動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
これを押さえれば大丈夫!店頭動画制作のポイントをわかりやすく解説!

これを押さえれば大丈夫!店頭動画制作のポイントをわかりやすく解説!

動画が生活の一部となりつつある現在、様々な場所で動画を目にすることがあるのではないでしょうか。一般的に、ネット環境のある場所でゆっくり視聴されることが多いでしょう。
しかし、動画の活用方法は幅広く、スーパーマーケットやホームセンターなどの店頭でも使用されています。

​​​​​​​そこで、ここでは店頭の動画制作をする際のポイントをメリットなど加えながら紹介していきます。

店頭動画とは

店頭動画とは、その店にある特定の商品を紹介したり、店内の雰囲気を知ってもらうために流している動画です。基本的に店の入口に置かれており、店の前を通りかかる人が目を留めて興味を持ってもらうものです。
動画を映すモニターは小型のものもあれば特大のものもあります。動画では一度に様々な情報を発信することができるので、商品を認知してもらう際にはとても有効な広告手段です。

店頭動画の目的

店頭動画の目的は基本的に販売促進ですが、それ以外にも他の目的があります。ここでは店頭動画の主な3つの目的を紹介していきます。

商品紹介

店にある全ての商品ではなく、一押しの商品をの特徴や魅力を伝えるという目的です。動画はリピートで再生されるので、一度で理解できないという人でも何度でも説明を聞くことができます。
特に販売したい商品を接客なしに販売促進できるので、とても効果的に商品PRできます。

PR活動

店の特徴に合わせて動画を流すことができるのが店頭動画の良さです。その特徴を上手く活かすことで、店のブランドイメージやブランディングの向上に繋がります。
化粧品店ではCMメイキング、アパレル店であればファッションショーの様子など再生しています。

店内への促進

店内に一度も入ったことないお客様にとって、店内の雰囲気やどのような商品が販売されているかを知るのはとても重要なことです。店頭動画をセットするだけで、店内に興味を持って入店する可能性が格段に上がります。
また、来客店を呼び込むサービスを告知して、売り場へ誘導する店頭動画も存在します。

店頭動画のメリット

昔に比べ、店頭動画を取り入れている店舗は増えてきています。店頭で動画を流すことで様々なメリットを得ることができます。ここでは主なメリットを5つほど紹介します。

商品をわかりやすく説明できる

動画は画像と違って、一度に様々な情報を提供することができます。店頭動画はテレビやCMと違って、尺の制限がそこまで厳しくないので商品の詳細を説明できます。
商品を見ただけでは伝わらないものでも、実際に使用している動画を流すことでよりリアルな情報を届けることができます。

消費者に使用しているイメージをさせることで、購買意欲を搔き立てます。店員の説明でも詳しく商品を理解することができますが、動画で見ることでより詳しく理解することができます。

ポスターよりも見やすい

告知方法の代表であるポスターやちらしは、通りかかった人に見てもらうにはなかなか難しい告知方法です。
ポスターのような静止画は、それ自体の存在に気づかれないで終わるパターンが多いです。しかし、動画では動きに加えて音声があるので、周りに騒音がない限り気づくこと間違いないでしょう。

比較的目に留まりやすいので、商品やサービスを知ってもらうきっかけ作りになります。

お客さんに話しかけるきっかけになる

買い物をしているお客さんに対して、話しかけるタイミングはなかなか難しいかと思います。営業が得意な人は問題ないですが、どの店舗にもそのような人がいるとは限りません。
しかし店頭動画を設置すれば、動画を見ている人に話しかけるきっかけになります。動画を見ている人は少なからずその商品に興味をもっているので、話しかける側も話しかけやすくなります。

接客が上手な人がいない店舗でも、動画を使用すれば問題ありません。

状況に応じて細かく調整できる

同じ店でも店舗によって騒音具合や人の込み具合が異なってきます。
騒音が大きい店舗では動画のボリュームを大きくしたり、人通りが多い店舗では見えやすいように字幕を入れたりすることで、より内容を理解しやすくすることができます。

このように動画を使用することで、店舗に合ったカラーを出すことができます。

店内の雰囲気を変えられる

店によっては季節に応じて、店舗の雰囲気を変える必要があります。しかし、その度に店舗を改装するのは膨大なコストがかかってきます。
そこで、店頭で再生する動画内容を変えるだけで、店内を改装しなくても雰囲気を変えることができます。また、季節に合った音楽を流すだけでも、季節感を醸し出すことができます。

店頭動画を制作する際のポイント

それでは、店頭動画を作成していく上でどのような点に気を付ける必要があるのでしょうか。販売促進に効果的な店頭動画を作成するための重要なポイントを、4つ紹介します。

ターゲットを明確にする

購入して欲しい顧客に対して、自分ごとに捉えてもらうが重要となってきます。動画の冒頭で、「~で悩んでいる皆さん!」と呼びかけることで、心当たりある人は自然と目を留めます。
ターゲットを明確にせずに販促をしても、購入対象者には届かないのでしっかりとターゲットを決める必要があります。

思わず立ち止まるような内容

通常、道を歩いているお客さんは何かしらの目的に向かって歩いています。そのような人に興味を持ってもらうためには、ストーリー性や頭に入ってくるリズム感が需要になってきます。

特に効果的な方法は、動画の冒頭で通行人の興味を惹くセリフや映像を見せることです。通行人が思わず立ち止まってしまいそうな演出をすることで、動画を見てもらうことができます。
しかし、ただ立ち止まってもらうのではなく、動画の続きを見てもらって商品の特徴を理解してもらう必要があります。

短時間で伝えることができる

動画を制作していく上で、ストーリーのわかりやすさはとても重要です。
商品の特徴を細かく届けることに注視しすぎて、動画の尺が長くなりすぎるのは逆効果です。立ち止まったお客さんが必ずしもずっと動画を見てくれるとは限りません。

そのため、短い時間でも商品の特徴を伝えることができる動画を制作する必要があります。

お店の雰囲気に合っている

販促することを意識しすぎて店の雰囲気とは違った動画を制作しないようにしましょう。店内に入る前に、店舗とは違う雰囲気の動画を流すと店に対するイメージが悪くなってしまいます。
そのため、店の内装に合った音楽を流すことでより店舗のイメージがよくなり、販促にも自然と繋がっていきます。

店頭動画を制作する前に、その店舗の特徴を事前に把握することがポイントになってきます。

【サリ麺】

↑参考動画があればピックアップして頂きたいです。
例:https://www.youtube.com/watch?v=5z5S4EqNGqk

まとめ

今回、店頭動画の制作ポイントを紹介しましたがいかがだったでしょうか。店頭動画には様々な目的やメリットがあり、それらを上手く活用することで販売促進に繋がってきます。
また、店頭動画を制作していく上でポイントとなるところを抑えるだけで、様々な人の目に留まる動画を制作することができます。

しかし、今回紹介したポイントを全て抑えながら動画を制作していくのは至難の技です。動画制作について相談したいことがある時は、ぜひご相談ください。
当社サービス「メディア博士」は動画の制作ではなく、動画制作を内製化するときの簡単制作ツールとなっております。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約