動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【事例あり】企業価値を高めるショートムービー参考事例動画7選

【事例あり】企業価値を高めるショートムービー参考事例動画7選

企業・イベントの魅力を伝える表現手法として、30秒〜3分程度で伝えるショートムービーの事例が多くなりました。ショートムービーを使用することで、短時間で企業の魅力をわかりやすく伝えることが可能になります。

​​​​​​​本記事では、ショートムービーの事例をいくつか解説し動画を制作する際にどのようなことに気をつける必要があるのかについて解説します。

参考になるおすすめのショートムービー参考事例7選

ショートムービーの参考事例を7本紹介します。どの紹介動画も参考になるものばかりです。ぜひ参考にしてください。

JR東日本


コロナ禍リモートワークをしている視聴者に向けて、JR東日本が提案する「ワーケーション」はどのようなものかについて紹介した動画です。
働きながらその地域の魅力を知れる「ワーケーション」の過ごし方を、2分30秒で分かりやすく紹介しています。

プランの利用方法をわかりやすく紹介し、興味を持ったユーザーをワーケーションの専用ホームページを誘導することも可能にしています。
ショートムービーでは、利用者が知りたい情報を端的にわかりやすくまとめて紹介することが重要になります。

埼玉トヨペット


埼玉トヨペットのショートムービー動画では、1問1答形式で企業の魅力についてわかりやすく紹介した動画です。
テンポ良く紹介するために、「そもそも埼玉トヨペットってどんな会社」というテーマに関した疑問を働く社員さんに向けて発信、1問1答形式でテンポ良く企業の魅力を紹介しています。

社員が淡々と質問に答えて動画全体が間延びにならないよう、絵作りを変えながら紹介している点に注目してください。

JTB


JTBでは、国内外の人々を「旅行」を通してどのようにして繋げようとしているのか、「ユニーク&チャレンジャー」の企業風土を伝えるための動画を分かりやすく紹介しています。

動画では、躍動感のあるシーンの切り替え、ブランディングを意識したvが特徴的です。
映像で視覚的に伝えるのではなく、テロップでサービスの特徴や企業の思いをうまく伝えているため、最後まで動画を飽きずに視聴することができます。ショートムービーでの躍動感の大切さが伝わる動画と言えるでしょう。

牛乳石鹸


ショートムービーの中には、テンポ良く企業を紹介するものだけでなく、ドラマ仕立てで企業や団体の魅力を伝えるブランドムービーもあります。
人生の中でなんらかの失敗をしてしまった人たちが「自分の失敗経験」を明るく紹介している人々の「やさしさ」に触れながら、主人公が人生で「失敗を恐れない大切さに気づく」というストーリーです。ストーリーを通して牛乳石鹸の企業理念でもある「ずっと変わらぬ、やさしさを」をうまく伝えています。

ショート動画で企業の魅力を伝えるコンセプトムービーには、カッコよく訴求をするものだけでなく、ドラマ仕立てで魅力を紹介することも可能です。

ノーリツ


ノーリツでは70周年の企業ムービーを1分44秒で簡潔にまとめて紹介しています。
創立当初の写真を取り入れながら、後半は動画で社員の働く様子を表現。動画の中で企業の歴史をうまく表現しています。

既存の写真や動画素材を活用しながら、企業の魅力を動画化することも可能です。

森ビル株式会社


期間限定で展示されるクリスマスツリーがどのような形を経て、六本木ヒルズに運ばれたのか1分のドキュメンタリー映像にまとめた動画です。
冒頭シーンでは木を伐採する風景を紹介。後半ではプロジェクトに携わったプロへのインタビュー映像に切り替わり、木への想いを語るという構成になっています。

ドキュメンタリーテイストの動画を制作することで、イベントの魅力を別の角度から紹介することに成功している参考事例と言えるでしょう。

東京オリンピック2020


東京オリンピック開催に先立ち、オリンピックがどのような歴史なのかについて30秒で簡潔に紹介した動画です。
オリンピックの歴史から、東京オリンピック2020がどのような競技が開催されるのか、参加国・地域はどの程度になるかについて、細かい情報を分かりやすく紹介しています。

インフォグラフィックス動画を制作すれば、短いテンポで視覚的に情報を分かりやすく伝えることが可能です。
インフォグラフィックスは、新商品、サービス紹介でも活用が可能で、分かりにくい情報を分かりやすくする際におすすめです。

参考事例動画に共通していること

参考事例動画に共通していることは、大きく分けて3つ「端的で分かりやすい」「シーンの切り替えがテンポ良く行われている」「メッセージが明確」があります。
動画を制作する際には、3つのポイントをクリアするように制作をするとより訴求力の高い動画に仕上げることが可能です。

7本の参考事例動画に共通していることは、冒頭5秒のシーンにインパクトのある映像を提示し、視聴者の興味を惹きつけるように構成を工夫しています。

ショートムービーを制作する際に注意すべきこと

ショートムービーを制作する際にはいくつか気を付けるべきポイントがあります。動画制作を行う際には、以下の情報に注意をしながら動画を制作してください。

ターゲットを明確にする

ショートムービーで伝えることができる情報は限られています。限られた情報を的確に伝えるためには、ターゲットを明確にする必要があります。
動画を制作する際には、ターゲットを細かく設定し、どのような視聴者に動画コンテンツを届けたいのかをイメージしながらショートムービーを制作するようにしてください。

情報の取捨選択を行う

ショートムービーでは、伝えたい情報を全て発信することは難しく、動画内容によっては泣く泣く切り捨てなければならない情報もあります。
カットするシーンに迷ってしまった時には、「動画のコンセプトは何か」、「視聴者に伝えたい情報は何か」イメージしながら制作を進めるようにしましょう。

情報を全て網羅することができないので、あくまで「興味関心の入口」と捉え、概要欄に補足説明を追加したり、URLを掲載してホームページへ誘導するなど工夫を心がけましょう。

多数の媒体で発信できるように動画を制作する

ショートムービーはさまざまなSNSプラットフォームと親和性が高く、同じコンテンツを複数の動画で発信することも可能です。
さまざまな媒体で発信し、視聴者に動画を視聴してもらえるようにするために、セリフをテロップに書き起こすなど工夫を心がけましょう。

音が無い状態でも理解できる動画は、SNSだけでなく展示会やデジタルサイネージへの出稿も可能になります。
ショートムービーを特定のSNSプラットフォームで配信することを検討するのではなく、さまざまな媒体で利用することを意識しながら動画コンテンツを制作してください。

まとめ

本記事ではショートムービーを制作する際に参考になる動画事例を7つ紹介しました。どれも訴求力の高い動画で、企業の魅力を高める動画でした。
ショートムービーはプロのスキルも必要で、動画制作に知識がない場合は制作ハードルの高さを感じることもあります。

動画制作にハードルが高いと感じている方は、動画制作をサポートする支援ツールの活用がおすすめです。メディア博士は3つの簡単なSTEPで動画制作を可能にします。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」