動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
小学生・保護者に向けた反応率の高い動画コンテンツとは

小学生・保護者に向けた反応率の高い動画コンテンツとは

動画は難しい情報を分かりやすく伝えることが可能です。小学校の教育現場でも動画を活用することで、生徒の理解度を深めることができます。
更に学校紹介動画や、行事関連の動画を制作することで保護者に安心感を与えることも可能です。本記事では小学校で活用できる動画コンテンツについて解説します。

動画コンテンツ

保護者、生徒に向けた動画コンテンツはどのようなものであれば、相性が良いのでしょうか。小学校の動画として相性の良いコンテンツについて解説します。

学校紹介動画

私立の小学校では生徒を獲得するために、他の小学校とはどのような違いがあるのかをアピールする必要があります。学校紹介動画を制作する際には、保護者が学校に「通わせたい」と考えられるような動画を制作しましょう。

特に大切なことは、教育体制が整っていること、楽しい学校生活が送れることをアピールすることです。
パンフレットには記載できない視覚的な情報をうまく反映し、保護者に好印象を与える動画コンテンツを制作してください。

教材の使用方法紹介

小学校の授業はデジタル化が進み、タブレットやパソコンを活用した授業も増えています。最近では、リモートでの授業も行われ、授業を受けるために設定をする必要があります。
生徒がスムーズに教材を使用できるよう、動画を活用して使い方を紹介するコンテンツは有効です。

教材の使用方法を紹介する動画では、実際の画面を見せながらどのように設定をおこなうのかを解説する動画や、小学生が正しくタブレットやパソコンを使うための心得などを制作し、トラブルを未然に防ぐように心がけましょう。

小学生が制作した独自コンテンツ

小学生の多くはYouTubeを視聴しているため、動画への興味・関心が高く、授業で動画制作をおこなうことで他の授業にはないワクワク感の演出が可能です。
独自コンテンツと相性の良いものは、町やお店のPR動画です。PR動画を制作する過程で、動画の企画、取材、映像のディレクション、編集とさまざまなことを学ぶことができます。

独自コンテンツを制作する際には、生徒が主体的に動画を制作できるよう、制作環境を整えることも大切です。
編集を生徒が担当するのであれば、プロ向けの編集ソフトを活用するのではなく簡単な操作で動画編集が出来る支援ツールの活用がおすすめです。生徒が楽しく動画制作をおこなうことができるように、制作体制を整えましょう。

小学生に親しみやすい映像を活用して動画を制作

アニメーション形式の動画を取り入れることで、授業の理解度を深めることが可能になります。
小学生の親しみやすいアニメを活用すれば、難しいテーマの内容を分かりやすく紹介することが可能になります。

アニメ動画を制作する際には、文章や写真で伝えることが難しいテーマを取り上げて動画を制作しましょう。
情報を分かりやすく紹介するだけでなく、クイズ、擬人化、コミカルな演出など小学生の興味・関心を持つ演出を入れながら動画コンテンツを制作してください。

小学生向けの動画活用事例から学ぶべきこと

小学生向けに制作された動画コンテンツの活用事例から、動画を制作する際にどのようなことに注意をすべきかについて解説します。動画制作時の参考にしてください。

ドローン映像を活用した学校紹介動画


静岡サレジオ小学校では、保護者向けに小学校の紹介動画を制作し新規入学希望者の獲得に成功しています。オープニングではドローン映像を活用し、校庭、建物がどのような雰囲気かをイントロダクションパートで分かりやすく紹介しています。
その後、学校の独自制度や校訓などを校長が解説し、教育現場ではどのようなことが行われているのか、教員からのインタビュー動画を取り入れ情報を過不足なく紹介しています。

インタビュー動画だけで完結するのではなく、生徒が楽しく学習しているシーンをインサート映像として取り入れることで楽しい学生生活が送れることも分かりやすく伝えています。

タブレットの使い方説明動画


文部科学省が制作した動画では、タブレットを使用する際に生徒はどのようなことに気を付ける必要があるのかを1つずつ丁寧に解説をしています。
小学生が理解できるように、シチュエーションドラマを途中で取り入れたり、危険な行為ややってはいけない行為を見せて禁止を促すなど7分間の動画で生徒が飽きないような工夫を取り入れています。

注意喚起の動画を制作する際には、生徒に一方的に情報を押し付けるのではなく、生徒がいけない行動に気づきながら動画を制作することが大切です。
タブレットの使い方を制作する際には、小学生に理解をしてほしい内容は何かを整理し、具体的な映像を通して分かりやすく伝えましょう。

小学生が考えたPR動画


日向市立財光寺小学校では、小学生が日向市の魅力を小学生の視点で考えた動画を制作しました。
各シーンに小学生が出演し、さまざまな観光地から産業の魅力を紹介しています。小学生の視点を付け加えることで、大人では考えられない発想を取り入れたPR動画の制作が可能です。

小学生が全てを制作することは難しいため、撮影や編集では大人がサポートをして動画制作がスムーズに出来るような環境を整えるようにしましょう。

アニメーション映像を通して学習促進を図る


国土交通省の制作した動画では、「洪水の仕組み」を小学生に理解してもらうため、アニメーションを活用して視覚的に分かりやすく解説をしています。

生徒が楽しく理解できるよう、川を擬人化しどのような仕組みで川が出来るのかを解説するパートや、クイズ形式で生徒の理解度を図るパートを取り入れるなど、飽きさせない工夫をしています。

小学生向けには楽しく保護者向けには実用的な動画を制作する

動画を制作する際には、ターゲットを明確にして動画を制作することが大切です。生徒向けに制作するのであれば、「楽しさ」を全面に出した動画を制作しましょう。
教材として分かりやすい動画でも、つまらない内容であれば最後まで視聴しない可能性があります。小学生向けに動画を制作するのであれば、楽しく学べる内容を意識して制作してください。

保護者向けの動画では、「信頼度」や「安心感」を与えることが大切です。
学校紹介では具体的な情報や教師のインタビュー映像を。オンライン説明会では保護者の不安を解消する情報を反映し、映像を通して信頼してもらえるような動画を制作しましょう。

映像を制作する過程で編集や撮影の負担が大きくなるようであれば、動画制作支援ツールを活用し、作業時間を短縮しましょう。

まとめ

・ターゲットに合わせて動画を制作する
・生徒が楽しいと感じるコンテンツを制作する
・難しいところは動画支援ツールを活用する


小学校の現場で動画を活用する際には、本記事で紹介したポイントを意識してコンテンツを制作しましょう。
メディア博士は動画を簡単に制作する支援ツールです。3つの簡単なSTEPでの動画制作を可能にします。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約