動画編集は社内の誰がやるべき?内製化を成功させるポイントとあわせて解説!|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
動画編集は社内の誰がやるべき?内製化を成功させるポイントとあわせて解説!

動画編集は社内の誰がやるべき?内製化を成功させるポイントとあわせて解説!

業界を問わず取り入れる企業が増えてきている動画は、今後ますますその重要性が高まっていくと言われています。
そのため、「今年こそは…!」と、動画の活用を検討している企業も多いのではないでしょうか?

ただ、実際に動画を制作するとなるとネックになるのが、「動画編集を社内の誰がやるのか」という点について。
動画の編集には専門的な知識とスキルが求められるため、「計画は立てたけど取り組める人がいない…」となってしまわないためにも、事前に誰が編集をおこなうのかをきちんと考えておく必要があります。

​​​​​​​今回は、「動画編集は社内の誰がやるべきなのか」というテーマを掘り下げて解説していきます。

動画編集は社内の誰がやるべき?3つの候補

動画編集をともなう動画制作の作業を社内でやる場合、任せられる人としては、

・動画編集の知識やスキルを持っている社員
・動画編集未経験の社員

の、2パターンがあげられます。

また、動画編集の知識やスキルを持っている人材を新しく雇い入れるという方法でも対応可能です。
それぞれ詳しく解説していきます。

動画編集の知識やスキルを持っている社員

社内に動画編集の知識やスキルを持っている社員が在籍している場合、その人が適任です。
どれくらいの知識やスキルを持っているかにもよりますが、未経験者より少し秀でている程度だったとしても一から学び直す手間を省けますし、基本的な知識やスキルを取得しているレベルであれば完全に任せることができるでしょう。

高いスキルを持っている人であればクオリティの高い動画を用意できる可能性もあります。

動画編集未経験の社員

社内に動画編集の知識やスキルを持っている社員がいない場合は、動画編集未経験の方が対応するという方法もあります。
未経験の方の場合、動画編集を一から学んで知識とスキルを身につける必要がありますが、よほど凝った動画でなければ基礎的な知識とスキルを身につけるだけで対応できるようになるはずです。

使用するソフトにもよりますが、最近は良質な書籍もたくさん発売されていますし、YouTubeでも学べます。
Udemyなどのオンライン学習サービスを活用して本格的に学ぶことも可能です。

動画編集の知識やスキルがある人材を雇う

動画編集の知識やスキルがある社員がいない場合、動画編集の知識やスキルのある人材を新しく雇い入れるという方法もあります。
未経験の方を担当者にたてるのが非効率だと感じられる場合も、この方法での対応がおすすめです。

新しく人材を採用しなくてはいけないためそれなりにコストがかかりますが、すぐに動画を作り始めることができるのは非常に魅力的です。
動画の活用に本格的に取り組みたい場合やスピード感をもって取り組みたい場合におすすめの方法だと言えます。

外注を検討するのもひとつの選択肢に

動画編集の知識やスキルを持っている社員がすでに在籍しているのであればその社員に担当してもらえるため悩む必要はありませんが、そういった人材がいない場合は「外注」での対応も検討するべきです。
動画編集を含む動画制作の方法は、大きく分けると「内製」と「外注」の2つに分けることができます。

それぞれメリットとデメリットがあるため、それぞれのメリットとデメリットを比較した上で判断する必要はありますが、「内製でどうにかしないと…」というように、内製化に固執する必要はありません。
この後紹介するそれぞれの方法のメリットとデメリットを比較し、「外注もありだな」と思えるのであれば外注での対応も検討してみてください。

動画編集を内製するメリット・デメリット

内製で動画編集に取り組む場合、内製化ならではのメリットもあればデメリットもあります。
動画編集を内製化するメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

動画編集を内製するメリットとしては、

・コストを抑えられる
・動画編集のノウハウが社内にたまる

の、2点があげられます。

動画編集の作業を外注してしまうと、最低でも1本あたり1万円、高い場合だと数万円はかかります。
複数の動画を編集するとなるとかなりの金額になるので、その編集費用を節約できる点は内製ならではの魅力です。

また、動画編集を社内でおこなうことで、動画編集に関する知識やスキルなどのノウハウを蓄積できるようにもなります。
ノウハウは会社にとって大きな財産になりますが、これも動画編集を内製するからこそ得られるようになるメリットだと言えます。

デメリット

内製のデメリットとしては、リソースが必要になる点があげられます。
動画編集はとにかく時間がかかるので、仮に動画編集をおこなえる人材が社内にいたとしても動画編集に多くのリソースを割かれてしまうことになります。
動画編集の経験者がいないのであればなおさらです。

複数の動画を公開したいと考えている場合は、動画編集専門の担当者を立てたり、部署やチームを用意するなどしてリソースをしっかりと確保する必要があります。

動画編集を外注するメリット・デメリット

内製化が難しい場合の対応方法である外注ですが、外注ならではのメリット・デメリットもあります。
動画編集を外注するメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

動画編集を外注する場合、編集作業を社内でおこなう必要がなくなるのでリソースを確保する必要がなくなります。
社員が本来の業務に専念しながら動画の活用にも取り組める点は外注によって得られる大きなメリットです。

デメリット

動画編集の外注にはコストがかかります。
最低限の編集を依頼する場合でも1万円はかかりますし、制作会社に本格的な編集を依頼するとなると数万円は必要になると考えておくべきです。

また、動画編集のノウハウがたまることもありません。
いずれ内製したいと考えているのであれば、少しずつ内製にシフトしていくなど計画的な取り組みが必要になります。

社内での動画編集を成功させるために押さえておきたい3つのポイント

それぞれの方法のメリットとデメリットを比較した結果、動画編集を社内でおこなっていくと決めたのであれば、社内での動画編集を成功させるためのポイントについても把握しておきましょう。
内製化を成功させるために押さえておきたい3つのポイントについて解説していきます。

チームを編成する

動画編集はとにかく時間のかかる作業です。
そのため、動画の導入を本格的におこなっていきたいと考えているのであれば、部署やチームを編成し、動画の制作に力を入れられる体制をしっかりと整えなくてはいけません。
決して片手間でおこなえるような作業ではないので、経営陣もそのことを理解する必要があります。

動画制作に関するノウハウをためる

ノウハウの蓄積は内製化におけるメリットの一つです。
そのメリットを享受するためにも、動画編集のマニュアルを制作し、たまったノウハウを共有できる体制も整えておきましょう。

動画編集できる人材を育てる

内製化に取り組む中で少しずつノウハウがたまってきたら、そのノウハウを活用しながら動画編集をおこなう人材の育成も進めるようにしましょう。
いくらスキルがあっても一人でおこなえる作業には限界があります。
また、万が一担当者が休職したり退職してしまった場合でも問題なく対応できるよう、人材の育成が必要になります。

まとめ

「社内での動画編集は誰がやるべきか」というテーマを深堀りして解説してきました。
もし社内に動画編集の知識やスキルを持っている社員がいるのであればその人が適任だと言えますが、そういった社員がいない場合は未経験者が知識とスキルを身につけて対応しなくてはいけません。
あるいは、動画編集ができる人材を新しく採用するか外注で対応するという方法もあります。

ただ、それぞれの方法にメリット・デメリットがあるので、どちらの方法で取り組むかはメリットとデメリットをしっかりと比較した上で判断するようにしましょう。
比較した結果、社内で進めていくことになった場合は、あわせて紹介した3つのポイントを意識しながら動画制作に取り組むようにしてください。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンラインセミナー『ウェビナー』開催日程