動画にテロップは必要?テロップの重要性やメリット、制作のコツ・デザインについて徹底解説!|動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
動画にテロップは必要?テロップの重要性やメリット、制作のコツ・デザインについて徹底解説!

動画にテロップは必要?テロップの重要性やメリット、制作のコツ・デザインについて徹底解説!

数あるコンテンツマーケティングの一つとして近年注目を浴びている動画コンテンツですが、動画内にテロップをつけることの重要性やメリットについてご存知でしょうか。動画の中にテロップを挿入することによって、ユーザーのアクセシビリティを向上させることや、コンテンツの内容拡充を図ることができるほか、より情報の訴求力を強めることも可能になります。しかし動画の内容によってはテロップの挿入数が多く、テロップの制作作業が面倒と感じる方も中には多くいらっしゃるかと思います。

下記ではそんな動画制作担当者に向けて、動画内にテロップを差し込む重要性やそのメリット、そしてテロップ制作における具体的なコツなどについて、詳しく解説していきます。

動画制作におけるテロップの重要性

ユーザーアクセシビリティの向上に寄与する

動画制作においてテロップを入れることが重要とされている理由の一つに、ユーザーアクセシビリティの向上があります。テロップはユーザーの視覚に動画の音声内容を伝える働きを持つため、聴覚に障害がある方、または音声有りで視聴ができない環境にいる方に対しても動画の内容を詳しく伝えることができます。

さらに、他言語でテロップをつければ諸外国のユーザーにも動画を見てもらえるため、より幅広いユーザーにリーチすることが可能になります。多文化やダイバーシティへの理解が叫ばれる中、アクセシビリティを考慮して動画制作を行うことは今後特に重要視されると言えます。

SEO対策に寄与する

テロップを動画内に組み込むことは、間接的に動画コンテンツのSEO対策にもつながります。SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字を取ったもので、日本語では検索エンジン最適化と訳されます。特に動画に関してSEO対策を取る場合は、YouTubeの検索エンジン上で策を練ることが効果的であるとされています。

ただ、単純にYouTube動画の中にテロップを入れただけではSEOには効果がありません。テロップがあることによってユーザーに利便性を与え、再生回数が伸びるなどの反応が得られれば間接的にSEOに働きかけているということになりますが、テロップそのものがSEOに影響するわけではありません。

テロップを活用してSEOの順位を上げるには、YouTube動画の「字幕機能」を使う必要があります。現時点では動画素材そのものがSEOに与える影響はありませんが、字幕機能で文章を追加することによってGoogleがそれをテキスト情報として読み取り、YouTube検索内のSEOに影響します。一概には言えませんが、字幕機能が追加されている動画の方がユーザー検索にもかかりやすく、上位に表示される確率が高い傾向にあります。

特に近年、5Gの登場などによって動画の重要が急増し、最大級の動画プラットフォームと呼ばれるYouTubeも今やレッドオーシャンと呼ばれるようになりました。そんな情報が溢れる動画市場において、コンテンツごとにSEO対策を行うことはもはや必須項目であると言えます。

動画コンテンツにテロップをつけるメリット

内容が伝わりやすい

テロップを動画コンテンツ内につけることによって生まれるメリットの中に、訴求内容がユーザーに伝わりやすくなるということがあります。動画を再生していても、途中で気が散ったり音がかき消されたりして内容がうまく頭に入らないということが多々あります。しかし動画の再生中にテロップが目に入ることによって、例え動画内容が頭に入らなくても文字で動画の流れを理解することができます。

また、テロップがあることによって動画の内容をより簡単に理解することができ、ユーザーにも効果的に訴求することが可能となります。

コンテンツ内容をより密なものにできる

テロップ挿入が生み出すもう一つの効果として、コンテンツ内容をより濃くできるという点が挙げられます。文字を動画内に追加することによって単純に情報量が増えるという事実に加え、より動きのある、または面白みのある動画に仕上げることができます。例えばテロップを動画の動きに合わせて強調したり加工を加えることで、より動画の流れにコントラストを加えることができます。単調にフラットな動画が続くよりも、ポイントごとにテロップを用いて強弱を加えた方が、動画としてもまとまりが出て内容が頭に入ってきやすくなります。

また、テロップのデザインやアニメーションを工夫することによって動画に面白みが出て、飽きの来ない良質な動画コンテンツを作ることができます。

認知率を向上することができる

テロップが動画内に組み込まれることによって、ユーザーからの認知を高めることができます。テロップ挿入の有無によって、ユーザーに与える印象に大きな差が生まれます。特にテロップの文字数やタイミング、デザインなど一つ一つの要素がうまく組み合わさることによって相乗効果が生まれ、場合によっては動画を見る人に大きなインパクトを与えることも可能です。インパクトがあるということは、より人に印象を与えやすくなるということであり、結果として視聴秒数を伸ばしたりエンゲージメントを増やすことにつながります。そのため、動画がより多くの人の目に触れる確率も、必然的に上がっていきます。

また、このような良質なコンテンツを発信することでより多くのユーザーにリーチすることができ、ブランドの認知向上を初め企業のブランディングなど、多方面で効果を出すことができるようになります。

テロップ制作におけるコツ

文字を入れすぎない

動画テロップの制作でよくやってしまいがちなのが、文字を一表示画面に対し入力しすぎることです。人が2秒間に理解できる文字数は7文字と言われていますが、情報量を増やそうとテロップの文字数がその基準をオーバーしてしまっているケースがよく見受けられます。前述した通り、テロップが追加されることによってもたらされるメリットはたくさんありますが、ただテロップを動画内に組み込めばいいというわけではありません。発言されている全ての文字を入力してしまっては、情報量が多すぎてユーザーが内容を処理しきれず、離脱率を高めてしまいかねません。動画の動きに合わせ、適切な文字量を表示させるよう心がけましょう。

テロップのデザインを考える

テロップのカラーやサイズ、デザインに 気を配ることは動画制作において重要なポイントです。

まずカラーについてですが、テロップの文字色が背景色と被ってしまうと文字が読みづらくなってしまいます。動画内容全体を見返し、テロップの色と背景の色が被っていないか都度しっかり確認しましょう。しかし一方で、文字色の変わる頻度が高くなりすぎてもテロップの効果を出すことはできません。そのような場合は、縁取りや影などの文字エフェクト機能を使い、背景画像とテロップが一体化しないようコントラストを付けることで統一感を出します。

また、文字のサイズにおいてもコントラストを意識することで、より良いテロップを作成することができます。サイズの決め方の例としては、強調したい部分の文字サイズを大きく、そうではない部分では反対に小さくするだけで、内容に強弱が出てより魅力的なコンテンツとなります。

さらに、感情の浮き沈みに沿ってテロップにアニメーションを付けたり、文字の角度を変えたりすることによって、動画内容に動きが出てより飽きのこないコンテンツにブラッシュアップすることができます。

その他にも、フォントを適宜変更することによって動画の雰囲気をより鮮明に伝えたり、場合によってはアイコン画像などを差し込むことで訴求内容をより強調することができます。

まとめ

動画制作におけるテロップの重要性やメリット、そしてテロップ制作におけるコツなどについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。動画制作においてテロップを活用する際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

メディア博士でビジネス動画を作成・活用しませんか?

クラウド動画編集ツールの【メディア博士】なら、写真と動画の素材をアップロードしてテーマを選ぶだけでBGMとアニメーション付きの動画が自動生成可能!誰でも簡単にビジネス動画の作成ができます。

簡単に動画を作れる
クラウドツール
support01

難しい操作は不要!
スマホなどで撮影した写真や動画をアップロードしてテーマを選べば数分で動画ができあがりです。

動画専用ページで
情報発信もラクに
support02

動画専用ページなら炎上を気にせず動画を掲載できます!
また、動画をより多くの人に見てもらうための対策・サポートも行います。

専属コンサルタントが
動画活用をサポート
support03

定期ミーティングやセミナーで動画活用方法をお伝えします。
撮影手順から情報発信、改善提案までお任せください。

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
資料請求・お問合せはこちら