社会保険労務士を使った動画活用はどんな方法があるの?動画を作るポイントや事例をご紹介|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
社会保険労務士を使った動画活用はどんな方法があるの?動画を作るポイントや事例をご紹介

社会保険労務士を使った動画活用はどんな方法があるの?動画を作るポイントや事例をご紹介

社会保険労務士(社労士)の仕事は、大きく分けて3つあります。

・書類作成
・提出手続き代行
・人事や労務のコンサルティング

書類作成と提出手続き代行は技術の発展により、社会保険労務士がいなくてもAIやソフトで対応できるようになりました。技術の発展で社会保険労務士としての仕事が少なくなった人もいるのではないでしょうか。

新しく顧客を開拓したいと考えている場合は、動画を使って「コンサルティングもできる」旨を伝えられると、人事や労務の悩みを抱いている人が依頼をしてくれる可能性が生まれます。

「どんな動画を作れば、依頼につながるのか分からない」

集客につながる動画の作り方が分からない人のために、今回は動画を作るポイントと事例をご紹介いたします。

社会保険労務士の動画活用方法はターゲットによって変わる

動画を作る場合、ターゲットは社会保険労務士を欲しがっている企業と資格取得を目指す人のどちらかです。

 

社会保険労務士を欲しがっている企業をターゲットにする時は企業にとってお得になる情報を伝え、資格取得を目指す人に対しては勉強につながる動画を作ると良いでしょう。それぞれの動画を見た視聴者が、社会保険労務士としての仕事を依頼、または資格取得につながる講座を受講してくれる可能性が生まれます。

社会保険労務士を使った動画を作る時のポイント

社会保険労務士を使った動画を作る時のポイントを解説します。

ポイントは下記の3つです。

・動画の想定視聴者とコンテンツを作る目的を設定する
・動画構成を考える
・視聴者に気を使った編集をする

それぞれ見ていきましょう。

動画の想定視聴者とコンテンツを作る目的を設定する

動画を作る前に、映像コンテンツを見る想定視聴者とコンテンツを作る目的を設定しましょう。

 

例えば、動画を作る目的が「企業に社会保険労務士の依頼をさせる」だった場合、想定視聴者は「社会保険労務士を欲しがっている企業」に設定できます。動画を作る目的を事前に決めておけば、想定視聴者も自然に決まります。それぞれ動画構成を考える際に大事な要素なので、動画を作る前に必ず設定しておきましょう。

動画構成を考える

動画の想定視聴者とコンテンツを作る目的を設定した後は、動画構成を考えます。

 

例えば、動画を作る目的が「企業に社会保険労務士の依頼をさせる」ことだったとしましょう。

動画を見た企業の担当者が何を感じて、社会保険労務士の依頼をするのかを考えます。一例として提供するサービスの紹介や、社会保険労務士だから知っている企業のお得情報を教えて信用度を高めるなどの動画構成が考えられます。

 

どんな映像が欲しいのか、音声が欲しいのかなどを文章や絵コンテに起こし、頭の中のイメージ映像を第三者に伝わるようにしましょう。動画構成がしっかり出来ているかどうかで、次の撮影と編集作業にかける時間が変わります。

視聴者に気を使った編集をする

動画構成を作って、撮影も終えた後に行うのは編集作業です。

 

編集では映像で見せている様子や演者が話している内容を文字テロップで表示するなど、動画を見る人に気を使った編集をしましょう。視聴者に気遣っている感じはあるけど、映像の構図はキレイでスッキリしているぐらいの編集を目指せると良いです。

社会保険労務士が演者となる動画の事例

ここからは社会保険労務士を扱った動画の事例をご紹介します。社会保険労務士を演者に使う場合は、下記の動画ネタがあります。

視聴者にお得情報を伝える

1つ目は想定視聴者である企業の担当者に労務や人事のお得情報を伝える動画です。

視聴者が気づかない情報を伝えて信用を得て、社会保険労務士としての依頼獲得を狙うと良いでしょう。

 

参考事例として、社会保険労務士法人WORKidがアップロードした社会保険の適用拡大に伴う社長の対応テクニックを話した動画。

2022年10月以降に改正予定の健康保険・厚生年金保険の適用拡大に対して、会社でできる対応について話しています。事前に情報提供しておけば、企業の担当者が演者の社会保険労務士に対応を依頼する可能性が生まれます。

トラブル対策の方法を伝える

2つ目は労務や人事で発生したトラブルの対策方法を伝える動画です。

日頃から起こりうるトラブルの対策方法を伝えておくことで、対策の実施を社会保険労務士に依頼する可能性が生まれます。

 

参考事例として、パワハラの加害者に注意できる職場にするための準備についての話がされている動画。

具体的な行動や理由を話しているので、動画を見た企業の担当者はパワハラ対策の対応依頼を出してくれるでしょう。

社会保険労務士の試験対策を扱った動画の事例

次に社会保険労務士の資格を扱った動画の事例をご紹介します。資格取得を目指した講座の紹介や勉強動画、試験対策が主な動画ネタです。

講座を紹介する

資格試験の合格率は6%前後であるため、生半可な気持ちで挑んでも簡単に受からないでしょう。

参考:厚生労働省「第52回社会保険労務士試験の合格者発表」

 

合格率を伸ばすために必要とされるのが、合格を目指した講座です。講座を多くの人に伝え、社会保険労務士を目指す人に動画を見せられるようにすると良いでしょう。

 

参考事例として、資格の大原がアップロードした2022年受験向けセミナーの案内動画。

講座担当の人が社会保険労務士の必要性や、合格学習法セミナーと入会キャンペーンを話しています。

試験勉強用の講座で動画を使う

社会保険労務士に限らず、資格勉強をする際には参考書などを使って勉強しますが、中には講師が話した内容をまとめた動画教材を使う場合もあります。

 

動画教材の利点は参考書が無くても学べることで、参考書の郵送や購入にかける手間がありません。学びたいと思えばすぐに学べるので、時間を大切にしたい人は動画教材を使った講座を選ぶでしょう。

 

参考事例として、資格の大原がアップロードした講座動画。

変形労働時間制の趣旨や概要を講師が動画で話しています。

試験対策を伝える

学生時代を経験したみなさんなら、試験対策をした人が多いのではないでしょうか。

 

資格勉強は基本が大事ですが、直近に出された試験の傾向を見て対策することも大切です。自分たちで合格率や基準点を調べて、今後の対策を細かく示せると、講座の受講生はもちろん、集中講義の体で別の講座を宣伝することもできます。

 

参考事例として、資格の大原がアップロードした合格率や今後の対策について話した動画。

資格試験の結果概要や合格基準点、今後の対策を細かく話しつつ、提供する講座の宣伝をしています。

動画を集客に使うなら、想定視聴者の気持ちを考えよう

動画を作るポイントと事例を紹介しました。

 

社会保険労務士を扱った動画の想定視聴者は、「社会保険労務士を欲しがっている企業」と「資格取得を目指す人」です。それぞれの想定視聴者に何を見せれば、動画を作る目的通りの行動を取ってくれるかを考えて映像コンテンツを作ると良いでしょう。

 

メディア博士では定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えしています。撮影手順から情報発信、改善提案など動画作成のお力になれると思いますので、ぜひご相談ください。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

1分で簡単!資料請求・お問合せ