動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
楽天市場で動画を活用するメリットとは?動画を活用しているショップの事例に触れながら解説

楽天市場で動画を活用するメリットとは?動画を活用しているショップの事例に触れながら解説

月に5,000万人ものユーザーが利用する人気のECサイト「楽天市場」。
実際、楽天市場にショップを開設して商品を販売している企業も多いかと思いますが、そんな楽天市場で活用される事例が増えてきているのが「動画」です。

​​​​​​​今回は、楽天市場での動画の活用について詳しく紹介していきます。

楽天市場のページには動画の埋め込みが可能

楽天市場自体を活用していない方はもちろん、実際に楽天市場にショップを開設している方の間でもあまり知られていませんが、楽天市場のページには動画を埋め込んで活用することが可能です。
これは楽天が提供している出店者向けの機能の一つで、特別なツールを導入したり、追加料金を支払って利用するようなものではありません。

楽天にショップを開設している方であれば自由に利用できます。

楽天市場のページに動画を埋め込んで活用するメリット

楽天市場のページには動画を埋め込んで活用できると紹介してきましたが、最近は実際に動画を埋め込んで活用しているショップが増えてきています。
活用するショップが増えてきているのは動画を埋め込むことで何かしらのメリットが期待できるようになるためですが、どういったメリットが期待できるようになるのでしょうか?

楽天市場のページに動画を埋め込んで活用することで期待できるようになる5つのメリットについて解説していきます。

ユーザーの興味関心を引くことができる

楽天市場のページに動画を埋め込んだ場合、ユーザーが動画の箇所までスクロールしてきたタイミングで自動的に動画が再生されるようになっています。
そのため、ユーザーの興味関心を引きやすくなっていますし、ページを流し見して離脱されてしまうような機会損失を防ぐことができます。

伝えたいことを短時間で伝えられる

テキストや画像だけで商品の情報や魅力を伝えようとすると、どうしてもページが長くなってしまいがちです。
「楽天のページは長くて目を通すのが疲れる」といったユーザーの意見も少なくありません。
動画は映像や音声を駆使して情報を伝えられるので、短時間でより多くの情報を伝えられるという強みがあり、ユーザーに嫌悪感を抱かせたり疲れさせにくくなっています。

ページ内のコンテンツが充実する

商品紹介ページに動画を埋め込むと、ページ内のコンテンツが充実し、より魅力的なページになります。
ほとんどのショップはテキストと画像のみで商品をPRしていますが、そこに動画が加わることにより、よりユーザーの購買意欲を刺激するページにすることが可能です。

競合他社との差別化につながる

楽天市場には数多くの企業がショップを立ち上げ、商品を販売しています。
基本的にどのジャンルでも競合他社となる企業が複数あると考えておくべきで、それら競合他社との競争に勝つには差別化を図らなくてはいけません。

そこで活躍してくれるのが、「動画」です。
ショップの数自体は無数にあると言っても過言ではありませんが、動画を取り入れて活用しているショップはまだそれほど多くないため、積極的に取り入れて活用することで差別化につなげられるようになります。

商品の魅力がより伝わりやすくなる

動画は、ユーザーに商品の魅力を伝える方法としても非常に魅力的です。
テキストや画像で伝えるよりも、映像を通して商品の魅力を伝えられる動画の方が商品の魅力がより伝わりやすく、「欲しい」「使ってみたい」と思ってもらいやすくなります。

楽天市場のページに動画を埋め込んで活用するときに知っておきたいデメリット

動画は埋め込んで活用するとさまざまなメリットが期待できるようになると紹介してきましたが、実際に活用する場合、いくつかデメリットもあるので注意しなくてはいけません。
楽天市場のページに動画を埋め込んで活用する上で知っておきたい3つのデメリットについて解説していきます。

動画の制作は手間がかかる

動画の制作は、

・企画
・撮影
・編集

と、やることが多く手間がかかります。
動画を制作したことがなく慣れていない場合であればなおさらです。

まとまったリソースを確保しなければならなくなるため、通常の業務に追われてリソースを確保するのが難しい企業にとっては大きなデメリットになってしまいます。

動画を制作するのにコストがかかる

動画の制作は手間がかかるためまとまったリソースを確保しなくてはならないと解説してきましたが、人員を確保するとどうしてもその分コストがかかってしまいます。
動画の制作に関わる人員が多くなればなるほどコストもかさむため、この点も動画を制作する上での一つのデメリットだと言えるでしょう。

それなりのクオリティが求められる

楽天市場はECサイトであるため、商品紹介ページに商品紹介動画を掲載する形で活用するのが一般的です。
ただ、ユーザーは掲載する動画を見て商品を購入するかどうかを決めるため、掲載する動画にはそれなりのクオリティが求められます。

クオリティの低い動画を掲載してしまうと商品の購入を検討していたユーザーが購入をやめてしまう可能性もあるので注意しなくてはいけません。

楽天市場のページに動画を埋め込む方法

楽天市場のページに動画を埋め込む方法には、「楽天市場の機能を活用する方法」と「YouTubeにアップした動画を埋め込む方法」という2種類の方法があります。

楽天市場の機能を活用する方法の具体的な手順は以下のとおりです。

・R-Cabinetに動画をアップする
・貼り付け用HTMLソースをコピーし、ページの該当箇所に貼り付ける


YouTubeにアップした動画を埋め込む方法の具体的な手順は以下のとおりとなっています。

・YouTubeに動画をアップする
・埋め込み情報をコピーし、楽天GOLDにHTMLをアップする
・ページの該当箇所にiframeを記述する


より詳しい埋め込み方法については、楽天市場のマニュアルやヘルプページから確認するようにしてください。

楽天市場のページに動画を埋め込んで活用している事例

楽天市場のページ動画を埋め込んで活用したいと考えているのであれば、実際に動画を活用しているショップの事例を積極的にチェックするのがおすすめです。

実際に動画を活用しているショップの活用の仕方を参考にすることで、

・動画を配置する箇所
・用意する動画の種類
・動画の内容
・動画の見せ方

など、動画をより効果的に活用する上でのポイントが見えてきます。

楽天市場のページに動画を埋め込んで活用している2つのショップの事例を紹介していきます。

壁紙屋本舗

https://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamiyahonpo/d/wall_p/howto-tenjyou.html

壁紙やフロアタイルなど、DIY用の製品を販売している人気のショップ「壁紙屋本舗」。
壁紙屋本舗は自社の公式通販サイトの他にも楽天市場にショップを開設して商品を販売しており、その楽天市場のショップの方ではさまざまなページに動画を掲載し、有効的に活用しています。

こちらのページは壁紙の貼り方について解説しているページですが、ページの始めに解説動画が埋め込まれています。
解説を画像やテキストだけでおこなおうとするとどうしてもボリュームのある内容になってしまいますし、細かいところがユーザーに伝わりません。

その画像やテキストのデメリットを解消し、「これなら自分でもできるかも…!」と思わせる、ユーザーの背中を押す内容の動画となっています。

entre square

https://item.rakuten.co.jp/entresquare/13702/

雑貨から家具までさまざまな製品を販売している「entre square」。
こちらはそんなentre squareで販売されているe-bikeの商品紹介ページです。

こちらのページでは、商品紹介の最後に動画を掲載し、活用しています。
セッティングから実際に乗っている様子を紹介するシンプルな動画ですが、映像で見せてあげることでユーザーの購入意欲を刺激することができます。

ただ、画像や文章での商品紹介に目を通すのが面倒だと感じる方も少なくないので、動画はなるべくページの上部に掲載するべきです。
実際に掲載する際は、動画を掲載する位置も意識するようにしましょう。

まとめ

楽天市場のページには動画を埋め込んで活用することができるようになっています。
動画を作るのは手間がかかりますし、コストもかかります。
また、商品を紹介する動画であることを考えるとそれなりのクオリティのものを用意しなくてはいけません。

しかし、それらのデメリット以上のメリットが期待できるのも事実です。
まだ積極的に取り入れているショップが少ないことを考えると、今のうちに取り入れて活用するべきだと言えるでしょう。
まずはどういった動画を制作し、どう活用するかを企画するところから始めてみてはいかがでしょうか?

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」