動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
YouTubeマーケティングとは?具体的な活用方法を5つの成功事例をふまえながら紹介!

YouTubeマーケティングとは?具体的な活用方法を5つの成功事例をふまえながら紹介!

近年取り組む企業が急増しているYouTubeマーケティング。大きな成果につなげている企業も多く、「活用するのが当たり前」という時代に変化しつつあるほどです。
実際、「YouTubeを始めたい」と考えている企業の経営者やマーケティング担当者も多いのではないでしょうか?
今回は、YouTubeマーケティングを始める上で押さえておきたい基本的なポイントについて紹介していきます。

YouTubeマーケティングとは?

YouTubeマーケティングは、その名の通り、代表的な動画配信プラットフォームの一つであるYouTubeを活用するマーケティング方法です。
動画には、テキストや画像を主体としたマーケティングよりも、

・情報が伝わりやすい
・短時間でより多くの情報を伝えられる
・イメージを明確化できる
・購買意欲を高められやすい

などのメリットがありますが、動画をマーケティングの一つとして活用できるメディアには、

・Instagram
・TikTok
・Twitter

など、種類がいくつかあります。

YouTubeはそれら動画を配信できるメディアの中でも特にユーザー数が多い動画配信プラットフォームの代表と言えるメディアで、日本国内での月間アクティブユーザーが6,900万人、世界で見ると25億人の月間アクティブユーザーを有している巨大メディアです。
つまり、YouTubeを活用すれば、数千万人、あるいは数億人にアプローチできる可能性があるため、多くの企業がこぞってYouTubeでのマーケティングに取り組んでいるわけです。

YouTubeを活用したマーケティングの方法

YouTubeを活用したマーケティングの方法は一つだけではありません。

・動画コンテンツでの情報発信
・動画広告の出稿
・YouTuberの活用
・他メディアとの連携

など、さまざまな方法があります。

YouTubeをマーケティングに活用する場合、これらの方法のうち、自社と相性の良さそうな方法で重点的に取り組むのもアリですし、それぞれの方法をバランス良く取り入れて活用することもできます。
YouTubeを活用したマーケティングの4つの方法について詳しく解説していきます。

ターゲットユーザーが興味を持ちそうな情報や役に立ちそうな情報を発信する

YouTubeで多くのユーザーやファンを獲得している企業が取り組んでいるのが、動画での情報発信です。
自社の製品やサービスを購入してくれたり利用してくれたりするであろうターゲットユーザーが興味を持ちそうな情報や役に立ちそうな情報を動画で発信し、視聴者やチャンネル登録者、ファンを獲得していきます。

Webメディアでのコンテンツマーケティングを、動画を使ってYouTube上でおこなうイメージです。
「ユーザーのためになる質の高いコンテンツを発信する」という前提条件はつきますが、YouTubeはユーザー数が多いので、質の高いコンテンツを発信することで数万人〜数十万人のユーザーやファンの獲得につながるケースも珍しくありません。

動画広告を出稿する

動画を活用したコンテンツマーケティングは、多くのユーザーやファンを獲得できる可能性がある一方で成果を実感できるようになるまでに時間がかかるというデメリットがあります。
これはコンテンツマーケティング全般に言えることですが、YouTubeでのコンテンツマーケティングにもその特徴が当てはまるわけです。

実際、「動画をアップし始めて数十本目でやっと効果が出始めた」というケースも少なくありません。
そのコンテンツマーケティングならではのデメリットを払拭してくれるのが、動画広告です。
YouTubeは広告の出稿も可能で、さまざまな形態の動画広告でユーザーにアプローチすることができます。

広告なので出稿する際は費用が発生しますが、比較的リーズナブルで費用帯効果も高いため、認知度を高めたい初期の段階では動画広告を積極的に活用するのもおすすめです。
初期の段階では動画広告を積極的に活用して自社のチャンネルにユーザーを誘導させ、認知度が高まってきたら徐々に広告を抑制するという方法でマーケティングを進めれば、効率的にユーザーやファンを獲得することができます。

人気のYouTubereに商品やサービスを紹介してもらう

YouTubeに動画をアップして多くのファンを獲得しているインフルエンサーのことを「YouTuber(ユーチューバー)」と言いますが、YouTubeマーケティングには、そのYouTuberに商品やサービスの紹介をお願いするというマーケティング方法もあります。
人気のYouTuberの中には数十万人〜数百万人規模でファンがいるYouTuberもいるので、そういった有名YouTuberにプロモーションを依頼することで、数十万人〜数百万人へのアプローチが可能になるわけです。

チャンネル登録者やファンが多ければいいというわけではなく、そのYouTuberのファン層が商品やサービスのターゲット層とマッチしているかどうかが重要になるため依頼するYouTuberを慎重に検討する必要がありますが、高い費用対効果を発揮してくれる可能性のあるマーケティング方法の一つです。

YouTubeとその他のメディアを連携させ、ユーザーを循環させる

YouTubeマーケティングはYouTubeでのみ展開できるマーケティング方法だと勘違いされてしまいがちですが、他のメディアと連携させることも可能です。
YouTubeにアップした動画にアクセスしてくれたユーザーをWebサイトやECサイトに誘導して成約につなげることもできますし、TwitterやInstagramなど他のSNSに流してそれらのSNSのフォローを促すという形で活用することもできます。

つまり、YouTubeをユーザーとの接点や入り口として活用するわけです。
YouTubeにアップした動画にアクセスしてきてくれたユーザーを自社が保有する複数のメディアで循環させることで、一回のアクセスの効果を最大化できるようになります。

YouTubeマーケティングのメリットと注意点

今最も注目されているマーケティング手法であるYouTubeマーケティングは非常に魅力的ですが、メリットもあればデメリットとなる注意点もあるため注意しなくてはいけません。
YouTubeマーケティングをスタートさせる前に把握しておきたいメリットと注意点について解説していきます。

YouTubeマーケティングのメリット

企業がYouTubeをマーケティングに活用する主なメリットとしては、

・映像で訴求できる
・ユーザー数が多い
・海外のユーザーにもアプローチできる
・ユーザーと交流できる
・ユーザーの反応がデータとして見られる
・機能が豊富
・他の媒体でコンテンツを活用・流用しやすい
・資産になる

の、8点があげられます。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。
 

映像で訴求できる

YouTubeマーケティングの最大のメリットとしては、映像でユーザーに訴求できる点があげられます。
映像はテキストや画像での訴求より何倍も訴求力が高く、ユーザーの購買意欲を強く刺激し、興味関心を引いてくれます。
難しいことをわかりやすく伝えられるという特徴もあるので、よりユーザーに訴求しやすく、成約や売上につながりやすくなっています。
 

ユーザー数が多い

先述したとおり、YouTubeは国内でのユーザー数が6,000万人以上にものぼる巨大プラットフォームです。
数千万人のユーザーに向けて無料で製品やサービスを訴求する方法はそうないため、ビジネスにおいても積極的に活用したいプラットフォームだと言えます。
 

海外のユーザーもアプローチできる

国内の企業の中には海外のユーザーをターゲットにしている企業や「これから海外のユーザーにも積極的にアプローチしていきたい」と考えている企業もあるかと思いますが、YouTubeは海外のユーザーも多く利用しているので、YouTubeマーケティングはそういった企業にとってもうってつけのマーケティング方法だと言えます。
英語など対象となる地域の言語でナレーションやテロップを入れるなどの対応は必要になりますが、そういった対応が可能なのであれば、数億〜数十億人のユーザーに訴求可能です。
 

ユーザーと交流できる

YouTubeには、コメント欄やコミュニティなど、チャンネルの運営者とユーザーが交流するための場所が複数用意されています。
ユーザーと積極的に交流することでリピーターやファンの獲得につなげられるようになるので、ユーザーとコミュニケーションを図ることができる場所が充実しているという点は非常に魅力的です。
 

ユーザーの反応がデータとして見られる

YouTubeでアカウントを開設して動画をアップするようになると、動画に対するユーザーの反応がデータでチェックできるようになります。
「データの活用」と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、YouTubeのアナリティクスツールは直感的に操作・確認できる優れものなので、それぞれの動画に対するユーザーの反応が良いか悪いかなどマーケティングに必要な情報を簡単にチェックできるようになっています。
 

機能が豊富

YouTubeは動画配信プラットフォームとしてパイオニア的な存在ということもあって、機能が非常に充実しています。
先ほど紹介したアナリティクスツールはもちろん、管理画面も使いやすく、動画の公開範囲を限定したり公開方法を設定することもできます。
また、ライブ配信やメンバー機能なども用意されているので、さまざまなやり方でマーケティングを展開することが可能です。
 

他の媒体でコンテンツを活用・流用しやすい

YouTubeに投稿した動画は、リサイズしたりちょっと編集し直すだけで、InstagramやTikTokなど他のプラットフォームに簡単に流用できてしまいます。
また、コーポレートサイトやオウンドメディアに動画を埋め込んでコンテンツを充実させることも可能です。

Webサイトやメディアへの埋め込みは数年前から活発におこなわれていますし、InstagramやTikTokなど他のプラットフォームへの流用は近年ブームになりつつあります。
コンテンツを流用できれば効率的にさまざまな媒体でマーケティングを展開することができるようになり、マーケティングの効果を何倍にも高められるようになります。

YouTubeマーケティングの注意点

メリットの多いYouTubeマーケティングですが、デメリットや注意点もあるため注意しなくてはいけません。
メリットよりもデメリットの方が大きいと感じるのであれば、YouTubeの活用を今一度検討し直す必要があります。
YouTubeマーケティングに取り組む上での注意点としては、

・動画制作の基礎知識が必要
・外注する場合は外注費がかかる
・成果が出るまでに時間がかかる
・分析と改善が必要
・アカウントが凍結されたり削除されたりすることがある

の、5点があげられます。

それぞれ詳しく解説していきます。
 

動画制作の基礎知識が必要

YouTubeをマーケティングに活用する場合、動画を制作しなくてはいけませんが、動画制作には、

・撮影
・企画
・撮影
・編集
・データの分析や改善

など、さまざまな知識が求められます。

また、YouTubeに動画を投稿したり、ときには投稿した動画を削除するなどの対応を求められることもあるので、YouTubeの操作方法も習得しなくてはいけません。
自社で動画を内製する場合、これらの基本的な知識を習得するだけで時間がかかるため、基礎知識の習得に時間がかかることを考慮した上でのスケジュール設定が必要になります。
 

外注する場合は外注費がかかる

YouTubeマーケティングに活用する動画の制作は、外部の業者やフリーで活動しているクリエイターに外注することもできます。
その場合、動画制作に関する基礎知識をこちらで習得する必要がないのでその分の時間を短縮することはできますが、外注費が発生するため注意する必要があります。

動画の制作にかかる費用はどこから対応してもらうかによって異なりますし、制作してもらう動画の内容によっても異なりますが、安くても数万円、高い場合だと数十万円〜数百万円ほどになってしまうケースも少なくありません。
そのため、動画の制作を外注する場合はしっかりと予算を確保しておく必要があります。
 

成果が出るまでに時間がかかる

YouTubeマーケティングにおける代表的な手法としては動画を活用したコンテンツマーケティングがあげられると紹介してきましたが、コンテンツマーケティングは効果を実感できるようになるまでに時間がかかります。
YouTubeでのコンテンツマーケティングはコンテンツが供給過多になりつつあるWebメディアでのコンテンツマーケティングに比べると成果が出るまでの時間が短い傾向にありますが、それでも数ヶ月はかかると考えておかなくてはいけません。

ビジネスのジャンルや取り組むペースによっては半年以上かかってしまうケースも珍しくありません。
効果を実感できるようになるまでの時間を短縮したい場合は、動画広告を活用、あるいは併用するなどの対応が必要です。
 

分析と改善が必要

YouTubeに動画をアップするとその動画に関する様々なデータがとれるようになります。 
YouTubeマーケティングで成果を上げるためには、このデータの分析と、その分析結果を元にした改善策の立案・実施が必要不可欠です。
データの分析を行わず、ただ動画アップし続けてるだけでは思うような成果はあげられません。

定期的にデータを分析して改善しながらYouTubeマーケティングに取り組むことで初めて成果を上げられるようになりますし、効果を最大化できるようになります。
YouTubeには、 YouTube Analyticsという無料で利用できる高機能な分析ツールが用意されているので、その YouTube Analyticsを活用しながらYouTubeマーケティングに取り組むようにしましょう。
 

アカウントが凍結されたり削除されたりすることがある

 YouTubeマーケティングを始める場合、 YouTubeにアカウントを作成する必要があります。
ただ、このアカウントは急に凍結されたり削除されたりする可能性があるため、 YouTubeマーケティングに取り組むつもりなのであればそのリスクを理解した上で取り組むようにしなくてはいけません。

基本的には規約に違反するようなことをしなければアカウントが削除されることはないとされていますが、規約に違反しているわけではないにも関わらずアカウントが凍結されたり削除されたりするケースも多いようです。
その場合、異議申し立てをおこなうことで凍結を解除してもらえるケースもあるようですが、解除されるのに時間がかかる場合も少なくありませんし、一度削除されてしまったアカウントについてはを元に戻すことができません。

プラットフォームをマーケティングに活用する場合、常にこういったリスクにさらされることになるので、一つのプラットフォームに依存しない体制の構築が必要になります。

YouTubeマーケティングを行っている企業の成功事例

YouTubeマーケティングに取り組む上で積極的にチェックしたいのが、YouTubeをマーケティングに活用し、成果を出している企業の成功事例です。
ここでは、特に参考になりそうな事例を5つピックアップし、優れている点や参考にしてほしいポイントなどについて紹介していきます。

北欧、暮らしの道具店

https://www.youtube.com/user/infohokuohkurashi

WebサイトやSNSをWebメディアとして活用し、大成功している事例として取り扱われることが多い「北欧、暮らしの道具店」。
そんな「北欧、暮らしの道具店」は、YouTubeも積極的に活用しており、多くのユーザーの獲得に成功しています。
2022年の10月時点でチャンネルの登録者は50万人を超えており、投稿された動画は数日で数万回〜数十万回再生されるほど人気です。

やっていることはシンプルで、商品を紹介した動画からその商品の購入ページへユーザーを誘導するという定番の方法ですが、とにかくファンが多く、投稿した動画に対する反応もいいので、多くのユーザーの送客に成功していると予想されます。

Resta

https://www.youtube.com/user/restachannel/featured

神戸で壁紙やフロアクッションなどのDIY関連アイテムを販売しているDIYショップ、「Resta(リスタ)」。
Restaの公式YouTubeチャンネルの登録者数は約9万人で「北欧、暮らしの道具店」に比べると少ないように感じられますが、アップされている動画の中には500万回以上再生されているものもあるなど、多くの視聴者の獲得に成功しています。

DIYはYouTubeのジャンルの中でも特に人気の高いジャンルで、DIY自体の人気が高まっていることもあり、動画の視聴回数はぐんぐん伸びています。
DIYの具体的なやり方を動画で解説し、その動画で実際に使用した製品の購入ページへのリンクを概要欄に掲載することで製品の購入やECサイトへの誘導につなげていますが、「動画に登場する製品を用いれば同じような仕上がりになる」とユーザーに受け取ってもらえるため、非常に購入につながりやすいのが特徴です。
動画でのコンテンツマーケティングのお手本のような事例だと言えます。

タカラトミー

https://www.youtube.com/c/takaratomychannel

日本を代表する玩具メーカーであるタカラトミーも、YouTubeマーケティングで大成功をおさめている事例の一つです。
タカラトミーは公式のYouTubeチャンネルにテレビCMで流している商品紹介動画のロングバーションの動画をアップしています。

YouTubeは子どもにも人気で子ども向けの動画も多数アップされていますが、そういった小さなお子さまのいる親御さんが動画を視聴させたりチャンネル登録しているものと想定されます。
2022年の10月時点でのチャンネル登録者数は144万人で、数千万回再生されている動画もあるほどです。
ほぼ毎日何かしらの動画がアップされており、毎週金曜日には親子で遊べる動画もアップされるなど、精力的にYouTubeマーケティングに取り組んでいる代表的な事例です。

eイヤホン

https://www.youtube.com/c/eearphone_channel

イヤホンとヘッドホンに特化した専門店、「eイヤホン」。
ライトユーザー向けの製品からマニア向けの製品まで豊富に用意されているeイヤホンですが、eイヤホンもYouTubeマーケティングに精力的に取り組んでいる企業の一つです。
チャンネル登録者数は11万人を超えており、特定の製品に特化している専門店のチャンネルとしては驚異的な登録者数だと言えます。

動画の内容は製品のレビュー動画が主ですが、

・初心者におすすめのワイヤレスイヤホン
・5,000円以下で購入できるワイヤレスイヤホン
・イヤーピースの選び方

など、ユーザーのためになる動画も多数アップされています。

NBA Rakuten

https://www.youtube.com/c/NBARakuten/featured

最高峰のバスケットボールリーグである「NBA」。
日本でのNBAの放映権は楽天が保有していますが、その楽天がYouTubeに開設しているNBAの専門チャンネルが「NBA Rakuten」です。
NBA Rakutenでは、その日の全試合のダイジェストやその日の試合で活躍した特定の選手のダイジェストなどを毎日複数本アップし、ユーザーやファンの獲得に活用しています。

NBAはコンテンツ自体が強いという側面もありますが、アップされた動画は1日で数万回再生されるほど人気が高く、マイケル・ジョーダンなど人気選手のドキュメンタリーは数百万回再生されているほどです。
YouTubeでNBAの動画をチェックしているユーザーの中にはNBA Rakutenのサービスに加入しようかどうか迷っているユーザーも大勢いると想定されますが、そういったユーザーの興味関心をひく動画をアップすることで加入者の獲得につなげています。

YouTubeマーケティングを成功させるコツ

YouTubeマーケティングを成功させるためのコツとしては、

・成功している企業の事例を参考にする
・ユーザーと積極的にコミュニケーションを図る
・PDCAサイクルをまわす

の、3点があげられます。

まず重要なのが、成功している企業の事例を参考にすることです。
YouTubeマーケティングで成功していると思われる企業のチャンネルや動画を徹底的にリサーチし、マネできる要素はどんどんマネしましょう。

また、YouTubeはSNSに分類されるプラットフォームですが、SNSを伸ばすには他者との積極的な交流が必要不可欠です。
動画にコメントがついたら必ず返信するようにし、コミュニティの機能なども積極的に活用するようにしましょう。
そうすることでリピーターやファンが増え、より多くのユーザーに拡散されるようになります。

ただ動画を投稿し続けるだけでなく、分析と分析結果を元に改善策を考えることも大切です。
YouTubeでは、動画に対するユーザーの声がデータとして蓄積されていくので、そのデータを活用しない手はありません。

・企画
・動画を投稿
・データ分析
・改善策の立案

のサイクルを回し、常に改善し続けながら取り組みを続けるようにしてください。

YouTubeマーケティングに向いている企業は?

YouTubeマーケティングが向いている企業としては、

・BtoCの製品・サービスを取り扱っている
・映像で訴求しやすい製品やサービスを取り扱っている

といった企業の方が向いている傾向にあります。

一般の消費者をターゲットにしているBtoCの製品やサービスはYouTubeを利用しているユーザーの中にターゲットとなるユーザーが大勢いる可能性が高く、動画での訴求が刺さりやすいというメリットがあります。
BtoBの製品やサービスの場合、どうしてもユーザー層が限定されてしまうので、BtoCの商材ほど適していません。
また、BtoBの製品やサービスは専門的なものが多く、どうしても動画が長くなってしまったり複雑になってしまう傾向にあるため、その点でもYouTubeマーケティング向きではないと言えます。

ただ、最近はアニメーションを使って複雑な情報を短時間でわかりやすく伝えるなど動画の作り方や活用方法も進化しているので、アイデア次第でどういった企業でもYouTubeマーケティングを効果的に活用できる可能性はあります。

YouTubeマーケティングを学ぶ方法

「マーケティングにYouTubeを活用したいと考えているものの、何から始めればいいかわからない」という方も多いかと思います。
そこで、YouTubeマーケティングを学ぶための具体的な方法を3つピックアップしてみました。
それぞれの学習方法について詳しく解説していきます。

本で学ぶ

YouTubeは動画を活用したマーケティング手法として定番の方法で、近年さまざまな企業がマーケティングに取り入れていることもあり、数多くの出版社がYouTubeマーケティングに関連する本を出版しています。
実際、Amazonの本のカテゴリーで「YouTube」と検索すると20,000件以上ヒットするほどです。
本は体系的に学ぶ方法として最適で、企画の立て方から撮影の仕方、分析から改善の仕方までトータルで解説している本も多いので、「何から始めていいかわからない…」という方におすすめです。

YouTubeにアップされている動画で学ぶ

YouTubeにはさまざまな動画がアップされていますが、その中にはYouTubeマーケティングに関するものも多数アップされています。
また、マーケティングに関するものだけでなく、具体的な動画の撮影方法や制作方法、用意する機材など、動画を制作する上で押さえておきたい情報に関する動画も多数アップされています。

YouTubeは本のように綺麗にまとめられているわけではありませんし、質の高い動画もあれば低品質な動画もあるため情報のリサーチ力が必要不可欠です。
ただ、無料で学べるというメリットもあるので、まずはYouTubeにアップされている動画をチェックしてみるのもおすすめです。

YouTubeマーケティングに強い会社にサポートしてもらう

本やYouTubeにアップされている動画で学ぶ方法などの学習方法には、

・無料で学べるケースも多く、お金がかかる場合であっても比較的安く抑えられる
・自分のペースで学べる

などのメリットがありますが、効率的ではないという側面もあります。

YouTubeマーケティングへの取り組みを最短で進めていきたいのであれば、YouTubeマーケティングに強い会社にサポートしてもらうのがおすすめです。
YouTube関連のサービスを提供している企業の中には、YouTubeマーケティング全般をサポートしてくれる会社や動画制作をサポートしている会社、動画制作を簡単かつ効率的に進められるサービスを提供している会社など、さまざまな会社があります。

そういった会社のサポートを活用すれば、YouTubeマーケティングに取り組むのが初めての方でも手を止めることなく最短距離で進められるようになるので、できるだけ早く成果につなげたいと考えている方におすすめです。

まとめ

YouTubeを活用した今最も注目されているマーケティング方法であるYouTubeマーケティングについて詳しく紹介してきました。
YouTubeマーケティングは、今後企業にとって欠かせないマーケティング方法になるであろうマーケティング手法です。

マーケティングにYouTubeを活用していない企業も少なくありませんが、今後は、コーポレートサイトなどのWebサイトにように「YouTubeで公式チャンネルを開設するのが当たり前」という時代になっていくはずです。
そのときになってあわてないためにも、この記事で紹介してきた内容を参考にしながらYouTubeマーケティングへの取り組みをスタートさせてみてはいかがでしょうか?

取り組みをサポートしてくれる企業や動画制作を効率化するツールを提供している企業など便利な企業やサービスも多いので、それらの活用もぜひ前向きに検討してみてください。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」