SNS動画広告で知っておきたい基礎知識|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
SNS動画広告で知っておきたい基礎知識

SNS動画広告で知っておきたい基礎知識

近年、SNSを活用した広告の1つとして注目を集めているものが、「SNS動画広告」です。SNS動画広告は従来の広告に比べ、高い訴求力を持ち、ターゲットに効果的にアプローチできると言われています。

SNS動画広告を導入したいものの、どのようなことに気を付けるべきかよく分からないという担当者さんのために、SNS動画広告の基礎をお教えします。

動画広告とは

動画広告とは具体的にどのような広告をさしているのか、簡単に解説をしていきましょう。動画広告と呼ばれるものは、テキストや画像ではなく「動画」で商品やサービスを紹介する広告のことを表します。
例えばYouTube動画を再生する際に、本編の前に再生される企業CMが動画広告に該当し、インストリーム広告と呼ばれています。
媒体によって、短時間で表示されるもの、タイムライン上に掲載されるもの、メインページに表示されるものと広告の特徴が異なります。

市場規模と今後の展望

動画広告の市場規模はどの程度のものなのかを解説していきましょう。株式会社サイバーエージェントがおこなった調査によると、2020年の動画広告の市場規模は2954億円に達するという報告がありました。
今後動画広告の市場規模は徐々に増え、2024年には6000億円の市場規模にまで拡大すると言われています。
動画広告はこれまでのテキストや画像でおこなわれてきた広告に打って変わると予想され、地上波で流れるテレビCM以上に動画広告の効果があると考えられるでしょう。

引用:サイバーエージェント|2020年国内動画広告の市場調査を発表
 

広告の内容

動画広告にはどのような内容があるのか、動画の種類について簡単に解説していきましょう。

商品紹介


動画広告の中で最も多いものが、商品紹介をおこなう広告です。ただ商品の魅力を紹介するのではなく、購入者目線で商品を実際に使用する動画から、物語形式で動画を紹介する内容もあります。 商品紹介動画で気をつけるべきポイントは、誇大表現を避けることです。誇大表現を多用すると、広告として認められない可能性があるため気をつけるようにしましょう。

サイト紹介

YouTubeでよく見られるものが、サイトを紹介する動画広告です。サイトに誘導する目的で広告を設定するため、15秒程度で表示されるインストリーム広告とは相性が良いとは言えません。
動画を掲載する際は、2分程度の時間尺を確保し、URLをクリックしてページに誘導できる設定の動画広告を選びましょう。

企業紹介

企業の認知度を上げるために企業紹介をおこなう動画広告もあります。認知度を上げるための向上を目的としているのであれば、15秒程度で表示されるインストリーム広告がおすすめです。
インストリーム広告は、企業紹介だけでなく、これから新しくリリースするサービスに対しても効果が期待出来ます。

動画広告で気を付けるべき4つのこと

動画広告を制作する際には、以下のポイントに注意を向けながら動画制作をおこないましょう。

ターゲットを明確にする

魅力的な動画広告を制作しても、ターゲット設定を明確にしていなければ、興味のないユーザーに動画を配信してしまい、コストが無駄になってしまう恐れがあります。商品やサービスのメインユーザーが見ない動画を制作しても、結果的に動画を作るコストが無駄になってしまう恐れがあります。
動画広告を有効なものとして活用するために、必ずターゲットを明確に設定して発信をするようにしましょう。

媒体によってアプローチを変える

動画広告で重要なことは、媒体ごとに発信する動画のアプローチを変化させることが大切です。
例えば、YouTubeの動画では時間が特に制限されていないため、認知型、購買型どちらにも応用が可能です。企業の想定している広告を自由に設定可能です。

一方でInstagramでは、ストーリーズと呼ばれる24時間で表示される動画で、漫画動画のような形式よりも、ユーザーが普段見ているような動画の方が印象に残るという特徴があります。

動画コンテンツを変えるだけではありません。媒体ごとに適した時間、適した画面比率で制作をする必要があります。

規約を確認する

動画広告の出稿条件が媒体によって異なります。表現を細かく禁止している媒体もあれば、禁止事項が少ない媒体もあります。動画広告を出稿する前に、必ず規約を確認するように心がけましょう。規約を違反した動画を出稿しても、サイト側に広告を削除されてしまう恐れがあるので注意が必要です。
動画投稿をする前に、規約を確認し動画が問題なく制作されているかを確認するようにしましょう。

結果が出るまでに時間・コストがかかる

動画広告は低コストで制作できる反面、失敗リスクも高く、使用するプラットフォームによっては結果が出るまでに膨大なコストが必要となる恐れがあります。

時間とコストを最小限に抑えて動画広告の成果を上げたいと検討しているのであれば、動画広告のプロにサポートしてもらいながら、訴求力の高い広告動画を作成していきましょう。

媒体ごとの戦略

SNS動画広告では、活用する媒体によって戦略を変えましょう。YouTubeで効果的な動画広告でも、他の媒体では全く成果が得られないケースもあります。媒体ごとにどのような戦略が必要になるのか、媒体ごとの戦略について解説していきましょう。

Twitter

Twitterを利用するユーザーは20代〜40代が多く、ターゲットを20代〜40代に想定しているのであれば、Twitterがおすすめです。最近では長尺の動画を掲載することが可能となり制約もありません。
Twitterアカウントを運用すれば、フォロワーに商品・サービスを継続的に発信できるようになります。

YouTube

YouTubeは、10代、20代のユーザーだけでなく、30代〜40代も多くのユーザーが利用するサービスです。商品購入の高い動機づけになっているとも言われています。
Googleの広告では、設定したターゲットに対してのみ広告を届けられます。商品紹介、サービス紹介、ゲームなど、新商品を狙っているユーザーへ紹介しすることが可能になります。
一方で、動画広告の規約が厳しく制定されているため、誇大表現の強い動画は除外されてしまう恐れがあります。動画掲載をおこなう際には気をつけて掲載を心がけるようにしましょう。

Instagram

化粧品をはじめとした10代、20代の若年層世代をターゲットとした動画広告を検討している方は、Instagramがおすすめです。Instagramの広告は、120秒まで動画広告をタイムライン上に表示可能です。 10代、20代をメインターゲットとしている商品やサービスを検討中の企業は、Instagramでの動画制作を検討しましょう。

TikTok

10代に訴求力の高い動画広告を検討しているのであれば、TikTokがおすすめです。起動時に表示される広告から、チャンネルによって表示される広告など、さまざまなアプローチで動画が掲載されます。動画自体は15秒と制限があるため、専用の動画を作るように心がけましょう。

まとめ

・動画広告にはさまざまな媒体が存在
・ターゲットと目標を明確にすれば高い訴求力が可能
・短時間で視聴者を惹きつける工夫が求められる


SNS動画広告にはさまざまなアプローチが存在し、媒体毎の戦略が必要です。効果的な動画広告を拡散するために、ターゲットを明確にしたうえで効果的な動画広告を作成しましょう。
メディア博士では3つの簡単なSTEPで各SNSのニーズに合わせた高い動画制作が可能です。動画作成でお悩みの方は、支援ツールを活用してみてはいかがでしょうか。
関連するタグ

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら