動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
学校の授業に動画を活用するメリットとは?事例をまじえながら懸念点や課題について解説!

学校の授業に動画を活用するメリットとは?事例をまじえながら懸念点や課題について解説!

新型コロナウイルスが流行している影響もあり、教育の現場でも急速に活用が進んでいる「動画」。
学校によって差はあるものの現在では通常通りに登校して授業が受けられるようになっていますが、生徒一人ひとりにパソコンと高速のインターネット環境を提供するGIGAスクール構想を国が本気で進めていることを考えると、教育現場での動画の活用が今後ますます重要になっていく可能性は高いと考えられます。

​​​​​​​そのため、年代や学校の方針に限らず、どの学校も授業での動画の活用について真剣に考えなくてはいけません。
今回は、授業での動画の活用について詳しく紹介していきます。

学校の授業に動画を活用するメリット

学校での授業における動画は、新型コロナウイルスの影響によって登校できなくなってしまった期間の学習をサポートするためだけに活用できる限定的なものではありません。
動画を活用することで、教育現場におけるさまざまな問題を解決してくれる可能性を秘めています。

また、問題の解決だけでなくメリットももたらしてくれます。
学校の授業に動画を活用することで期待できるようになる4つのメリットについて解説していきます。

好きなタイミングで学び直すことができる

普段の授業を撮影し、動画でアーカイブとして残しておくと、生徒が好きなタイミングで見返して学び直せるようになります。
例えば、自宅で宿題をしていてつまづくところが出てきたときに動画で学び直して解き直したり、授業で理解できなかった部分を復習したりといった形で活用可能です。

見返すことができるためノートを取ることに必死にならずに授業に集中できる

授業中に一生懸命ノートを取ることは悪いことではありませんが、ノートを取ることが目的になってしまうと授業の内容が頭に入らず、結果的に勉強についていけなくなってしまいます。
ただ、ノートを取っている生徒は後で見返して学習するためにノートを取っていたりもするので責めることもできません。

動画は、そういった問題の解決にも一役買ってくれます。
授業の様子を撮影して動画としてアーカイブに残しておけばいつでも動画を見直して学習できるので、授業中にノートを取る必要がありません。
「今ノートを取らないと…」という焦りから開放されることも、生徒にとっての大きなメリットになります。

休んだ日の授業を学び直すことができる

体調を崩して学校を休むと、その間の授業を丸々受けられなくなってしまいます。
教科書で自主的に学び直すこともできますが、それだけでカバーできないケースも少なくありません。

実際、そういったことが原因で勉強についていけなくなる子どもも少なくありませんが、授業動画をアーカイブとして残しておけば、いつでも好きな場所・好きなタイミングで学び直すことができるので、そういった問題も起こりにくくなります。

学校に通うのが困難な生徒も同じように教育が受けられる

学生の中には、何かしらの理由で学校に通うのが困難な生徒もいます。
学校側としても、自宅で学べるようにしたり保健室など教室以外の場所で学べるようにしたりするなど、それらの生徒がどうにかして勉強についていける環境を整えていたりもしますが、カバーしきれていないのが現状です。

ただ、授業動画を配信することで場所を選ばずに授業を受けられるようになれば、こういった問題の解決につながる可能性があります。

学校の授業に動画を活用する上での懸念点や課題

授業に活用することでさまざまなメリットをもたらしてくれる動画ですが、活用するには解決しなくてはいけない懸念点や課題がいくつかあります。
実際に動画の活用に取り組むのであれば、これらの懸念点や課題に配慮した上で進めなくてはいけません。

学校の授業に動画を活用する上での3つの懸念点や課題について解説していきます。

設備を整える必要がある

学校の授業を撮影して授業動画として配信するには、動画を撮影できる環境を整えなくてはいけません。
最近はスマートフォンのカメラの性能が向上しているためカメラはスマートフォンのものでも問題ありませんが、最低でもマイクは用意しておきたいところです。

授業動画は画質以上に音声の聞き取りやすさが重要になるので、パソコンやスマートフォンなどのデバイスに取り付けられる外部マイクを導入しましょう。
また、より見やすく質の高い動画を用意したいのであれば、マイクだけでなくカメラや照明も用意するべきだと言えます。

教員のIT関連の知識を底上げする必要がある

授業の風景を動画化して共有するには、

・撮影
・編集
・共有

などの作業を教員がこなさなくてはいけません。
外部の業者に委託するという方法もありますが、そういった方法を取り入れることができない学校も多いかと思います。

そこで必要になってくるのが、教員のIT知識の底上げです。
パソコンの基本操作はもちろん、撮影や編集をおこないシステム上に動画をアップして共有するといった一連の動作をそつなくこなせるレベルの知識を身につける必要があります。

セキュリティやプライバシーに配慮する必要がある

授業動画は、その学校に通う生徒が活用するための動画で一般的に広く公開するようなものではありません。
そのため、外部の人が動画を視聴できないようにするなど、セキュリティやプライバシーへの配慮も必要になります。

YouTubeの限定公開を活用するといった方法もありますが、限定公開はURLが流出してしまうと簡単に視聴できるようになってしまうので、専用のシステムを用意するなどの対応を検討する必要があります。

授業に動画を活用している学校の事例2選

授業動画は実際の授業の内容を撮影するだけでもそれなりに効果を発揮してくれますが、生徒のことを考えると、よりわかりやすく学びやすい動画を制作して用意してあげる必要があります。
そこでぜひ参考にしてほしいのが、実際に授業に動画を取り入れている学校の事例です。

授業動画はセキュリティやプライバシーに配慮する必要があるということもあって紹介できる事例は多くありませんが、2つほど参考になりそうな事例を紹介していきます。

横須賀学院


神奈川県の横須賀市で小中高一貫教育を提供している私立校、「横須賀学院」。
私立の学校は入学してくれる生徒がいなくなると経営が立ち行かなくなってしまうため、公立の学校以上に動画の活用に力を入れるべきだと言えます。

実際、横須賀学院は動画で学べるオンライン授業の取り組みに力を入れていますが、こちらの動画はそんなオンライン授業のダイジェスト版としてYouTubeの公式チャンネルにアップされている動画の一つです。
教師が黒板を用いて授業をおこなっている様子だけでなく、問題文や詳しい解説の図解を合間に挟むなど、理解度を高めるための工夫が取り入れられています。

スタディサプリ


定額でプロ講師による4万本以上のわかりやすい授業動画が見放題になる大人気のサービス、スタディサプリ。
スタディサプリの事例は学校の事例というわけではありませんが、授業を動画化して配信している専門的なサービスということもあって参考になるポイントが多いのでチェックするべきです。

こちらの動画は実際にスタディサプリで配信されている授業動画のダイジェスト版ですが、黒板以外の余計なものが映り込んでしまわないように配慮するなど、生徒が集中できることを意識して動画を作っていることが伝わってきますし、非常に参考になります。

まとめ

実際に動画を活用している学校の事例を交えながら、授業での動画の活用について紹介してきました。
学校の授業における動画の活用は、今後ますます欠かせなくなっていくのは間違いありません。

そのときになってから慌てて対応するよりも、今の段階から試験的に活用を開始し、ノウハウを蓄積しておくべきです。
動画活用のノウハウがなく、どう進めていけばいいかわからないという場合は、動画制作をサポートしてくれる企業やサービスもあるので、それらを活用しながら取り組んでみてはいかがでしょうか?

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」