動画制作・広告動画・プロモーション動画は動画作成ツール【メディア博士】

メディア博士ウェブマガジン >
動画コラム一覧 >
YouTubeだけじゃない!おすすめ動画配信プラットフォームまとめ10選!

YouTubeだけじゃない!おすすめ動画配信プラットフォームまとめ10選!

YouTubeだけじゃない!おすすめ動画配信プラットフォームまとめ10選!
近年、動画コンテンツの需要が急速に高まっています。インターネットの普及、高速化された通信速度、そしてスマートフォンの進化により、どこにいても手軽に動画を楽しむことができる時代になりました。
そして、結果的に利用者はありとあらゆる動画配信プラットフォームを選べるような環境が当たり前のように存在します。

しかし、そこでの問題は、どのプラットフォームが最も自分のニーズに合ったものなのか、ということ。プロフェッショナル向けに特化していたり、エンターテインメントや趣味を中心としたコンテンツが豊富であったり、結局自分にはどれが適しているのかわかりにくいですよね。
そこで本記事では、数ある動画配信プラットフォームの中から「おすすめ」のサービスをピックアップし、その特徴や魅力を詳しく解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

動画配信プラットフォームとは?

ビジネスの中心となる動画。それを効果的に配信・共有するためのオンラインサービスが「動画配信プラットフォーム」です。YouTubeやVimeoなど、皆様もご存知のサービスから、ビジネス向けに特化したプラットフォームまで、さまざまな選択肢が存在します。
これらのプラットフォームは、プレゼンテーションや商品紹介、研修資料の配信に役立ちます。また、特定のターゲットへのアプローチやデータ解析機能も搭載されているものが多く、ビジネスの戦略に織り込むのに最適です。

動画配信プラットフォーム導入のメリット

次に、動画配信プラットフォーム導入のメリットについて解説していきます。
動画配信プラットフォームを導入することのメリットについて理解できているでしょうか?いくつか確実に抑えておいてほしいメリットを解説していきます。

スムーズに情報共有ができる

ビジネス環境において、効果的な情報共有は組織の生産性や連携を向上させる不可欠な要素です。動画配信プラットフォームの導入は、これをより実現可能とする先進的な手段となっています。

具体的には、従来のテキストベースの報告やプレゼンテーション資料に比べ、動画は視覚的な要素が豊富であり、情報の受け手が内容を迅速かつ正確に把握するのに有利です。
例えば、新しい製品の操作方法やシステムの使い方を説明する場合、動画を用いることで、実際の操作手順を直接示すことができるでしょう。

また、国際的なビジネスの場では、異なる文化や言語の背景を持つステークホルダーとのコミュニケーションが課題となることが頻繁にあります。
このような状況下でも、動画は言葉の障壁を最小限にし、意図を正確に伝達する手段となり得ます。

実際のビジネスケースにおいても、多くの企業がプロジェクトの進捗報告や、新しい取り組みの共有のために動画配信プラットフォームを活用していて、関係者間の認識のズレを防ぎ、迅速なフィードバックや意見交換が可能な仕組みを構築していますよ。

結論として、情報の正確性や迅速性を求める現代のビジネス環境において、動画配信プラットフォームの導入は、組織の競争力を高める上での重要な戦略と言えるでしょう。

動画コンテンツを1つの場所に集積できる

ここでは、要するに「一元管理の重要性とメリット」について解説していきます。

現代のビジネス環境において、多種多様な動画コンテンツは情報伝達の中心的な役割を果たしています。製品のデモンストレーション、研修セッション、会議の記録、マーケティングキャンペーンなど、動画の使用目的は幅広いです。
このような状況下で、動画コンテンツを一元的に管理・集積できる手法の重要性が増してきています。
 

アクセスの簡易性

一元的に動画コンテンツを管理することで、関係者は必要な動画に迅速にアクセスできます。探している動画を見つけるための時間が大幅に削減され、生産性が向上します。
 

一貫性の維持

全ての動画が同じプラットフォーム上に存在することで、ブランディングや情報の一貫性が維持されるため、外部のクライアントやステークホルダーにも組織のメッセージを明確に伝達できます。
 

セキュリティの強化

動画配信プラットフォームは、セキュリティ機能を備えており、コンテンツの不正アクセスや漏洩を防ぐ機能が整っています。一元管理により、セキュリティポリシーの適用や監視が効果的に行えます。
このように動画コンテンツを集約することで、より生産的になることが見込まれるのです。

アクセスなどのデータ分析ができる

ビジネスにおける意思決定や戦略策定の背後には、データが強力な基盤として存在しています。
動画配信プラットフォームでは、動画コンテンツに関するアクセスや視聴データの詳細な分析が可能となり、その情報をビジネスの成果向上に繋げることができるでしょう。
 

視聴者の行動理解

アクセスや視聴データを分析することで、視聴者の興味や関心、そして動画のどの部分に注目しているのかを具体的に理解できます。これにより、ターゲットオーディエンスのニーズや動向を把握する手助けとなります。
 

コンテンツ最適化

どの動画が最も視聴されているのか、あるいはどの部分で視聴を中断しているのかなどの情報は、次回のコンテンツ制作時に貴重なフィードバックとなります。これにより、より効果的な動画コンテンツの制作に繋がるでしょう。
 

ROIの計測

動画の制作や配信にはコストがかかります。分析データを用いて、投資対効果(ROI)を正確に計測することができれば、マーケティングや研修予算を最適化することが可能です。
 

セグメント別アプローチ

アクセスや視聴データを基に、異なるターゲット層や地域に対する視聴傾向を把握することができます。これにより、セグメント別の最適なアプローチやコンテンツ提供が可能となるでしょう。
まとめると、動画配信プラットフォームにおける分析機能の活用は、企業のマーケティングや研修、情報伝達戦略の精緻化と効果的な実行に不可欠な要素となっています。データに基づいた意思決定は、組織の競争力を一段と高めるでしょう。

動画配信プラットフォームの活用方法

次に、動画配信プラットフォームの活用方法について、解説していきます。
実際にどのように活用すればいいのでしょうか。ただ動画を配信するだけではないのがプラットフォームとして存在していることの意味です。具体的に見ていきましょう。

社外への動画コンテンツ配信

動画配信プラットフォームの利点は、社内だけでなく社外への情報伝達にも多大なメリットをもたらします。
社外への動画コンテンツ配信は、企業のブランドイメージの向上、顧客関係の強化、また新規顧客の獲得など、多方面での利益を生み出す可能性があるため、非常に重要なものと言えるでしょう。
 

ブランドストーリーの伝達

動画は、企業の歴史やビジョン、価値観を効果的に伝える手段となります。視覚的な情報の伝達は、視聴者の感情や記憶に深く残るため、ブランドの印象を強化することが期待できます。
 

製品やサービスの紹介

新製品のローンチやサービスの特徴を、動画を通して具体的に紹介することで、顧客の理解を深めるとともに、購買意欲を喚起することが可能です。
 

イベントやキャンペーンの告知

実際のイベントの様子やキャンペーン内容を動画で伝えることで、ターゲットオーディエンスの参加意欲を高めることが期待できます。
 

カスタマーサポート

動画を活用したFAQやトラブルシューティングガイドは、顧客の問題解決を迅速にサポートします。これにより、顧客満足度の向上やサポートコストの削減が見込めます。
 

パートナーシップの強化

動画コンテンツを通じてパートナー企業や関連団体との連携や共同プロジェクトを紹介することで、ビジネスの信頼性や連携の深化を図ることができます。

結論として、動画配信プラットフォームを社外への情報伝達のツールとして活用することは、企業のブランド価値や顧客関係、ビジネスの拡大に寄与する強力な戦略となり得ます。
この文章では、「社外への動画コンテンツ配信」の利点や具体的な活用方法を詳しく解説しています。

マニュアル・研修動画

現代のビジネス環境において、マニュアルや研修の手法は急速に進化しています。その中心に位置するのが、動画を活用したマニュアルや研修の提供です。これには、以下のように数々の理由と明確なメリットが存在します。
 

直感的な学習体験

動画は視覚と聴覚の情報を同時に伝達するため、抽象的な内容や新しい情報も直感的に理解しやすくなります。これにより、従業員やアルバイト生の学習効率は確実に向上するでしょう。
 

標準化された教育

動画コンテンツを用いることで、全ての受講者に同じ情報や指示を一貫して提供することができます。これは、教育の質の一貫性を保ちながら大規模なトレーニングを効率的に実施する際に非常に有効です。
 

反復学習の可能性

従業員や関係者は、動画コンテンツを繰り返し視聴することで、知識の定着を図ることができます。特に研修の初回では理解しにくい内容や手順も、反復学習によりしっかりと身につけることが可能となります。
 

コスト削減

伝統的な研修やマニュアルの配布に比べ、動画コンテンツは一度制作すれば繰り返し使用できるため、長期的には教育・トレーニングのコストを大幅に削減することが期待できます。
 

実際の操作や手順の可視化

テキストベースのマニュアルとは異なり、動画では実際の操作や手順を視覚的に示すことができます。これにより、誤解を防ぎながら具体的なスキルや知識の習得が進められます。
マニュアル・研修動画は、ビジネスにおける教育・トレーニングの品質と効率を高めるための強力なツールとなり得ます。適切に活用することで、組織の業績や従業員のパフォーマンスの向上に寄与することが期待できるでしょう。

社内での情報共有

動画プラットフォームを使用することで、社内での情報共有でも多くのメリットがあるでしょう。
チームの生産性をあげたり、業務プロセスの効率化、そして組織の一体感を高めるといった多岐に渡るメリットが存在します。

これは、動画プラットフォームによって、適切な情報共有のシステムや文化を構築・維持することができるためなのです。
生産性を高める上で「組織」は非常に重要な要素になってきますので動画プラットフォームを使用するメリットは自明ではないでしょうか。

動画配信プラットフォームを選ぶときに見るポイント

次に、動画配信プラットフォームを選ぶときにどんなことに気をつければいいのか、気になる方もいらっしゃるかと思います。
いくつかポイントがあるので、しっかりと抑えておきましょう。

機能

中心となる判断基準は「機能」です。ただし、多機能性だけを追求するのではなく、組織の具体的な目的やニーズに適合した機能が揃っているかがポイントです。

操作性は導入から活用までの過程に大きく影響します。直感的なインターフェースは、ユーザーが迅速に慣れやすく、視聴者の動向を分析するツールは、コンテンツ戦略の洗練や、より効果的なマーケティングの方向性を明確にするために不可欠です。

さらに、ビジネスコンテンツは企業の知的財産としての価値を持つため、セキュリティの強固さは選択の際の絶対条件といえるでしょう。

要するに、動画配信プラットフォームを選択する際には、あらゆる機能を持つものを追求するのではなく、実際のビジネスの要件をしっかりと満たすものを選ぶことが最も合理的なアプローチです。
機能を自らの目的や要件をしっかりと明確にした上で必要な機能は何か、を考えてみましょう。

性能

動画配信プラットフォームを選択するにあたり、機能に次ぐ重要な判断基準が「性能」です。高品質の動画をスムーズに配信するためには、プラットフォームの性能が絶対的な条件となります。

一つの指標として、動画の読み込み速度やバッファリングの発生頻度を考慮することが必要です。高速な読み込みはユーザー体験を向上させ、視聴者の離脱を低減します。一方、頻繁なバッファリングはユーザーのフラストレーションを引き起こし、配信者にとって不利益となることがあります。
また、最大同時接続数やシステムの安定性も重要な性能指標です。多くのユーザーが同時にアクセスした際にもシステムが安定して動作することは、大規模な配信を行う場合に特に重要です。

このように、動画配信プラットフォームの性能は、ユーザー体験の質や配信の安定性、そしてビジネスの将来性に直接的に影響する重要な要素となるでしょう。
 

操作感

性能の中でも「操作感」は大切な要素の1つとなります。操作感が直感的であればあるほど、ユーザーは迅速にプラットフォームに慣れ、効果的に活用することが可能となります。
操作感の良さは、導入後の学習コストを大きく削減します。特に、ビジネスの現場で多くのスタッフが新しいツールを使う場合、直感的なUIや明確なユーザーガイドは、研修時間の短縮やミスの削減につながります。

さらに、操作が煩雑であると、そのプラットフォームを避ける傾向が出てきます。これは特に動画コンテンツの作成や編集時に顕著で、スムーズな操作感はクリエイティブな作業をサポートし、生産性の向上を実現します。
また、操作感の良さは視聴者にも影響します。動画の再生や検索、シェアなどの基本的な機能が手軽に使用できることは、エンドユーザーの満足度向上に貢献します。

総じて、操作感はプラットフォームの実際の活用度やユーザーの満足度に大きく影響する要因となるため、選択の際に十分な検討が求められます。
 

容量・データ転送量

動画配信プラットフォームの選定において、容量やデータ転送量は非常に重要な要素として挙げられます。これらの要因は、プラットフォームの使い勝手やスケーラビリティ、コストパフォーマンスに直接影響を与えるからです。

まず、容量について。動画コンテンツのサイズは、画質や長さ、フォーマットによって異なります。多くの高品質動画を保存・配信する場合、十分なストレージ容量が必要となります。また、予想されるコンテンツの増加量も考慮に入れて、将来的な容量拡張の可否も確認すべきです。
動画の視聴者数や頻度が増えれば、それに伴ってデータ転送量も増大します。高いアクセス数を予測する場合やライブ配信を行う場合には、大量のデータ転送が可能なプラットフォームを選択することが求められるのです。

そして、注意すべきこととして多くのプラットフォームは、ストレージ容量やデータ転送量に応じて費用が発生します。その料金体系が明確で、予期せぬコストが発生しないようにすることは、長期的な運用を考えると重要でしょう。
 

セキュリティ

性能の中で、「セキュリティ」も重要な要素となります。
セキュリティとは、動画コンテンツが安全に保存・アクセス、そして配信される保証です。特に、ビジネスの現場では、独自の研究やプレゼンテーション、重要な会議の記録といった機密情報を含む動画が多く存在するため、不正アクセスやデータ漏洩のリスクを最小限に抑える必要があります。
性能の高いセキュリティは、先進的な暗号化技術を採用し、データの送受信が保護されていることを意味します。

また、高度なアクセス制限や認証手段を取り入れて、不正なアクセスを防ぐ体制を整えることも重要です。
セキュリティの性能には、システムが新たな脅威に迅速に対応し、セキュリティを継続的に更新・向上させる能力も含まれており、セキュリティに関するアクシデントが発生した場合の対応スピードや手順も、プラットフォームのセキュリティ性能を示す指標となるでしょう。

料金

動画配信プラットフォームの選択において、機能や性能と並んで、料金は重要な判断基準となります。賢明な選択をするためには、料金構造をしっかりと理解することが必須です。
 

初期費用

一部のプラットフォームは、導入やセットアップに関する初期費用を求めることがあります。この費用は一度だけの支払いとなるため、予算計画において考慮する必要があります。
 

月額・年額費用

定期的に支払う料金は、プラットフォームの主要なコスト構造となります。これには基本的なサービスや特定のデータ容量、転送量が含まれることが多いです。
 

追加機能や容量の料金

基本プランを超える機能やデータ容量を利用する場合、追加料金が発生することが一般的です。具体的なニーズに合わせて適切なプランやオプションを選ぶことが求められます。
 

料金の透明性

明確な料金表が公開されているか、追加料金や隠れたコストが存在しないかを確認することは、後のトラブルを避けるために重要です。
 

割引制度

長期契約や一定量以上の利用での割引制度がある場合、全体のコスト削減に寄与する可能性があります。このようなオプションを適切に利用することで、コストパフォーマンスを最適化することが可能です。
料金を見る際はサービスの提供範囲・サポート体制・アップデートの頻度など全体的なサービス品質を総合的に判断し、適切なプラットフォームの選択を行うことが大切です。

配信形式

動画コンテンツを効果的に伝えるために、様々なタイプのプラットフォームが存在します。
この違いについて理解していただけるように、以下の2点について解説していきます。
 

動画共有型プラットフォーム

動画共有型プラットフォームは、現代のオンラインコミュニケーションの中心とも言える存在です。
これらのプラットフォームは、個人や企業が動画をアップロードし、それを世界中の人々と簡単に共有するためのスペースを提供しています。

最も代表的な例として「YouTube」が挙げられるのがこの動画共有型プラットフォーム。
ユーザーは、気に入った動画を検索したり、お気に入りのクリエイターのチャンネルを購読したりすることで、自分の興味やニーズに合わせたコンテンツを手軽に楽しむことができます。

また、これらのプラットフォームは大量の動画が日々アップロードされるため、新しい情報やトレンド、エンターテインメントが常に手の届くところにあるのがユーザーにとって最大のメリットです。
動画をアップロードする側にとっては、広大な視聴者層へのアクセスと、そのフィードバックを直接受け取るチャンスがもたらされます。これは、ブランディングやプロモーションの観点から非常に価値のある機会となります。

まとめると、動画共有型プラットフォームは情報やエンターテインメントの供給源として、また、コンテンツ制作者やビジネスとしてのブランディングやモネタイゼーションの手段として、非常に効果的なツールとなっています。
 

企業占有型プラットフォーム

企業占有型プラットフォームは、特定の企業や組織が独占的に運営する動画配信サービスです。
動画共有型プラットフォーム(例:YouTube)とは異なり、ブランドメッセージやイメージを一貫して伝えることが容易で、外部の不適切な広告やコンテンツの干渉を気にすることなく運用可能です。

UIや機能も完全にカスタマイズでき、特定のターゲット層に効果的にメッセージングできます。これにより、業界専門の教育や大手企業の研修動画など、特化した内容の動画配信に最適です。

他システムとの連携

そのプラットフォームが他のシステムやツールとの連携ができるかどうかを検討することも重要です。
例えば、CRMシステムやメールマーケティングツール、学習管理システム(LMS)などとのシームレスな連携が可能であれば、顧客への動画コンテンツの配信や従業員への研修動画の管理が一元化され、効率的に業務を進めることが可能になります。

さらに、APIの提供や外部サービスとの統合性を持つプラットフォームを選択することで、将来的にビジネスが拡大や変化しても柔軟に対応できるメリットがあります。
特に、大企業や拡大を目指すスタートアップ企業の場合、将来的なシステム変更の手間やコストを考慮すると、他のシステムとの連携性は非常に価値ある選定ポイントとなります。

動画共有型のプラットフォーム5選

ここまで動画配信のプラットフォームに関して解説してきました。実際にどのような動画共有プラットフォームがあるのか具体例をご紹介していきます。

YouTube


世界最大の動画共有プラットフォームです。
エンターテイメント・教育・ハウツー・vlogなど様々なジャンルのコンテンツが日々共有されており、個人から大企業まで多くのクリエイターやブランドがプロモーションや情報発信の手段として利用しています。

Vimeo


クリエイター向けのプロフェッショナルな動画サイトで、高品質なコンテンツが多いことで知られています。また、商業的な利用や教育目的の動画ホスティングにも利用されています。

Dailymotion


フランス発の動画共有サイトで、世界中の様々なジャンルの動画がアップロードされています。YouTubeに次いでの規模を誇るサービスの一つです。

Twitch


主にゲーム実況のライブストリーミングを中心にしたプラットフォームですが、近年では様々なカテゴリのライブストリームも増えてきています。

TikTok


短い動画を共有するプラットフォームとして爆発的な人気を誇ります。特に若い世代を中心に様々なトレンドやダンス、チャレンジなどが生まれる場となっています。

企業占有型のプラットフォーム5選

次は企業占有型のプラットフォームについて解説していきます。

メディア博士


メディア博士は、社内向けの発信・顧客向けの発信・採用のための動画発信など、様々なシーンで活用できる上にデータ解析やメールマガジンの配信が可能なオールインワンのプラットフォームです。
離脱をできる限り避けられ、自社の魅力をしっかりと伝えたいという方や自社ECサイトへの集客を強化していきたい方、採用エントリー率を上げたいという方にはとてもおすすめとなっております。

Vimeo Business


Vimeoは、プロフェッショナル向けの動画ホスティングサービスとして知られ、特にビジネスやエンターテインメント業界での利用が多いです。
Vimeo BusinessやEnterpriseは、ブランドの動画コンテンツを一元的に管理し、高品質での配信が可能です。

Brightcove


Brightcoveは、大企業やメディア組織向けの動画ホスティングと配信サービスを提供しています。カスタマイズ性が高く、広告、アナリティクス、モネタイゼーションのツールが統合されています。

Wistia


Wistiaは、ビジネス向けの動画ホスティングプラットフォームで、動画マーケティングに特化しています。視聴者のエンゲージメントやアナリティクスに重点を置いています。

Kaltura


Kalturaは、教育機関や企業など、さまざまな組織向けに動画ソリューションを提供するプラットフォームです。オンプレミスのインストールからクラウドベースのソリューションまで、多岐にわたるサービスを持っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。ここまで、動画配信プラットフォームの概要や導入のメリットについて解説し、具体的なプラットフォームの例もご紹介してきました。
動画配信プラットフォームについて網羅的に理解できたのではないでしょうか。

どのプラットフォームを選ぶかはやはり自社で何を優先するかだと思います。様々なプラットフォームがあるからこそ、まずは自社のゴールや目的などを明確にし、それが生かされるプラットフォームを選んでみてください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

【資料DL】企業の動画内製化と外注制作の考え方
動画のインハウス化が失敗する原因とは

資料をダウンロードする

クラウド動画制作ツールでビジネス動画をカンタン作成

クラウド動画作成ツールのメディア博士ならブランディング動画・プロモーション動画・社内広報動画・広告動画などを簡単制作!

誰でも作れる・すぐに作れる・いくらでも作れる

メディア博士での動画作成には、難しい操作や知識は必要ありません。初心者でも手間なく短時間で完成させることができAI機能や専属コンサルタントが動画作成をサポートします。
また、定額プランで月に何本作ってもOK!いつでも更新・アップロードができます。


動画制作の内製化(インハウス化)で動画をフルに活用しませんか?
  • メディア博士資料ダウンロード
  • マニュアルの作成・管理ツール「マニュアル博士」

新着コラム記事はこちら

New article
メディア博士ウェブマガジンのトップへ
知識がなくても簡単に作れるクラウド動画編集ツール「メディア博士」 【ウェブセミナー】- 社内の誰もができる! -スマートフォンでの動画撮影テクニック

動画活用について
お気軽にお問合せください

オンライン相談予約