的に情報を発信することも期待できます。初めて利用をするユーザーや、会員に向けて響く動画コンテンツを制作し、自社の魅力をアピールしましょう。

PV映像を制作し詳細ページに掲載

会議室の様子を一方的に淡々と紹介するのではなく、PV映像を活用することでストーリー仕立てて部屋の魅力を持て余すことなく伝えることが可能になります。

PV映像を制作すれば、コーポレートサイトに掲載できるだけでなく会議室を利用しようと検討しているユーザーに対して分かりやすく情報を共有することが可能です。
動画を制作するだけでなく、予約ページへの誘導を検討しておくと動画を視聴したユーザーに予約のアクションを促すことも期待できます。利用者を惹きつけるPV映像を制作し、会議室の魅力を分かりやすく伝えましょう。

運営者による説明動画

レンタルルームの情報だけでなく、独自のシステムを正しく共有するためには、運営者からの説明動画もコンテンツとして有効です。
会議室の中には、実際にサービスを利用すると写真と大きく異なっていた、設備が使えなかったといったトラブルもあります。

運営者が動画に出演することで、利用者に対して真摯な姿勢を見せることができ、利用者は安心して貸し会議室を利用することが可能です。
ホームページで掲載できない情報や、利用者に直接伝えたいメッセージがあれば、運営者が出演をする動画コンテンツを制作し、魅力をアピールしましょう。

動画事例

貸し会議室を提供する企業がどのような映像を制作しているのか、動画制作事例をもとに動画を制作する際に気をつけるべきポイントについて解説します。

会議室紹介(コワーキングスペース24)


コワーキングスペース24では、新たに大会議室がオープンしたことを伝えるために動画を制作し、利用者にどのような会議室なのかについて分かりやすく解説しました。
会議室の広さを視覚的に理解してもらうため、会議室の全体の様子を紹介し、画像では伝わらない「広さ」を表現しています。

さらに、会議室の利用者向けにWi-Fi環境や、付属品を紹介し、セミナーやイベントなどさまざまなシチュエーションに合わせた場所を提供できることをアピールしています。
紹介映像を制作する際には、利用者目線に立ちテキストで誤解を生まないよう丁寧な情報発信を心がけましょう。

貸し会議室サービスの紹介(会議室コンシェルジュ)


首都圏を中心に貸し会議室を提供する「会議室コンシェルジュ」では、会議室コンシェルジュが提供する貸し会議室にはどのようなお部屋があるのかを分かりやすく紹介し、ユーザーへのブランディング動画として情報を発信しています。

 YouTubeで視聴したユーザーが、会議室コンシェルジュの利用ができるようにホームページのリンクを掲載し、導線を分かりやすくしています。

運営者による貸し会議室利用説明(ビジネスリンクナゴヤ)


会議室の紹介動画は、施設の雰囲気や設備情報を伝えるだけのコンテンツのため、短時間で動画内容が終わってしまうケースがほとんどです。

ビジネスリンクナゴヤでは、運営者による会議室の説明を丁寧におこない、動画を通して利用者へのメリットを分かりやすく伝えています。
運営者が動画に出演することで、視聴者に親近感を持ち利用促進に繋げることが期待できます。

部屋の特徴やサービスの売りを紹介するだけではありません。会議室特典を運営者から紹介し、利用者は誤解がなくサービスを利用できる点も他のコンテンツとの差別化を図っています。
他社との差別化を図る情報はホームページだけでなく、動画にも反映し積極的にアピールをするように心がけてください。

プロモーション映像を制作し会議室の利点を説明(I Place)


貸し会議室・レンタルスペースを提供する I Placeでは、貸し会議室をどのようなシチュエーションで活用してもらいたいのかをユーザーに理解してもらうため、PV映像を通してストーリー仕立てで紹介をしています。

1人で使用する場合、複数名で使用する場合、会議室の利用で考えられるシチュエーションをもとに動画を作成しているので、実際に利用を検討している方に向けて分かりやすく情報を発信することが可能です。
予約方法を自社のホームページだけでなく、予約に直結するレンタルスペースサイトに誘導することで利用促進をおこなうことを可能にしています。

集客に直結するコンテンツとは

貸し会議室の利用者に繋がるコンテンツで大切なことは、利用者目線で情報を発信することです。部屋の外観や雰囲気、設備を伝えるだけでは良いコンテンツとは言えません。
利用者が予約をしたくなるように、会議室を活用することで可能になるセミナーなどストーリー仕立てで動画を制作しましょう。利用者が知りたい情報を反映し、魅力的な施設であることをアピールしてください。

まとめ

・ストーリー仕立てで部屋の様子を紹介する
・視聴者が知りたい情報を動画に反映する
・サービス利用に直結できるよう


貸し会議室の動画を制作する際には、利用者目線に立ち、テキストや画像では伝えられない情報をコンパクトにまとめて視聴者が興味を惹きつける動画コンテンツを制作しましょう。

編集や撮影のノウハウが乏しく、動画制作のハードルの高さを感じている方は、訴求力の高い動画制作を可能にする支援ツールの導入がおすすめです。
メディア博士は3つの簡単なSTEPで訴求力の高い動画制作を可能にします。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約