動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
コロナ禍の動画を活用した採用活動で気を付けるべきこと

コロナ禍の動画を活用した採用活動で気を付けるべきこと

コロナ禍で採用活動が大きく変化しました。展示会で直接魅力を伝えることができなくなったため、動画を活用して魅力を伝える企業が増えています。
コロナ禍で生まれた採用活動は、コロナ収束後にも採用され、今後の主要なアプローチになる可能性があります。

​​​​​​​本記事ではコロナ禍の採用活動で利用できる動画活用について解説します。

コロナ禍の採用活動で使える動画の特徴

コロナ禍の採用活動で使われる機会が多くなった動画は、状況に合わせて動画を使い分ける必要があります。
動画を活かした採用活動をおこなう際に、どのようなことが必要なのかについて解説します。

リアルとオンラインを使い分ける

コロナ禍が落ち着き、対面で会う機会が多くなりました。対面のイベントでオンライン用に制作した動画を流すよりも、登壇者がプレゼンをすれば熱量を直接伝えられる可能性があります。
そのため、リアルのイベントとオンラインイベントでどのような差別化を行うのかを検討する必要があります。コロナ禍だから動画を制作すれば良いのではなく、発信する場所に合わせて最適なコンテンツを制作してください。

学生と親和性の高いコンテンツを使用

動画を制作する際には、学生がよく見るSNSプラットフォームでの発信を意識してください。
親和性の高いコンテンツを制作することで学生が視聴する機会が増え、企業の知名度を高めることが可能になります。
2022年のトレンドは、TiktokInstagramなど、スマホの縦動画で閲覧できる60秒以内のコンテンツです。ハッシュタグなどを活用して、動画を制作するようにしましょう。

採用活動につながるコンテンツ事例

コロナ禍の動画制作で、採用活動につながるコンテンツはどのようなものでしょうか。コロナ禍の動画制作について解説します。

企業紹介動画

コロナ禍で活用できる最も代表的な動画事例は、企業紹介動画です。企業概要やキャリアステップなどを動画形式にして分かりやすく紹介します。
ホームページに比べて短時間でさまざまな情報を発信することができるので、理解度を深めることが可能です。

さまざまな媒体で動画を発信すれば、興味・関心を持った学生に特設ページに誘導することも可能です。

インフォグラフィックによる人事システムの紹介

最近の採用活動では、自由な働き方を実現できることをアピールするために、独自の人事システムについて、動画を通して紹介するケースもあります。
独自の人事システムがある企業は、学生にキャリアを理解してもらうために動画を制作すると良いでしょう。

インフォグラフィック動画で独自のシステムを解説し、インタビュー動画で実際に活躍する人の仕事内容を紹介することも可能です。
インフォグラフィック動画は人事システムだけでなく、企業概要を紹介することも可能なので、伝わりにくい情報を視覚的で使えるためのコンテンツを制作しましょう。

採用コンセプト動画

展示会などに参加できない学生に向けて、コンセプト動画を通して企業のイメージを伝えることが可能です。
コンセプト動画を通してどのような人材を求めているのか、どのような採用活動を行おうとしているのかを伝えることができます。

企業として学生に伝えたいメッセージがある企業は、採用コンセプト動画を制作してください。

インタビュー動画

社員のインタビュー動画を制作し、仕事内容、やりがいについて企業の魅力を紹介します。
従来のインタビュー内容と大きく異なる点は、リモートワークコロナ禍での仕事変化など、最新の情報を紹介することも大切です。

インタビュー動画は入社して数年の若手社員と、キャリアが長い社員へのインタビューを行い、さまざまな観点から仕事のやりがいを伝えるようにしてください。

学生の興味・関心を高める動画事例

学生の採用活動を後押しし、企業の興味・関心を高める動画事例を紹介します。
それぞれの企業事例を紹介しながら、動画制作のポイントを解説します。

ソニーグループ


ソニーグループでは、どのような人材を求めているのか、人材採用にする考え方がわかる動画です。人気芸人がコミカルな動きを通し、ソニーグループの採用がどのようなものかを分かりやすく紹介しています。

ソニーグループは、服装の自由、個人面接があり、キャリアによって採用方法も異なるなどソニーグループに応募するとどのような面接を受けることになるのかをイメージできます。
採用する際の考え方や、企業が採用する際にどのような基準で選んでいるのかを動画を通して紹介するコンテンツもおすすめです。

Wizオンライン会社説明会


Wizはコロナ禍でオンライン説明会を積極的に開催しました。
オンライン説明会の参加前に閲覧することで、企業の魅力度を高めるどのような企業なのかを分かりやすく紹介するため10分かけてインフォグラフィック形式の動画で紹介します。

企業理念、会社の遠隔など企業の概要から、キャリアコースまで、Wizという会社に入社するとどのような社会人生活を送ることができるのか、動画だけでも伝わる内容です。

トランスコスモス


トランス・コスモスは、新卒者向けに開催した過去のオンライン説明会をベースに、PR動画を制作しました。
動画の冒頭部分ではセミナーでの画面を紹介し、後半はインフォグラフィック形式でテンポよく説明会の日程を紹介しています。

説明会の重要なポイントのみをピックアップして紹介し、合同説明会のURLのリンクするように誘導しています。

動画制作のポイント

採用活動の動画制作する際には、いくつか気を付けるべきポイントがあります。次の3つのポイントに注意をして動画を制作してください。

ポイント1 媒体に合わせた最適な動画尺で動画を制作

発信する媒体に合わせて動画の尺を決めることが重要になります。1分以内の告知動画を制作するのであれば、縦動画で学生が見やすいフォーマットを使用しましょう。

ポイント2 オンライン説明会用の動画はテンポよく

オンライン説明会用で動画を活用する際には、短時間で参加者に伝わるようなテンポの良い動画を制作するように心がけましょう。

ポイント3 特設ページでは長時間で丁寧に解説

採用活動の仕組みや、企業の魅力を丁寧に紹介するのであれば、YouTubeなどに動画を投稿し、ホームページ経由で採用動画を閲覧してもらうなど工夫をしてください。

ポイント4 インタビュー動画はカッコよく

インタビュー動画を制作する際には、スタイリッシュでおしゃれなテイストの動画を制作しましょう。作業風景や営業先でのプレゼン様子など、企業で活躍できるようなイメージ映像を目指しましょう

ポイント5 興味・関心を惹きつける構成を心がける

大切なことは、学生の興味・関心を惹きつける構成です。Z世代の学生は動画視聴に慣れているため、さまざまな動画コンテンツを視聴しています。興味・関心を惹きつける構成を心がけ動画を制作してください。

まとめ

コロナ禍で需要が変化している
・目的を明確にして動画を制作する
・学生の興味・関心を惹きつける構成


コロナ禍で少しずつ変化している採用活動のスタイルに注意をしながら、動画コンテンツを制作してください。動画制作にハードルの高さを感じている方は、動画制作支援ツールの活用がおすすめです。
メディア博士は3つの簡単なSTEPで訴求力の高い動画を制作する支援ツールです。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」