リキュール動画を活用して売り上げアップ!リキュールの魅力をアピールしよう|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
リキュール動画を活用して売り上げアップ!リキュールの魅力をアピールしよう

リキュール動画を活用して売り上げアップ!リキュールの魅力をアピールしよう

コロナ禍でおうち時間が増えた現在、「家飲み」をする人は確実に増えています。コロナ禍以前では居酒屋やバーなど、いわゆる「外飲み」をしていた消費者の中には、自宅でカクテルやチューハイを作り始めた人も多いと考えられます。

​​​​​​​今回は、そんな自宅でのお酒作りに欠かせないリキュールの動画活用を解説します。ぜひ自社リキュールの魅力たっぷりの動画制作の参考にしてみてください。

リキュール動画のメリット

動画を作るには費用や時間などコストがかかります。では、そのコストをかけてまで動画を制作するメリットはあるのでしょうか。ここでは、動画を活用することのメリットをご紹介します。

動画を作るメリットとは

動画は、映像・音・文字・図形(グラフィック)など、一度にたくさんの情報を相手に伝えることに優れたメディアです。その情報量の多さは、紙媒体やWebサイトなどに比べ格段に多く、効率的に情報発信できるメディアとも言えます。

また、人は動くものに対して目で追う性質があるので、まず見てもらえるかどうか勝負である広告やPRにおいて、非常に優秀なツールではないでしょうか。動画を活用することができれば集客や売り上げアップはかなり期待できるでしょう。

リキュール動画を作るメリット

リキュールを製造・販売する企業が動画を作るメリットはさまざまです。詳しいことは後述しますが、どのような動画を作るかによって得られるメリットは多少変わります。

全体としていえることは商品や企業の「認知度向上」が期待できるということです。
知ってもらい興味をもってもらうことが売り上げアップの第一歩。たくさんの消費者の目を向けることができる可能性があるのが動画なのです。

動画制作の方法

動画制作には外部の映像制作会社に依頼する「外注」という方法と、社内で制作する「インハウス(内製)」という方法の大きく分けて2種類があります。
CG合成や高画質撮影など、プロの技術を要する動画を制作した場合には外注が安心です。ただし、高クオリティを求めるほど料金は高くなっていくことを留意しておいてください。

もしそうでない場合には、予算や制作時間を抑えることのできるインハウスをオススメします。撮影や編集機材は購入する必要がありますが、継続的に動画制作をすることで動画制作のノウハウを蓄積できクオリティを上げていくことができます。

インハウスで動画制作をする場合でも第三者のサポートを受けることは非常に有効です。よりクオリティの高い動画を制作し活用してくために客観的な視点でプロのアドバイスをもらうことは効率的といえるでしょう。
弊社のサービスであるクラウド動画編集ツール「メディア博士」は、企画制作サポートも行っています。インハウス化を希望される際にはぜひ検討してみてください。

どのようなリキュール動画があるのか

多くの企業がYouTube等で動画を公開していますが、その内容はさまざまです。ここではリキュールやそれを製造・販売している企業が制作した動画にはどのようなものがあるのか内容別にご紹介します。

レシピ

リキュール動画で多いのがレシピ動画です。売り出したいリキュールを使ったカクテルのレシピだけでなく、お酒に合うおつまみのレシピ動画もあります。

レシピ動画は、視聴者にカクテルや料理の手順を伝えると同時に、商品紹介やアピールできるお得な動画です。より自分たちの販売するリキュールをの魅力を知ってもらい、おいしく飲んでもらうため「なぜこのカクテルなのか」「なぜこのおつまみとリキュールが合うのか」などを含めて動画を作ることをオススメします。

企業紹介・企業説明

業界問わず、企業紹介動画はメジャーな動画になりつつあります。これまでは自社のパンフレットやWebサイトに文章や画像で説明することが多かった企業紹介ですが、動画であれば先述したようにより多くの情報を伝えることが可能なので、非常に効率的です。

この動画は、一般消費者向けというより、人材採用の際や新規の取引先へのアピールの面が強いといえるでしょう。

製造方法

最近では「この商品はどこでどのようにできたか」を意識して商品を買う消費者も多くなっています。
特にお酒は口に入るものですので、その製造方法や過程は気になるもの。自社リキュールの製造過程を公開することは、消費者からの信頼を高めることができ、かつ、製法や原材料をアピールできる動画です。

こだわりの材料や製法であればこの動画は特にオススメです。

リキュールの動画活用事例

ここでは、実際に企業がどのようなリキュールに関する動画を出しているのかご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

サントリー「奏 Kanade」


サントリーが発売している国産リキュール「奏 Kanade」を使ったカクテルのレシピ動画。教えるのはサントリーのドリンクスーパーバイザー。
アピールポイントを混ぜつつ商品の説明をし、カクテル作りに移ります。シェーカーやメジャーカップを使わない手軽で視聴者も試しやすいレシピを紹介。

自社のリキュールだけでなくカクテルに使用する炭酸水もサントリーのものを使っています。このようにリキュールだけでなく他の商品も動画に登場させるのも宣伝効果があります。

Baileys「Baileys Dreamy No-Bake Cheesecake」


Baileysは日本では「ベイリーズミルク」のカクテルで有名なコーヒーリキュールです。この動画では乾いてかたくなってしまったスポンジケーキをベイリーズを使ったクリームでおいしくよみがえらせるという内容となっています。

リキュール系のお酒は香りづけや着色のためによくスイーツに利用されます。普段お酒を飲まない消費者にも興味をもってもらえるきっかけにもなるので、自社で扱うリキュールを使ったスイーツレシピを考えてみてはいかがでしょうか。

富久長「果実のリキュール」


広島県にある今田酒造がつくる日本酒「富久長」。その富久長をベースにして作られたのが「純米ゆずレモン酒」や「温州みかん酒」などの果実リキュールです。
この動画では、今田酒造の方が美味しい飲み方や材料へのこだわり、リキュールを作ることへの想いを語っています。

とてもシンプルな動画ですが、造り手がリキュールを語る様子は商品へのこだわりを感じさせ、消費者に想いを伝えることができます。動画制作としては難しくないので、このような動画から始めてみてもよいでしょう。

まとめ

リキュールは飲むだけではなくスイーツ作りなどにも利用でき、また種類によっては美しい色で見た目も映える、とても被写体として適したお酒です。ぜひ、この機会に自社が扱うリキュールの魅力をアピールする動画を制作してみてくださいね。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

1分で簡単!資料請求・お問合せ