動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
効果的に商品をPRをする方法14選

効果的に商品をPRをする方法14選

商品の存在を多くの消費者に知ってもらうためにおこなう商品のPR。
しかし、ひとくちに「PR」と言ってもさまざまな方法があります。
そのため、自社の製品をどの方法でPRするべきか悩んでいる企業は多いのではないでしょうか?

​​​​​​​今回は、商品のPRで大きな効果を発揮してくれる「商品をPRする方法」を徹底的にまとめて紹介していきます。

商品をPRをする方法14選

インターネットが発達し、スマートフォンなどのモバイル端末が広く普及したことで、商品をPRする方法の種類はひと昔前よりもかなり充実してきています。
今回は、インターネットを活用しないオフラインでのPR方法とインターネット上でおこなうオンラインでのPR方法、あわせて14種類のPR方法を紹介していきます。

テレビ

年々影響力にかげりが見えてきているとは言え、いまだに絶大な影響力を誇っているのが「テレビ」です。
番組の合間に放送されるCMで商品をPRすれば、数百万~数千万の視聴者に商品をPRできます。

また、CMだけでなく、番組のコーナーで商品を取り上げてもらうといった形でもPRをおこなえるようになっています。
数百~数千万単位の費用がかかるため気軽に利用できる方法とは言えませんが、商品の存在をより多くの消費者にPRしたいときにおすすめの方法だと言えるでしょう。

ラジオ

ラジオもテレビと同じマスメディアの一つで、大きな影響力を持っています。
ラジオの場合も、番組の合間に放送されるCMや番組のコーナーで取り上げてもらう形で商品のPRををおこなっていきます。

ラジオはテレビと違って音声だけで商品をPRをしていくことになるため実際に利用する際は注意が必要ですが、テレビでのPRに比べるとリーズナブルで利用しやすいというメリットがあります。

新聞

新聞広告も多くの消費者に商品をPRできるPR方法の一つです。
新聞の発行部数は年々減少していますが、いまだに3,000万部以上発行されています。

ただ、発行部数や広告を掲載する際にかかる料金は新聞によって異なるため、どの新聞に広告を出稿するかをしっかりと選ぶ必要があります。
また、若い世代はほとんど新聞を読まなくなっているため、「どの世代に向けた商品をPRするのか」をよく考えて活用しなくてはいけません。

雑誌

ここまで紹介してきたマスメディアの中でも特にターゲットを絞ってPRしやすいのが「雑誌」です。
雑誌はそれぞれターゲットとなる性別や年代、趣味・趣向が異なるため、商品に興味を持ってくれるであろう層が購読している雑誌に広告を掲載することで大きな成果が見込めるようになります。

チラシ

昔から宣伝によく利用されているチラシも商品の認知度アップに活用できるPR方法の一つです。
チラシは1枚あたりの価格が安いため、取り組みやすいという強みがあります。

また、配布するエリアを自分で決められるのもチラシならではの強みです。
一方、ポスティングする場合はそれなりの手間がかかりますし、ターゲティングが難しいという側面もあります。

DM

新商品をPRするときに大きな成果を発揮してくれるのが、DM(ダイレクトメール)です。
DMは、一度商品を購入したことがある顧客や商品に興味を持っている顧客に対してハガキなどで商品をPRする方法なので、商品の購入につながりやすいという強みがあります。

特定のユーザーに向けて発送するためチラシよりも費用はかかりますが、非常にコストパフォーマンスの高いPR方法だと言えるでしょう。

交通広告

マス広告の影響力が低下している昨今、注目が集まっているのが、

・タクシー
・電車
・バス

など、交通車両や駅の構内などに設置される交通広告です。

交通車両は日々多くの消費者が利用するため宣伝効果が高く、車両に設置される広告は目にとまりやすいという特徴があります。
特に注目されているのがタクシー広告で、後部座席にモニターを設置して動画広告を流したり、ユーザーにアクションを促すインタラクティブ動画など最先端の広告が導入されています。

イベント

イベントでのPRでは、展示会やフェスにブースを出展し、そこに訪問する消費者に対して商品のPRをおこなっていきます。
イベントにはメディアも来るので、メディアを通して商品や会社をPRできるなどの副効果も期待できます。

プレスリリース

新商品の発売のタイミングで利用したいのが、プレスリリースです。
最近は「PR TIMES」など、安価で気軽にプレスリリースをおこなえるサービスが増えてきています。
プレスリリースはメディアで取り上げられる可能性が高いので、積極的に活用したいPR方法の一つだと言えます。

インターネット広告

Webを活用したPRの方法の中でも定番と言えるのが、インターネット広告でのPRです。

・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・動画広告

など、その種類はさまざまで、配信できる媒体も無数にあります。

また、Webという特性を活かしてユーザーを細かくターゲティングした上で広告を配信できるため、商品の購買につながりやすいという特徴もあります。
広告なので出稿するのに費用がかかりますが、マス広告や車両広告などに比べるとかなり安いので、気軽に利用しやすいPR方法と言えるでしょう。

SNS

近年活用する企業が急増しているのが、SNSでのPRです。
InstagramTwitterなど人気のSNSで自社のアカウントを作成し、商品を紹介する投稿をおこなうことで認知度のアップにつなげていきます。

多くのユーザーにリーチできない状態ではPRにならないのでアカウントを育てる必要はありますが、アカウントが育てば商品のPRの柱になる可能性も秘めています。

動画

SNS同様、近年注目を集めているのが動画を活用した商品のPR方法です。
YouTubeTiktokなどの動画配信プラットフォームに商品のPR動画を投稿する形で認知度を高めていきます。
この場合もアカウントを育てる必要がありますが、動画はインパクトが強いので拡散される可能性が高いですし、購買にもつながりやすいという特徴があります。

また、制作した動画をInstagramTwitterなどのSNSに投稿して発信したり、動画広告として出稿して活用することも可能です。
また、YouTubeTiktokのアカウントが育てば、SNSのように商品のPRにおける柱になる可能性も秘めています。

メルマガ

DMと同様に、新商品のPRなど、過去に自社の商品を購入したことがある顧客や自社の商品に興味を持っている顧客に対して有効なのが、メルマガを活用した商品のPR方法です。
商品を購入してもらう際やお問い合わせの際に取得したメールアドレスに対し、新商品の発売を告知するメールを送り、PRをおこなっていきます。

オウンドメディア

多くの消費者にPRできるようになる規模まで育てるのに時間はかかるものの、コストをかけずに多くの消費者に対して商品をPRできる可能性を秘めているのが、この「オウンドメディア」です。
自社のメディアを作り、そのメディアの中で商品のPRにをおこなっていきます。

多くの消費者に商品をPRするには、メディアを育て、検索エンジン経由で多くのユーザーを集められるようにしなくてはいけません。
しかし、メディアが育てば、広告のようにPRにお金をかけなくても数万人〜数十万人に商品をPRできるという強みを持っています。

まとめ

商品をPRする方法について紹介してきました。
今回紹介した14種類のPR方法は、いずれも大きな成果をもたらしてくれるものばかりです。

ただ、商品との相性や期待できる成果はそれぞれのPR方法によって異なるので、どの方法でPRするかを慎重に選ぶ必要はあります。
今回紹介したそれぞれのPR方法の特徴を参考にしながら、自社の商品との相性が良いと思われる方法でPRをおこなってみてはいかがでしょうか?

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」