首都圏からもアクセス良好!山梨県の認知度を向上するための動画PR活用術とは!?|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
首都圏からもアクセス良好!山梨県の認知度を向上するための動画PR活用術とは!?

首都圏からもアクセス良好!山梨県の認知度を向上するための動画PR活用術とは!?

地方自治体が地元の魅力をアピールする動画が多く制作されています。PR動画を制作する際には、いくつかの気を付けるべきポイントがあります。

本記事では地方自治体が集客に繋げるための動画コンテンツはどのようなものがあるかについて解説します。
PR動画を制作し、集客や認知度向上に繋げたいと検討している山梨県の団体様必読の内容です。

山梨県のPRにつながるコンテンツ例

山梨県のPRにつながるコンテンツ例はどのようなものがあるのでしょうか。PRとして活用できるコンテンツ例を紹介します。

地域の産業・観光情報を発信

観光客向けのPRコンテンツは、さまざまなエリアで活用が可能です。観光スポットではない地域でも、有名な飲食店の紹介や、おすすめの観光スポットを発信することで、国内観光客や海外観光客の集客に繋がる可能性もあります。

移住者向けに地元の魅力を発信

PR動画として有効なコンテンツの1つとして、移住者向けに情報を発信するコンテンツがあります。移住者に向けた動画コンテンツを制作することで、山梨県に移住を検討している方に地元の魅力をアピールすることが可能です。

移住者向けのコンテンツを制作する際は、どのような街なのかが動画で理解できるコンテンツを制作しましょう。
街の雰囲気が分かるショートムービーや、実際に移住した人に対してインタビューを展開するコンテンツなどがおすすめです。

コラボ動画を制作しより多くの視聴者に発信

地元の自治体が魅力を発信する動画を制作しても、動画が拡散されず他の動画に埋もれてしまうこともあります。1人でも多くのユーザーに動画を発信しようと検討しているのであれば、インフルエンサーや地元タレントとコラボをした動画を制作してください。

地元とゆかりのあるインフルエンサーを起用することで、街の魅力をインフルエンサーのフォロワーに発信することが出来ます。
動画を制作する際には、ターゲット層や動画の目的とマッチするインフルエンサーに依頼をして、動画拡散の効果を高めるようにしましょう。

県民に向けた魅力再発見コンテンツ

県外に魅力を発信するのではなく、県民に向けて山梨県の魅力を再発見してもらう動画コンテンツもおすすめです。地元民の一部しか知らない情報や、ランチタイムにおすすめのお店、最近開店したスポットなどを紹介し、県民の集客を意識してください。

県民に魅力度を再発見してもらうために、県民が知らない情報を展開し、山梨県に住んでいる方が「足を運んでみたい」と感じてしまう動画を制作しましょう。

山梨県のPR動画事例

山梨県のPR動画はどのようなものがあるのでしょうか。動画事例をもとにおすすめのコンテンツを解説します。

観光向け動画(観光情報)


さまざまな山梨県の観光スポットを紹介して、短い時間で山梨県の魅力を紹介しています。
観光スポットをお寺や自然に注目をすることで、国内の観光客だけでなく、海外の観光客に向けた訴求力の高い映像になっています。

事例動画のように動画概要欄に、紹介したスポットを掲載することで映像を見て気になったユーザーがホームページを閲覧する可能性もあります。

タイムスタンプの設定が可能であれば、動画概要欄に設定をして動画視聴者がアクセスをしやすい工夫を心がけましょう。

移住に向けて街の魅力をアピール(笛吹市)


山梨県笛吹市は、「いいじゃん笛吹」というコンセプトの元、移住者に向けてどのような街なのかを理解できる動画を制作しています。
3分の中で、笛吹市がどのような街か、自然の風景を中心に紹介しています。

笛吹市では、毎年移住者に向けたPV映像を制作し、最新情報を紹介しています。
動画を、移住を主に発信するYouTubeチャンネルで投稿することで、全国で移住を検討している方に向けた訴求もおこなっています。

動画を制作する際には、自治体で制作をするのではなく他チャンネルとコラボをして掲載をしてもらう方法も検討してください。

インフルエンサーを起用して拡散(山梨チャンネル)


山梨県チャンネルでは、山梨出身のインフルエンサーに動画出演を依頼し、多くの視聴者の注目を集めることに成功しています。
動画では、9万回以上の再生回数を獲得することに成功するだけでなく、インフルエンサーと同世代の視聴者に対して、山梨県の魅力を発信しています。

地元タレントを起用したコラボ動画(山梨県)


インフルエンサーだけでなく、地元を中心に活動するタレントを起用することで、訴求力の高い映像を制作することも可能です。

動画では、「10万人あたりの中華料理店舗数が全国2位の山梨県」を紹介するために、お笑い芸人が食レポをする動画を掲載しています。
動画は13万回再生を獲得し、観光客だけでなく山梨県で生活をする地元民に対しても訴求が可能です。

山梨県のPR動画制作をおこなう際に意識すべきこと

山梨県のPR動画を制作する際には、2つのポイントに注意をしながら動画コンテンツを制作してください。

ターゲット・目的を明確にしてコンテンツを制作

PR動画を制作する際には、誰に対して訴求をする動画なのかについて検討し、動画を制作しましょう。

ターゲットが観光客であれば、観光客が興味を持つ動画構成が必要です。ターゲットを「観光客」だけでなく、「首都圏から日帰りで訪れる観光客」、「日本に訪れ富士山を目標に訪れている海外観光客」などターゲットをより細分化することで、どのようなコンテンツを制作すると良いのかが掴めます。

ターゲットを設定するだけでなく、動画の制作目的を明確にして訴求力の高い動画を制作してください。

視聴者にどのようなアクションを取って欲しいのかを検討する

動画コンテンツを見た視聴者が、どのようなアクションを取って欲しいのかを視野に入れて動画を制作しましょう。拡散やコメントが必要であれば、動画で呼びかけましょう。

拡散をメインとして検討しているのであればYouTubeだけでなく、TwitterやTikTokなど比較的バズりやすいと呼ばれるSNSプラットフォームを活用する必要があります。
動画を見た視聴者をHPへ誘導するのであれば、YouTubeやFacebookに動画を投稿し、ユーザーが訪れるように心がけてください。

まとめ

・PR動画のターゲットを明確にして制作をする
・インフルエンサーや芸人を起用して動画コンテンツを制作
・動画を投稿する際には常に最新の情報を展開する


PR動画を制作する際には、本記事で紹介したコンテンツ例や、上記で紹介した3つのポイントに意識をしながらコンテンツを制作してください。

動画制作をおこなう際にリソースが足りない場合は、プロに依頼をする、動画制作支援ツールを活用して訴求力の高い動画を制作しましょう。
メディア博士は撮影した動画素材を3つの簡単なSTEPで訴求力の高い映像に仕上げる支援ツールです。皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

ビジネス動画活用のオンライン相談予約