人と企業をつなぐ人材サービスはターゲットが大事!動画活用のメリットと事例をご紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
人と企業をつなぐ人材サービスはターゲットが大事!動画活用のメリットと事例をご紹介

人と企業をつなぐ人材サービスはターゲットが大事!動画活用のメリットと事例をご紹介

労働者と企業はそれぞれ悩みを抱えており、悩みを解消させられる雰囲気を動画で伝えられると会社の利益アップにつなげられます。ターゲットによって構成も変わってくるため、それぞれに向けた動画を作っておくと良いでしょう。

人材サービスで動画活用のカギはターゲットにある!

人材サービスは人材の派遣・紹介を斡旋する仕事です。
利益を作るには派遣・紹介する労働者と、受け入れてくれる企業の存在が必要になります。人材サービスで動画活用したいと考えた際には、労働者と企業それぞれに向けた動画を作成するのがカギといえるでしょう。

労働者と企業それぞれをターゲットにした場合、どのような動画を作成すれば良いのでしょうか。
こちらではそれぞれをターゲットにした場合のメリットや事例をご紹介いたします。

労働者をターゲットにする場合のメリットと事例

テレビCMや動画広告で動画を流して労働者確保を狙える

人材サービスの仕事で利益を得るには企業とのつながりを増やすだけでなく、会社に登録する労働者も必要です。
効率的に労働者を募集するには、テレビやSNSなどの動画広告を利用すると良いでしょう。
参考事例として朝日人材サービスがアップロードしたCM。
労働者が抱く仕事の希望を複数挙げ、それぞれは叶うと伝える動画内容です。様々な企業とつながりがある人材サービス会社では、多種多様な仕事を紹介できます。労働者が仕事を探す際に大事にしているであろう要素を先に挙げておき、登録者を確保したい意図が感じられます。

労働者の背中を押して登録を勧められる

仕事を探す労働者は就職活動の悩みを抱えています。
今の自分にできる仕事はあるのだろうか、別の業界にチャレンジしてみたいけど転職に失敗したくない。
就職は人生に影響するイベントなので、誤った選択をしたくないと考えるのがほとんどでしょう。慎重になりすぎて踏み出せない一歩を、踏み出す手伝いができるのも動画を活用するメリットの1つです。
参考事例として株式会社極東ブレインのFEB転職ナビ紹介動画。
FEB転職ナビで技術職を希望する人は3ヶ月の研修制度、アフターサポートの存在を伝えます。技術職未経験でもサポートがあるため、転職に悩んでいる人の背中を押すような構成です。転職後でも面倒を見てくれるとなれば、労働者は転職に対してポジティブな印象を抱けるでしょう。

ストーリー性のある動画で労働者の登録を狙える

労働者は常に何かしらの悩みを抱えています。
動画上で労働者の悩みを一緒に解消するお手伝いができるように見せると、人材サービス会社への登録の不安を減らせるでしょう。最終的には来社や相談をしていただき、労働者登録をしてもらう流れにつなげられる可能性があります。
参考事例としてパーソルテンプスタッフ株式会社がアップロードしたWeb限定動画。
乙女ゲームを題材に作られた動画で、最終的にはテンプスタッフの検索を促される内容です。実際にゲームをプレイする感覚で視聴者を動画の世界観に引き込み、検索に促そうとする意図があると考えられます。

実際に就業している労働者の声で不安を解消させられる

人材サービス会社は労働者と企業の相性を見極め、つながりを持たせるのが仕事。
労働者と企業だけでなく、人材サービス会社との相性も大切です。実際に登録してみないと分からない人材サービス会社との相性に、不安を抱く労働者は少なからず存在するでしょう。不安を解消するために、実際に就業している労働者のインタビューを動画にするのも1つの手です。

参考事例として株式会社オンリー・ワンの代表取締役と派遣スタッフ・転職成功者の声を入れた動画。
会社から派遣先に就業した労働者の声を取り入れ、良い人材サービスであると伝えています。労働者の面倒見の良さ、代表取締役の考えを見せることで登録を検討している人を信用させる意図があると考えられます。
 

企業をターゲットにする場合のメリットと事例

営業の手間を省ける

人材サービスで利益を上げるには、労働者を受け入れる企業が必要です。
つながりのある企業を増やすために、人材サービス会社の社員は自らの足で営業しているところもあるのではないでしょうか。しかし、人材サービス会社からの営業は必要な場面を除いて敬遠されがちです。

動画であれば配信サイトや公式HPにアップロードしておくと、営業の手間を省いたり敬遠されたりする恐れを回避できます。
 


参考事例としてパーソルテンプスタッフ株式会社がアップロードしたCM。
最初にターゲットを伝え、該当する人や企業に興味を抱かせます。興味を抱かせた上で対応可能な範囲や自社でのメリットを伝え、最後は企業に任せる構成です。投稿が2021年2月頃でリモートワークに対応できる旨を伝える様子から、世間の状況を考えたCMといえるでしょう。

企業への提案が簡単にできる

企業に営業するためのツールとして動画を使うメリットには、気軽に提案できる点にあります。
YouTubeなどの配信サイトにアップロードしておくと企業への提案が簡単にできます。経営者の目に偶然映り、会社に相談の連絡がくる可能性もありえる話です。

参考事例として株式会社マイナビがアップロードした採用担当者向けのCM。
最初にマイナビの意志を伝え、採用担当者に向けてプレゼンを行います。精度の高いマッチングを成功させるために用意しているサービスを全て公開し、運営するサイトの利用を促しています。「採用活動はお任せください」と意志を感じさせる動画構成です。

提供する人材サービスのメリットを伝えやすい

企業に人材サービスの営業をかける際に、口頭や紙の資料よりも動画を活用すると良いでしょう。
動画は音声以外に画像やアニメーション、音楽を組み合わせて伝えた情報を印象強く残せます。配信サイトや公式HPにアップロードしておけばいつでも視聴できるので、口頭や紙の資料よりもメリットを伝えやすいでしょう。

参考事例としてランサーズ株式会社がアップロードしたクラウドソーシングサービスの紹介動画。
新しい外注のカタチをテーマにし、最初は問題提起から始まります。問題提起からランサーズのサービスを紹介し、メリットを短時間で伝える構成です。これまでの外注と異なり、Web上に存在する個人にいつでも依頼できるメリットを強く印象づけています。

人材サービスが必要な場面をイメージさせやすい

企業が人材サービスを使いたくなる場面は、急に人手が欲しいタイミングがほとんどでしょう。
動画にストーリーを持たせ、必要な場面をイメージさせると人材サービス会社に連絡してくれる可能性があります。

参考事例としてマイナビニュースがアップロードしたクラウドワークスのCM。
仕事を任された、または作業が大量に残っている状況を最初に見せておき、人材サービスが必要な場面をイメージ。問題を解消するためにクラウドワークスのサービスを使おうと伝える構成です。仕事の量に困っている人、猫の手を借りたいと考える人に使って欲しい意図があって作られた動画だと考えられます。

まとめ

労働者と企業それぞれをターゲットにした場合のメリットと事例をご紹介しました。
労働者と企業はそれぞれ悩みを抱えており、悩みを解消させられる雰囲気を動画で伝えられると会社の利益アップにつなげられるでしょう。しかし、ターゲットによって構成も変わってくるため、それぞれに向けた動画を作っておくと良いです。

メディア博士には専属コンサルタントがおり、動画活用や情報発信方法を伝えています。改善提案も行っておりますので、ぜひご相談ください。

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら