動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【事例あり】リース業で動画活用をする方法とは!?

【事例あり】リース業で動画活用をする方法とは!?

さまざまな業種で動画活用したPRがおこなわれています。リース業を展開する企業でも動画活用をすることで、企業の認知度を向上させサービスの利用につなげることも可能です。
本記事ではリース業で動画を制作する際にはどのようなことに気を付けるべきかを解説します。動画制作を検討しているリース事業者様必読の内容です。

動画コンテンツ

リース業のPRにつながる動画はどのようなものがあるのでしょうか。おすすめのコンテンツ例を解説します。

サービス紹介

一言でリース業といってもさまざまな業種があります。サービス紹介を制作することで、どのような業種のリース業をおこなっているのか視聴者に伝えることが可能です。

サービスを紹介する際には、実際に商品を利用しているユーザーの表情、現場スタッフが製品をメンテナンスしている様子など、視聴者の「安心感」につながるようなシーンを多数採用すると、視聴者からも好感を得られることが出来ます。

ホームページの事業内容では伝えることが難しい情報を動画に反映して紹介するように心がけましょう。

独自コンテンツの制作

WEB動画で認知度を高める方法として、独自コンテンツを制作し拡散を狙う方法があります。短時間でインパクトのある映像はライトユーザーからも動画を視聴してもらえる可能性が高く、拡散に繋がることもあります。

独自コンテンツを制作する際には「トレンドに乗っかる動画」や「やってみた動画」などをアレンジしてライトユーザーにも響くコンテンツを制作しましょう。

スタッフ採用動画

新卒者・中途採用者に向けたスタッフ採用動画もおすすめです。応募者の中にはリース業がどのような仕事なのかを理解していない方もいます。ホームページの文章だけでは伝えることができない情報について、動画を通して分かりやすく解説しましょう。

採用動画では、合同説明会のオープニングで流すPVや、求人情報を掲載する特設サイトで使用するなど利用用途を明確にして動画を制作してください。

レンタル商品の取り扱い説明動画

リース事業者の中でレンタル商品を取り扱う場合は、商品の操作方法を紹介するコンテンツもおすすめです。特に専門性の高い商品を取り扱う企業であれば、商品の取り扱い方法を丁寧に解説し、初めて利用する方でも安全に使用できるように説明をしましょう。

イラストや図を活用して説明をする動画だけでなく、実際に使用している様子を見せながら動画をとおして商品の魅力を伝えることも可能です。
商品説明以外では、サービスの利用までをスムーズにおこなう動画解説などもおすすめです。「よくある問い合わせ」を動画にして視聴者に響くコンテンツを制作しましょう。

研修用動画

新人スタッフがスムーズに仕事ができるよう、仕事内容を動画にして紹介する方法もおすすめです。研修用動画ではメンテナンス方法や、接客時に注意すべきことを解説し、隙間時間でも学習できるような動画を制作しましょう。

研修用動画を制作する際には、3〜4分程度のコンパクトな動画になるように意識しながら制作をしてください。

事例紹介

リース業にはさまざまな業種があります。業種によってどのような動画コンテンツを制作しているのか、事例を紹介しながら動画制作ポイントについて解説します。

サービス紹介動画(東京センチュリー グループ)

東京センチュリーグループでは、2020年〜2021年版の新卒採用者向けにサービスの内容を伝える動画を制作しました。

動画ではリース事業がどのような部署なのか、オフィス、オンライン会議、倉庫での保守点検様子など分かりやすく紹介しています。
視聴者が飽きないように動画を3分程度に留め、DXのイメージがしやすくなるようサイバーテイストの映像も使用しています。

リース事業は他の業種と異なりサービスのイメージが掴みにくい可能性も考えられます。分かりやすいシーンを使用しながら視聴者のイメージを明確にするように心がけてください。

独自コンテンツ動画(ジャパンレンタカー)


ジャパンレンタカーは自社で取り扱う車を活用した動画コンテンツを制作しました。ハイエースの荷台にどれくらいの荷物を積み込むことができるのかを検証するため、ダンボールを34個積み込む作業過程を紹介しています。

動画ではダンボールが見事収まる様子を紹介するだけでなく、自転車も楽々6台積み込める検証をおこなっています。

1分30秒の短い動画でハイエースの便利さを余すことなく紹介する映像となり、レンタカーを借りようと検討しているユーザーにとって、レンタルを後押しするような構成を意識しています。

事業内容紹介(オリックスグループ)


オリックスグループでは、会社紹介の映像を8分にわたり解説し、どのような事業を展開しているのかを紹介しています。

動画では、会社のイメージ向上につながる映像を使用し、企業としてどのような目標を持っているのかを明確に伝えています。

日本人に向けた動画を制作するだけでなく、英語版の動画を使用し海外からのスタッフ獲得につなげようと意識しながらコンテンツを制作しています。

商品説明動画(アイテック)

プロの工具を中心にレンタルするアイテックでは、エアコン取り付け時に使用する工具を紹介しています。

動画では、実際に利用するとどのような状態で商品が届くのかを理解してもらうよう商品を開封する場面からスタートしています。

開封後に内容物の確認をするだけでなく、利用するまでの装備品の取り付け方も紹介し、視聴者が視聴しながら工具の取り扱い方を学習できる構成です。

動画の終盤では、実際に現場で使う様子を紹介し、製品の優れているポイントと使いやすさをアピール出来るような作りを意識しています。

ターゲットごとに内容を定め動画を制作する

リース事業といっても、レンタカーから業者向け商品、金融商品とさまざまです。動画コンテンツをどのような人たちに見てもらいたいのかをイメージしながら動画を制作しましょう。
ターゲットを明確にし、ユーザーが知りたい情報を反映するように動画内容を検討してください。

動画を1本制作して終わりではなく、継続的に発信し、ユーザーに常に有益な情報を発信するように心がけましょう。定期的な動画発信をおこなうことで、ユーザーの認知度を高めることが期待できます。

まとめ

・ターゲットを明確にして動画を制作する
・専門性の高い商品は説明動画を制作する
・好感度を高めるためにトレンド動画にアレンジした動画を制作する



動画を通してユーザーへの認知度・好感度を高める際には紹介した内容を反映したコンテンツを制作しましょう。

動画を制作する際にハードルが高いと感じている方は、動画制作をサポートする支援ツールの活用がおすすめです。メディア博士は3つの簡単なSTEPで訴求力の高い動画を制作することが可能です。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約