動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
TikTok広告ではなにができる?メリットや広告制作のコツをご紹介

TikTok広告ではなにができる?メリットや広告制作のコツをご紹介

TikTok広告ではなにができる?メリットや広告制作のコツをご紹介
音楽に合わせて踊ったり、可愛い動物の動画などを投稿するTikTok。TikTokは、ただ投稿を楽しむだけではなく広告としても活用することができます。
​​​​この記事ではTikTok広告の特徴やTikTok広告を運用するメリットなどについて詳しく紹介していきます。

TikTokのユーザー層について

TikTok広告についてお話しする前にまずはTikTokがどのような年齢から支持されているSNSなのかをしっかり把握することが大切です。

10代〜20代が特に利用しているイメージが強いTikTokですが最近ではユーザー層の年齢が上昇しているデータが出ています。
参照:「DIGIDAY」日本の TikTok ユーザーは平均34歳、博報堂調査が示す実態:要点まとめ

しかしながら、ユーザー層の年齢が10代〜20代で全体の約50%を占めているためまだまだ若者向けのSNSであると言えますね。
その中でも特に利用率が高いのが10代の女性です。流行りの音楽に合わせて踊っている動画を投稿するのはもちろんですが、好きな動画を視聴するために利用しているユーザーも多くいます。

動画と聞くとYouTubeのイメージが強いかもしれませんが、TikTokはYouTubeとは異なり60秒以内の短い動画が投稿されています。
そのため、たくさんの動画をリズム良く視聴するユーザーが多くいるのもTikTokユーザーの特徴です。

TikTok広告の種類・特徴

TikTok広告は4種類あり、それぞれ特徴が異なります。それではTikTok広告の種類とその特徴について見ていきましょう。

TikTok広告①起動画面広告

起動画面広告は、TikTokを起動した際に表示される広告のことです。アプリを起動すれば全画面に表示されますし、必ず目に留まることが最大の特徴となっています。
表示できるコンテンツは画像だけではなく、GIF画像とGIFアニメーションの3種類でTikTok全ユーザーへのアプローチを行うのに効果的。費用は500万円ほどかかりますが、表示している広告にはリンクの設定が可能です。

自社商品やサービスのリンクを貼り付けることにより、TikTok広告から集客を行うことができます。しかし、この起動画面広告は1日1社のみの配信となっています。

TikTok広告②チャレンジ広告

TikTok広告の中で、ユーザー参加型の広告がチャレンジ広告です。チャレンジ広告は、企業がお題となるハッシュタグを設定します。そしてユーザーはそのハッシュタグに合う動画を作成しTikTokに投稿します。
ユーザーが動画を投稿することによってどんどん拡散されるSNSの特徴を活かしたのが、チャレンジ広告の特徴です。そのためTikTok広告の中でもユーザーの反応が良いと言われています。

チャレンジ広告はさらに4つの種類に分けられるのですが、どのプランも1,000万円を超える高額費用です。

1.スタンダードチャレンジ
費用:1,500万円
バナーとおすすめに6日間の表示。6日間のうち1日だけバナーの上位に表示がされる。

2.ハッシュタグチャレンジプラス
費用:1,700万円
バナーとおすすめに5日間の表示。5日間のうち2日だけバナーの上位に表示がされる。

3.バトルハッシュタグチャレンジ
費用:2,000万円
2つのハッシュタグとバナーをおすすめに3日間表示される。

4.ベーシックハッシュタグチャレンジ
費用:1,000万円
おすすめに3日間表示される。


プランによって表示期間やバナーの順番が異なりますのでチャレンジ広告を行う場合は、きちんと確認するようにしましょう。

TikTok広告③インフィード広告

広告を届けたいユーザーが明確な場合は、このインフィード広告がおすすめ。視聴ページのおすすめ欄に広告が表示されます。TikTokに投稿されている動画と同じように5〜15秒の短い動画が流れるため、一見広告だとわからないのが特徴です。
もちろん通常の投稿のように「いいね」や「シェア」「コメント」も行うことができます。TikTokのインフィード広告は、どのようなユーザーに届けたいのか細かい設定が可能ですのでピンポイントに広告を届けることができます。

インフィード広告には3つの種類があります。

1.TopView
費用:625万円
TikTokを開いてすぐに動画として広告が表示される。

2.OneDayMax
費用:300万円
おすすめ欄の4番目に広告が表示される。

3.BrandPremium
費用:42万円
おすすめ欄の80番以内に広告が表示される。


契約期間は1日単位。大々的に広告だと見せるよりも、さりげなくアプローチしたいと思っている方にはおすすめです。

TikTok広告④運用型広告

ここまで紹介したTikTok広告とは異なり、運用型広告は自分で広告アカウントを作成し運用を行います。TikTokでは、「TikTok For Business」と呼ばれるプラットフォームの運営を行なっています。

運用型広告の特徴は、どのようなユーザーをターゲットにするか、広告動画の作成、配信までを自身で行わなければいけないこと。
他のTikTok広告は、かなりの費用がかかりますが運用型広告であれば少ない費用でもTikTokに広告を出すことができます。

運用型広告には3つの課金方法があり、広告を打つ場合は、この課金方法から選択して行うこととなります。

1.クリック課金
2.インプレッション課金
3.再生課金


このプラットフォームを活用することで、簡単にTikTokに広告を出すことができます。

TikTok広告のターゲティング

TikTokは急速に成長しているソーシャルメディアアプリであり、広告主にとって魅力的なマーケティングプラットフォームとなっています。
しかし、TikTok広告をより有効的に活用するためには、正しいターゲティングが必要不可欠です。そこでここではターゲッティングについてそれぞれ重要な要素を解説していきます。

デモグラフィック

まずデモグラフィックとは、人口統計学的な情報のことです。この情報を利用することで、広告主はターゲット層を正確に把握し、最適な広告を配信することができます。
TikTokでは、以下のようなデモグラフィック情報を利用することができます。
 

年齢

TikTokのユーザーは若者が中心であり、13歳から30歳代のユーザーが多いです。したがって、広告主はこのターゲット層に合わせた年齢層を設定する必要があります。
 

性別

TikTokのユーザーは男女比がほぼ均等ですが20代の女性がやや多いです。広告主は、ターゲット層に応じて男女比を調整する必要があります。
そもそものターゲット層があるかと思うのですが、そのターゲット層と若年層であるTikTokが合致するかという点が重要になるでしょう。
 

趣味や嗜好

TikTokのユーザーは、音楽やダンス、ビューティー、ファッションなどに興味を持っていることが多いです。
広告主は、ターゲット層がどのような趣味や嗜好を持っているかを把握し、広告の配信内容を調整する必要があります。総じてエンターテイメントの要素を絡ませることが非常に重要です。

以上のように、TikTokの広告ターゲティングにおいては、デモグラフィック情報が非常に重要です。広告主は、正確なデモグラフィック情報を把握し、それに合わせた広告戦略を展開することで、成功することができます。

ユーザーリスト

ユーザーリストとは、広告主が保有するユーザー情報をリスト化したものです。例えば、既存顧客の情報や、ウェブサイトを訪問したユーザーの情報、メールマガジンの購読者などがユーザーリストに含まれます。
TikTokでは、ユーザーリストを利用して、以下のようなターゲティングが可能です。
 

リターゲティング

ユーザーリストを活用することで、既存顧客やウェブサイト訪問者などのリターゲティングが可能になります。既存顧客に対しては、製品やサービスのアップグレード、新商品の案内などのアプローチが効果的です。
一方、ウェブサイト訪問者に対しては、商品やサービスの購入促進などが有効です。
 

類似ユーザーターゲティング

既存顧客やウェブサイト訪問者などと類似するユーザーをターゲットにした広告配信が可能になります。類似ユーザーターゲティングは、リターゲティングに比べて広告の露出機会を広げることができ、新規顧客獲得に有効です。
TikTok広告のターゲティングにおいて、ユーザーリストは非常に有効なツールとなっています。広告主は、自社が保有するユーザーリストを活用し、正確なターゲティングを行うことで、TikTok広告の効果を最大化することができます。

興味&行動

興味&行動ターゲティングは、TikTokのアルゴリズムが、ユーザーが過去に行った行動や興味に基づいて、広告を配信する方法です。
この方法は、デモグラフィック情報だけではなく、ユーザーの嗜好や興味を把握することができるため、よりパーソナライズされた広告を配信することができます。

興味&行動ターゲティングを活用するには、まず、広告主が自社のターゲット層を正確に把握することが重要です。その上で、以下のポイントに注意してターゲティングを設定することが重要です。
 

過去の検索履歴や閲覧履歴を利用する

TikTokは、ユーザーが過去に検索したキーワードや、閲覧したコンテンツに基づいて、広告を配信することができます。
広告主は、自社の商品やサービスに関連するキーワードやコンテンツを調査し、適切なターゲットを設定することが重要です。
 

行動データを利用する

TikTokは、ユーザーが過去に行った行動に基づいて、広告を配信することができます。例えば、アプリをダウンロードしたり、ウェブサイトを訪問したりしたユーザーに対して、関連する広告を配信することができます。
広告主は、自社のビジネス目的に合わせて、適切な行動を把握し、ターゲットを設定することが重要です。
 

興味データを利用する

TikTokは、ユーザーが過去に表示した興味に基づいて、広告を配信することができます。
例えば、アニメやスポーツなどの特定のジャンルに関心があるユーザーに対して、そのジャンルに関連する広告を配信することができます。広告主は、自社の商品やサービスが関連するジャンルを調査し、ターゲットを設定することが重要です。
 

カスタムオーディエンスを活用する

カスタムオーディエンスを活用することで、TikTokユーザーに最適な広告を配信することができます。
広告主は、自社の商品やサービスに関心があるユーザーを把握し、その情報を利用して、カスタムオーディエンスを作成することができます。この方法を活用することで、よりターゲット層に合った広告を配信することができます。

まとめると、興味&行動ターゲティングを活用することで、広告主は、より正確なターゲット設定を行い、より効果的な広告配信を行うことができます。
ただし、広告主は、自社のターゲット層を正確に把握し、適切なターゲティングを行うことが重要です。適切なターゲティングを行うことで、広告主は、より多くのユーザーにアプローチし、ビジネスの成長を促すことができます。

デバイス

TikTok広告は、スマートフォンやタブレットなどのデバイスで利用できます。広告主は、広告をどのデバイスに配信するかを選択することができます。
デバイスターゲティングは、広告主が自社のターゲット層に最適な広告を配信することができる重要な機能の一つです。
 

モバイルデバイスターゲティング

TikTokはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでの利用が主流です。広告主は、広告をどのモバイルデバイスに配信するかを選択することができます。
例えば、スマートフォンに特化したアプリケーションを販売している企業は、スマートフォンユーザーに対して広告を配信することができます。
 

デスクトップデバイスターゲティング

TikTokはデスクトップPCでの利用も可能です。広告主は、広告をどのデスクトップデバイスに配信するかを選択することができます。
例えば、ビジネス向けのアプリケーションを販売している企業は、デスクトップPCユーザーに対して広告を配信することができます。
 

OSターゲティング

TikTokは、iOSとAndoroidの両方に対応しています。広告主は、広告をどちらのOSに対して配信するかを選択することができます。
例えば、iOSアプリケーションを販売している企業はiOSユーザーに対して広告を配信することができます。

デバイスターゲティングは広告主が自社のターゲット層に最適な広告を配信するための重要な機能です。広告主は自社の商品やサービスに関心があるユーザーが利用するデバイスを把握し、適切なデバイスゲティングを行うことが重要です。
適切なターゲティングを行うことで、広告主はより多くのユーザーにアプローチし、ビジネスの成長するためのきっかけとなる広告効果を発揮することができます。

また、デバイスターゲティングによって、広告費を効率的に使うことができます。例えば、スマートフォンユーザーに特化したアプリケーションを販売している企業が、デスクトップPCユーザーに対して広告を配信しても効果が低い可能性があります。
このような場合、広告主は、モバイルデバイスに特化したターゲティングを行うことで、より効果的に広告を配信することができます。

ただし、デバイスターゲティングは、あくまでも広告を配信するデバイスを選択するための機能であり、ユーザーの属性や興味関心に合わせたターゲティングと併用することで、より効果的な広告配信が可能となります。

TikTok広告アカウントの作成方法

TikTok広告のアカウントは、「広告アカウントの登録」と「ビジネス情報の登録」の2ステップで完結します。

広告アカウントの登録方法

1.TikTok For Businessを検索
2.トップ画面にある「始める」ボタンをクリック
3.メールアドレスなどの情報を入力する
4.検証コードが送られてくる
5.送られてきたコードを入力する
6.その他必要事項を記入する


入力したメールアドレスに検証コードが送られてきますので、きちんと確認することができるメールアドレスを設定するようにしてください。

ビジネス情報の登録

1.プロモーションサービスのURLと業界を入力
2.住所を入力
3.広告代理店か広告主かを選択
4.支払いタイプを選択
5.支払いに利用するカードを登録


ビジネス情報の登録では、支払いに関しての登録をメインで行なっています。

TikTok広告のメリット

SNSを使う広告はたくさんありますが、その中でもTikTok広告を利用すればどのようなメリットを得ることができるのかも気になりますよね。TikTok広告を検討しているのであれば、メリットも理解するようにしましょう。

動画を使っているので訴求力が高い

TikTokは、チラシやポスターなどの広告とは異なり、動画や音楽、アニメーションなどエンタメ要素を盛り込みながら発信することができます。そのため印刷物などで発信を行うよりも、訴求力が高いと言われています。
また、個性的な動画を作成することでインパクトを与えることもできます。

若い世代への広告にぴったり

冒頭に紹介したように、TikTokのユーザー層は10〜20代の若者が中心です。
そのため、10〜20代をターゲットとした広告を打ちたいのであれば、ユーザー層がぴったりはまるTikTokを利用することにより効果的に認知を広めることができます。

InstagramやTwitterからでも拡散が可能

TikTokは、InstagramやTwitterにもシェアすることができる機能が備わっています。そのためSNSの枠を超えての拡散が期待できます。
さまざまなSNSで拡散することにより、認知度を高めるだけではなく顧客獲得のチャンスも広がります。

広告に直接リアクションがもらえる

TikTok広告の最大のメリットの一つは、広告に直接リアクションがもらえることです。TikTokは、スワイプやダブルタップなどの独自の操作で、ユーザーが広告に対して即座に反応することを可能にしています。
これにより、広告主は、リアルタイムで広告の成果を把握し、キャンペーンの最適化や改善につなげることができます。

また、TikTokは、若年層を中心に急速に人気を集めているSNSプラットフォームです。特に、10代から20代の若年層を中心に、多くのユーザーが日々利用しています。
このような若年層をターゲットにする場合、若年層の嗜好やトレンドに精通した広告制作が必要ですが、そのような広告をTikTok上に配信することで、多くの若年層に広告を届けることができます。

さらに、TikTokは、ユーザーの関心や属性に基づいた高度なターゲティング機能を備えています。これにより、広告主は、自社のターゲット層に最適な広告を配信することができます。
例えば、ファッションブランドが女性ユーザーに向けたキャンペーンを行う場合、性別や年齢、地域などの属性に加え、ユーザーがファッションに関心を持っていることをターゲティングすることができます。そのため、広告に対する反応率が高くなり、コンバージョン率も上がる可能性があります。

以上のように、TikTok広告には、直接リアクションがもらえるというメリットがあります。また、若年層をターゲットにした広告や高度なターゲティング機能もあるため、広告効果を最大化することができます。

TikTok広告制作のコツを解説

TikTok広告を制作する時、どのような点に注意したら良いのかコツをまとめてみました。

動画の長さは15秒以内

TikTok広告は、種類によって投稿できる動画の長さが異なります。最大60秒の動画を投稿することもできますが、通常投稿はほとんどが15秒以内の動画です。そのため、15秒以内での広告動画を作成するのがおすすめです。
動画が長ければたくさんの情報をユーザーに伝えることができますが、TikTokは短い動画が多いSNSですので最後まで見てもらえないことも考えられます。15秒以内に伝えたいことをまとめるようにしましょう。

縦型の動画を用意する

TikTokはスマホを縦にしたまま視聴するのが一般的です。そのため作成する動画も縦型で全画面表示で用意します。比率で言うと9:16が推奨されています。

3秒以内に商品の説明を行う

TikTok for Businessによると、動画の冒頭で商品やサービスの商品を行うことで購買意欲を上げる効果が期待できるとあります。
参照:「TikTok for Business」TikTok For Business初のクリエイティブリサーチ 高い広告効果を生む、4つの法則とは!?

特に動画開始から3秒以内に商品やサービスの紹介を行うとさらに効果的。この点に注意して、動画の構成を練るようにしましょう。

アップテンポの曲を利用する

TikTokでは、バラードなどのゆったりした曲よりもアップテンポの曲の方が好まれる傾向があります。そのため、広告でもなるべくアップテンポな曲を使うことで広告が苦手な人でも最後まで動画を視聴してくれることにつながります。

広告から次の導線に繋げる工夫する

TikTok広告で自社の商品やサービスを紹介したとしても、実際に購入してもらわなければ意味がありません。そのため、TikTok広告から購入できるECサイトや詳細がわかるようなランディングページへ誘導する必要があります。
起動画面広告やインフィード広告は、外部リンクを設定することができます。わかりやすい目立つボタンを設置するなどユーザーがアクションをしやすいように導線を確保しましょう。

広告ではなくTikTok動画を作る意識で制作する

TikTokは、ユーザーが楽しめる、クリエイティブで魅力的な動画コンテンツが求められるプラットフォームです。そのため、TikTok広告も、ユーザーに楽しんでもらえるようなクリエイティブな動画コンテンツを制作することが必要です。

TikTok広告制作のコツとしては、以下の点が挙げられます。
 

ユーザーのニーズに合わせたコンテンツ制作

TikTokは、特に若年層を中心に人気が高いSNSプラットフォームです。そのため、若年層のニーズや嗜好に合わせたコンテンツを制作することが必要です。
また、TikTokのターゲティング機能を活用し、ターゲット層に合わせたコンテンツ制作を行うことで、より効果的な広告展開が可能となります。
 

クリエイティブなコンテンツ制作

TikTok広告は、単なる広告ではなく、TikTok動画の一部であるという意識で制作することが重要です。ユーザーが楽しめる、クリエイティブで魅力的な動画コンテンツを制作することで、より広告効果を高めることができます。
 

デザインや音楽などの要素を工夫する

TikTokは、デザインや音楽などの要素が重要な役割を担っています。広告制作時には、それらの要素を工夫し、ユーザーの興味を引くようなデザインや音楽を取り入れることが大切です。
また、TikTok独自のエフェクトやフィルターを活用することで、より魅力的な動画コンテンツを制作することができます。

TikTok広告制作で気を付けること

次に、TikTok広告制作で気をつけることについて解説していきます。

広告掲載後の不具合や修正には対応してもらえない

TikTok広告は、掲載前に審査があるため、掲載後の不具合や修正には対応してもらえません。そのため、事前にしっかりと確認してから掲載することが重要です。
また、掲載前には必ずプレビューを確認して、不具合があれば修正するようにしましょう。

他媒体の広告と比べて費用が高め

TikTok広告は、他の媒体の広告と比較して費用が高めです。特に、ターゲティングの精度が高いため、費用が高くなる傾向があります。
しかし、TikTokには独自のユーザー層が存在しており、その層に対して効果的な広告を配信することができます。そのため、費用対効果を考慮して、しっかりと広告戦略を立てることが重要です。

インスタ広告とTikTok広告の違い

TikTokと同じように若い世代から人気を集めているInstagram。InstagramとTikTokどちらで広告を出したらいいのかわからないと悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
Instagram広告もTikTok広告と同じように、精度の高いターゲティングを行うことができます。また、InstagramとFacebookは同じ企業が運営を行なっているため、紐づけることも可能。この点はあまり相違がありません。

しかし、Instagram広告はTikTok広告とは異なり1日100円前後で始めることが可能です。数千万円の費用がかかってしまうTikTok広告と比べるとかなり安い印象です。
また、広告を出してからの数字を見て予算の変更はもちろん広告画像などの差し替えも行うことができます。

なお、Instagram広告で投稿できる動画の長さは最大2分まで。TikTok広告と比べるとかなり時間が長いです。
もちろん15秒程度の動画でも問題ありませんが、どうしても長い動画を広告に使いたい場合はInstagram広告を利用することも検討してみてください。

TikTok広告の活用事例

TikTok広告を活用した事例をいくつかまとめてみました。

キレイモ

脱毛サロン「キレイモ」では、「#指ハートチャレンジ」というハッシュタグを設定してユーザーが参加できる広告を打ち出したことがあります。
ダンスを行なっている動画にハッシュタグを添付して投稿し当選すると、キレイモのWEB広告に出演がプレゼントされます。それだけではなく、1組2名に「あなたを最高にキレイにする体験」もプレゼントされます。

この広告の特徴は、指定しているハッシュタグを動画につけることで誰でも簡単にキャンペーンに参加することができること。
ダンスの監修は、TikTokフォロワー数120万人を持つ人気のクリエイターが行なっているなど話題性も抜群です。

FUJIMI

自分だけのサプリを作ることができるFUJIMI。FUJIMIのサービスの概要をまとめた動画がTikTok広告として流れていました。
美容成分の診断を行い、その結果をもとに自分だけのサプリメントを選んでくれる様子が映像とテキストでわかりやすくまとめられています。

FUJIMIはサブスクリプションのサービスで、実際に自宅に届けられてからどのようにして利用をしたら良いのかも紹介してあるので自分が利用した時のイメージがしやすい広告となっています。

きずな出版

ビジネス書などを中心に取り扱っているきずな出版。きずな出版は「20代にとって大切な17のこと」という本の宣伝としてTikTok広告を活用しています。

TikTokユーザーである若者が本を手に取るのか、疑問に感じます。しかし、18〜34歳の男女にターゲットを絞り、カテゴリー設定を読書にした結果広告」のクリック数は約10倍。クリック率も約5倍となったそうです。

メンズエミナル


https://ads.tiktok.com/business/creativecenter/topads/7282973658279460865

こちらは、男性向けの医療脱毛サービスとして有名な「メンズエミナル」のTikTok広告です。
若い女性が中年男性に転生するという非常におもしろいコンセプトの動画広告で、動画の冒頭から視聴者の興味を引くような構成になっているので、広告であるにもかかわらず思わず見続けてしまうほどのインパクトがあります。

続きが気になるような内容になっている点にも注目で、「リンク先に飛べば続きが見られるんじゃないか」と感じさせる仕上がりになっているので、動画が最後まで再生されやすく、なおかつ再生後のクリック率も高くなっています。

BASE BREAD


https://ads.tiktok.com/business/creativecenter/topads/7251523046031605761/pc/ja?countryCode=JP&from=001110&period=30

こちらは、コンビニなどでも気軽に購入できる完全栄養食として話題のBASE BREADのTikTok広告です。
この動画には、製品の認知からCVの獲得にいたるまで、参考になるポイントがいくつもつまっています。
動画の冒頭では朝ごはんをBASE BREADに置き換えることで栄養を取りつつダイエットにつなげられるという製品の強みを紹介しつつ、動画の終盤では、コンビニで購入するよりも公式通販で購入する方がお得だと伝えてCVにつなげています。

ダイエットに成功したと思われる人物の映像やコンビニで買いすぎてしまって後悔していることを伝えるための大量にストックした製品の映像も差し込まれていて、嘘くさくない仕上がりになっている点もポイントの一つです。

JOBS MAP


https://ads.tiktok.com/business/creativecenter/topads/7280093695713918978/pc/ja?rid=6g93tcwf3ek

こちらは、第二新卒やフリーターも利用できる転職サービス「JOBS MAP」のTikTok広告です。
広告はターゲットユーザーに見てもらうことが非常に重要になりますが、この動画では、冒頭で「事務職やりたい人」と呼びかけを行い、この動画を見るべき人をしっかりと明示しています。

こうすることで事務職に少しでも興味がある人は手をとめて動画を見てくれるようになりますし、関係ないユーザーを弾けるようにもなるので、クリエイティブのCTRやCVRの向上にもつながります。

marrish


https://ads.tiktok.com/business/creativecenter/topads/7218348995047440386/pc/ja?rid=vpyykyvrsw

こちらは、話題のマッチングサービス、marrish(マリッシュ)のTikTok広告です。
マッチングサービスの動画広告は、TikTokはもちろん、他のSNSでもさまざまな広告が出稿されていて、差別化が難しいジャンルです。
そのため、他の広告とどう差別化を図り、いかにユーザーに興味を持ってもらうかが重要になります。

marrishのTikTok広告はそのあたりの対応がうまく、映像で楽しみながらデートしている雰囲気を演出しつつ、テロップによってなぜmarrishを利用するべきなのかについてしっかりと言及しています。
登録は無料で行えるという点にもフォーカスしていて、ユーザーが最初の一歩を踏み出すためのハードルも下げている点にも注目です。

まとめ

今回は、TikTok広告の概要と活用事例などについて紹介しました。TikTokは利用しているユーザーの年齢が10〜20代ですので、若者向けに広告を行いたい場合は適していると言えるでしょう。

プランによっては、費用が数千万円かかる場合もありますが、TikTokが提供している「TikTok For Business」を利用することで予算を抑えることもできます。自社にあったプランを活用して、TikTok広告の運用を行いましょう。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?
  • メディア博士資料ダウンロード
  • マニュアルの作成・管理ツール「マニュアル博士」

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」 【ウェブセミナー】- 社内の誰もができる! -スマートフォンでの動画撮影テクニック

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約