動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
YouTubeのショート動画とは?メリット・デメリットから活用方法まで

YouTubeのショート動画とは?メリット・デメリットから活用方法まで

2021年の7月から日本でも投稿できるようになったYouTubeショート。早速さまざまなクリエイターがショート動画を制作し、投稿しています。
また、マーケティング方法の一環としてYouTubeショートを活用する企業も増えてきています。実際、マーケティング方法の一つとしてYouTubeショートを活用したいと考えている企業の経営者や担当者も多いのではないでしょうか?

​​​​​​​今回は、マーケティング方法の一つとしても注目を集めているYouTubeショートについて、制作方法や成功事例などを交えながら詳しく紹介していきます。

YouTubeのショート動画とは?

YouTubeショートは、2021年の7月27日から日本でも利用できるようになったYouTubeの機能の一つです。動画のフォーマットがこれまでのものとは異なり、投稿できる動画の長さは最大でも60秒までとなっています。
また、これまでの動画が横長の画面での視聴を前提としていたのに対し、YouTubeショートはスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を縦にした状態で楽しむ、いわゆる「縦動画」に該当するフォーマットとなっています。

YouTubeは動画コンテンツを牽引してきたパイオニア的なプラットフォームですが、最近はパソコンよりもスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末でインターネットにアクセスするユーザーが増えたこともあり、端末の画面を縦にしたまま楽しめる縦動画に力を入れているInstagramやTikTokなどのサービスに押されている傾向がありました。
その状況を打破する目的で実装されたのが「YouTubeショート」です。

コンテンツの露出のされ方やYouTubeのUIを見てもわかるとおり、YouTubeショートは、今YouTubeが最も力を入れている機能の一つです。

YouTubeのショート動画のメリット

急速にユーザーの間で浸透しつつあるYouTubeのショート動画には、

・露出されやすい
・ライバルが少ない
・ユーザーが視聴するときの心理的ハードルが低い
・一般的な動画ほど制作に時間や手間がかからない
・他のプラットフォームに流用しやすい

などのメリットがあります。

これらのメリットに魅力を感じるのであれば、YouTubeショートを積極的に活用するべきです。
それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

露出されやすい

YouTubeショートは、今YouTubeが最も力を入れている機能です。
今はどのプラットフォームも縦長の短い動画に力を入れていますが、YouTubeも例外ではありません。
YouTubeはショート動画の普及や利用者の増加、コンテンツの充実を図るために、ショート動画をより多く露出させるような取り組みをおこなっています。

今ショート動画を投稿すればさまざまなユーザーに露出される可能性が高いので、これから動画の活用に取り組む企業にとっては非常に魅力的なメリットだと言えます。

ライバルが少ない

ショート動画は、2021年の7月に実装されたばかりの機能です。
YouTubeがショート動画の普及に力を入れているとは言え、活用しているクリエイターはそこまで多くありません。企業のみに絞ると、より少なくなります。
活用している企業が少ないという状況はライバルが少ないという状況でもあるため、今のうちからショート動画の活用に力を入れておくことで先行者利益を得られる可能性が高く、大きな成果につながりやすい状況だと言えます。

ユーザーが視聴するときの心理的ハードルが低い

YouTubeは若い世代の利用率が高いプラットフォームですが、若い世代はInstagramやTikTokなどに投稿されている短い動画に触れる機会が多く、長い動画を敬遠する傾向が強いとされています。
動画の時間が長くなればなるほど、若い世代にとっては視聴のハードルが高くなってしまうわけです。

その点、ショート動画は最大でも60秒と短いため、若い世代にとっても視聴のハードルが低く、気軽に視聴できます。
動画の尺が短いとちょっとしたスキマ時間でも視聴してもらえるため、より多くのユーザーに視聴してもらえる可能性が高くなります。

一般的な動画ほど制作に時間や手間がかからない

最近のYouTubeの一般的な動画は、クオリティの高いものが多く、クオリティの低いものや標準的なクオリティのものは埋もれてしまいがちです。
一方、ショート動画の場合、クオリティの高い動画はまだそれほど多くありません。

InstagramやTikTokの影響もあり、むしろクオリティの高くない動画の方が親近感が湧きやすく、好まれやすい傾向にあると言っても過言ではありません。
映像のクオリティにこだわらずに撮影したり編集したりできるようになると、動画の制作にかかる時間や手間を大幅に短縮できるようになるので、制作する側にとっては非常に大きなメリットだと言えます。

他のプラットフォームに流用しやすい

YouTubeショート用に制作した縦動画は、InstagramやTikTokにも簡単に流用できます。
一般的なYouTubeの動画は横長になっているため、InstagramやTikTokにそのまま流用しようとすると映像が見切れてしまったり小さく縮尺されてしまいます。

一方、YouTubeショート用の動画は、InstagramやTikTokと同じく縦長になっているため、ほとんど調整をおこなわずそのまま流用することができるわけです。
動画を一つ制作するだけで3つのプラットフォームで併用でき、異なるユーザーにアプローチできるため、効率的にマーケティングを進められます。

YouTubeのショート動画のデメリット

魅力的なメリットが多くビジネスにおけるマーケティング方法の一つとしても注目を集めているYouTubeのショート動画ですが、デメリットがないわけではありません。
ショート動画の主なデメリットとしては、

・マーケティングに活用するには一般的な動画との併用が必須
・概要欄をチェックしてもらいにくい
・視聴者の年齢層が一般的な動画に比べて低い傾向にある

などがあげられます。

メリットとデメリットを比較してデメリットの方が大きいと感じるようであれば、ショート動画の活用については今一度慎重に検討するべきだと言えるでしょう。
ショート動画ならではのデメリットについて解説していきます。

マーケティングに活用するには一般的な動画との併用が必須

YouTubeショートは実装されてからまだ1年ほどしか経っていません。
そのため、まだまだ発展途上な側面が強く、マーケティングに活用するにはショート動画ではない一般動画との併用が必要不可欠です。
YouTubeショートでユーザーとの接点を作って一般動画に流し、そこからWebサイトやECサイトに飛んでもらうという流れが理想的な流れとなっているため、ショート動画からの誘導先となる一般動画も用意しておくようにしましょう。

概要欄をチェックしてもらいにくい

動画から他の媒体へユーザーを誘導する場合、概要欄に詳細をまとめたりリンクを設置するなどして誘導がするのが定番の方法となっていますが、ショート動画には概要の場所がわかりづらいというデメリットがあります。
実際にショート動画を視聴してもらえるとわかりますが、ショート動画の概要をチェックする場合、タップしてメニューを表示させ、さらにそこから「説明」というメニューをタップしなくてはいけません。

アクセスするための場所がわかりづらく複数回アクションしてもらわなくてはいけないため、一般動画よりも概要欄をチェックしてもらいづらい構造になっています。

視聴者の年齢層が一般的な動画に比べて低い傾向にある

YouTubeの認知度は高齢層の間でも高まり、ユーザーも増えていますが、若年層の割合が多いという傾向は続いています。
今のトレンドと言えるショート動画の場合、視聴者の年齢層はより低くなるため、マーケティングの対象となる製品やサービスによってはYouTubeショートでのマーケティングが適さない場合もあります。

企業の動画チャンネルでYouTubeショートを有効活用

最大でも60秒までの動画しか用いることができないYouTubeショートは、本編のダイジェスト版や予告版として活用するのがおすすめです。
企業における代表的な動画の活用方法としては、

・企業紹介
・店舗紹介
・製品紹介
・サービス紹介
・採用動画

などがあげられますが、これらの動画のダイジェスト版を作ってショート動画として公開し、ショート動画から本編動画へと誘導する形で活用していきます。

この活用方法の場合、ショート動画を見て興味を持ってくれた興味関心の度合いが強いユーザーのみを本編動画へと誘導できるので、動画への反応が良くなる可能性が高く、本編動画から次のアクションにつながる可能性も高くなります。

YouTubeショート動画を作る際のコツ

これから実際にYouTubeショート用の動画を制作したいと考えているのであれば、

・サムネイルにこだわる
・最初の5秒でユーザーの興味関心をひく
・成功している企業の事例を参考にする

の、3点を意識しながら制作に取り組むようにしましょう。

この3点を意識しながら動画の制作に取り組むのと意識せずに動画を制作し始めるのとでは、成果に大きな違いが出ます。
それぞれのコツについて詳しく解説していきます。

サムネイルにこだわる

YouTubeショート用の動画では一般動画と同様にサムネイルを設定することができますが、より多くのユーザーに動画を視聴してもらうためにも動画のサムネイルにはこだわるべきです。
サムネイルによって動画のクリック率が大きく異なることは少なくないため、よりユーザーに興味を持ってもらい、視聴してもらえるサムネイルを用意するようにしましょう。

最初の5秒でユーザーの興味関心をひく

YouTubeショートは、画面をスワイプするだけで簡単に別の動画に切り替えられるようになっています。
これは一般動画よりも動画からの離脱率が高くなるような仕組みで、最初の数秒でユーザーの興味関心をひくことができないとすぐに離脱されてしまいます。

そのため、YouTubeショート用の動画では、最初の5秒で興味関心をひくような構成にしてユーザーの手をとめ、最後までしっかりと視聴してもらえるようにする必要があります。

成功している企業の事例を参考にする

YouTubeショートは実装されたばかりの機能なので、まだそれほどノウハウが出回っていません。
出回っているノウハウもどこまで信憑性が高いかわからないものが多いので、嘘か本当かわからない情報を鵜呑みにして盲信的に取り組むのではなく、実際にうまくいっている企業の事例を参考にしながら仮設を立てて施策をおこなうようにしましょう。

YouTubeのショート動画の作り方・投稿方法

YouTubeのショート動画の作り方と投稿方法にはいくつか方法がありますが、ここでは、最もポピュラーな方法である、スマートフォンのYouTubeアプリでショート動画を作って投稿する方法について紹介していきます。


まず、YouTubeのアプリを立ち上げます。
アプリをインストールしていない場合は、ダウンロードしてください。


アプリの下部にある「+」のマークをタップし、


「ショート動画を作成」をタップします。


カメラへのアクセスを求められるので、「OK」をタップします。


マイクへのアクセスも求められるので、「OK」をタップします。


撮影画面に移行します。
録画のボタンをクリックして映像の撮影をおこないましょう。


撮影した映像は、画面右側に表示されているメニューを使って編集できるようになっています。


画面右下のチェックマークをタップすると、


サウンドやテロップ、ナレーションを追加するための編集画面に移行するので、必要な要素を追加するなどして編集をおこないましょう。


編集が完了したら、画面右上の「次へ」をタップします。


動画の詳細を設定する画面に移行するので、必要な情報を設定し、


「ショート動画をアップロード」をクリックすれば、動画がYouTubeに投稿されます。

YouTubeショート動画の企業活用事例

YouTubeショートで成果を上げるためのポイントの一つとして紹介したとおり、実際にYouTubeショートを活用して成果をあげている企業の事例は積極的に参考にするべきです。
ここでは、特に参考になりそうな企業の活用事例を3つピックアップして紹介していきます。

大京警備保障株式会社

https://www.youtube.com/c/%E5%A4%A7%E4%BA%AC%E8%AD%A6%E5%82%99%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E3%81%A6%E3%82%83/featured

YouTubeショートを活用して伸びた事例の中でも特に有名なのが、東京にある警備会社「大京警備保障株式会社
」の事例です。
大京警備保障株式会社はエンタメ系のショート動画を複数アップしており、そのほとんどが数万回以上再生されています。
数十万〜数百万回されている動画も多く、中には9,000万回近く再生されている動画もあるから驚きです。

チャンネル登録者の数も驚異的で、2022年の10月時点で90万人以上が登録しています。
警備会社がエンタメ系の動画を投稿してもビジネスにつながらないように感じられますが、経営者や従業員の人となりがわかることで「この会社に警備を依頼したい」というユーザーが増え、売上につながる可能性は多いにあります。
また、「こんなおもしろい会社で働いてみたい」と思ってもらえる可能性も高く、採用活動にも大きく貢献していると考えられる秀逸な事例です。

アトム法律事務所

https://www.youtube.com/channel/UCl8E6NsjN979gbMBdztF48g/featured

ユーザーのためになるショート動画を投稿する形でYouTubeショートをマーケティングに上手く活用しているのが、東京の法律事務所「アトム法律事務所」です。
アトム法律事務所は2019年の8月に動画の投稿を始め、2022年の10月時点で120万人がチャンネル登録しています。

通常の動画もいくつか投稿されてはいるもののメインはショート動画で、数百万回再生されているものも少なくありません。
60秒という短い時間でためになる法律の知識を学べるということもあり、年齢や性別を問わず、多くのユーザーに視聴されているようです。

法律事務所などの士業は動画との相性がよく、専門的な内容をわかりやすく解説するコンテンツをショート動画として投稿することで、「この人に依頼したい!」「この事務所にサポートをお願いしたい!」と考えるユーザーが増え、売上に大きく貢献してくれる可能性があります。
士業の方がYouTubeショートの活用を始めるときに参考にしたい事例の一つです。

RoomPa

https://www.youtube.com/c/RoomPa/videos

YouTubeには特に人気の高いジャンルがいくつかありますが、その中の一つが「ルームツアー」や「ハウスツアー」などの不動産系のジャンルです。
その不動産系のジャンルでショート動画をうまく活用して伸びているのが、株式会社Amufiが運営するYouTubeチャンネル「RoomPa」です。

RoomPaは、動画を通して物件の内見ができるショート動画を複数投稿しており、どの動画も数万回再生されています。動画によっては数十万回、あるいは数百万回再生されているものもあるほどです。
どの動画もシンプルな構成でありながら見ていてテンションが上がるような内容になっていて、思わず問い合わせたくなります。
不動産会社やリフォーム会社、住宅メーカーが参考にしたい事例です。

まとめ

今最も注目を集めているマーケティング方法の一つである、YouTubeショートについて紹介してきました。
YouTubeショートは2021年に実装された機能なので、取り入れている企業や有効活用できている企業はまだそれほど多くありません。
一方でYouTubeはショート動画の普及に力を入れており、一般的な動画に比べてより露出されやすくなっているなど、ショート動画の方が優遇されています。

現在ショート動画は需要に供給が追いついていない状態だと言えるため、今はショート動画の活用に取り組む絶好のチャンスだと考えられます。
今回紹介した内容とショート動画の活用に成功している企業の事例を参考にしながら進めていけば成果につながるはずなので、ぜひショート動画の活用に取り組んでみてはいかがでしょうか?

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」