動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【初心者向け】失敗しない新商品発表動画の作り方〜動画例・注意すべきこととは〜

【初心者向け】失敗しない新商品発表動画の作り方〜動画例・注意すべきこととは〜

新商品を発表するアプローチとして、動画を活用した発信方法が注目を集めています。動画を活用することで、商品の情報や想いをわかりやすく伝えることが可能です。

​​​​​​​新商品発表時に視聴者の興味・関心を引きつける動画はどのようなコンテンツを制作すべきか、本記事では新商品発表の動画制作について詳しく解説します。

新商品発表動画のコンテンツ例

新商品発表動画にはさまざまな動画表現があります。新商品発表動画を制作する際には、次に紹介する4つの手法を参考に動画制作を検討してください。

商品・サービス紹介

新商品発表動画で最も使われる手法が、商品・サービスを分かりやすく紹介する動画です。
商品を使用している様子、商品の使い方を分かりやすく解説する動画、商品の特徴を分かりやすく紹介した動画など、さまざまな形で新商品発表が可能になります。

新商品の開発過程や発表する時期によって動画のスタイルを微妙に調整できる点も優れています。
既存の商品であれば、訴求力の高いストーリー仕立ての映像で興味関心を惹きつけることもできます。
 

新商品がこれまでに無い商品やサービスであれば、インフォグラフィックを。
 

スタイルに合わせた動画を制作してください。

開発者インタビュー

新商品の特徴を紹介するために、新機能や商品の特徴を開発者に直接発信してもらう動画コンテンツもおすすめです。商品への興味・関心の高いユーザーや、パンフレットや営業メールに添付することで、購買意欲の高いユーザーが視聴する可能性が高くなります。
 

インタビュー動画を効果的に活用し、ブランディングに繋がる動画を制作してください。

ティーザー動画

商品の一部分を紹介するティーザー動画は、商品の一部を紹介し、視聴者に新商品がどのような雰囲気の商品かを伝えることができます。
動画尺は10秒以内、商品の一部を切り取ることで制作が可能なため短時間動画を制作することも可能です。
 

ティーザー動画で大切なことは情報を限定すること。情報を限定し、ユーザーが次の情報を受け取れるような仕組みを作りましょう。

新商品発表会で商品を詳しく紹介

新商品の発表する様子をオンライン動画のアーカイブとして公開する企業やメーカーも増えてきました。
 

新商品発表会では、動画尺が1時間程度と他の動画に比べて長くなるため視聴者が長時間でも視聴できるような環境づくりが大切になります。

新商品発表会では、ティーザー映像、商品紹介動画、インタビュー動画などさまざまな動画を各シーンで取り入れることで、発表会の間延びを感じさせることなく進行することが可能です。
発表会で初出しの映像を取り入れるとさらに訴求力が高くなるでしょう。
 

新商品発表時に意識すべきこと

新商品発表動画では、いくつか意識すべきことがあります。ユーザーに効果的に発信するために、次の項目に意識をしながら情報を発信してください。

情報を小出しにして発信

新商品発表では情報を小出しに発信し、ユーザーの関心度を高めることが大切です。
情報を小出しに発表する際には、視聴者が興味・関心を持つような情報を定期的にSNSで発信してください。ティーザー動画などで小分けに情報を発信し、視聴者の関心度を測りましょう。

ユーザーが興味・関心を持つアプローチを検討

ティーザー動画を発信するだけでなく、どのような発信方法が最適なのかを検討することも大切です。
SNSで動画を発信し、特設サイトに誘導をする、新商品専用のSNSアカウントを開設し動画を制作する、デモ映像をYouTubeで発信するなど、商品の特性によって発信する情報やアプローチを精査してください。

SNSプラットフォームに合わせた発信方法を検討する

SNS毎の特性を活かした新商品発表の方法を検討してください。SNSプラットフォームによっては商品発表をインフルエンサーが行うことで、興味・関心度を高めることも可能です。
TikTokでは、視聴者がチャレンジ動画を作ることで商品の宣伝に繋げることができることもあります。

SNSプラットフォームによって商品の発信方法が大きく異なるため、動画コンテンツを制作する際の参考にしてください。

冒頭5秒でインパクトのあるシーンを取り入れる

動画を制作する際には冒頭5秒で訴求力の高いインパクトのある映像を使用してください。視聴者が商品に興味を持つシーンを取り入れて、動画を最後まで視聴してもらえる環境を整えましょう。
 

注意すべきこと

新商品発表に活用する動画を制作する際には、気をつけなければならないこともあります。場合によっては動画が商品、企業価値の低下につながる恐れもあります。
次の4つのポイントに注意をしながら動画を制作してください。

視聴者の誤解を生む表現は避ける

新商品発表動画では、視聴者の誤解を生むような表現は絶対に避けるようにしてください。この商品を活用すれば、絶対に○○になるなどの誇大表現は注意が必要です。
視聴者が新商品やサービスを利用するにあたり、誤解を生みそうな表現は極力避け、正しい情報を発信するように心がけましょう。

過度な煽りを控える

インパクトのある動画を発信するために、過激な演出や偏った動画コンテンツは新商品の誤解を与えてしまう恐れがあります。
既存の商品概念を覆すために必要な表現や演出でも視聴者の受け取り方によっては「過度な煽り」と感じ不快な印象に繋がることもあります。

動画を制作した際には社内担当だけで確認をするのではなく、できるだけ多くの社員担当にチェックをしてもらい、動画に問題が無いのかを精査するように心がけましょう。

定期的に情報解禁をおこなう

情報を小出しにする際には、事前にスケジュールを決めて発信することも大切です。不定期に情報を公開するのではなく、公開時間や日程などを細かく決めて情報を発信してください。
新商品発表時に視聴者の興味・関心を集めても、新商品発売まで情報発信がなければ関心度が薄れてしまうこともあります。定期的に情報を発信し、視聴者の興味・関心を維持してください。

視聴者の反応を見ながら発信するコンテンツを調整する

情報を小出しするメリットとして、その都度視聴者の反応をチェックすることができるメリットがあります。視聴者の反応を確認し、視聴者が知りたい情報を追加したコンテンツを新たに制作する方法も有効です。
新商品発表後の視聴者の需要を見極めながら、どのような情報を発信すべきか見極めるようにしてください。
 

まとめ

・新商品発表動画はさまざまなコンテンツの制作が可能
・誤解を与えないよう動画を制作する
・継続的に動画を制作し発信する


新商品発表動画を制作する際は、本記事で紹介したポイントを意識しながらユーザーの興味・関心を惹きつけるコンテンツを制作してください。

動画制作にハードルの高さを感じている方は、動画支援ツールの活用がおすすめです。
メディア博士は3つの簡単なSTEPでの動画制作を可能にします。商品画像素材から、新商品発表動画に適した動画制作も可能です。皆さまからのお問い合わせをこころよりお待ちしております。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」