電車利用者へ効果的な宣伝をする電車内動画広告とは?|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
電車利用者へ効果的な宣伝をする電車内動画広告とは?

電車利用者へ効果的な宣伝をする電車内動画広告とは?

通勤通学や移動のために鉄道を利用するとふと目に入るいつもの動画広告があるのではないでしょうか?電車の天井から吊り下げられている広告など車内広告の種類は多くあるものの、電車内の広告動画に関心が高まっています。そのわけとして数多くの策略が含まれている点や広告の将来性を担っているなどの理由があります。そこで今回は電車内で見る広告動画について深堀していきたいと思います。

電車は広告役割を担っている?

多くの人が通勤通学などに利用する交通手段は近年自動車よりも鉄道を選択するように変化してきています。省エネの観点からの高評価や他の交通手段と違った利便性などを理由に鉄道利用が増加しており、鉄道は欠かせない交通手段として言えます。しかし鉄道は移動手段だけではなく、動く広告塔としての役割も担っています。その歴史は古く明治11年に乗り物酔い止め薬の広告が車内に貼られたことを機に車内広告が広まりました。車内広告は時代と共に変化し、電車の車外のコーテイングや車内の広告掲載など数豊富にあります。さらに今では当然となったモニターを駆使した動画広告も広く普及しています。電車広告と呼ばれるワードもあるほど電車は運送と広告の二つの役割を担っています。

電車内の広告タイプは動画の宣伝効果が強くなりつつある

電車内の広告にはいくつか種類があり、電車の改装に伴い見られない広告パターンもありますが、大きく分けて3種類

・ポスタータイプ
・デジタルサイネージ
・ステッカータイプ

に分類できます。中でもデジタルサイネージの広告力が一番広告の宣伝力が強いとされており、車内に掲載する広告の中で一番掲載料が高く設定されやすくあります。そのため人気のデジタルサイネージは競争相手も多くなりがちです。デジタルサイネージの次にステッカータイプが宣伝力が高いとされていますが、因果関係を具体的に証明することが難しいため断言はできません。

ポスタータイプ

ポスタータイプとは、電車の扉横や窓上、天井から吊り下げているようなポスターの広告を指します。基本的にサイズが決まっており、B3サイズが一般的としており、中吊りのみB3サイズを繋げてワイドサイズにすることもできます。

デジタルサイネージ

デジタルサイネージとはドア付近や車内中ほどにあるモニターに映る動画広告を指します。デジタルサイネージの場合映像時間が15,30秒などと広告の時間が決められています。

ステッカータイプ

ドアやドア付近の窓に貼られるステッカータイプの広告を指します。広告の中で一番目に入りやすいため車内では宣伝効果が比較的高いとされているタイプになります。

電車内の広告が持つ魅力とは?

様々な電車内広告がある中でなぜ動画広告であるデジタルサイネージが広告力が強いのでしょうか?電車の広告の魅力とともに紹介します。近年首都圏を中心に鉄道の利用数が増加しており、JR東日本内で最多乗車人数を記録した新宿駅では77万人が利用するなど多くの人が電車の広告を見ています。さらに路線ごとにその地域にフォーカスを絞った広告を掲載できる点や日々の通勤といったルーティンの一部に広告を印象付けることができるなどネット以上に自然な形で宣伝をできる魅力を持ちます。

・鉄道利用の顧客が全員広告を見る
・路線によって地域密着型の広告を掲載できる
・宣伝の嫌味を感じさせにくい

電車内動画広告の宣伝効果が強いわけ

中でも電車内動画広告のデジタルサイネージが強いわけはなぜでしょうか?心理学的な要素がかかわっているといわれています。
乗客は鉄道利用時にもスマホを見る事が多く、車内広告をそれほど見ません。しかし車内のモニターにて停車駅の名前や所要時間が映されるため、ふとした瞬間に乗客はモニターを見ます。その際意図せずに動画広告を目にするものの、この動作を鉄道利用時に何度も繰り返すことで、その動画広告に親近感が沸き、好印象を抱き始めます。これは心理学で単純接触効果として説明されており、ある刺激に触れれば触れるほどその刺激に対して好印象を抱く効果の事を意味します。そのため他の車内広告よりデジタルサイネージの方が広告宣伝が強くなっています。

デジタルサイネージの内容は?

デジタルサイネージが車内広告にて一番強い宣伝効果があると判明しましたが、ではデジタルサイネージの内容はどういったものなのでしょうか?紐解くことで宣伝効果の秘訣に迫ることができます。
東京メトロの車内広告ではイメージキャラクターに石原さとみさんを起用し、停車駅ごとの魅力を伝える動画を配信しています。「後楽園」をテーマにした動画ではこんにゃくをお供えする寺や日本茶専門店でお茶を堪能するなど街の魅力体験が動画内容になっています。
引用記事:https://findmy.tokyo/challenge/290
このようにデジタルサイネージでは「地域の魅力再発見」といったどこか懐かしさを感じさせる内容や癒しを与える内容を中心に配信されています。その他には毎日美容ルーティンなど「親近感」を内容の主軸にしています。

デジタルサイネージが次世代の広告動画を示す?

デジタルサイネージの動画では親近感が大切にされており、その配慮は乗客が毎日見ても不快な気持ちにならない大きな要因だと言えます。こういった工夫は今後の動画広告で必要不可欠になってくるといわれています。現在インターネット上では数多くの広告が流れていますが、広告によるストレスが問題視されています。
消しても流れてくる広告や、関心がない内容の広告などが永遠と繰り返されるなど、広告をoffにする人も少なくありません。そのため将来的にストレスがない広告が求められるようになり、その見本としてデジタルサイネージの「親近感高い動画」が上げられることでしょう。

さらに鉄道の車内広告のように、視聴する客層や時間帯などに配慮した広告は強い宣伝効果を得られます。
例えばコロナの終息が見えた2021年春に公開されたJR東日本のCMではコロナで変わってしまった通勤スタイルに触れ、新しい通勤を応援するポイントサービスの提供をうたっています。
このように広告が流れる社会背景などにも考慮することで広告要素を感じさせず、ストレスフリーな広告になるのでデジタルサイネージは次世代の広告動画とも称されます。

車内広告をしたいときは?

車内広告を希望の際は希望鉄道会社の広告、企画担当に問い合わせる事をお勧めします。料金形態や広告掲載に違いがあるため、掲載前には事前の比較調査などをすることで広告効果を最大にあげることができます。
問い合わせ先一例
・株式会社ジェイアール東日本企画:https://www.jeki.co.jp/contact/
・株式会社JR西日本コミュニケーションズ:https://www.jcomm.co.jp/contact/
・東京メトロアドエージェンシー:https://www.metro-ad.co.jp

まとめ

今回は電車内の動画広告について紹介してきました。普段何気なく見ている広告にも多くの人が携わり、様々な戦略や配慮などが含まれており、最終的に私たちに届いています。そのようなことを意識しながら車内広告動画を見てみるとまた新たな発見があるかもしれません。毎日同じ繰り返しの日々に退屈を感じている際は、鉄道利用時にデジタルサイネージを意識してみてみてはいかがでしょうか?

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら