動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
店舗紹介動画を用意するメリット・デメリット!制作するときのポイントとは?

店舗紹介動画を用意するメリット・デメリット!制作するときのポイントとは?

近年取り入れる企業が増えてきている「店舗紹介動画」。
店舗紹介動画は店舗のPR方法として近年注目を集めている方法でもあるため、導入を検討している店舗も多いのではないでしょうか?

​​​​​​​今回は、今注目されているマーケティング方法の一つである店舗紹介動画について紹介していきます。

店舗紹介動画を用意するメリット

店舗のPR方法には動画以外にもさまざまな方法があり、それらの方法でもPR可能です。
それでもさまざまな店舗が動画での店舗紹介を積極的に取り入れているのは、取り入れることでさまざまなメリットが期待できるようになるからです。

ここでは、店舗紹介動画を用意することで期待できるようになる代表的な3つのメリットを紹介していきます。

来店のきっかけになる

店舗紹介動画は、まだ店舗に来店したことがないお客さんの背中を押し、来店のきっかけを作ってくれます。
動画を制作して動画配信プラットフォームやSNS、Web広告などで配信すれば、多くのユーザーに店舗の存在をPRすることが可能です。

また、店舗の存在が気になってはいるもののなかなか来店できずにいるユーザーに対しては、来店を促すきっかけとして作用してくれます。

新しい集客経路を獲得できる

店舗紹介動画を制作した場合、YouTubeなどの動画配信プラットフォームやSNSなどに動画を投稿し、集客につなげることができます。

すでにホームページを用意するなどしてWebからの集客に取り組んでいるという店舗も多いかと思いますが、ホームページを用意するだけではなかなか集客にはつながりません。
一方、動画をYouTubeやSNSで発信すれば、それらのプラットフォームを利用しているユーザーに対して店舗の存在をアピールできるようになり、来店を促せるようになります。

店舗の雰囲気を映像で伝えることができる

ホームページやチラシなど店舗の集客方法にはさまざまな方法がありますが、テキストや画像でのPRには限界があり、集客につながらないことも少なくありません。
一方、店舗紹介動画を制作すれば、店舗の雰囲気を映像で伝えられるようになるので、より興味を持ってもらいやすくなります。

ユーザーの中には店舗の雰囲気がわからないと店舗に足を運びにくいと考える人もいますが、そういったユーザーにも来店を促せるようになります。

店舗紹介動画を取り入れるデメリット

店舗紹介動画の活用を検討しているのであれば、メリットだけでなくデメリットにも目を向けなくてはいけません。
メリットとデメリットを比較した結果デメリットの方が大きいと感じるのであれば、動画の活用は保留にするべきです。

店舗紹介動画を取り入れる際に懸念される2つのデメリットについて解説していきます。

用意するのに手間とコストがかかる

動画は数分の短いものを作るだけでも結構な手間と時間がかかります。
撮影する前に企画して台本を用意しなくてはいけませんし、撮影では、同じシーンを何度も撮影し直したりするので時間がかかります。
また、撮影した後は編集もおこなわなくてはいけません。

社内で動画を制作することもできますが、これまで動画を制作したことがない場合、動画を一本作るだけでも一週間以上はかかってしまうことも珍しくありません。
外注する場合は時間を大幅に短縮できますが、安くても数万円はかかりますし、数十万円かかってしまうケースもあります。

動画のクオリティ次第ではマイナスに働いてしまうこともある

店舗紹介動画を制作する上で気をつけなくてはいけないのが、動画のクオリティです。
高級感を強みにしている店舗やおしゃれな雰囲気を前面に押し出している店舗の動画のクオリティが低く店舗の雰囲気とかけ離れてしまっていると、せっかく興味を持ってくれていたユーザーが離れるなどマイナスに働いてしまいかねません。

動画のクオリティによっては店舗のブランドやコンセプトを壊してしまいかねませんので、機材や画、企画にこだわるなどして、店舗のブランドイメージやコンセプトに沿った動画に仕上げるようにしましょう。

店舗紹介動画を制作するときのポイント

実際に店舗紹介動画を制作する際、いくつか押さえておきたいポイントがあります。
これらのポイントを意識せずに動画を制作してしまうと、動画を作っても成果につなげられなくなってしまうので注意しなくてはいけません。

ここでは、特に意識したい2つのポイントについて紹介していきます。

コンセプトや動画を作る目的を明確にする

動画のクオリティ次第では店舗紹介動画を作ったことがマイナスに働いてしまうこともあると紹介してきましたが、そうならないためには、実際に動画を制作する前にコンセプトや動画を作る目的を明確にしておくことが大切です。
コンセプトや目的を明確にしておかないと、せっかく動画を作ったとしても誰に向けた動画かわからないものになってしまいかねません。

そうなると誰にも興味を持ってもらえず、動画を制作した意味がなくなってしまうので、事前にしっかりと企画をおこない、コンセプトや動画を作る目的を明確にした上で制作に取り組み始めるようにしましょう。

情報を詰め込みすぎない

店舗紹介動画を制作する際、つい情報を詰め込みすぎてしまう店舗は少なくありません。
来店を促すためにより多くの情報を伝えたいと考えてしまうのもわからなくはありませんが、情報を詰め込みすぎると本当に伝えたいことがボヤけてしまい、何を伝えたい動画なのかわからなくなってしまいかねません。

来店を促す動画であれば、

・どういった店舗なのか
・どういった人におすすめか
・住所などの店舗の基本的情報

さえ伝えられれば十分なので、なるべく簡潔な内容の動画にすることを意識しながら制作するようにしましょう。

店舗紹介動画の活用事例2選

店舗紹介動画をうまく活用したいと考えているのであれば、うまく活用している店舗の事例をチェックするのがおすすめです。
すでに店舗紹介動画を取り入れてうまく活用している店舗の動画をチェックすることで、効果的な動画の作り方や見せ方、活用方法が見えてきます。

特に参考になりそうな店舗の事例を2つピックアップして紹介していきます。

元祖本吉屋


300年以上続く福岡の老舗うなぎ店、「元祖本吉屋」。
こちらの動画は一分ほどの短い店舗紹介動画ですが、店舗の雰囲気もよく伝わってきますし、何よりメインである料理が目立っているため、思わず「行ってみたい」と思わせてくれる動画に仕上がっています。

店舗の高級な雰囲気ともマッチしている良質な動画です。

アダチコーヒー


千葉県の船橋市にあるコーヒーの専門店、「アダチコーヒー」。
アダチコーヒーは親しみやすい雰囲気と専門的な味が楽しめるコーヒー店です。
動画も柔らかい雰囲気で親しみやすさが伝わってくる動画になっています。

また、店主がナレーションで店舗のコンセプトなどを語るという内容の動画になっていますが、そのナレーションによって非常に専門性の高い店舗ということが伝わってくるので、「この店舗で豆を購入したい」と思わせてくれます。

まとめ

店舗紹介動画は、用意するのに手間とコストがかかりますし、ある程度のクオリティを担保しないと逆効果になってしまうなどのデメリットもあります。
しかし、それ以上のメリットをもたらしてくれる可能性を秘めた魅力的なマーケティング方法なので、積極的に活用するべきです。

まだ取り入れている店舗はそこまで多くありませんが、繁盛している店舗は取り入れて積極的に活用している傾向にありますし、これからは店舗紹介動画を取り入れるのが当たり前になると予想されています。
ある程度のクオリティを担保する必要があると紹介してきましたが、気軽にテストや改善をおこなえるのがWebを活用したマーケティングの魅力なので、まずは一つ動画を制作して発信し、どういった反応が得られるか試してみてはいかがでしょうか?

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」