消費者に製品の魅力が120%伝わるPR動画の作成方法|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
消費者に製品の魅力が120%伝わるPR動画の作成方法

消費者に製品の魅力が120%伝わるPR動画の作成方法

モバイル環境における通信技術の進化、新型コロナウイルスの流行に伴い、動画コンテンツのニーズが現在爆発的に増加しています。
この波に乗るべくPR動画を作成して、自社商品の魅力をより多くの人に届けたいと考える人のために、今回は、消費者に製品の120%魅力を伝えるための動画の作成方法をご紹介していきます。

PR動画のメリット

製品の魅力を消費者に伝えるためは、PR動画を作成することが効果的だとされています。なぜPR動画が効果的なのか。
ここではまず、PR動画を作成するメリットについて確認していきましょう。

静止画像やテキストだけのコンテンツに比べて与えられる情報量が多い

静止画像やテキストだけのコンテンツに比べて、動画コンテンツはより多くの情報を盛り込むことができます。実際に製品を見せて魅力を伝えられるだけでなく、魅力的なポイントは字幕を入れて説明することもできます。また音楽や映像に一手間加えることで、その製品にあった雰囲気を演出することもできます。

多くの人に拡散してもらいやすい

SNSで話題になるものの多くは、文字よりも写真、写真よりも動画です。
視聴者の心を掴む表現方法や、ついつい友人におすすめしたいと思わせるようなユニークな動画を作成できれば、それが思わぬ宣伝効果を生み出します。

動画が見やすい環境が整ってきている

以前まではインターネット回線が不安定だったり、月ごとの通信制限が厳しかったりと容量の大きな動画は多くの人に避けられていました。しかし、今では5G回線の技術をはじめ、フリーWIFIなどが多くのカフェなどで取り入れられており、デバイスさえ持っていれば誰でも簡単に動画を楽しめる環境になっています。つまり現代は、動画広告を行うには絶好の環境なのです。

魅力が伝わる動画の作り方

PR動画の魅力がわかったところで、次はどのような動画を作成すれば視聴者に製品の魅力を伝えられるのかということに焦点を当てて紹介していきます。

動画を作る目的とターゲットを明確にする

動画を作成するときには、何のために動画を作るのか目的をはっきりさせることが大切です。明確な目標があれば、焦点が定まりわかりやすいPR動画を作ることができます。

また、動画の視聴者となるターゲットを定めることも大事です。どのような層に動画を見てもらいたいのかによって動画の内容が変わってきます。

例えば、子供向けのPR動画を、難しい言葉を使って製品の特徴を紹介する内容にしてしまうとあまり効果が見込めなくなってしまいます。しっかりとターゲットを明確にした上で動画の作成に取り掛かりましょう。

動画の尺を長くしすぎない

PR動画の平均的な長さは一般的に数分程度だと言われています。動画の尺を長いと情報量が多すぎて、視聴者に途中でページから離脱されてしまう可能性があります。

PR動画によくありがちな失敗が、PRしたいポイントが多いという理由から動画の尺が長くなってしまうことです。本当に伝えたいポイントをしっかりと定め、テンポのいい動画を作成するように心がけましょう。

動画の初めにどのような動画なのか明らかにする

動画の初めに、この動画がどのような動画なのかを視聴者に伝えることも大切です。
現代には動画コンテンツが溢れています。視聴者は無駄な時間を費やしたくないという心理から動画の最初の10秒〜20秒までの部分を見て、この動画に自分の必要な情報が含まれているかを判断します。

動画の視聴者に離脱されることを防ぐためにも、動画の冒頭部分で、動画のある程度の内容を説明するようにしましょう。

字幕を効果的に取り入れる

より伝わりやすい動画を作成するためには、字幕を効果的に使うことが大切です。

字幕を上手く活用するコツとしては、一度に表示する文字の量を最小限に抑えることです。文字数がどうしても多くなる場合には、無理に一回に詰め込もうとせずに二回以上に分けることをおすすめします。
また、字幕を表示する場所や色にも一工夫施しましょう。

多くの字幕は画面下部に横書きで入れられることが多いですが、動画の内容によっては右端や左端に配置するほうが見やすくなる場合もあります。また、字幕の色は背景の色によって読みやすくなるようにその都度変更することが必要です。

サムネイルにこだわる

サムネイルとは、動画の詳細をクリックしてもらうために使う画像のことです。
せっかくいい動画が完成してもその動画が視聴者に再生されなければ意味がありません。しっかりと、視聴者の興味を引くようなサムネイルを作れるように力を入れていくことが大切です。

PR動画参考例

ここからは、実際にPR動画の参考例を紹介していきます。

【2021年版】サイクロン集塵機・サイクリーパー 新PR動画

こちらの動画は掃除機の魅力を伝えるPR動画です。
動画の冒頭部分で掃除機の大まかな特徴を紹介して、そこから実際の使用動画と同時にモデル別に紹介していくという構成です。
解説だけでなく、詳しい情報がまとめられた表を表示することで、解説の補足をしています。
 

ハサミ<サクサ>商品紹介動画|コクヨ


この動画は、ハサミのPR動画です。
実際にものを切る様子に加えて解説、字幕、イラストでハサミの魅力を十二分にPRできています。
用途によってはさみの刃を変えることができるという部分を上手くアピールできている完成度の高いPR動画です。
 

LUMIX G100 商品紹介動画【パナソニック公式】

こちらは、パナソニックのカメラをPRする動画です。
一度に表示する字幕の文字数が絶妙なので、視聴者が1分15秒という短い時間でカメラの持つ機能を理解することができます。
また、YouTubeの概要欄では、テキストで製品のこだわりポイントを紹介しています。動画が好みなユーザー、テキストが好みなユーザー、どちらにも親切なPR動画になっています。

まとめ

いかがでしたか?
動画を作成するなら質の高いものを作りたいと思うかもしれませんが、それよりも大事なのは「視聴者に伝える」ということです。

製品の魅力を伝えるために、今回紹介した方法をぜひ実践してみてください。
また、自分が作成したい動画と系統が同じものをYouTubeで探して参考にするというのもおすすめです。
今回の記事があなたの動画作成の参考になれば嬉しいです。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

1分で簡単!資料請求・お問合せ