動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
屋外広告は種類によってターゲットが違う?動画活用はできるの?徹底解説

屋外広告は種類によってターゲットが違う?動画活用はできるの?徹底解説

広告業界がネットでの広告事業を主なマーケティングに選ぶ今、屋外広告が重宝されています。
​​​​​​​なぜ屋外広告が重要なのか?そもそも屋外広告とはどういったものを指すのでしょうか?基礎知識をひもときながら屋外広告の動画活用も紹介していきます。

屋外広告とは?

そもそも屋外広告とは常時もしくは一定期間屋外で公衆に表示される広告を指します。具体的には屋外の看板、立看板、はり札、広告塔、広告板、建物、公共交通機関などに掲出されています。
屋外広告は通常の広告では顧客になりえなかった人に対して効果的なマーケティングになり、ネット広告が強い今の時代でも存在感が強くあります。

屋外に掲出するものの広告に派手さは必要なく、注目を集める明るさや広告内容が分かりやすいなどの点を考慮した作成がかかせません。
加えて屋外のどこに掲出するかによって顧客ターゲットが変わるため、マーケティングとのバランスも重要になります。

屋外のどこに広告があるのか?

屋外広告は身近なありとあらゆる場所で目にしています。例えば、

・掲示板(ビルボード)
・トランジット(公共交通機関に貼られている広告)
・ウォールスケープ (大きな建物の外壁に貼られる広告)
・ストリートファニチャー(電柱や駐車場などの屋外構造物に貼られている広告)

といったように身近な様々な場所で広告を見かけます。

また屋外広告にもデジタルデバイスを活用したものが近年増えており、QRコードでwebページにリンクを飛ばすなど広告内にも様々な戦術が込められています。

あえて屋外広告を使うワケとは?

多くの企業がインターネット広告に広告事業の重きをおいているなか、なぜ屋外広告が重宝されているのでしょうか?
その理由はいたって簡単です。通勤通学、遊び、買い物など様々な理由で外出し、ふと目につく広告は自身に関係なかったとしてもつい見てしまうものです。

そういった『つい見てしまう』無意識の繰り返しが、脳には強く刻まれます。
例えば日常から身近なローンや借金の屋外広告を無意識に見続けた場合、ローンや借金=○○広告と認識するようになり、サービスが必要になればその会社を頼るようになります。

このように屋外広告は今まで顧客になりえなかった人をターゲットにすることができるため、重宝されています。
またネット広告と違い、屋外広告を掲出する周辺地域に訪れる人や住民をターゲットにするので幅広い世代に向けてマーケティングできる点も大きな魅力でしょう。

屋外広告の種類ごとのメリットとは?

屋外広告が重宝される理由を抑えましたが、屋外広告の種類によってメリットも異なります。種類ごとに紐解いていきましょう。

掲示板(ビルボード)

掲示板の中でも特に目立つビルボードについてみていきましょう。
ビルボードとはひときわ目立つ大きな掲示板やそこに掲載されているポスターを指します。新幹線や高速道路から見えるような場所に設置し、広告の周辺を通過する消費者をターゲットにした屋外広告になります。

通過する際に広告を見てもらう事を前提としているので、しつこい広告のイメージを持たせません。また、アメリカの研究によると約70%以上がビルボードの内容に目を通している事が確認されています。
広告の視聴率の高さと共に、ビルボードの広告費用は他の広告と比較して安価であるため屋外広告の中で一番対費用効果が高いとされています。

ウォルスケープ

ウォルスケープとは工事現場やビルの側面などの目立つ所に掲出される屋外広告になります。
直接壁にペイントするタイプやダイナミックな広告を貼るなど様々な種類があり、何よりも他の屋外広告と比べて非常に大きな広告になります。

その大きさゆえ、イベントの告知や説得力の高さなどが特徴になります。その反面コストは非常に高くついてしまうため、費用対効果については不安が残るでしょう。

ストリートファニチャー

電話ボックスや電柱に貼られている屋外広告がストリートファニチャーになります。ストリートファニチャーは『どの建造物か?』『どの高さに貼っているか?』が重要になります。
特に人口の多い都市部にて大きな効果が発揮され、通勤通学などの歩行者をターゲットとします。加えて高頻度に低コストに行えるため、近隣地域に絶大な広告効果をもたらします。

屋外広告を動画活用するには?

数多くの屋外広告がある中で、『マーケティングを成功させた広告はどんなものか?』『動画活用もできるのか?』実例をまじえて解説していきましょう。
屋外広告を動画活用するのは広告制作者や代理店などが多く、『自社がどのような広告を作れるか?』『制作した広告によってどれほど利益がアップしたか?』などのアピールとして動画活用しています。

Rotapanel International BV(広告制作者の動画活用)


こちらの動画は屋外広告製品の世界的なデザイナー兼メーカーのRotapanelの動画になります。
50年以上の歴史を持ち、世界120か国以上で25.000を超える広告を作ってきた点を動画活用し、アピールしています。このように屋外広告の動画活用の大半が広告制作側によるものになります。

FunnyPig(日常のコンテンツ発信者の動画活用)


こちらの動画は日常のおもしろコンテンツを発信しているFunnyPigの動画になります。
この動画では『面白い』・『人々の行動を変えた』屋外広告をfunnyコンテンツとして発信しています。コンテンツ発信者としてはこのような魅力的な広告はぜひとも発信したい内容になります。

実際に撮影した広告を自身のサイトにて発信するなどしてみるのもよいかもしれません。

KVANT Lasers(屋外広告用機材の制作会社がする動画活用)


この動画は屋外広告用の機材を提供する会社KVANT Lasersの動画になります。
『屋外広告はインパクトのあるものが作りたい』『他とは違う広告が作りたい』などの広告を作りたいが作れない企業をターゲットにしたい場合、こういった屋外広告用機材を動画でマーケテイングするのがよいでしょう。

機材の特徴や、機材導入によるメリットを動画に含めることでスムーズな契約発展に繋がる動画になるでしょう。

まとめ

さて今回は屋外広告について基礎知識と動画活用について紹介してきました。
屋外広告は海外での歴史の方が古く、またユニークなものも数多くあります。しかし裏を返せばその技術や活用方法を日本に早く導入できた者が屋外広告のメリットを大きく得ることができるでしょう。
ぜひ動画活用と共にマーケティングに導入してみましょう。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」