動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
農林業の未来を切りひらく、動画活用の可能性

農林業の未来を切りひらく、動画活用の可能性

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする
日本の農業・林業は、今や多様な機械を使った技術産業です。しかも完全に専門化した仕事のため、知識やノウハウなどは経験を積まなければ身につきません。
​​​​​​​そのため新たな人材の確保が、非常に難しい産業の1つになっています。
 
今後の農林業で大きな課題になるのが、人材確保と業務効率化であることは間違いないでしょう。そこでこの記事では、課題を解決する上での頼もしい助っ人、動画の活用方法について紹介します。

農林業と動画活用のマッチング

自然を相手に仕事をする農林業と動画活用とは、なかなかイメージが結びつかないかもしれません。ところが現代の農林業には、先端技術が大きく関わっていることもあり、あらゆるところに動画を活用するチャンスがあるのです。
それ以外にも、多様な知識やスキルを求められる農林業では、その習得に動画を活用することで、人材育成の効率化を図ることもできます。

では、農業や林業の世界で具体的に動画を活用する場合、どのような用途が考えられるのか、最初に代表的なケースを3つにまとめて紹介しましょう。

IT技術の導入に活用する

これからの農林業は、IT技術と切り離すことができない関係にあります。それをストレートに表す言葉が、近年耳にする機会が多くなった「スマート農業」と「スマート林業」です。
国が推進するこれらの取り組みは、今後の人材不足を見すえながら、IT技術の導入によって農林業の効率化を図るものです。

例えば農業では、ドローンを使った農薬散布はすでに一般的になりつつあり、広い農場で無人の農業機械が自律的に作業を進めることも可能になっています。
こうした技術を使いこなすためには、作業を担当するスタッフの教育が必要ですが、その効率化には動画が大きな威力を発揮します。

技術や知識の伝達に活用する

林業の分野でも新しい技術が導入されています。それがITを利用して森林を管理するマネジメントシステムです。
ただし、基本的に林業は人が山の中に入って作業するため、経験豊富な林業従事者のノウハウを、これからの世代にも伝える必要があります。

同じように農業でも、土を使わず特殊なフィルムで作物を栽培する農法や、全自動で農業ハウス内の温度管理から灌水までを行うシステムなど、新しい技術が次々に導入されています。
しかし農業も本来は自然を相手にする仕事なので、長年経験を積んだベテラン農家のノウハウを、若い世代に伝えなければなりません。このようなシーンでも、動画が大いに活躍します。

優れた人材の確保に活用する

どの業界でも人材不足が慢性化していますが、農林業でも状況は変わりません。職を求める人たちに対しては、何とかして農林業の魅力を伝えなければ、今後ますます人材の確保が難しくなってしまうでしょう。

現在求人募集に動画を活用する動きが広がっています。職場の雰囲気を知りたいという求職者にとって、既存の求人サイトでは必要な情報を得ることはできません。
求人サイトでは、あくまでも募集の条件を提示することしかできないからです。ところが動画を活用すれば、人材を募集する側が積極的に職場の魅力をアピールすることができるのです。

このように動画を活用することによって、農林業の世界でもさまざまなメリットが得られる可能性があります。今度はそのメリットを、どのように実際の現場で生かすか、具体的な事例を見てみましょう。

シーンに合わせたさまざまな動画活用法

ここからは実際の事例動画を紹介しながら、具体的な動画活用の方法を解説しましょう。

最新技術の習得に動画活用

参考サイト:株式会社マゼックス「飛助MGプロモーション動画」

この動画は農業用ドローンのメーカーが、プロモーション用として制作したものです。ドローンの仕組みと機能を中心に、実写を交えながら、専門的な内容も分かりやすく説明しています。
これまでまったくドローンの知識がなかった人でも、およそ7分弱のこの動画を見れば、農業用ドローンの有効性について理解できるでしょう。

参考サイト:ELP産業「林業用ドローン森飛ご紹介動画」

この動画は林業用に開発されたドローンが、実際の現場で働く様子を紹介したものです。ドローンそのものの紹介ではなく、作業風景にスポットを当てているため、林業従事者の教育用動画としても使うことができるでしょう。

これらの事例から分かる通り、動画を使うと複雑な装置の説明も非常に理解しやすくなり、実際には簡単に見られないような現場の様子も、まるでそこに自分がいるような感覚で確認することができます。
実物が目の前にあるように、または実際の現場を体験するように、動画を使うと新しい技術の習得が容易になるのです。

人材の育成に動画活用

参考サイト:ひろちゃん農園「ジャガイモ土作り」

この動画では、ベテラン農家が自分の経験をもとに、農作業の進め方を説明しています。
農業は実際に自分でやってみないと、うまく作物が栽培できるかどうかは分かりません。新人農家にとっては、それが大きな悩みの1つです。

しかし動画で経験豊かなベテランのノウハウが見られれば、かなり貴重な予備知識を得ることができます。この事例動画は、さまざまな作物ごとにシリーズ化されているようで、新人農家の研修にも十分に活用できるでしょう。
このように、言葉だけでは説明が難しい技術やノウハウの伝達も、動画活用によって大幅な効率化が可能になるのです。

人材の確保に動画活用

参考サイト:岩手県公式動画チャンネル「いわての林業もりあげよう」

林業の魅力を伝える動画は、全国各地で制作~配信されています。この事例動画では、若い女性や若い夫婦などが登場することで、新しい仕事を探す若者たちに、共感しやすいメッセージを送ることに成功しています。

求人に動画活用することは、未知の職場に足を踏み入れるという不安感を和らげ、同時に見ている側に感情移入を促す効果もあります。
農業でも林業でも、今後の人材不足を解消するためには、積極的に動画を配信して効率的な求人戦略を立てる必要があるでしょう。

農林業界全体のイメージアップに動画活用

動画活用は、農林業をサポートするメーカーなどからも数多く配信されています。もちろん主な目的は、製品やサービスのPRです。
他にもドローンの紹介で見たように、最新技術の解説にはもはや動画は欠かすことのできない存在です。

動画には、視覚的な情報と聴覚から入る情報との相乗効果で、短い時間でより多くの情報を伝えられるというメリットがあります。
農林業のように将来に向けての課題が多い業界では、情報発信力の高い動画を使って、PR戦略を強化する必要があるのではないでしょうか。

今後は農林業従事者とメーカー、そして農林業関連機関などが協力しながら、業界全体のイメージアップのために、さまざまなタイプの動画を配信する必要があるかもしれません。
それと同時に人材の確保から人材の育成、さらに実際の作業スキルの習得にも動画を活用すべきでしょう。

農林業でも工夫しだいで、多様なシーンでの動画活用法が可能です。ただし、より効果的な動画作成をするためには、映像のプロに相談することをおすすめします。
プロによるサポートが手軽に受けられるシステムもあるので、1度検討してみてください。

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」