動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
思わずマネしたくなるかっこいい会社案内動画3選!かっこいい動画を作る上で知っておくべきポイントとは?

思わずマネしたくなるかっこいい会社案内動画3選!かっこいい動画を作る上で知っておくべきポイントとは?

企業が動画の活用に取り組む際、どの動画よりも先に用意しなくてはならない会社案内動画。
会社案内動画では、会社の概要や歴史、事業内容、強みなど企業の全体的な情報をコンパクトにまとめ、発信します。
製品の購入やサービスへの加入、案件の受注、さらには採用活動にも活用できるので、非常に重要な動画だと言えるでしょう。

​​​​​​​今回は、数ある会社案内動画の中でも特に参考になるかっこいい動画をいくつか厳選して紹介していきます。
かっこいい会社案内動画を制作する上で重要なポイントなどについても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

かっこいい会社案内動画3選

かっこいい会社案内動画を制作する上で参考にしたいのが、他の企業の事例です。
かっこいい会社案内動画をイチから企画して作るのはとにかく大変で、動画を作った経験のない方がセンスの感じられるかっこいい動画を作るのはほぼ不可能だと言っても過言ではありません。

そこで参考にしたいのが他社の事例というわけです。
完全にマネてしまうのはマナー違反なので避けるべきですが、取り入れられそうな要素を取り入れて動画を制作することで、その企業の会社案内動画のようにかっこいい動画を作れるようになります。

ここでは、特に参考になりそうな事例を3つピックアップして紹介していきます。

佐藤製線グループ


宮城県の亘理郡にある建設土木資材の総合商社、「佐藤製線グループ」。
こちらの動画は、佐藤製線グループの会社案内動画です。

冒頭の釘がアップで映し出されるところから惹きつけられる動画で、会社の歴史や働いている社員のさまざまな映像を交えながら自社を紹介しています。
「かっこいいですね!」というコメントが投稿されるほど印象に残る会社案内動画です。

ニヨド印刷株式会社


高知県の吾川郡にある印刷会社、「ニヨド印刷株式会社」。
ニヨド印刷株式会社の会社案内動画も、動画を見たユーザーから「かっこいい」と評価されている代表的な動画の一つです。

冒頭で本社の外観が映し出され、その後は作業をおこなっている社員や稼働している機械の様子がテンポよく切り替わっていく構成となっています。
2分ほどの短い動画ですが、熟練した技術がところどころに感じられる動画になっていて、思わず「かっこいい」と言葉にしてしまいそうになる会社案内動画です。

LINE Developers


私たちの生活に欠かせないモバイル端末向けアプリの「LINE(ライン)」。
こちらの動画は、そのLINEが会社や事業内容を紹介している会社案内動画です。

社員へのインタビューを中心に構成されたよくある内容の動画ですが、本社のさまざまな場所でインタビューがおこなわれており、社内の洗練されたインテリアも相まってかっこよく感じられる動画に仕上がっています。
採用を目的とした会社案内動画を作るときにも参考になる事例の一つです。

かっこいい会社案内動画を作る上で押さえておきたいポイント

先ほど紹介した事例を参考にしながら会社案内動画の制作に取りかかればそれなりにかっこいい動画を作ることができるはずですが、よりかっこよくて洗練された動画を用意したいのであれば、かっこいい動画にするポイントについても把握しておくべきです。

かっこいい会社案内動画を作る上で押さえておきたい3つのポイントについて解説していきます。

映像や音声、BGMにこだわる

先ほど紹介したかっこいい会社案内動画を実際にチェックしてもらえるとわかりやすいかと思いますが、かっこいい会社案内動画は、映像や音声、BGMにこだわりが感じられる動画ばかりです。
一眼レフカメラなど画質の良いカメラやボケ感を演出できるレンズを用いて撮影していますし、カメラに備わっているマイクではなく専用の外付けマイクやピンマイクを用いて音声を収録していたりします。

また、BGMについても、YouTubeなどで耳にするようなありきたりのものを使用するのでなく、オリジナルのものを用意して使用している動画がほとんどです。
映像や音声、BGMにこだわるのとこだわらないのとでは動画の質が大きく異なりますし、受ける印象も大きく異なるので、なるべくこだわって制作するようにしてください。

テンポの良い編集を意識する

いくら映像や音声、BGMにこだわっても、編集がイマイチだとかっこいい会社案内動画にはなりません。
先ほど紹介した動画を実際に見てもらえるとわかりますが、どの動画もテンポ良く編集されています。
編集のテンポが悪い動画は、違和感を感じやすく、素人が作ったようなイメージを持たれてしまいがちです。

一方、テンポ良く編集されている動画は、素人くささの感じられない洗練されている動画になりやすい傾向にあります。
かっこいい会社案内動画を作りたいのであれば、動画のテンポも意識しながら編集するようにしましょう。

ターゲットを明確にする

かっこいい会社案内動画を作る場合、誰もがかっこいいと感じる動画を作ろうとするのではなく、ターゲットにかっこいいと思ってもらえる動画を目指すべきです。
ここでターゲットとなるのは、貴社の製品を購入してくれたりサービスを利用してくれる可能性のある見込み顧客や、貴社の求人に応募してくれる就活生・転職者などです。

全員にかっこいいと感じてもらえる動画にしようとすると、誰に何を伝えたい動画かがわかりづらくなってしまい、結果的に誰にも刺さらない動画になってしまう可能性があります。
そうならないためにも、まずはターゲットを明確にして、ターゲットに「かっこいい」と感じてもらえる動画を制作するようにしましょう。

会社案内動画では会社の魅力を伝えられるかどうかを第一に考えよう

他社のかっこいい会社案内動画を見ると、つい「自社でも」と考えてしまいがちです。
もちろんかっこいい動画に仕上げることは悪いことではありませんし、かっこいい動画に魅力を感じるユーザーが多いのも事実です。

ただ、会社案内動画で最も重要なのは「かっこよさ」ではなく「企業としての魅力を伝えられるかどうか」なので、そこを間違えないようにしてください。
かっこよさよりも、どういった企業でどのような事業をおこなっていて、どういった魅力のある会社なのかを伝えることを第一に考えて動画を制作するようにしましょう。

かっこよさを追求するのであれば、それらを担保した上で追求するようにしてください。

プロにサポートしてもらうのもおすすめ

最近は動画を内製する企業も増えてきましたが、これまで動画を制作した経験のない企業がいきなりかっこいい会社案内動画を制作するのは非常に難易度が高いと言えます。
なぜなら、動画制作に関するノウハウを持ち合わせていないのはもちろん、かっこいい映像の撮影方法やテンポを意識した編集方法など、かっこいい動画に仕上げるためのノウハウも持ち合わせていないからです。

もし独力で会社案内動画を作るのが難しいと思える場合は、プロにサポートしてもらうのも一つの手です。
制作会社に任せるのもアリですし、動画の内製をサポートしてもらうこともできます。
費用はかかりますが、プロにサポートしてもらう方が効率的ですし、かっこいい動画に仕上がりやすくなるので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

かっこいい会社案内動画を作りたいと考えている企業の経営者や担当者向けに、動画を作る上で参考になりそうなかっこいい会社案内動画の事例を3つ厳選して紹介してきました。
今回紹介した3社の会社案内動画はどれも洗練されていて、ユーザーが魅力を感じるものばかりです。

これらの動画を参考にしながら会社案内動画を作るようにしてもらえれば、初めて会社案内動画を制作する場合であっても洗練されたかっこいい会社案内動画を作れるようになるはずですので、ぜひ参考にしながら制作に取り組んでみてはいかがでしょうか?

スマートフォンでの動画撮影チェックシート【31項目】

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」