動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
【必見!】Instagramの動画サイズと変更を分かりやすく解説

【必見!】Instagramの動画サイズと変更を分かりやすく解説

Instagramで動画をあげるときサイズで迷ったことはありませんか?

「ストーリーズをアップしたいけど上手くいかない」
「サイズを変更したいけど上手くいかない」


この記事ではinstagramで動画をあげるときに推奨するサイズをまとめました。
また、動画サイズの変更方法や広告のサイズについても分かりやすく解説していきます。

Instagramの推奨の動画サイズ

Instagram上の動画表示は、通常(フィード)投稿、ストーリーズ投稿、リール投稿の3つがあります。それぞれに推奨される動画サイズは異なります。ここでは、それぞれの動画サイズについてまとめました。

通常の投稿時の動画サイズ

通常(フィード)投稿とは、インスタグラムのホーム画面に表示される画像や動画の一覧のことです。そこには自分の投稿や自分に関連するインスタの投稿が自動で表示されます。フィードはタイムラインともいいます。

通常(フィード)投稿で推奨される動画サイズは以下の通りです。
      
  px数 アスペクト比
正方形 600x600 1:1
縦長 600x750 4:3
横長 600x315 1.91:1

*ファイルサイズ最大4GB、動画の長さ最大120秒

インスタストーリーズ・リールの動画サイズ

インスタストーリーズとは、タイムラインの上部に表示される投稿です。
インスタストーリーズは投稿後24時間経つと消えてしまいます。一方リールとは、インスタグラム上で最大60秒の短縮動画を作成できる機能です。

インスタストーリーズと・リールを投稿する際の動画サイズは以下の通りです。
 
  px数 アスペクト比
正方形 1,080x1,080 1:1
縦長 1,080x1,920 9:16
横長 1,080x1,350 4:5

*ファイルサイズ最大4GB、動画の長さ最大120秒  

動画サイズの変更をする方法は?

このように、インスタに投稿する際に推奨される動画には様々なサイズがあります。実際に投稿するとなった時、推奨されるサイズに変更する必要がありますが、その方法がよく分からないという声もあります。
インスタ投稿にあたって動画サイズを変更する方法は、大きく分けて二つです。インスタグラムにある変更機能を使った方法と別の動画編集ソフトを使って変更する方法があります。

それぞれ特徴がありますので、実行しやすい方法で変更するのがおすすめです。

インスタグラムにある機能を使用する

インスタグラム内には、動画サイズ編集機能があります。使い方は以下の通りです。

①インスタ内の「+」をタップし、ライブラリから動画を選ぶ。
②指を使って拡大したり縮小したりして、好みのサイズにする。


サイズ調整完了後に、必要に応じて加工や動画時間を調整します。「シェアする」をタップすれば投稿完了となります。
ただし、インスタ内で行うサイズ変更は、非常に簡単ですが細かい変更ができません。そのため、あらかじめ動画撮影の段階でサイズを考えて撮影するようにすると良いでしょう。

動画編集アプリやソフトを使用する

外部のものを使ってサイズ変更する場合、スマートフォンかパソコン向けの動画編集ソフトを使用します。
 

①スマートフォン向けのアプリを使用する場合

インスタ内で行うサイズ変更は、簡単ですが細かい変更ができないのに対して専用のアプリを使用すると細かい設定変更が可能になります。
以下、編集アプリをご紹介します。

・Magisto
iPhoneでもandroidでもどちらでもインストールできるアプリです。様々なスタイルの動画を編集・作成できます。

・iMovie
iPhone定番の無料アプリです。初心者でも操作が簡単で使いやすいのが特徴です。 
 

②パソコンの動画編集ソフトを使用する場合

パソコンの動画編集ソフトは、スマートフォン向け動画編集アプリより、さらに細かい調整ができます。
例えば、動画のリサイズはもちろん、音やエフェクトなどの細分の編集もできます。スマートフォンで編集をするよりもっと高度な編集をしたい人にはおすすめです。

以下、編集アプリをご紹介します。

・Filmora
プロのような高度な編集もできるソフトです。初心者向けには簡単操作モードもあります。

・PowerDirector Essential
様々な種類のエフェクトやフィルターがあり、高度な編集ができる動画編集ソフトです。無料体験版があり、これでも十分に編集ができます。より高度な編集をしたい場合には、有料版の購入が必要になります。

Instagram広告の動画サイズ

Instagram広告とは、Instagramのフィードに画像や動画で掲載される広告のことです。Instagramは個人のみでなく企業も独自のアカウントを持っています。
これまでは、企業のアカウントを直接フォローしてくれたアカウントに対して訴求をして行くのが一般的でしたが、2015年10月より、自社で予算設定や配信期間を調整できる広告として「Instagram広告」の利用が始まりました。
参考:広告運用自動化ツールの一覧

また、これまでは最低出稿額の設定が高額でしたが、今では1日500円ほどで出稿が可能になりました。
参考:広告主様向けヘルプセンター|Facebook for Business

では、実際にInstagram広告を出そうと思った場合に、動画の推奨サイズはどれくらいでしょうか。インスタグラムのフィード(通常)広告、ストーリーズ広告の動画サイズは以下の通りです。

フィード広告(動画)の場合

  最少解像度(単位ピクセル) アスペクト比
正方形 600x600 1:1
縦長 600x750 4:3
横長 600x315 1.91:1

*ファイルサイズ最大4GB、動画の長さ最大120秒   

ストーリーズ広告の場合

  最少解像度(単位ピクセル) アスペクト比
縦長 600x1,067 9:16

*ファイルサイズ最大4GB、動画の長さ最大120秒  

まとめ

この記事で分かること

・Instagramの推奨の動画サイズ(通常の投稿、インスタストーリーズ・リールの投稿)
・動画サイズの変更をする方法
・Instagram広告の動画サイズ(通常の投稿、インスタストーリーズの投稿)


この記事ではInstagramで動画をあげるときに推奨するサイズをまとめました。また、動画サイズの変更方法や広告のサイズについても分かりやすく解説しています。
Instagramは今や、全世界のユーザー数は10億人を超え、国内アカウント数は約3,300万人の巨大SNSにになりました。画像や動画をただ投稿するだけでなく、広告機能もついてさらに多様な使い方のできるSNSです。

とても便利なツールなので、動画の推奨サイズやリサイズの方法を良く理解し、最大限に活用してみてください。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ

動画活用について
お気軽にお問合せください

知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」