動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
インタビュー動画の作り方!作成の流れを役立つポイント付きでご紹介

インタビュー動画の作り方!作成の流れを役立つポイント付きでご紹介

インタビュー動画の作り方!作成の流れを役立つポイント付きでご紹介
インタビュー動画を作りたいと思ったら、何から始めれば良いのでしょうか?実は、インタビュー動画を作成するには適切な作成手順や、おさえるべきポイントがあります。
そこで本記事では、インタビュー動画を作る手順や、作成の流れ、インタビュー動画作成に役立つポイントをわかりやすく解説します。何から手を付けて良いか分からないという人は必見です。

インタビュー動画を作成するメリット

インタビュー動画を作成することで、どのような効果を期待できるのでしょうか。この章では、インタビュー動画を作成するメリットをわかりやすく解説します。

情報が伝わりやすい

インタビュー動画のメリットの一つは、情報が伝わりやすいという点です。これは、テキストだけでは伝えづらい情報が視覚的・聴覚的に補完されるためです。
例えば、テキストだけで伝えようとした場合、相手の表情やジェスチャーなどからの情報を読み取ることが難しくなります。また、文章は読み手の理解力や文脈によって解釈が異なる場合があるため、情報の一致を保つのが難しいこともあります。

それに対して、インタビュー動画では情報が伝わりやすい理由があります。まず、インタビュー動画では映像と音声が組み合わさることで、文章だけでは伝わりきらない非言語情報も取得できます。表情やトーンから感情や態度を読み取ることができ、情報の補完ができます。
さらに、インタビュー動画では生の会話がリアルに捉えられます。このリアルさが視聴者に身近な感覚を醸成し、興味を持たせる要素となります。

映像のほうが印象に残る

映像の場合は情報が視覚的に表現されます。相手の表情や仕草、表現方法などが伝わることで、より深いコミュニケーションが可能になります。
映像によって視聴者は、相手の感情や情熱に共感し共鳴することができるため、印象に残りやすくなります。感情的なつながりを視聴者と作ると、印象に深く刻まれる傾向があります。

一方、映像でない場合、例えばテキストのみの場合は、情報が文章で伝えられますが、相手の表情や仕草、環境などは伝わりません。非言語的な要素が欠けているため、相手の感情や人間性を理解することが難しくなり、結果として印象に残りにくくなります。
また、テキストだけでは情報の主張や意図が伝わりにくく、印象が薄まる可能性があります。インタビュー動画は映像の特性を活かし、視覚と聴覚を刺激することで、情報をより強く印象づける効果があるのです。

一度作成すればいつでもどこでも見てもらえる

インタビュー動画を作成する際のメリットの一つは、一度作成すればいつでもどこでも見ることができるという点です。これにより、視聴者は自分の都合に合わせてコンテンツを閲覧することが可能となります。
一方で何時でも見ることができない具体例として、ラジオやテレビの生放送で行われるインタビューを考えてみます。生放送の場合、放送される時間が限られており、録画を行わない限り、放送後に視聴することができません。そのため、仕事や用事の都合で放送時間を見逃してしまうと、その情報を得ることが難しくなります。

その点、インタビュー動画は一度作成すればいつでもどこでも見ることができます。視聴者は自分のペースでコンテンツを再生することができるため、時間や場所に制約されることなくアクセスできます。いつでもどこでも見ることができるという特性は、情報のシェアや拡散にも有利です。
視聴者が興味を持ったコンテンツをSNSなどでシェアすることで、他の人にも知らせることができます。これにより、インタビュー動画はより多くの人々に広がる可能性が高まります。時間と場所を選ばず視聴できるのはインタビュー動画作成のメリットと言えます。

インタビュー動画作成の流れ

インタビュー動画作成はどのような流れで進むのでしょうか。この章では、一般的なインタビュー動画作成の流れを詳しく紹介します。

目的・ターゲット・コンセプトを決める

インタビュー動画作成の流れとして一番初めに着手するのは、目的・ターゲット・コンセプトを決めることです。まず、インタビュー動画の目的を明確に定めます。どのようなメッセージを伝えたいのか、何を目指すのかを明確にしましょう。
目的が明確になっていないと、この後の作業全てに影響が出てしまうので、最も大事な作業になります。目的には例えば、製品やサービス紹介、専門知識の共有、イベントの告知などがあり、目的に応じて撮影する動画の内容が異なります。

次に、インタビュー動画を視聴する予定のターゲットオーディエンスを特定します。ターゲットは誰なのか、どんな興味・ニーズを持っているのかを把握します。これにより、ターゲットに対して魅力的なコンテンツを制作できるようになります。
目的とターゲットを踏まえて、インタビュー動画のコンセプトを構築します。コンセプトは、メッセージや内容を総合的に伝えるテーマやアプローチのことです。例えば、感動を与えるストーリー、専門的な知識を解説する教育的なコンセプトなどが考えられます。

おおまかなシナリオを作成する

まず、インタビュー動画の目的とコンセプトを把握したうえで、おおまかなシナリオを作成します。目的やコンセプトにマッチしたインタビュ-対象者を選定したり、インタビューで尋ねる質問リストを作成します。
そして、シナリオのフローを構築します。インタビューの始まりから終わりまでの流れを整理し、順序やストーリーテリングに配慮します。視聴者にとって興味深く、わかりやすい順序で展開させることが大切です。

おおまかなシナリオを作成したら、必要な補足やアクションを追加します。BGMやグラフィックの挿入、カット割りなどを考慮し、視聴者の視覚や聴覚を刺激する要素を盛り込みます。
簡単にリハーサルも行い、必要に応じて質問の追加や修正を行って内容をより充実させておきます。

インタビュー対象者にアポイントを取る

インタビュー対象者を決めたら、事前にアポイントを取ります。人物の選定は、目的やコンセプトに合った人で、専門知識や経験、興味深いエピソードを持つ人物を選定しましょう。
インタビュー対象者の連絡先を取得しても直接のアクセスが難しい場合は、メールや電話などでアプローチする方法もあります。連絡する際には、インタビューの目的と内容を説明します。

対象者がなぜインタビューに参加すべきかを理解してもらい、協力を得ることが大切です。インタビューの日時は対象者のスケジュールに合わせて調整しましょう。柔軟に対応できることで、対象者の協力を得やすくなります。
アポイントの日が近づいたら、再度リマインダーを送ります。日時や場所の確認、準備の確認を行い、万全の状態でインタビューを行うよう促しておくことも重要です。

撮影アングルや動画の構成を決める

インタビュー対象者のアポがとれたら、撮影アングルや動画の構成を決めていきます。インタビューの目的とコンセプトを再確認し、どんな雰囲気や印象を与えたいのか、視聴者に伝えたい情報は何かを明確にしておきます。
次に撮影場所を決定し、インタビューのセットアップを行います。撮影場所はコンセプトに合った雰囲気を出せる場所を選び、照明や背景を整えます。

続いて使用するカメラやマイクなどの機材をセッティングします。カメラの位置や角度、マイクの位置などを慎重に決定し、クリアな映像と音声を確保します。
インタビュー対象者とカメラの間で、どのようなアングルで撮影するかを決めておきます。通常は対面式のフルショットやバストアップが使われますが、コンセプトに応じて適切なアングルを選びます。

必要機材の準備・撮影

撮影の構成が決まったら、必要機材の準備をして撮影に臨みます。撮影までに、インタビューのフローを決定し、質問の内容を確認しておきます。順序や質問の内容がコンセプトに沿っているかをチェックし、スムーズな撮影を目指します。
撮影に必要な機材をリストアップしておきます。カメラ、マイク、三脚、照明器具など、高品質の映像と音声を得るために必要な機材を確認します。機材は借りるか購入するかを決定し、必要なものを確保します。プロフェッショナルな機材を使用することで、クオリティの高い映像を撮影することができます。

撮影当日には、カメラとマイクのセッティングを行います。カメラの設置場所やアングル、マイクの位置などを確認し、映像と音声の品質を最適化します。照明は撮影の成功に欠かせない要素です。撮影場所や撮影対象に合わせて照明を調整し、影や光のバランスを整えます。
テスト撮影を行い、映像と音声のクオリティを確認しておきます。不備があれば修正し、問題がないことを確認してから本撮影に移ります。本番の撮影では、インタビュー対象者とのコミュニケーションを大切にし、自然な表現を引き出すよう心掛けます。

編集

撮影が終わったら最後は編集を行います。まず、撮影した映像や音声、必要な素材を整理します。不要な部分をカットし、使いたい部分を整理することで、編集の効率を上げます。動画の冒頭や途中にタイトルやテキストを追加します。
インタビュー対象者の名前や職業、重要なポイントを強調するテキストを挿入しましょう。BGMやグラフィックなどを挿入して動画にアクセントを加えます。映像を盛り上げる要素を編集に取り入れることで、魅力的な動画に仕上げます。

その他、映像の色合いやトーンの調整、音声のクリアさとバランスを調整します。シーンの順序を調整し、トランジションを追加してシームレスな映像の切り替えを行います。フェードイン・フェードアウトやカットなど、適切なトランジションを選択します。
編集が終了したら、最終確認を行います。映像と音声の確認、タイトルやテキストの読みやすさをチェックし、必要に応じて微調整します。最終的に動画をエクスポートして完成です。

インタビュー動画作成のポイント

インタビュー動画を作成するには、いくつかの重要なポイントがあります。ポイントをおさえることで、より目的にあったクオリティの高い動画を作成できるようになります。
この章では、インタビュー動画を作成する時に大切なポイントを順番に紹介していきます。

企画編

・目的に沿った内容にする
・インタビューする相手に質問内容を事前に共有しておく

 

目的に沿った内容にする

インタビュー動画作成のポイントの一つ目は、目的に沿った内容にすることです。例えば、ある教育機関が新入生を対象に、学校の特色や学生生活に関するインタビュー動画を制作する場合を考えてみます。
インタビュー動画の内容が、目的に合ったものであれば、必要な情報が正確に伝わり、新入生が学校選びに役立つ情報が提供されます。学校の魅力を伝えることが目的なら、視聴者にとって意義のある動画となり、学校のPRが成功します。

もし、学生生活の魅力を伝えるために撮影したインタビューが、学校の特色と関係のない内容だったり、必要のない場面が含まれる動画なら、新入生にとって見る価値のない動画になってしまうでしょう。
また、学校の理念や教育方針を示すべき場面で、不適切なコメントや情報が含まれていれば、正確な情報が伝わらない可能性があります。

企画段階で目的に沿った内容をしっかりと設計し、インタビュー動画の制作を進めることが重要です。目的に合った内容は視聴者にとって有益で魅力的なコンテンツとなり、制作した動画の効果を高める要素となります。
 

インタビューする相手に質問内容を事前に共有しておく

インタビュー動画作成のポイント二つ目は、インタビューする相手に質問内容を事前に共有しておくことです。もし、相手に質問内容を事前に共有せずにインタビューを行うと、突然の質問に対して相手が即座に答えることが難しい場合があります。
その結果、不自然な回答や言葉詰まりが発生することが考えられます。また、事前に考えておかないと、本質的な問題点を見逃す可能性があります。

質問の深掘りが難しく、インタビューの内容が表面的になってしまうことがあります。さらに、相手が質問内容を把握していないため、重要な情報を伝え損ねる可能性があり、コンテンツが不十分になってしまうことが考えられます。

撮影編

・聞き取りやすくメリハリのあるしゃべり方をする
・照明をしっかりあてる
・リハーサルをすると本番スムーズに撮影できる
・ノイズが入らないようにする
・三脚などを使い手ブレしないようにする

 

聞き取りやすくメリハリのあるしゃべり方をする

撮影では、聞き取りやすくメリハリのあるしゃべり方をすることが重要です。もしインタビュー対象者が聞き取りずらくメリハリのないしゃべり方だと、言葉がはっきりせず、聞き取りにくい映像になってしまいます。
また、感情や抑揚が少ないしゃべり方だと、映像がモノトーンに感じられ、視聴者の興味を引くことが難しくなります。情報の伝達がスムーズに行われないため、重要なメッセージが視聴者に浸透しなかったり、視聴者が内容を理解するのが難しくなってしまいます。

一方で、はっきりとした言葉や抑揚があるしゃべり方は、視聴者が内容を理解しやすくします。また、感情や抑揚を含んだしゃべり方は、視聴者の興味を引きます。さらに、視聴者にメッセージが響くような表現をすることで、重要なメッセージがより深く浸透します。
映像を見る人の興味を持続させたり、情報がスムーズに伝わりやすくするためにも、聞きやすくメリハリのあるしゃべり方をすることが重要です。
 

照明をしっかりあてる

照明をしっかりあてることは、インタビュー動画作成のポイントとして重要です。もし、照明をしっかりあてないと、映像が暗くなり、視聴者がインタビュー対象者の表情や仕草を見るのが難しくなります。
また、不適切な照明条件では、対象者の顔の輪郭がぼやけたり、影ができてしまったりする可能性があります。さらに、暗い映像や見づらい映像は視聴者の興味を失わせるため、動画の視聴率や効果が低下する可能性があります。

一方で、適切な照明を施せば、インタビュー対象者の表情や仕草がはっきりと映し出されます。明るくクリアな映像は視聴者の目を引きます。視聴者がインタビューに集中しやすくなり、コンテンツへの興味を高めることができます。
適切な照明は、動画のクオリティを高め、プロフェッショナルな印象を与えます。視聴者に信頼性や信用を持たせることができます。結果として視聴者は情報をより理解しやすくなります。
 

リハーサルをすると本番スムーズに撮影できる

撮影では、リハーサルを行うことが必要不可欠です。もし、リハーサルをしないで撮影をすれば、本番での撮影で予期せぬミスが発生する可能性が高まります。ミスを取り返すことが難しく、クオリティの低い映像になる恐れがあります。
また、リハーサルを省略すると、インタビュー対象者が話す内容がバラバラになる可能性があります。ストーリーがまとまらず、視聴者の理解が難しくなるでしょう。

一方で、リハーサルをおこなえば、インタビュー対象者は自身の話し方や表現を確認できます。インタビューの内容や構成を再確認できるので、問題点を洗い出し、クオリティの高いコンテンツを作成するための改善点が明確になります。
また、リハーサルを行うことで、本番での撮影がスムーズに進行します。インタビュー対象者は質問に対して準備ができ、スムーズな回答が期待できます。

リハーサルをすることは、インタビュー動画制作において成功への鍵となります。インタビュー対象者が自信を持ち、内容に磨きがかかり、スムーズな撮影が行えることで、視聴者にとって魅力的なコンテンツを提供することができます。
 

ノイズが入らないようにする

撮影時にノイズが入らないようにすることにも留意しましょう。ノイズが入ると、インタビュー対象者の声が聞き取りにくくなります。ノイズが入ると聞き疲れが生じ、視聴者の興味が薄れる可能性があります。
また、ノイズが入る映像は、プロフェッショナルさやクオリティの低さを印象付けてしまう恐れがあります。

ノイズが入らないようにすれば、インタビュー対象者の声が明瞭に録音されます。ノイズのないクリアな音声は、視聴者の興味をキープし、映像に集中してもらいやすくなります。
また、ノイズのないクオリティの高い音声は、プロフェッショナルな印象を与えます。すると、視聴者に信頼性を持たせることができます。

ノイズが入らないようにすることは、インタビュー動画制作において欠かせない要素です。明瞭な音声は視聴者にとって聞き取りやすく、興味深いコンテンツを提供するための基本となります。        
 

三脚などを使い手ブレしないようにする

三脚などを使い手ブレを防止するのも、重要なポイントです。手ブレがあると、映像がぼやけたり揺れたりしてしまいます。すると、視聴者は映像を見るのが辛く、内容を理解しにくくなります。
手ブレした映像は、視聴者に不快感を与える可能性があります。視聴体験が悪化し、視聴者が動画を早めに離れてしまう恐れがあります。また、手ブレがある映像は、プロフェッショナルさに欠けると受け取られる場合があります。

三脚などを使えば、映像が安定して撮影できます。視聴者は安心して映像を見ることができ、内容をより集中して理解できます。手ブレがないクリアな映像は、視聴者に快適な視聴体験を提供します。
映像に没入しやすく、動画を最後まで見てもらえるでしょう。また、手ブレがない映像は、プロフェッショナルな印象を与えます。視聴者に信頼性を持たせ、ブランドや企業のイメージ向上につながります。

編集編

・テロップをいれる
・効果音やBGMを効果的に使う
・雰囲気や空気感が伝わるようにする
・「あの」「えっと」などの間はカットする

 

テロップをいれる

動画にはテロップを入れましょう。テロップを使うことで、インタビュー対象者の名前や所属、重要なキーワードなどを明確に表示できます。視聴者は情報を素早く把握できます。
テロップを使って重要なポイントやキーワードを目立たせることで、視聴者の興味を引き続けることができます。また、テロップを使って補足情報や解説を加えることで、視聴者がコンテンツを理解しやすくなります。

もし、テロップを使わない場合、インタビュー対象者の名前や所属、重要なキーワードなどが不明確になるおそれがあります。すると、視聴者は情報を把握するのに苦労するでしょう。
また、映像だけで情報を伝えると、長時間視聴する際に飽きが生じることがあります。情報が少なくなってしまうので、視聴者の興味を引き続けるのが難しくなります。

テロップを入れることは、視聴者にとって情報を理解しやすく、興味を持続させるために重要な要素です。映像だけでは伝えきれない情報を補完し、視聴者にとって魅力的なコンテンツを提供するために、テロップの活用には十分な配慮が必要です。
 

効果音やBGMを効果的に使う

効果音やBGMを効果的に使うことも重要です。もし、効果音やBGMを使わない場合、映像が単調になりがちです。視聴者の興味を引き続けることが難しくなります。映像だけでは伝えきれない情報や雰囲気が欠落してしまいます。
効果音やBGMを効果的に使うと、映像に魅力的な雰囲気を加えることができます。効果音やBGMを効果的に使用すれば、映像の情報を補完することができます。重要なポイントを強調したり、雰囲気を演出したりすることができます。また、視聴者は映像に没入しやすくなり、コンテンツにより一層の興味を持つことができます。

効果音やBGMを効果的に使うことは、視聴者にとってより魅力的なコンテンツを提供するために重要です。映像だけでは伝えきれない情報や感情を補完し、視聴者の心に響く動画を制作することができます。
 

雰囲気や空気感が伝わるようにする

編集時に雰囲気や空気感が伝わるようにすることも重要です。雰囲気や空気感が伝わらない映像は、視聴者に冷たい印象を与える可能性があります。すると、視聴者が感情的に共感することが難しくなります。
映像に雰囲気や空気感がないと、視聴者とインタビュー対象者との距離感が生じます。視聴者はコンテンツに対して関心を持ちにくくなります。

一方、雰囲気や空気感が伝わる映像は、視聴者の共感を呼び起こします。視聴者はインタビュー対象者との共感を感じ、コンテンツに引き込まれるでしょう。
雰囲気や空気感を伝えることは、視聴者にとって感情的な共感を呼び起こし、視聴体験を豊かにするために不可欠です。映像だけでなく、BGMや効果音、テロップなどを使って映像に表情を与えることで、雰囲気や空気感をより鮮明に伝えることができます。
 

「あの」「えっと」などの間はカットする

編集時に、不要な部分をカットして、動画のテンポを良くすることもポイントです。「あの」「えっと」などの間はカットしましょう。これらの間が残っていると、インタビュー内容が聞き取りづらくなります。視聴者は情報を理解するのに時間がかかり、動画を途中で離れる可能性が高まります。
また、「あの」「えっと」などの間が続くと、視聴者の興味が薄れてしまうことがあります。内容に集中することが難しくなり、視聴者の関心を持続させるのが困難です。

間をカットすると、映像がスムーズに流れます。視聴者は内容をスムーズに理解でき、動画を最後まで見る動機が高まります。カットにより、インタビュー対象者の専門性や語り口がより明確になり、視聴者はインタビュー対象者に対する信頼感を持ちやすくなります。
「あの」「えっと」などの間をカットすることは、視聴者にとって見やすく、スムーズなコンテンツを提供するために非常に重要です。

インタビュー動画の活用シーン

インタビュー動画を撮影する手順や撮影のポイントがわかりましたが、作成したインタビュー動画はどのように活用することができるのでしょうか。この章では、インタビュー動画を活用できるシーンについて解説します。

【採用】社員インタビュー

採用シーンにおいて、インタビュー動画は非常に有用です。採用シーンで企業は、採用時に応募者の人物像やスキルを正確に把握したいと考えています。
適切な人材を採用するためには、リアルな情報が欠かせません。採用に際しては、企業のカルチャーに合った人材を見極める必要があります。応募者が企業文化に適応できるかどうかも重要なポイントです。

社員インタビューでは、実際に働く社員が自らの経験や感想を語ります。これにより、採用希望者は企業の雰囲気や働く環境をリアルに知ることができます。
社員インタビューの活用により、採用シーンで求められる情報を的確に伝えることができます。応募者にとっては企業のリアルな姿を知る機会となり、採用担当者にとっては適切な人材を選ぶ材料となるため、採用シーンでインタビュー動画が活躍するのです。

【事例】ショップジャパン 新卒採用ムービー 社員インタビュー

出典:ショップジャパン 採用情報

事例は、通販番組ショップジャパンでおなじみの会社、株式会社オークローンマーケティングです。求職者がもつ願望を提示するのが通販番組のオープニングのようになっていてユニークです。
その後、社員同士が語りながら職種を紹介していき、会社で働く様子がイメージできる内容になっています。

【販促】お客様インタビュー

販促シーンにおいて、インタビュー動画は効果的なツールとして活用されます。販促シーンでは、企業は製品やサービスの魅力を効果的に伝えることで、顧客の興味を引き、購買意欲を高めたいと考えています。
顧客の実際の声や体験を取り入れることで、信頼性を高め、他の顧客に対して説得力を持つコンテンツを作成したいというニーズがあります。

お客様インタビューでは、実際に製品やサービスを利用した顧客の体験や満足度が語られます。これにより、潜在的な顧客は実際の利用者の感想を聞くことができ、製品やサービスへの興味を持ちやすくなります。
お客様インタビューの活用により、販促シーンでの製品やサービスの魅力を具体的に伝えることができます。実際の顧客の声を取り入れることで、信頼性や説得力を持ったコンテンツを制作し、効果的な販促活動が可能になります。

【事例】ライザップ お客様インタビュー

事例は、独特でユニークなCMでおなじみの、パーソナルトレーニング業界最大手のライザップです。CMでは、華麗なビフォアーアフターを披露していますが、実際はどうなのかと疑問に思う人も多いはずです。
そこで、利用者の生の声を届けることで、効果を実感させることが可能です。さらに、実際のトレーニングの様子も活用することで、より信憑性を高めることができています。

【ブランディング】経営者インタビュー

ブランディングシーンにおいて、経営者インタビューは有効なツールとして活用されます。ブランディングシーンで企業は、自社ブランドの価値を高めるために、経営者の思想やビジョンを伝え、ブランドイメージを強化したいと考えています。
一方消費者は、企業の信頼性や実力を知りたいと求めています。経営者のインタビューは、その企業に対する信頼感を高める一助となります。

経営者インタビューでは、経営者が自らのビジョンや哲学を語ります。これにより、ブランドの方向性や理念を消費者に伝えることができます。
経営者インタビューは、ブランディングシーンにおいて企業の価値や信頼性を高めるために効果的な手段となります。経営者の言葉や姿勢がブランドイメージを形成し、消費者との信頼関係を構築することに貢献します。

【事例】トヨタ自動車株式会社 豊田章男社長・中嶋裕樹プレジデント インタビュー

事例は、トヨタ自動車株式会社の豊田章男社長インタビュー動画です。生まれ変わった新型クラウンについて、何が変わり、何を受け継いだのかを説明しています。
紆余曲折あった開発の裏側を語り、開発に対する思いを伝えることが、ブランディングと企業イメージの情勢に貢献している動画です。

まとめ

本記事では、インタビュー動画を作る手順や、作成の流れ、インタビュー動画作成に役立つポイントをわかりやすく解説しました。インタビュー動画を作成するには適切な作成手順や、おさえるべきポイントがあります。
ポイントをおさえることで、動画のクオリティを向上させることができたり、動画の目的を達成しやすくできます。インタビュー動画を作りたいと思ったら、まずはこの記事を読むところから始めてみてください。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?
  • メディア博士資料ダウンロード
  • マニュアルの作成・管理ツール「マニュアル博士」

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」 【ウェブセミナー】- 社内の誰もができる! -スマートフォンでの動画撮影テクニック

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約