動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
クラウドソーシングサイトを活用して動画制作!注意すべき5つの注意点

クラウドソーシングサイトを活用して動画制作!注意すべき5つの注意点

動画制作を制作会社に依頼をするのではなく、クラウドソーシングサイトを活用して進めている方もいるのではないでしょうか。
低コスト、短期間で動画制作が可能な一方で、気を付けるべきこともあります。

​​​​​​​本記事ではクラウドソーシングサイトで動画制作を検討している方に、どのようなことに注意すべきかについて解説します。

クラウドソーシングで動画制作をする4つの方法

クラウドソーシングを活用すれば、動画制作ノウハウがない方でも映像制作を介さずに作ることが可能です。
クラウドソーシングで動画制作する方法は大きく分けて4つあります。それぞれの方法の特徴を簡単に紹介していきましょう。

自社アカウントで募集

TwitterなどSNSでクリエイターを募集する方法です。フォロワー数の多い企業アカウントであれば、簡単にリクルートすることが可能です。
一方、フォロワー数の少ない企業やスタートアップの企業ではクリエイターが見つかりにくく、他の方法を検討した方が良いこともあります。

代理店に依頼

WEB動画制作会社に依頼をして動画制作を行う方法です。制作会社によってはメールやチャットなどを通して制作することができます。
代理店は制作チームをいくつか持っているためクオリティ高い動画制作が可能です。

クラウドソーシングサイトの活用

クリエイターが登録するクラウドソーシングサイトを活用して、フリーランスで活躍するクリエイターを支援する方法です。
ギグワーカーだけでなく、継続的にプロジェクトに参加できるクリエイターを探すことができます。

人材紹介会社を利用し人員を集める

品質の高いクリエイターをお探しの方は、人材紹介会社を介したクリエイターを探す方法がおすすめです。
経験豊富なクリエイターを見つけられる代わりに、コストが高くなってしまうため場合によっては別の方法が良いこともあります。

クラウドソーシングの動画制作の注意点

クラウドソーシング系サイトを活用すると、品質の高い動画を制作できる一方でトラブルもあります。
次の3つのトラブルはクラウドソーシングサイトでは頻繁に起きるもののため、注意が必要です。

クリエイターの力量がわからない

クラウドソーシングサイトで最も注意すべき点は、クリエイターの力量です。ポートフォリオの品質の高い作品を確認しても、ポートフォリオレベルの動画を作れないこともあります。
依頼後にクリエイターの力量が大きくかけ離れていることもあるので注意が必要です。特に、クラウドソーシングサイト系のクリエイターの中には、実績を盛ってアピールしていることも珍しくはないので注意してください。

突然連絡が取れなくなってしまうことも

クラウドソーシング系サイトのクリエイターの中には、突然連絡が途絶えてしまう方もいます。特に注意が必要なケースは、依頼前は頻繁に連絡が取れていたクリエイターと突然連絡が取れなくなってしまうこと。
連絡が取れない状態が続くと、最悪の場合動画制作のスケジュールに大きく影響が生じてしまう可能性があります。

意思疎通がうまくできないことがある

クラウドソーシングサイトを活用した動画制作のコミュニケーションは、メールやチャットツールなどWEBでのやりとりが一般的です。
コミュニケーションをする際には、直接表情が見えないため相手との意思疎通がうまくできないこともあります。

誤解を避けるために、相手の表情がわかるようにWEB会議などを積極的におこなうことも大切です。不明点があれば都度コミュニケーションを取って解消するように心がけましょう。

トラブルを回避するための5つのポイント

クラウドソーシングサイトでは、トラブルを未然に防ぐための回避方法を知っていれば、賢く利用することが可能です。
次の5つのポイントに注意をしながら動画制作を進めていきましょう。

適正価格でクリエイターを集める

クラウドソーシングサイトを活用してクリエイターを募集するのであれば、市場価格と同程度でクリエイターを募集するようにしてください。
相場がわからない場合は、サイト内での条件を検索することでどのような案件にクリエイターが集まりやすいのか調べることができます。

相場よりも安い価格でクリエイターを集めると、質の悪いクリエイターが集まってしまうだけでなく、人材が全く確保できないこともあります。

依頼前に作業内容・報酬を明確にしておく

クリエイターとトラブルになる原因の1つとして、報酬の問題が考えられます。作業を依頼する前に必ず報酬のやり取りを明確にしておくことが大切です。
報酬を不明瞭な状態で動画制作を依頼すると、トラブルになる可能性が高くなります。どの程度の費用を出し、どれくらいの期間で依頼をするのか、修正は何回までどの範囲までを指しているのかなど、具体的な内容を提示して不明点が無いようにしてください。

レスポンスの遅いクリエイターは要注意

レスポンスの遅いクリエイターは、注意が必要です。レスポンスの遅いクリエイターは納期ギリギリになり連絡が取れないこともあります。
社会人としての常識の範囲でレスポンスがあるか、依頼前に確認してください。

定期的にコミュニケーションを取る

スケジュール通りプロジェクトを進めるのであれば、積極的にコミュニケーションを取ることも大切です。定期的なコミュニケーションがトラブル回避に繋がります。
進捗状況や不明点、納期予定日などをメールでやり取りを通してヒアリングをし、クリエイターが順調に作業を進めていることを確認してください。

クラウドソーシングサイトを通してやり取りを行なう

クラウドソーシングサイトのクリエイターは、信頼関係を築く前に不安であればクラウドソーシングサイトの活用がおすすめです。
サイトを活用することで、クリエイター側も安心して動画制作に携わることができます。

クラウドソーシングサイト以外でコストを抑えて制作する方法

クラウドソーシングサイトを活用した動画制作をしても、品質の高いクリエイターを雇うとどうしてもコストが高くなってしまいます。

少しでもコストを抑えようと検討しているのであれば、動画制作支援ツールの活用がおすすめです。
動画制作支援ツールを活用すれば、撮影のみ、イラスト制作のみと必要なクリエイターを限定し、結果的にコストを抑えることが可能です。

まとめ

・クラウドソーシングサイトを活用することで短期間・低コストで動画制作が可能
・クラウドソーシングサイトのクリエイターはトラブルも頻発する
・動画制作支援ツールと併用してサービスを利用する


クラウドソーシングサイトを活用して動画制作をする際には、本記事で紹介したポイントに注意をしながらプロジェクトを進めてみてはいかがでしょうか。
動画制作支援の導入を検討している方は、導入ハードルの低いツールの活用がおすすめです。メディア博士は3つの簡単なSTEPで動画制作を可能にします。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」